ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

究極の飯テロ映画 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」 の魅力

漫画やドラマや映画の登場人物が食べているのを見て、

つい自分も深夜にラーメンをすすってしまった経験が皆、1度や2度あると思います。飯テロです。

様々な料理を扱った数多くの飯テロ作品がありますが、

本日紹介させていただくのは私のおすすめ飯テロ映画「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」 です。

 

監督はジョン・ファヴロー。アイアンマンの監督としても有名な方ですが、

そのジョン・ファヴローが監督のみならず脚本・制作・出演(!)も行っているという彼の才気が全編にあふれ出ている作品です。

監督が演じるフランス人料理シェフの“カール”がまたいい味のキャラクターをしています。

 

本当にオススメなので切実に一切ネタバレしたくないのですが、そうもいかないので最低限あらすじを説明すると、

頑固でプライドの高い一流フランス料理人のカールが諸事情により

キューバサンドイッチのフードトラックを始める…という内容になっています。

001

 

作品の前半でカールは由緒正しいフランス料理を作ります。

カールが調理するシーン、この時点で見ていてヨダレが溜まります(笑)

監督自らシェフに弟子入りして包丁さばきを演技のために勉強したようで

繊細な包丁さばきで紡がれていく料理を見ているだけで期待が高まっていきます。

監督をして演技をして包丁さばきを勉強する、監督の熱意に脱帽するばかりです。

 

この「フランス料理」はいわば映画の前哨戦なのですが、この時点で

「いや、コレで十分です!コレ食べたいです!」 とこの時点で唸らされる格調のある飯テロが画面で繰り広げられます。

 

オレンジ色のソースと緑色の野菜ソースがカラフルに絡み合う豚バラ肉のロースト

野菜をミキサーしたソースにラディッシュを添えた海老のグリル

そしてヒレ肉のステーキ…他にも美味しそうな料理が次々と登場します。

002

 

そして話が進み今度は一転して、カールはカジュアルなフードトラックでキューバサンドイッチを作り始めます。

先述したフランス料理に比べたら安価で庶民的な食べ物ですが

このキューバサンドイッチもまた調理シーンから我々の胃袋を掴みにやって来ます。

 

バター、オイルが溶けた熱々の鉄板でプレスされたサクサク焦げ目のついたパン。

それに絡みあうトロリと伸びるチーズ、スパイシーなマスタード、肉などの具材の旨味が

見ているだけで伝わってきて…とにかく美味しそうなんです。

003

サンドイッチを食べるお客さんが本当に嬉しそうで

「美味しいものを食べるって本当に幸せなことなんだな…」という気持ちにさせてくれます。

 

その後も紆余曲折あるのですが食事、料理シーンはもちろん、人間ドラマ、家族ドラマ、

カールのアクの強いが憎めないキャラクターが

繰り広げる怒涛の展開、どれをとってもとても魅力的な映画です。

 

この映画を見てよかった、また見たい、そんな幸せな気持ちになれる映画ですので

もし機会があったらぜひ一度見ていただきたいです。

Written by tori

他にも読みたい!海外ドラマのYUMMY FOODS他にも読みたい!海外ドラマのYUMMY FOODS
関連記事

ドラマ『ハンニバル』どうしてレクター博士の食事は我々を惹きつけるのか。

 

ドラマ「ハンニバル」のレクター博士の料理シーンがとても気品があって美しい、

という話は過去に別記事でも出ておりますが、

 

マッツ・ミケルセン『ハンニバル』レクター博士の食事シーンが残酷で美しすぎる

http://yummyyummy.jp/hannibal/

 

調理や食事シーンがある映像作品は多々あれど、ドラマ「ハンニバル」の料理シーンの美しさは

他に類を見ることの出来ないものであると筆者は思います。

 

なぜ類を見ないものであるか、それはこの作品の料理シーンの美しさは

他の作品には見ることのできない「毒」そして「ブラックユーモア」がスパイスとして機能しているからです。

001

 

 

レクター博士は周知のとおり猟奇殺人犯であり、その食材には「人体」が使われています。

それを博士が嬉々として調理するのを見て、我々は深い戸惑いを覚えます。

「人体の調理・および食すこと」は言うまでもなく人間として最も犯してはいけない行為の一つです。

そんなタブーに対して本来ならば我々は眉をひそめて敬遠してしかるべきです。

 

 

