ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

【小津・フジロック・餃子】2016年7月 ヤミー!人気記事ランキング!

8月も半月が過ぎたところで、7月を振り返って人気だった記事をランキング形式でご紹介します!

ochaduke_03

小津安二郎監督が夫婦のカタチを描いた映画「お茶漬の味」をご紹介したコチラの記事
最新作を追うのもいいですが、たまには古き好き日本映画をゆったりと見るのもいいですよね。普遍的なテーマを描いた映画というのは何時の時代に見ても面白く、新しい発見があったりするものです。
すれ違いばかりだった夫婦ふたりが、慣れない様子でお茶漬をいそいそと作るシーンは、とってもほのぼのします。

fuji_matome_07

「ヤミつきフジロック」と称した特集をしていた2016年のFUJI ROCK FESTIVALを総括したこちらのまとめ記事
たくさんのフジロック飯を食べたヤミー編集部的ベスト3と、今年から始まったオレンジカフェのBBQのレポートです。
今週末はサマソニ!ヤミー編集部は東京の2日目にしか出動しませんが、ミニレポートをお届けできればと思っております!
ヤミつきフジロックの記事一覧はこちらからどうぞ。

IMG_0102

下北沢でひたすら餃子を食べる旅をレポートしたこちらの記事!やっぱりみんな餃子好きだよね~!
この好評ぶりを受けて、第二弾開催を検討中とか検討中じゃないとか…オススメ餃子タウン情報、お待ちしています!

というわけで、2016年7月のヤミー!まとめでした。
今後もみなさんの知的好奇心と食欲を満たすおいしい記事を沢山ご用意していますので、お楽しみに♪

Written by ヤミー!編集部

関連記事

【餃子注意】下北沢の餃子を食べ尽くせ!

東京・世田谷区は下北沢。
本多劇場をはじめとした数々の劇場、多くのライブハウス、点在する古着屋や雑貨店、そして無数の居酒屋・カフェ・バー…様々な食と文化が入り混じる、まさにヤミー!な街。
この街で行われる「餃子の旅」へのお誘いを受けたので、嬉々として行ってきました!

メンバーは20~30代の女3人。
ルールは簡単。各店でストイックに餃子のみを食べて、できるだけ多くの店舗を巡ること。(もちろんビール付き。)好きなものを食べていいのは最後の店だけ、というもの。

1店舗目:第三新生丸

まずは、今回の旅の参加者中最年少かつエンゲル係数の高さNO.1が選んだ居酒屋・第三新生丸へ…こちらは八丈島の食材をふんだんに使ったお料理が自慢のお店。 早速生ビール!と、焼餃子を注文!

IMG_0103

羽根!!!!!!

こちらの餃子、もう言っちゃいますけどこの日3人の一番の評価を叩き出した逸品。
餃子ひとつひとつが大きくて、皮はモチモチ厚くて、焼けた底がパリッパリ。タネはじゅわーーっとジューシーかつ肉感がっつり、パンチの効いた強気なニンニクのバランスが余りにもばっちり。青ネギとゴマが入った餃子のタレがついてくるのですが、これがまた絶品!餃子との相性が抜群なのでした。
3人で食べながら、「最高OF最高」「人生ナンバーワン餃子」といった言葉が飛び交いました。本当に全くその通りなのです。

それにしても何故一軒目を居酒屋にしてしまったのか…誘惑が多すぎる…
早速ルールを「おなかに溜まらないものなら1品は頼んで良い」と変更することに。意志が弱いってこういうことです。
結局「鯵のなめろう」を頼んで、ビールもお代わりする始末。しかもこのなめろうが!叩きたての鯵にしょうがと葱がたっぷり。お酢をつけて食べると味が変わっておいしいよ、というアドバイスに従ってみると、あまりの感動に大声が出るほど。いっそこのままここで飲もうよ、という誘惑を涙を飲んで断ち切って、お会計。

福岡グルメも味わえる!海辺のライブハウス「TRIANGLE」フェスで感じた地元愛

実は音楽フェスが充実している街・福岡

本州から海を渡ってたどり着く街・福岡
近年では音楽フェスが充実してきている地域だってご存知ですか?
ゆるさがたまらない春フェス「CIRCLE」や、夏休みの始まりに開催される「NUMBER SHOT」、25年続く老舗フェス「Sunset Live」など、様々なメンツを揃えるフェスが目白押しなのです。

福岡グルメも味わえる!海辺のライブハウス「TRIANGLE」フェスで感じた地元愛

そんな中、2016年から福岡ソフトバンクホークスのホーム福岡ヤフオクドームのお膝元でもある百道浜の海岸で新たなフェスが産声をあげました。
今回は、海辺がライブハウスと化すロックフェス「TRIANGLE」の魅力をお伝えできればと思います。

福岡グルメも味わえる!海辺のライブハウス「TRIANGLE」フェスで感じた地元愛

海辺に2日間限定で現れるライブハウス「TRIANGLE」

もともと2015年までは、九州をはじめとする各地のライブハウスを回る形で開催されていたトライアングル。
そのイベントが、2016年から野外で開催されるに至ったのは、お客さんから集めたアンケート結果によるものだったそう。
イベント主催団体の「PROJECT FAMIRY」がこの声を形にした結果、海辺という最高のロケーションで、パンク・ラウド・メロコアロックシーンを盛り上げるアーティストが勢揃いする豪華なフェスが実現したのだとか。

広大な海の側で行われるフェスではありますが、アーティストとの距離感の近さも魅力。
アーティストと観客の熱気がひとつになった空間はまるでライブハウスでのパフォーマンスをみているかのよう。
大規模なフェスではなかなか耳にできない自然体のMCが聞けるのもファンとしては嬉しいものです。

