ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

ほぼほぼウナギ!「うな次郎」食事レポ&「うな次郎」と考える未来の食卓

先日、「うな次郎」を食べてみました。

うな次郎は魚のすり身で作ったウナギの蒲焼きの練り物で、

一見、本物のウナギと見分けが付かないほど精巧に作られている商品です。

001

 

「うな次郎でご飯を作ったけど家族にバレなかった」

などというレビューも寄せられているほどの一品、

どれだけ本物に近いのか、前から気になっていました。

002

↑(お米は五穀米です)

 

食べてみました。本物より食感が柔らかく味覚も従来のウナギとは少し違う気もします。

本物でないとわかった上で、注意深く食べた感想ですので

予備知識がなかったら本物と見分けがつかないかもしれません。

また差異があったとしても食品として非常に美味しいです。

チラシ寿司やひつまぶし、巻き寿司など違った食べ方をすることで更に差異は感じなくなると思います。

 

うな次郎を食べて本物に近いものが安価で食べられることの有難さと深く感じました。

同時にウナギが絶滅機種である、ということについて強く考えてしまいます。

 

ウナギの絶滅理由については諸説あり、

ウナギを食べ控える事が絶滅回避に繋がるとは一概に言えません。

本当にウナギを食べたい時に我慢するというのも不自然な気がします。

とはいえ食べる数を減らしたり、代用品を食べる機会を増やすことも意義のあることだと思います。

 

また「食べて応援!」というのは丑の日に謳われる

ブラックジョークのようなフレーズだな、と聞くたびに思いはするのですが

その「食べて応援」と表示されている商品の多くは売り上げの一部が資源回復に使われています。

そういった形で我々に支援出来ることもあると思います。

 

ウナギに限らず、数々の魚が絶滅危惧種として存続を脅かされています。

その一因に乱獲のほかに我々が捨てるゴミや汚染による環境破壊が考えられます。

捨てたラ-メンの汁で汚れた水域を魚が住めるようにするには,

お風呂の水約4杯分が必要という痛々しい研究結果が確認されています。

人が自然に対して与えたダメージは我々が思う以上に深刻です。

003

このままだと今まで通りの魚が食卓に並ぶことが難しくなるとも言われています。

これからの未来の食事のために改めて日ごろから可能な範囲で環境問題を意識して、

自分に何が出来るかを考えることがとても大切なのではと思った次第でした。

by tori

関連記事

土用丑の日とウナギの未来について

今年は珍しく夏に2回、土用の丑の日がありました。

皆さんはウナギは食べましたか?

 

江戸時代、夏に売り上げが落ちるコトをウナギ屋に相談された平賀源内が

「本日丑の日」 食すれば夏負けすることなし 

と看板を立て繁盛させたことが丑の日の由来と言われています。糸井重里さんみたいですね。

001

 

またウナギには関東風と関西風で違いがあるというのはご存知でしょうか?

関東風は背開きで蒸して竹串を使います。対して関西風は腹開きで蒸さず金串を使います。

関東では切腹を連想するからと背中から包丁を入れたのに対し関西ではハラを割って話すからと腹に包丁を入れました。

ちなみに背開きのほうが腹開きより裁きやすいと言われています。

 

関東では気の短い江戸っ子に素早く提供できるように前もって蒸らしておいたのに対し

関西では焼きの技術でウナギを蒸さずに柔らかくしていたそうです。

関東の物に比べて噛みごたえがあると言われています。関西風は気になるので是非食べて見たい…。

002

 

 

しかし関西と関東のウナギの味の違いを楽しむことも近い将来出来なくなるかもしれません。

ウナギが絶滅危惧種として種の存続を脅かされているからです。

丑の日にウナギを食べる行為もその問題を加速させている点は否定できません。

 

では丑の日は自粛すべきなのか、普段からウナギは食べないほうがいいのか…。

それも1つ正解だと思います。

しかし同時にこの状況下でウナギを食べることが間違いだ、とも言い切れません。

 

美食のために生物を絶滅に追い込むのは人間のエゴ以外の何者でもありません。

しかし同時に日本人として、1つの食文化を放棄することに抵抗感を抱く気持ちも充分に理解出来ます。

どちらが正しい、どちらが間違えている、そういう問題ではないと思います。

003

では我々はどうするべきか。今もウナギが絶滅にさらされているこの状況を強く認識する

そして自分に何が出来るかを考える。これしかないと思います。

 