しかしそんな背徳的行為が行われているのに、

手際良い調理に紡ぎ出された料理は美味しそう。

人として許されることではない、けれどこの料理はとても魅力的…。

ここで我々は深いジレンマに陥ります。

このシーンで繰り広げられている行為を忌避すべきか、受け入れるべきか…。

このジレンマと背徳感こそがハンニバルの食事シーンの最大の魅力だと筆者は思います。

002

 

また我々は調理されているのは人肉であることを知っていますが

劇中の人物はレクター博士以外はそれを知らないわけです。

何も知らないで美味しそうに博士の作った食事をする登場人物、

それを見て嬉しそうにニッコリと妖しい笑みを浮かべる博士。

 

このコントラストがすべてを知っている我々から見たらスリリングでもあり滑稽でもあり

この作品の食事シーンを随一の物にしていると言っても過言ではありません。

 

登場人物「舌の肉を食べるなんてはじめて?」  

レクター博士「とてもおしゃべりな羊(被害者)でね」

 

数々の調理や料理を扱った映像作品はありますが、

こんな物騒な会話をしながら食事をする作品は見たことがありません。

殺人鬼が料理をする、他に類を見ない作品だからこそ描ける魅力です。

003

 

 

それにしても「ハンニバル」の料理は美しく、気品があり、豪華です。

素材ひとつ、ソース一つとっても並々でない情熱と手間暇が注がれています。

「どんな味なのか気になるから作ってみたい」

と思っても再現不可能なのがファンの方には悩ましいのではないでしょうか。

(料理に使う人体をどうやって調達するかはあさておいて)

 

作中のレシピを紹介した公式ファンブックも発売されていますが

フォアグラ、エスカルゴから始まって牛の心臓、羊の脳、羊の睾丸など

平穏な日常生活を送っていたら手に入らないものばかりレシピには要求されます。

料理を再現させることを目的にしたものではなく世界観を伝えるためのレシピなのでしょう。

 

そんな再現が難しい作中の料理の中で筆者のお気に入りは

作品序盤に博士が主人公ウィルに振る舞ったタッパー詰めの朝食です。

ソーセージにスクランブルエッグという健康的且つ簡単でラフな料理を

独自の食事への哲学を語りながらそれでも優雅に食べるレクター博士の姿に

本当のダンディズムを垣間見たような気になります。

 

by.tori

【海外ドラマ頻出料理】デス妻・ブリーとリネット、対極な2人の対極なミートローフ

【海外ドラマ頻出料理】デス妻・ブリーとリネット、対極な2人の対極なミートローフ

アメリカの一般家庭の日常生活のことをたくさん知ることができるドラマ「デスパレートな妻たち」通称デス妻。料理好きの私にとっては、アメリカの代表的な家庭料理の話題が随所に出てくるのが最大の楽しみ。
なんといっても、ドラマのメインキャストの一人であるブリーは、料理上手が高じてアメリカ家庭料理の本を出版し、ベストセラーとなったあと、ケータリングビジネスでも成功。前半のシーズンでは、毎日家族のためにすべての家事を完璧にこなし、レストランの料理のような手の込んだお洒落な料理を完璧に作る主婦でもあります。作中では、彼女の腕によりをかけたおいしそうな美しい料理がたくさん出てきます。

【海外ドラマ頻出料理】デス妻・ブリーとリネット、対極な2人の対極なミートローフ

©Disney

そして今回の注目したいのがもう一人のメインキャストのリネット。キャリアウーマンとしてバリバリ仕事をこなす傍ら、家庭では超わんぱくな息子3人に手を焼いている毎日。完璧さなんて求める暇もないほど、とにかく忙しさに翻弄される日々を送っています。
そんな対照的な2人に、どちらも「ミートローフ」の話題がからんだことがありました。

【海外ドラマ頻出料理】デス妻・ブリーとリネット、対極な2人の対極なミートローフ

©Disney

マッツ・ミケルセン『ハンニバル』レクター博士の食事シーンが残酷で美しすぎる

海外ドラマ『ハンニバル』でレクター博士の美しく残酷な食事シーンに魅了される

人が食事をする姿を見て美しいと思った経験はありますか?

