ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

夏の風物詩、かき氷。

こんにちは、最近はもう夏のような暑さの日が続きますね。

暑くなると食べたくなるのが夏の風物詩、かき氷ではないでしょうか。

7b5d7b6bec26a1f744e7c336b9a84d8f_s

 

かき氷の歴史を調べてみると古くは平安時代にまで遡ります。

史実上の記録は平安時代に清少納言の『枕草子』の一説に、金属製の器に氷を刃物で削った削り氷(けずりひ、文中では「けつりひ」)に蔓草の一種である甘葛(あまかづら・あまづら、蔦の樹液または甘茶蔓の茎の汁)をかけたとして「削り氷にあまづら入れて、新しき金鋺(かなまり)に入れたる」と記述されています。

当時のかき氷は小刀で削るもので、特権階級しか口にできない特別なものだったようです。

そんな高貴な嗜好品であったかき氷は、昭和初期に氷削機が普及して一般にも広まりました。

世の中に普及した当初は、削った氷に砂糖をふりかけたものか、砂糖蜜をかけたもの、小豆餡をのせたものがスタンダードメニューだったようです。

後に、専用のいちごやレモン、メロンなどの風味のシロップが販売されるようになりました。

私にとってのかき氷のイメージといえばまさにこの色鮮やかなシロップのもので、「夏祭りの出店で買うもの」「小さい頃によく食べた」「舌に色が残るのが面白い」という印象でした。

9304etd

 

 

しかし昨今はかき氷ブーム。進化系かき氷のお店がどんどん増えていっております。

私もここ数年、人気のかき氷屋さんに足を運んでおります。

640

 

雪のようにふわふわなもの、こだわりの天然氷を使用したもの、アイスや果物がトッピングされ思わず写真を撮りたくなるフォトジェニックな見た目のかき氷、焼き氷(!)などなど本当に様々です。

きめ細かく折り重なった絹のような氷はキーンとしないので、あの「キーン」が苦手な方にもおすすめです。

この夏、皆様も進化系かき氷を試してみてはいかがでしょうか?

人気のお店は一時間、二時間並びますので熱中症には気を付けて☆

atsui

                                     Written by ぽむちょ

  • マンガ飯
  • 映画に出てくるおいしいものたち
  • おいしいnovel
  • overseasのごはん事情
  • お酒の話
  • フェス飯・イベント飯
ページトップ