ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

ジャンヌダルクも食した!?フランスの絶品煮込み豆料理カスレを作って食べてみた

今から約700年前、当時のイギリスとフランスの間でその名の通り100年間(!)続いた戦争、百年戦争が勃発しました。

戦争の原因はフランスの新国王即位の際にフランス新王の親戚だったイギリス王が、「だったら俺も王位継承権があるじゃないか」とフランスに抗議したことが発端と言われています。

0102

↑フランス新王のフィリップ6世と当時のイギリス王のエドワード3世

 

さらに領土問題の対立も加わって戦争は100年続き、(百年じゅう戦い続けていたわけではないようですが)最終的に戦争はジャンヌダルクの活躍によりフランスの勝利で幕を閉じます。

 

03

 

↑救国の英雄ジャンヌダルク

 

そんな百年戦争の折、初めて「カスレ」という料理が作られました。(7世紀に作られていたという説もあり)

戦時中かき集めた食材だけを使った煮込み料理、と言われています。

現代でも郷土愛を掻き立てる料理としてフランスで食されているようです。

「戦時中にかき集めた食材だけ」、というフレーズがどんな料理なんだろう、という好奇心をくすぐりますね。

700年前の戦時下のフランス、距離的にも時間的にも離れた場所ですが、そんな当時の食事を再現し食べることで少しでも当時の雰囲気を感じられたらと思いレシピを一部変えていますがカスレを作ってみることにしました。

 

調理自体はとてもシンプルです。

鍋に水につけて柔らかくなった白インゲン、オリーブオイルとニンニクで炒めた鳥肉(今回は手羽先を使用)、

ウィンナー、玉ねぎ、白ワイン、カットトマト、ローリエを入れ水気がなくなるまでひたすら煮込みます。

今回は手羽先肉を使用していますがオリジナルの料理ではガチョウの肉を入れていたようです。

それにしてもこうして材料を並べてみると戦時中でも意外と食材は豊富にあったような印象を受けます。

04

 

作ってみるとミネストローネに似ていますが、白インゲンを使う点が特徴的です。

長時間火にかけていると水気も飛んでワインとトマトの混じりあった匂いが漂ってきます。

充分に水気が飛んだらお皿に移していきます。

05

 

さらにそれにパン粉を掛けオーブンで焦げ目がつくまで焼いていきます。

これで完成です。

06

 

さっそく食べていきます、肉とホクホクでジャガイモのような食感の白インゲン豆にトマトとニンニク、ワインの芳醇な味が濃厚に絡みついてきます。

大地の恵みを彷彿させる雄大な、そしてどこかほっとする味です。

きっと当時の人達も食事の最中だけは穏やかな気持ちで料理を楽しんでいたんだろうなぁ、と実際に同じ物を食べてみて思った次第でした。

Written by tori

関連記事

ねずみのアナトールとブルーチーズ・ショックと私

ピーマン・わさび・ゴーヤ…大人になって分かる味

小さかった頃はどうしても受け付けなかったのに、大人になってからは美味しく食べているという食べ物は珍しくないと思う。わさびだったり、苦みやクセのあるものだったり、人によって様々だ。
私の場合はブルーチーズがそれにあたる。ブルーチーズとの出会いは、忘れもしない小学校中学年の頃だった。

ねずみのとうさん アナトール

国語の教科書で、「ねずみのとうさん アナトール」という話を読んだのだ。ねずみのアナトールが繁盛していないチーズ工場に忍び込み、チーズを味見がてら、より美味しくするためのアドバイスをカードに書いて置いていく……という内容だった。
チーズといえば薄くて四角いプロセスチーズかキャンディチーズしか知らなかった私には、作中に登場した様々なチーズがとても魅力的に映った。エダムとかゴーダとか、どんなチーズかは分からなかったけれど、さぞ美味しいものに違いない!と。中でもとりわけ興味を惹かれたのがブルーチーズだったわけである。

ねずみのとうさん アナトール

ブルーチーズ・ショック

そんな時分にスーパーへ買い物に行ったら、なんとブルーチーズが売られているではないか!ブルーチーズといえば、あのアナトールも食べていたチーズである!今ではスーパーでもよく見かけるブルーチーズだが、当時は田舎のスーパーでそんな高級品が売られていることは稀であったこともあり、とても興味があった。
なんとか親に頼み込んで買ってもらい、家に帰って早速開封。そして、ショックを受けた。思ったよりも臭いがキツかったのだ。それに見た目もなんだか気味が悪いし、第一この青いものは食べていいのだろうか……。 でも親に無理を言って買ってもらった手前、食べてみなければなるまい。
意を決して一口。

思わず「うへぇ」と変な声を出した。
舌はピリピリ痺れるし、臭いはキツいし、しょっぱいし……これが私にとってのブルーチーズの出会い、ブルーチーズ・ショックだったのである。

ねずみのとうさん アナトール

大人になってからのブルーチーズ

そんな衝撃的なブルーチーズとの出会いから時間が経ち、私も今では赤ワインを飲みながらチーズを食べるなどという小洒落たことをするようになった。こどもの頃ショックを受けたブルーチーズも、今ではワインに欠かせない相棒だ。あの香りや刺激が無いと、少々物足りなさも感じる。
食べられるようになったきっかけは、知り合いのレストランで出されたブルーチーズだ。シェフがブルーチーズ初心者の私にも食べやすいようにと、白カビで覆われたタイプを選んでくれたのである。しかし相手はブルーチーズである。幼い日のショッキングな出会いを思い出して思わず身構えてしまった。
「とりあえず一口だけ食べてみよう……」フォークで少しだけすくって口に入れる。

「!」

その時、私の中のブルーチーズ観が崩壊した。
臭くない、ピリピリしない、しょっぱくない! 美味しい!
あの時食べたのはブルーチーズっぽい何かだったに違いないと思うほど、大人になってから食べたブルーチーズは美味しいものだった。もちろんシェフの目利きもあるだろう。しかし、自分自身が成長した……もとい、色々なことを見聞きして、少し薄汚れた大人になったからこそフクザツな味というのが分かるようになったのかも……なんて思ってみたり。

ねずみのとうさん アナトール

味覚の変化は成長の証?

大人になると味覚が変わる、なんて話はよく聞くが、自分でもここまでブルーチーズが好きになるとは思わなかった。今ではブルーチーズのピザも、ブルーチーズクリームのニョッキも、美味しく食べられる。こどもの頃の自分が知ったらさぞかし驚くだろう。
ブルーチーズを食べる時、いつも思い出すのは国語の時間に読んだアナトールの話である。昔は「ブルーチーズが好きだなんて変なねずみだ」と思っていたが、今ならアナトールが言っていたブルーチーズの美味しさも解る。小さかった頃は嫌いだったけれど、大人になってから食べられるようになった……その味覚の変化のプロセスには、成長の過程で培った人生の機微が詰まっているのかもしれない。

Written by じょたすけ

このライターの他の記事はこちらから!

ページトップ