人の食事をまじまじと見て美しいと感じる、そんな、なかなかない経験を味わうことができる映像作品があります。それがNBCで2013年から放映されている海外ドラマ『ハンニバル』。映画『羊たちの沈黙』に出てくるハンニバル・レクターの若かりし頃を描いた作品です。

ハンニバル・レクターを演じているのは、『007 カジノロワイヤル』で悪役を演じたマッツ・ミケルセン。警察に協力を依頼されるほどの一流精神科医にも関わらず、次々と殺人を犯してしまう猟奇的な役を怪演しています。

海外ドラマ『ハンニバル』でレクター博士の美しく残酷な食事シーンに魅了される

(c)KADOKAWA

マッツ・ミケルセンが演じるレクター博士は、美しさと残酷さを併せ持った人物です。なかでもそれがよく表れているのが食事をするシーン。ひと口ひと口丁寧に口に料理を運んでいく様は、思わず見惚れてしまうほどの美しさが漂います。

海外ドラマ『ハンニバル』でレクター博士の美しく残酷な食事シーンに魅了される

(c)KADOKAWA

「フレンズ」人気エピソード フィービーのクッキーに見るアメリカのクッキー観

「フレンズ」ファンの間では有名な「フィービーのクッキー」

アメリカの日常生活に密着したストーリーで、アメリカの文化や習慣を学べるドラマ「フレンズ」
英語のリスニングを学びたい方にもおすすめの海外ドラマとして、長年安定した人気を誇っています。
そういう私も、「フレンズ」を何度も何度も視聴して、本当にリスニングが上達した一人です。

繰り返し見ていると、詳しく知りたくなるポイントがたくさんあるドラマですが、特に料理好きな人が興味を引かれるポイントのひとつに、「フィービーのクッキー」があります。

感謝祭には食べ比べ!ドラマ「フレンズ」とアメリカのマッシュポテト

左がフィービー。
©Warner Bros.Entertainment

ドラマの中で、クッキーのエピソードは2つあります。
「オートミールレーズンクッキー」「チョコチップクッキー」、どちらも手作りです。

「フレンズ」人気エピソード フィービーのクッキーに見るアメリカのクッキー観

チョコチップクッキー

アメリカのクッキーは、手作りが最良とされている

一家団欒の夕食にもテイクアウトやデリバリーを利用することが日常という家庭も多く、またこちらの記事でご紹介した「チキンヌードルスープは、缶詰を温めるだけというのが一般的」など、意外なものまで買って済ませることも多いアメリカ。
しかし、クッキーに関しては家庭でよく手作りされていて、焼きたてのあつあつ(「オーブンフレッシュ Oven fresh」といいます)を食べるのが最良とされているようです。

「フレンズ」人気エピソード フィービーのクッキーに見るアメリカのクッキー観

オートミールクッキー

子供の頃からお菓子作りが趣味で、「バターを使うお菓子は、できたてよりも数日置いた方がおいしい」が常識だと思っていた私、「焼きたてのあつあつがおいしい」がアメリカの常識であることには、カルチャーショックを受けました。
単純に好みの違いでしょうか。
アメリカのクッキーには、バターよりもショートニングマーガリンが多用されるからかもしれません。

世界一おいしい?フィービーの「オートミールレーズンクッキー」

シーズン1エピソード12で、フィービーは自分が嘘を言わない人間であることを証明するために「私が作るオートミールレーズンクッキーは世界一おいしい」と、レイチェルに食べさせます。
レイチェルは「何これ、ホントおいしい!」と感激。

「フレンズ」人気エピソード フィービーのクッキーに見るアメリカのクッキー観

©Warner Bros.Entertainment

ほんの数秒だけのやり取りなのですが、「世界一おいしい」とされたせいか、このクッキーのレシピを知りたいと思った方はたくさんいたようで、ネットで検索すると翻訳レシピなどが出てきます。
アメリカで出版された「フレンズに出てくる料理」の本の中でも紹介されたのだそうです。

このクッキー、私もよく作って主に朝食代わりに食べています。
オートミールレーズンも美容にいい食材ですよね。
「世界一」は少し大げさかもしれませんが、確かにおいしいクッキーですよ。

「フレンズ」人気エピソード フィービーのクッキーに見るアメリカのクッキー観

オートミールクッキー

チェリーパイだけじゃない!海外ドラマ「プッシングデイジー」で知るアメリカンパイ

アメリカンパイの代表、チェリーパイ

WOWOWで新作が放送中のドラマ「ツイン・ピークス」のクーパー捜査官の大好物と言えば「チェリーパイ」
こちらの記事でツインピークスのドーナツの話をご紹介しましたが、ツインピークスの旧作が日本で流行った当時には、「チェリーパイ」を出すお店も一時的に増えたと言われています。

チェリーパイだけじゃない!海外ドラマ「プッシングデイジー」で知るアメリカンパイ

© Paramount Pictures.

