ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

読書と食欲の秋にピッタリ!江戸時代の料理小説「みをつくし料理帳」

 

本日は江戸時代を舞台とした「みをつくし料理帳」という料理小説を紹介させていただきます。

作者は髙田郁さん過去には2度にわたってドラマ化もされ、北川景子さんが主演を務めたこともありました。

001

京都からやって来た誠実で素朴な料理澪が江戸の料亭で様々なトラブルに巻き込まれつつも

料理の才能と誠実な人柄に惹かれた周囲の人間の協力で厄介事を解決していく…というあらすじになっています。

 

この作品の魅力は素朴でささやかな工夫がこらされた主人公の作る創作料理と

その料理を彩る丁寧な描写にあります。

登場する様々な料理がゆったりとした風情ある美しい日本語、そして登場人物の会話で描写されます。

そのおかげで小説にもかかわらず、我々はその料理がどんな物でどんな味が想像することが出来ます。

その描写が巧みで丁寧で且つ激しく食欲を刺激してくるので一例を紹介したいと思います。

 

当時の江戸っ子は初夏に出回る初鰹を有難がり、戻り鰹は「猫またぎ」と言ってバカにしていました。

主人公はそこで敢えて戻り鰹を使った魚ご飯を作ろうと企てます。

主人公は魚が「猫またぎ」であることを敢えて隠して「はてなの飯」と名付け

食べた人に魚が何であるかを当てさせることにしました。

お祭り好きの江戸っ子はそんなはてなの飯に飛びつき店は大繁盛するわけですが、その時の会話がこちらです。

 

「はてな…。滅法旨いんだが、お澪坊、こいつは戻り鰹じゃあねぇのかい?」

「畜生め、猫跨ぎを旨いと思うなんざ、俺も焼きが回っちまったよぅ。お澪坊、お代わりだ」

 

これだけのセリフで本当に美味しいご飯なのが伝わってきて同じものをつくって食べてみたくなってしまいます。

002

京都出身の主人公が頑張って少しずつ江戸向けに工夫して作った料理は決して高価なものではなく、

滋養があって、お客さんに美味しく食べてもらいたいという気持ちが描写のスミズミから伝わってきます。

贅沢ではないけれど、洒落ていて、料理に身を尽くし食べる人のことを考えたその姿勢に

いつしか読んでいるとは好感を抱き、思わず応援したくなってしまいます。

 

また劇中では当時の文化、京都と江戸の料理や味付けの違い、風俗がいきいきと描写されています。

人々が何を食べて何を好み、どのようなサイクルでどんな仕事をして、

どのような生活をしていたかも丁寧に描かれているので

江戸時代にタイムスリップしたような臨場感を味わえる点もポイントです

 

003

料理描写以外の物語の本編も非常に起伏が飛んでいて読みやすく

気が付くと続きが気になって次巻を買い求め本を読む手が止まらなくなるほど引き込まれます。

全10巻と少しボリュームはありますが1冊1冊はとても読みやすいので

これからの季節、もしよかったら手をとってみて読書と食欲の秋を楽しんでください。

 

by tori

関連記事

【おいしい小説】『間宮兄弟』“ボウルいっぱいつくったフルーチェ” の誘惑

愛すべき不思議兄弟の恋愛模様

江國香織著『間宮兄弟』は、佐々木蔵之介さんドランクドラゴン塚地武雅さんでの映画化も話題になった作品です。

【おいしい小説】『間宮兄弟』“ボウルいっぱいつくったフルーチェ” の誘惑

主人公は明信と徹信、趣味や価値観がちょっと不思議な兄弟
作中で描かれる非モテな間宮兄弟の恋愛模様が、独特かつ滑稽、しかも妙に共感出来たりと、読んでいくうちに間宮兄弟の魅力に引き込まれていきます。彼らは、男性としての魅力はあまりないかもしれませんが、まさに「愛すべき人間」といった感じで、本人たちに自覚はなくともとても優れた人間力を持っている印象を受けるキャラクターです。