熱いライブでお腹が空いたらお手軽福岡グルメも

フェス当日の朝は、生憎の曇り空。
開場と共に雨脚も強くなり、ずぶ濡れフェスになることも覚悟しましたが、天気も持ち直し、涼しいフェス日和となりました。

福岡グルメも味わえる!海辺のライブハウス「TRIANGLE」フェスで感じた地元愛

しっかり仕込まれた小道具とライブで観客を笑いとロックの渦に巻き込む四星球のライブで笑って腹筋を酷使する準備運動をしたせいか、ちょっと早いタイミングでお腹が空いてきました。

夏バテの胃にも嬉しい!WILD BUNCH FEST.で出会った山口フェスイーツ♡

夏バテした胃には正直ツラいフェス飯…そんなときにはフェスイーツ!

当たり前ですが、夏って暑いですよね。
熱いライブに心滾る夏フェスも、厳しい暑さだけはツラく体に応えるもの。
私も夏の暑さに胃がやられてしまって、美味しいフェス飯を目の前にしてもあまり受け付けず…。
でも、甘いものは別腹という言葉があるように、フェスで食べるスイーツは格別だったんです。

夏バテの胃にも嬉しい!WILD BUNCH FEST.で出会った山口フェスイーツ#9825;

今回は山口の夏フェス「WILD BUNCH FEST.2017」で食べたご当地スイーツが胃弱にも美味しかったので、ご紹介します!

WILD BUNCH FEST.とは?

WILD BUNCH FEST. 通称ワイバンは2013年から山口で開催されている、2017年で5年目になる夏フェス。
2017年のワイバンではステージが1つ増え、年々規模も動員も増えている人気のフェスです。

夏バテの胃にも嬉しい!WILD BUNCH FEST.で出会った山口フェスイーツ#9825;

今年もヘッドライナーのサカナクションRADWIMPSをはじめ、日本のロックを盛り上げるたくさんのアーティストのライブが、観客の心と体を揺さぶってくれました。

夏バテの胃にも嬉しい!WILD BUNCH FEST.で出会った山口フェスイーツ#9825;

私もほぼ毎年参戦しているワイバンですが、今年は本当に天候に恵まれました。
青空が広がり心地よい風が吹き込む快適さのおかげで、フロントエリアで飛び跳ね全力で楽しむのはもちろん、シートで寝っ転がりながら生演奏をまったりと堪能するという贅沢も味わえました。

いざ、ワイバンのフードコートに突撃!

夏バテの胃にも嬉しい!WILD BUNCH FEST.で出会った山口フェスイーツ#9825;

さて、楽しいフェスをもっと楽しむために、胃は弱いが何か入れなければ!とフードエリアを歩きます。
お昼時ということもあってものすごい賑わい!

夏バテの胃にも嬉しい!WILD BUNCH FEST.で出会った山口フェスイーツ#9825;

奥に進むと、山口の地元グルメを味わえるブースを発見!
ハモカツという響きに惹かれはしましたが、すでに夏バテで弱っていた私の胃に揚げ物はヘビーかなと思いスイーツを選択。

フジロック2017 角煮丼・鱧にゅうめん・あごだし豚骨ラーメン 3日目レポートvol.2

フジロック2017 3日目その2は炭水化物多めです!

FUJI ROCK FESTIVEL 2017のフェスごはん特集、最後の記事は〆の炭水化物たっぷりめでお送りします!

アヴァロンにお引越しした、まつえんどんで野菜スープ

昨年もちぶたミンチおからハンバーグサンドをいただいた、「まつえんどん」で頂いたのは化学調味料無しのからだに優しいお野菜たっぷりスープ

フジロック2017 角煮丼・鱧にゅうめん・あごだし豚骨ラーメン 3日目レポートvol.2
フジロック2017 角煮丼・鱧にゅうめん・あごだし豚骨ラーメン 3日目レポートvol.2

入場規制中のホワイトステージをバックに。
茄子・人参・じゃがいも・さつまいもなど、ゴロゴロ入った野菜の味が濃く、とってもホッとする味。

ヘブンエリアの東山食堂で角煮丼・ジャンボ油揚げ・豚汁ごはん

ここからは怒涛の炭水化物祭りです!
まずはヘブンエリア、「東山食堂」の豚角煮丼
とろっとろに煮込まれた角煮の味付けは、本格的な高級中華のよう!
スパイスの良い香りが心地よく鼻を抜けます。

フジロック2017 角煮丼・鱧にゅうめん・あごだし豚骨ラーメン 3日目レポートvol.2

続いては、豚汁ごはん入り
豚汁にごはん入れるって、最高のアイデアですよね。。。
ゴボウや大根・こんにゃくなど、とても具だくさんな豚汁なので、スープごはんとしてしっかり一食分の胃袋を満たしてくれます!
刻んだネギの香りが、いいんです。

フジロック2017 角煮丼・鱧にゅうめん・あごだし豚骨ラーメン 3日目レポートvol.2

一緒に食べたのは、ジャンボ油揚げのアボカドチーズ乗せ
超ビックサイズの油揚げがサクッとトーストされていて、上に乗ったアボカドチーズとトマト、醤油ベースのタレと相性抜群!
ビールのおつまみにもぴったりですが、軽いおやつとしてもちょうどいいボリューム。
油揚げとお野菜がメインだからヘルシーです。

フジロック2017 角煮丼・鱧にゅうめん・あごだし豚骨ラーメン 3日目レポートvol.2

ページトップ