写真はツインピークスのクーパー捜査官とチェリーパイ。本当に甘党なんですね。
アイスクリームまで添えられています。
特に温かいパイに冷たいアイスクリームを添えるのは、アメリカで人気のある食べ方です。
「ひやあつ」なのが、美味しいんですよね~!

2010-03-09 Cherry Pie

日本には甘酸っぱい「チェリーパイ」は普及しづらい?

ところで、ドーナツは現在も日本で人気ですが、チェリーパイはほとんど見かけませんね。

一般的にチェリーパイには、甘酸っぱい「サワーチェリー」を材料に使うことが特徴とされています。
アメリカでは、お菓子には酸味のあるフルーツが使われることが多いのです。
甘酸っぱいフルーツのパイ、個人的にはおいしいと思うのですが、日本人には「甘酸っぱい」お菓子が好まれない傾向があるように感じています。
それでチェリーパイも日本に定着しなかったのかなぁと思います。

Twin Peaks Cherry Pie

そもそも日本には甘酸っぱいフルーツがほとんどないですね。
フルーツが「甘い」ことがとおいしいと評価されている日本においては、もともとは酸っぱかったフルーツも、酸っぱさがないように品種改良されてしまっています。
しかもそういった改良された品種は、高価でもあります。
ということで、日本でパイと言えば「アップルパイ」ぐらいしかないのが現状ですが、フルーツの種類が多く価格も安いアメリカでは、甘酸っぱいフルーツを使ったパイが日常的に食されています。

Mile High Apple Pie

海外ドラマ頻出・日本未発売メニュー サブウェイの「ミートボールサンド」って知ってる?

「チャック」に出てくるおいしそうなサンドイッチが気になる!

ドラマ「チャック」にときどき出てくるサンドイッチ、気になりませんか?

チャックの親友で家電量販店「バイモア」の同僚のモーガン、店長のビッグ・マイク、ジェフスターとレスターがよく食べている設定で登場します。
白い紙で包まれた細長いサンドイッチは、実在するサンドイッチショップ「サブウェイ」のものです。

日本未発売メニュー サブウェイの「ミートボールサンド」知ってる?【海外ドラマ頻出】

実在する商品名やお店が名前そのまま出てくるから面白い

アメリカの「サブウェイ」はこのドラマのシーズン2のスポンサーだったそうです。
商品名が必ず隠される日本のドラマや映画とは異なり、アメリカのドラマや映画では、実在するお店や商品も、名前を隠さずそのまま放送されるところが面白いですよね。

サブウェイのサンドイッチは、全く宣伝っぽさはなく、さりげなくストーリーに溶け込んで登場します。
実在するものが出てくると、現地の生活感がよりリアルに伝わってくるものです。
そして、登場人物が大好きで食べている、とずっと見ていると自分も買いたくなってくるのが消費者。
やり方が上手だなぁと思います。

ドラマには、日本の「サブウェイ」にはないメニューが登場する

サンドイッチ店の「サブウェイ」は日本国内にもありますね。
「チャック」で見て食べたくなって、買いに行ったことがある方もいると思います。
ただし、あいにく日本のメニューはアメリカと異なるため、ドラマと同じサンドイッチを食べてみたいと思っても、ほぼ買えないんですよねー。
いつかこの、長~いパーティーサンドの実物を見てみたいものです。

日本未発売メニュー サブウェイの「ミートボールサンド」知ってる?【海外ドラマ頻出】

©Warner Bros.Entertainment

日本未発売メニュー サブウェイの「ミートボールサンド」知ってる?【海外ドラマ頻出】

©Warner Bros.Entertainment

日本未発売メニュー サブウェイの「ミートボールサンド」知ってる?【海外ドラマ頻出】

©Warner Bros.Entertainment

それにしても本当に長い
まず日本ではお目にかかれないサイズ感…豪快!さすがアメリカです…

日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」

日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」

夏になると食べたくなるかき氷

日本の夏の風物詩、かき氷。今年何回食べましたか?
イチゴ、レモンなどの合成着色料のシロップに練乳という組み合わせ、山盛りの細かい氷
子供の頃は特別なものだと思っていました。
この味で育ってきた者にとってはこれで懐かしくおいしいものですよね。

日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」

暑くてかき氷が恋しくなるのは日本だけではありません!
当然、世界中にその土地独自のかき氷があるのです。
もちろんシロップやトッピングの具材も異なります。

「ハワイファイブオー」に登場するシェイブアイス、日本とちょっと違う

ハワイが舞台の刑事ドラマ「Hawaii Five-Oハワイファイブオー」に登場したシェイブアイス(かき氷)
「日本と違う!」と気になったので、ご紹介します!

