ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

これからの季節におススメの家で作れる少し変わった世界の鍋

ハロウィンも終わり鍋の季節がやって来ました。

鳥ダシ、トマト鍋、キムチ鍋…様々なお鍋の中で

私が今ハマっている鍋は常夜鍋です。ホウレンソウと豚肉だけで食べるのがブームです。

国内の有名な鍋料理ですがレシピも簡単でオススメなので紹介させて下さい。

 

1、鍋にコンブとお湯を入れて沸かす

 

2、鍋が沸騰したらニンニク2カケラ、日本酒2、3カップ、切ったホウレンソウ適量と

  豚肉2、300グラムを入れて完成。(2人前)

 

これに大根おろしとポン酢を絡めて食べるともう箸が止まりません。

日本酒の風味と絡んだふくよかな肉の味と豊富な栄養が嬉しい一品。

ヤミつきになる美味さとスタミナ回復効果もありオススメの鍋です。

001

↑お好みで豆腐やシイタケを入れても非常にgood

 

簡単に作れて少し変わったお鍋を食べたい時はドイツの 「アイントプフ」 というお鍋がお勧めです。

アインは「1つの」 トプフは「鍋」 を意味するドイツ語で

ドイツでは農夫のスープと言われ庶民的に食べられているお鍋です。

002

 

 

 

そのレシピはとっても簡単!

 

・鍋に湯を沸かしコンソメスープの元適量、ジャガイモ、ニンジン、インゲン、ホウレンソウ

タマネギ、レンズ豆など好みの野菜とソーセージ、ベーコン、豚肉などを入れて煮込む。

(湯やコンソメスープ、野菜の分量はお好みで)

 

気軽に作れて好みで味をカスタマイズ出来ることが特徴です。

コンソメの分量や食材によって鍋の味もガラリと変わるので、

ドイツでは家毎にアイントブフのレシピがある、と言われています。

野菜の旨みが鍋全体に染み渡り、これからの時期温まれる一品ではないでしょうか。

 

 

もう1つ滋養効果が高くて身体がとても暖まるタイの鍋 「チムチュム」  を紹介させて下さい。

003

 

タイしょうがとレモングラスで味付けしたエスニック風味の強いお鍋で

肉や魚、野菜を煮て別製のタレをつけて食べます。

 

現地の食材を買い揃えるのは大変なので、

簡単に手に入る食材で作れるレシピを紹介させていただきますが

日本の食材でも充分美味しく食べることが出来ます。

 

1、カップ5杯分の水を鍋に入れナンプラー大さじ2杯、

  鳥ガラスープの素と砂糖をそれぞれ大さじ1杯に入れて煮込む

 

2、レモン一個分のレモン汁、ナンプラー大さじ3杯、砂糖大さじ2分の1、チューブしょうが2分の1

  一味唐辛子小さじ1杯、おろしニンニク大さじ2分の1を混ぜてタレを作る

 

3、皮をむいた鳥ムネ肉400g、もめん豆腐1丁、卵2コ、春雨50g

エノキダケ2袋、白菜300gを鍋で煮てタレで食べる

 

 

レシピを書き出してみるとこれでもまだ複雑ですが

ショウガとニンニクが冷えて疲れた身体を温めてくれるので

是非一度よかったらお試しいただきたいです。

 

最近では海外食品を扱うお店も増えてカルディ成城石井などでも

これらの鍋の素が売られています。

良かったらこれからの季節、お鍋を食べる際にはそれらのお店へ足を運んでみると

何か新しい味との出会いがあって面白くてオススメです。

by tori

 

関連記事
閉じる
関連記事
ページトップ