食べる量を減らす。料理レシピサイトで紹介されているウナギに似た食感が味わえる代用フードを食べる。

皆がそれぞれ違ったやり方でウナギのために出来ることがあるはずです。

それを意識するだけでも何かが変わるのではないでしょうか。

 

食べて応援!というのも1つの手段です。

ブラックジョークのようなフレーズですが、「食べて応援」を謳っている商品の中には

売り上げの一部が資源回復に使われるものもあります。

自分の手の届く範囲でいいから気をつけること、それが今我々がうなぎのために出来ることなのではないでしょうか。

Written by tori

国芳・国貞・広重 浮世絵とおいしく出会おう「旅したい!おいしい浮世絵」

ファン層の間口を広げつつある浮世絵人気

現在、東京・渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムで絶賛開催中の「俺たちの国芳 わたしの国貞」展。斬新で洒落た広告、現代的なコピー・リッチなインスタレーションなどの演出によって、今までの浮世絵ファンから裾野を大いに広げた今回の企画。グッズ展開も豊富で、作品に登場する猫や髑髏のモチーフを使ったマスキングテープ・付箋・手拭い・豆皿などどれもお洒落で可愛く、浮世絵を今までにない形で楽しめる。

今、浮世絵がアツい。

あなたも、ちょっと浮世絵の世界に手を出してみたい、なんて思っているはずだ。
しかし躊躇しているのではないだろうか。何故なら「なんだか難しそうだし、どこから手を出していいかわからない」から。
そんなわたしたちにうってつけ、最初の浮世絵の先生になってくれる番組がある。 それが「旅したい!おいしい浮世絵」。 放送するのは天下のNHKはEテレ、なんとも頼もしいことこの上ない。 しかもおいしい浮世絵…おいしいのだ。

おいしい浮世絵…ってどんな番組?

キュレーターでアートライターの林綾乃さんの解説を、ナビゲーターの小林聡美さんと共に学んでいくのが番組の基本スタイル。
林さんは江戸時代の食文化を描いた浮世絵の数々を、技法や絵師の情報・当時の風俗や世相なども交えながら、とても丁寧に解説してくれる。これがとてもわかりやすい!浮世絵版画が出来るまでの工程など、美術館では知ることが出来ない情報をたくさん挟んで、浮世絵初心者でも見どころがちゃんと理解できる。と同時に、食欲もとても湧く。浮世絵で描かれる江戸の食事のなんと風流で美味しそうなことか。

歌川国貞/当盛十花撰 紫陽花

右の男性が手に持っているのは、江戸で大人気だったひんやりスイーツ、白玉
(歌川国貞/当盛十花撰 紫陽花)

浮世絵を通して江戸文化に触れる

そばを特集した回では、お二人が東京都江戸東京博物館まで足を運び、当時の世俗を知ることが出来る展示を堪能。
そこに落語家・立川談笑さんが登場。ズズッとそばを啜る様を再現しつつ、江戸の庶民の暮らしぶりに関する落語家ならではの知識を披露する場面も。
温かいそばと、冷たいそば、啜り方が違うんですよ。そばの価格は、そば16文、あられそば24文、天ぷらそば32文…すべて四文銭で割り切れ、釣り銭の無いように設定されていたんですよ。

歌川国芳/木曽街道六十九次之内 守山 達磨大師

おなかがぽっこりなおじさん、ちょっと食べ過ぎでは…
(歌川国芳/木曽街道六十九次之内 守山 達磨大師)

番組の後半では、小林さんらが江戸当時そのままのレシピでそばを実際に調理。現代のそばとは違って乾燥してどんどん塊になっていくそばを前に、お二人が四苦八苦する様子がおかしく、食べる時の作法も当時は今とでは全然違ったことが分かる。そばを通して時代の違いを興味深く楽しむことができて、知的好奇心がぐんぐんと満たされるのを感じること、請け合いの25分間。

放送は全9回。
特集は先述のそばのみならず、寿司・天ぷら・うなぎ・おやつなど、どれも見逃せないラインナップばかり。

ありがたいことに、視聴を逃しても、テキストで学べるのがNHK Eテレのいいところ。この絶好の教科書に教われば、美術館で何も分からず鑑賞するより、一味も二味も違った角度から浮世絵を楽しめるようになるに違いない。この機会に、おいしい浮世絵から手をつけて、世界に一歩踏み出してみるのは如何だろう。

Written by にゃも

このライターの他の記事はこちらから!

ページトップ