日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」

シェイブアイスが出てきたのは、シーズン1エピソード7。
母親が殺され、父親は容疑者とされて逃走中。
保護された娘はショックと不安で元気がない。
そんな女の子を元気づけたいと、ファイブオーの女性刑事コノが声をかけて、シェイブアイスを食べに連れていきました。

まず「お腹すいてる?シェイブアイス食べに行かない?」とのセリフに、「えっ、お腹がすいたら食べるものなの?」と驚きました。
ハワイのシェイブアイスには、トッピングとして白玉やあずきが入るので、おやつ感覚なのかもしれません。

日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」

ハワイのシェイブアイスは、日本にはありえないほど種類が豊富なので、選ぶのを迷ってしまいます。
このシーンでコノが食べているのは「グレープ」です。

日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」

うーん、日本にもあってもよさそうだけど、めったにないですね。
「私はグレープが一番好きなの。なぜかって言うとね、ほら、舌が紫色になるから。」と舌を出して見せ、やっとこの女の子の笑顔を引き出したのでした。

日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」
日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」

「ツイン・ピークス」ドーナツとチェリーパイを手にクーパー特別捜査官が帰ってくる!

「ツイン・ピークス」ドーナツとチェリーパイを手にクーパー特別捜査官が帰ってくる!

ドラマのセリフどおりに帰ってきた「ツイン・ピークス」

先日ふと、WOWOWの最新ドラマの広告が目に留まりました。
ツイン・ピークス」。
20年前ぐらいに流行ったアメリカのドラマであること、私も覚えています。
デヴィッド・リンチならではの奇妙とも言える独特な雰囲気と間、そして難解なストーリーに当時の私は全くついていくことができませんでしたが、男友達の一人はこのドラマにどっぷりとハマっていました。
彼同様、世界中にカルト的なファンがいることでも広く知られているドラマです。

このドラマのシーンの中で、登場人物のローラが「25年後に会いましょう」と言っていたとおり、約25年ぶりに続編が制作されました。
7月22日からWOWOWで新作が放送されます。その名も「ツイン・ピークス The Return」。
アメリカでは5月からすでに放送が始まっており、大きな話題を呼んでいるようです。
日本でも、旧作の大ファンだった方たちは特に、もう楽しみでしょうがないのではないでしょうか。

約20年前に、一世を風靡したドラマ「ツイン・ピークス」のあらすじは?

20年前にはついていけなかった私も、現在、興味深く旧作を視聴しています。

舞台はアメリカの静かな田舎町「ツイン・ピークス」。
高校の「プロム・クイーン」にも選ばれた美しい女子高校生ローラ・パーマーが、美しいまま遺体で発見されたことから、物語は始まります。
この街にFBIのクーパー特別捜査官が派遣され捜査が進んで行く中で、静かな田舎町「ツイン・ピークス」に潜んでいた様々な問題や、複雑に絡み合う隠れた人間関係が発覚していきます。

あれほど一世を風靡した印象があったのに、旧作はシーズン2のみだったと知ると改めて、それほど強いインパクトのある作品だったことに驚かされます。

新作となる「ツイン・ピークス The Return」では、当時のキャストの25年後の様子、クーパー捜査官、そして新たなストーリー展開がどうなるのか?楽しみです!

クーパー捜査官とドーナツ、チェリーパイ

当時ドラマの流行とともに、クーパー捜査官の大好物であるチェリーパイドーナツも話題になりました。
特に、ドーナツ。
テーブル一杯に広げられたドーナツを見たら自分で食べたくなって、ドーナツ屋さんに走ったという人は多かったようです。

なお、シーンにドーナツが登場するたびになぜこのように等間隔でずらっと並べられているのかは、全くもって不明です。 こういう、意味がよく分からないけどデヴィット・リンチのこだわりを感じる、なんだか不思議でおもしろいところもハマるポイントなのでしょう。

Donuts

おだまりケーキ・出ていけチキンスープ…Amazon配信「まほうのレシピ」は親子で楽しめる良ドラマ!