【おいしい小説】『間宮兄弟』“ボウルいっぱいつくったフルーチェ” の誘惑

©「間宮兄弟」製作委員会

ストーリー上最初の大きなポイントとなるのが“カレーパーティ”です。間宮家で開催されるカレーパーティのゲストは、徹信が“明信好み”だと感じた小学校の教諭「葛原依子」と、明信が密かに好意を抱いているレンタルビデオ店店員の女子大生「本間直美」の2人でした。
勇気を出して女性を招待したそのパーティから、いつもとは違う「女性が関わってくる」間宮兄弟の日常が始まります。

【おいしい小説】『間宮兄弟』“ボウルいっぱいつくったフルーチェ” の誘惑

©「間宮兄弟」製作委員会

本間姉妹の“ボウルいっぱいつくったフルーチェ”

カレーパーティに招待された本間直美は、仲良しの妹・夕美に報告をします。男二人暮らしの部屋に行くわけですから、直美も不安です。しかし、妹は“一緒に行こう”との姉の誘いを“やだよ”“あやしーじゃん、そんなの。”と言って断ります。
物静かで優しいけれど、気の弱い姉・直美と、振る舞いが乱暴ではあるけれど、優しくしっかり者の妹・夕美。そんな二人の話合いのシーンには“ボウルいっぱいつくったフルーチェ”が登場します。この食べ方は姉妹ならではだなーと、とても印象的な場面です。
“ボウルいっぱいつくったフルーチェ”を2人でスプーンでつついて女子会議をする様子は、姉妹の内側を見せてくれたような、瑞々しい魅力にあふれていました。 もちろん映画でもこのシーンがあります。沢尻エリカさんと北川景子さん演じる本間姉妹は、かわいいというより美しすぎましたが。

【おいしい小説】『間宮兄弟』“ボウルいっぱいつくったフルーチェ” の誘惑

©「間宮兄弟」製作委員会

ちなみに間宮兄弟の開催したパーティに登場したのは、“エダマメさつまあげ茹でとうもろこし”など…間宮兄弟の普段の食卓も昭和感漂うちょっと質素なメニューが登場します。

【おいしい小説】『間宮兄弟』“ボウルいっぱいつくったフルーチェ” の誘惑

©「間宮兄弟」製作委員会

一方で、本間姉妹が食べるシーンはファミレスファストフードなど、「イマドキ」な雰囲気で描かれています。

【おいしい小説】『間宮兄弟』“ボウルいっぱいつくったフルーチェ” の誘惑

©「間宮兄弟」製作委員会

“ボウルいっぱいつくったフルーチェ”の誘惑

『間宮兄弟』の小説や映画に触れてから、 “ボウルいっぱいつくったフルーチェ”を実現したいという誘惑が度々訪れました。しかし、これを実行するには絶対に相方が必要です。本間姉妹のように、誰かと「あーでもないこーでもない」と話しながら食べないと、魅力が半減してしまう気がするのです。
そんな思いを抱えたまま数年。長女が3才くらいの時です。誘惑に抗いきれず、「いけるんじゃないか」と思い “ボウルいっぱいつくったフルーチェ”を作ってみたことがありました。結果は、そもそもフルーツが嫌いだった長女はフルーチェにあまり興味を示さずに断念…。ほぼ一人で無理やりたくさんのフルーチェを食べる羽目に陥りました…。
妹が生まれ、長女がそこそこ大きくなった今、“ボウルいっぱいつくったフルーチェ”リベンジをしてみる良いタイミングではないかと、またひそかに思っています。その時には、女子会議ならでは、子供たちの好きな子の話なんて、聞けるのかもしれません…♪

Written by フジイ

過去のランキングはこちらから!

どんなに性格が悪くても、これでモテる!?究極のフード理論

名前を呼んではいけないあの人も、いい人に見えるかも

あの恐ろしいハリー・ポッター シリーズの悪役・ヴォルデモート卿が、とびきり美味しそうにマクドナルドのチーズバーガーを頬張っていたらあなたはどう思うだろう。 「名前を呼んではいけないあの人、一見怖そうだけど好物はチーズバーガーらしいよ」という噂が広まって、「可愛い悪党だな、この前私の家壊されたけどなんとなく許せるかも」なんて思ってしまう人がいるかもしれない。チーズバーガー1つで人の印象がガラリと変わってしまうのだから、食がもたらす効果というのは絶大だ。

theory_02

© WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. HARRY POTTER PUBLISHING RIGHTS © JKR.