こどものころに憧れた「まほう」にまつわるファンタジーミステリー

屋根裏に隠されていた古いレシピブック
変な名前の、まほうの料理
隠し扉の向こうにある、スパイス棚
怪しげな館に住む怖いおばあさん…
これらのキーワードを聞くだけで、ワクワクする方は少なくないのでは無いでしょうか。

おだまりケーキ・出ていけチキンスープ…Amazonドラマ「まほうのレシピ」が面白い

©Amazon.com, Inc.

今回紹介するのは、Amazonオリジナルドラマ「まほうのレシピ」
まほうと料理をテーマにした、ファンタジーミステリーです。

まほうのレシピ あらすじ

主人公のケリーのおばあちゃんは、ある日突然喋らなくなってしまい、ケリーの言うことにも無反応な様子になってしまいます。

おだまりケーキ・出ていけチキンスープ…Amazonドラマ「まほうのレシピ」が面白い

おばあちゃんを心配するケリーですが、親友のダービーとハンナと一緒に屋根裏部屋で隠されていたを発見します。

おだまりケーキ・出ていけチキンスープ…Amazonドラマ「まほうのレシピ」が面白い
おだまりケーキ・出ていけチキンスープ…Amazonドラマ「まほうのレシピ」が面白い

左からハンナ、ケリー、ダービー

見つけたレシピをもとに「おだまりケーキ」を作ってみると、ケリーの弟が喋れなくなり、「癒やしのヘーゼルナッツ・タルト」はダービーがケガした脚を治してしまいます。
3人はこのレシピブックの料理には「まほう」が宿っていることに気づき、おばあちゃんの症状も魔法で治せるのではないか?と思い始めます。

おだまりケーキ・出ていけチキンスープ…Amazonドラマ「まほうのレシピ」が面白い

ケリーの弟が喋れなくなったおだまりケーキ

おだまりケーキ・出ていけチキンスープ…Amazonドラマ「まほうのレシピ」が面白い

ダービーの足を治した癒やしのヘーゼルナッツ・タルト

魅力的な料理名

登場するまほうのレシピの数々は、その名前も超個性的!
レシピブックは全て手描きです。

おだまりケーキ・出ていけチキンスープ…Amazonドラマ「まほうのレシピ」が面白い

「おだまりケーキ」や「癒やしのヘーゼルナッツ・タルト」の他にも、

脳みそぶっ飛びボロネーゼ
やり直しだよ人生はピリ辛シタビラメ
牛をなだめるサンドイッチ
壁は見ていたタコス
ぶっ壊し月のペロペロキャンディー

など…一体どんな効果の魔法がかかるのか、想像できないですよね笑
想像とは違う意外な効き方をする料理も、しょっちゅう登場します。

おだまりケーキ・出ていけチキンスープ…Amazonドラマ「まほうのレシピ」が面白い

こちらは「呪いを解くストーンフルーツあめ」

不思議な効能の魔法のスパイスたち

これらのレシピは、ほとんどが普通のレシピと作り方・材料は変わらないのですが、ひとつ違うポイントが、前述した通り、「まほうのスパイス」を使うところ。
まほうのスパイスは、身体に作用するもの、移動に関わるもの、時間を操るもの、など様々な種類が存在します。

おだまりケーキ・出ていけチキンスープ…Amazonドラマ「まほうのレシピ」が面白い

カーネジアカイエン、エリージャンシュガー…聞いたことのないスパイスばかり

ひとさじ、ひとつまみ、少量…絶妙な量の差を間違えるだけでも、居眠りの魔法が昏睡の魔法に変わってしまうくらい、とても繊細なものです。
3人がそれぞれのスパイスの特性を理解し始め、ちょうどいい量に調合したりして料理するのを見ていると、ちっちゃな魔女の実験室を覗いているようなワクワクした気持ちになります。

おだまりケーキ・出ていけチキンスープ…Amazonドラマ「まほうのレシピ」が面白い

壮観な、まほうのスパイス棚

まほうのスパイスが引き起こすトラブルを通して成長する3人

このまほうのスパイス。
種類によっては、使用する代わりに対価を支払わなければならないものも…
歌うようにしか話せなくなったり、街中の落とし物が集まってしまったり、過去の出来事を忘れてしまったり…
この対価が原因で3人を様々なトラブルが襲います。
まほうを解いたり対価を終わらせるには、大切な人に大事な思いを伝えたり、誠実さをもって謝罪をすることなどが必要になるので、3人は次第に成長していきます。

おだまりケーキ・出ていけチキンスープ…Amazonドラマ「まほうのレシピ」が面白い

「なくし物フォンデュ」で引き寄せてしまった街中のなくし物

3人の成長とオリジナリティ溢れる料理にワクワク

3人の少女の年齢設定は7年生なので、ちょうど中1くらいでしょうか。
小学生の女の子が見たら、魔法の力を次第に使いこなすようになる様子は頼もしく、憧れる存在に映るかもしれません。
おばあちゃんのために一生懸命料理したり奔走する姿は、大人が見ればとてもかわいらしくて健気で、ちょっと涙を誘うほどです。

おだまりケーキ・出ていけチキンスープ…Amazonドラマ「まほうのレシピ」が面白い
おだまりケーキ・出ていけチキンスープ…Amazonドラマ「まほうのレシピ」が面白い

美味しそうなものからちょっと微妙そうなものまでオリジナリティあふれる料理は、もちろん毎回登場します。
まほうのスパイスがないと再現するのは難しいので、実際の料理の参考にはできませんが…笑

おだまりケーキ・出ていけチキンスープ…Amazonドラマ「まほうのレシピ」が面白い

エリジアンソルトとリヴォニアンオイルをかけたチキン・シュニッツェル

そんな子供から大人まで楽しめるドラマ「まほうのレシピ」、現在シーズン2まで作られています。
Amazon Prime会員なら無料で楽しめますので、是非チェックしてみてくださいね。

Written by にゃも

このライターの他の記事は にゃも から!

他にも読みたい!海外ドラマのYUMMY FOODS他にも読みたい!海外ドラマのYUMMY FOODS

謹賀新年!自己満足 食・文化メディア ヤミー!で2016年最も読まれた記事は!?

謹賀新年!自己満足 食・文化メディア ヤミー!で2016年最も読まれた記事は!?

あけましておめでとうございます!
ヤミー!は昨年の6月にサイトをオープン、半年かけてさまざまな記事を掲載することが出来ました。
これもひとえに読んでくださる方のおかげです!半年間本当にありがとうございました!

さて、多くの方が三が日をゆっくりグダグダ食っちゃ寝していることかと思います。
そんな時には片手にヤミー!を!
オープン当初から今までで、ヤミー!で人気だった記事トップ10をランキング形式でご紹介します!ゴロゴロしながら、読み逃していた記事や読み返したい記事を楽しんでくださいね。

昼のセント酒

10位は、孤独のグルメ原案者の久住昌之さん×孤独のグルメのドラマスタッフチーム×TEAM NACSのMr.残念・戸次重幸さんのドラマ、『昼のセント酒』の聖地巡礼をしたこちらの記事でした!
この回では用賀にある銭湯・藤の湯さんと、用賀駅前の居酒屋・炙り屋さんのお邪魔しました。是非続編を!との声も頂いておりますので、来年は別の銭湯にお邪魔することになりそうです。

海外ドラマ『ハンニバル』でレクター博士の美しく残酷な食事シーンに魅了される

9位は、現在日本でも人気急上昇中の俳優、マッツ・ミケルセンがハンニバル・レクター博士を怪演したドラマ『ハンニバル』を”美しすぎる”と紹介したこちらの記事でした。
何を隠そう、この記事をきっかけにヤミー!編集部もマッツ・ミケルセンの魅力に目覚めてしまい、ハンニバルを完走。過去の出演作を着々と見始めているのです。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』や『ドクター・ストレンジ』など新作も続々公開予定。これからの彼の活躍がますます楽しみです!