例えば、私はとても性格が悪い。Twitter上で、求めてもいない彼氏との惚気話をツイートする友達は全てミュート設定しているし、友達や恋人に囲まれてハッピー!スタバで○○飲んだよ!毎日幸せ!等々のリアル充実アピールをする人々は頭の中でできるだけ残酷な方法でこの世から抹消している。人の幸せが憎い。リア充が憎いのだ。

しかし、他人の不幸は蜜の味とはよく言ったもので、友達の別れ話や失敗談は、私の生きる糧である。他人の幸せが憎く、不幸が大好き。

そんな自他共に認める性格の悪さを持つ私だが、唯一可愛らしく見える瞬間があるらしい。そう、ご飯を食べている時だ。とりわけ大好物である肉を食べている時は、狡猾な蛇(私)が、まるで真っ白なチワワのように見えるらしい。

 

つまり、極悪非道な人間であっても、美味しそうにご飯を食べている瞬間を他人が見れば、「あの人、美味しそうにご飯食べていたし、もしかしたらそんなに悪い人ではないのかも?」という性善説に似た評価の可能性が生まれるのだ。

フードを美味そうに食べる人に悪い人はいない、という究極のフード理論

この理屈は、福田里香さんの『ゴロツキはいつも食卓を襲う フード理論とステレオタイプフード50 』という本に載っている。

 この本で著者が提唱するフード三原則を紹介しよう。

「フード三原則」
1 善人は、フードをうまそうに食べる
2 正体不明者は、フードを食べない
3 悪人は、フードを祖末に扱う

このフード三原則は、多くの映画や漫画で実証することができる。

theory_01

© 諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

大人気漫画「進撃の巨人」で、食欲旺盛なサシャ・ブラウスが鬼教官に怒鳴られながらも、必死で芋を頬張るシーンがある。厳しい訓練中、私語は言語道断な雰囲気の中で、サシャは「せっかく盗んだ芋が冷えてしまっては元も子もない」という理由で、あろうことかむしゃむしゃと芋を食べ始める。結果、この後で鬼教官に死ぬほど走らされることになるのだが、巨人と人間の思惑が蠢く狂気の世界の中で、食に対して素直な彼女を見て、なにか裏があるとは到底思えない。「きっと優しくて素直な人間なんだろうな」と、わたしたちは勝手に思ってしまうのだ。

良い人は美味しそうにご飯を食べる
→ご飯を美味しそうに食べる人に悪い人はいない
食=善
どうやらこの方程式が、私達の本能の中に眠っているようだ。

モテたいなら食べろ!新・食の方程式

私はこう考える。この三原則、モテ理論にも当てはまる、と。モテたいなら自分の好きなものを、本当に美味しそうに食べればいいのではないか。食=善の方程式に、モテ要素を代入すればいい。モテる人に悪い人はいないが、よく食べる人にも悪い人はいないのだ。これが私の考える新・食の方程式である。

食=善
モテる人=良い人(善)
食=モテる人

もちろん、善人だけでなく、悪女や陰のある大人の男だってモテる。必ずしも善人がモテるというわけではない。しかし、食にこだわりがある人、美味しいものが好きな人間は、善にしろ悪にしろ、何かに素直になれる魅力のある人間なのだ。

theory_03

© Twentieth Century Fox Film Corporation.

あの有名映画プラダを着た悪魔で、ヒールのクリスチャン・トンプソンは主人公アンディをパリの洒落たレストランのディナーで落とした。もしレストランで汚い食べ方をしたり、食べ物を粗末に扱ったりしていたら、主人公の女性はオチなかっただろう。悪役でも、ダメ男でも、食の魅力や価値がわかる人間はきっとモテるのではないだろうか。

好きなものを美味しそうに食べて、相手に好印象を与える。少なくとも、まったく魅力のない人だとは思われない。優しくて素直な人間だと、異性にアピールできるだろう。

それにしても食べることに忠実で、食のイベントにはいくらでも喰いついていく素直な私が、なぜか未だにモテていない…。
もしかしたら、いくらこの理論や方程式が正しくても、異性にモテるのは「時と場合と顔」によるのかもしれない…、という現実には気づかないでおきたい…

Written by ミワ

このライターの他の記事はこちらから!

ページトップ