【逃げ恥】二人の距離が縮まる冷蔵庫いっぱいのカラフルで栄養満点・みくり飯

8位は先日最終回を迎えた超人気ドラマ・『逃げるは恥だが役に立つ』の新垣結衣さん演じる「みくり」が作る「みくり飯」をフューチャーしたこちらの記事でした。
みくりの作りおきごはんって、気取っていないのに鮮やかな見た目・考えられた栄養・こもりまくった心が詰まっていて、本当に魅力的なんですよね!
このごはんを目当てにドラマを見ていた人も少なくないはず…
最終回を終えて逃げ恥ロスになってしまった人も、記事で紹介しているインスタの画像を見返せば、ドラマの記憶が蘇ってくるはず…!

hitorimashi

7位は、日高トラ子さんが独特なタッチでアラサー女子のひとりごはんを描くマンガ、『東京おんな一人飯』を紹介したこちらの記事でした。
ちょっと暴走気味で妄想過多な主人公・トラ子さんの気持ちのいい食べっぷりや、こだわりの食事の仕方を見ていると、周りの目なんか気にせず美味しいものを食べたい!という欲求が溢れ出してきそうです。

nariagarimeshi_01

以前からヤミー!がプッシュしている【コワモテ×飯テロ】の魅力。その新興勢力としてこちらの記事で紹介したのが、ヤンキー×飯テロの魅力が詰まったマンガ『頂き!成り上がり飯』。
主人公のヤンキー高校生・ケニーが美味しいご飯で成り上がるその活躍は順調で、先日第2巻が出版されました!

孤独のグルメもseason6の制作が決まり、今年も【コワモテ×飯テロ】の世界からは、引き続き目が離せなさそうです!

koigasi_eye

5位にランクインしたのは、ちょっと…どころかかなり風変わりな長崎銘菓を紹介したこちらの記事でした。
百聞は一見にしかず、ぜひ!まずは見ていただきたいのですが…
上記の画像ではモザイクをかけてますが、相当インパクトのあるビジュアルですので、「こいがしって何?」という方は、心の準備をしてから読んでくださいね!(笑)

IMG_0102

やっぱりみんな餃子好きなんだね…と納得のランクインとなったのは、酒飲み女子たちがひたすら下北沢で餃子を食べて、ビールを飲み歩く様子をお届けしたこちらの記事でした!
その食べっぷり・飲みっぷりにご好評を頂いて、第2弾・第3弾を熱望する声も多いんだとか。餃子とビールの組み合わせは裏切りませんもんね。
餃子で有名な土地はまだまだたくさんありますので、2017年もきっと餃子の旅は続きます!続編に乞うご期待!

2174

いよいよトップ3の発表です!
第3位にランクインしたのは、男子×その美味しく食べる姿、という新しい萌えジャンルを築いたアンソロジー『食男』をご紹介したこちらの記事でした!
いっぱい食べる君が好き、が詰まったこのアンソロジーシリーズは、ヤミー!で紹介してからも続いて巻数を重ね、それぞれの連載のコミックスも続々出版されています。

ヤミー!編集部でも先日、鬼嶋兵伍先生のコミックス『男のやる気メシ!』を読んでもらったところ、主人公の漫画家男子の食べる姿が「かわいい!」と、大変好評でした!

Fateの登場人物がバトルじゃなく食事する…?『衛宮さん家の今日のごはん』

第2位となったのは、大人気ゲームシリーズFateのスピンオフマンガ『衛宮さん家の今日のごはん』をご紹介したこちらの記事でした!
Fateファンの方々にも、まだご存知でなかった方もいらっしゃったようで、多くのアクセスがありました。
ゲームやアニメと一味違ったFateの魅力を美味しく味わえるこちらの作品、今月末には待望のコミックス第1巻が発売されるようですよ!
まだチェックしていない方は、コミックスでも衛宮家の家族団欒を楽しんでみてくださいね!

fuji_matome_07

そして栄えある第1位は…FUJI ROCK FESTIVAL2016のフェス飯独自レポートのまとめとなったこちらの記事でした!!
ヤミー!では、「ヤミー!つきフジロック」と称して、全日程に渡ってTwitterなども通じて今年のフジロック総力特集をしておりました!
今年は特にフジロックのアニバーサリーイヤーであったり、旧オレンジコートのオレンジカフェでバーベキュースペースが開始されたりと、ヤミー!的に大注目の年でした。
今はフジロックとは真逆の季節ですが、やっぱり苗場は恋しいもの…記事を読んで冬だけどあの楽しかった夏の日に思いを馳せてみてはいかがでしょう…

と、いうわけで、2016年のベスト10をお送りしました!
アニメ、マンガ、映画、ドラマ、街、音楽…と、まさにヤミー!が目指していた【食×文化 メディア】を体現するランキング結果となったのではないでしょうか。
本年も地道にみなさまの知的好奇心と食欲を満たす記事を更新していく予定ですので、引き続きどうぞよろしくおねがいします!

Written by ヤミー!編集部

過去のランキングはこちらから!

ページトップ