ヤミー!-自己満足 食・文化メディア

【フィンランド在住レポ】給食の定番!フィンランドの木曜日は緑のスープの日

私が子供の頃嫌いだった給食メニューポークビーンズがある。よくわからない名前と、固さの残る大豆の青臭さ、それから中途半端に薄いトマトベースのスープが苦手だったように記憶している。しかしそのポークビーンズは栄養にいいとかなんとかで、私が通っていた学校では給食の定番として頻繁に登場していた。

同じように私が今住んでいるフィンランドでも給食の定番メニューというのが存在する。それが、ヘルネケイット。グリーンピースのスープだ。

【フィンランド在住レポ】給食の定番!フィンランドの木曜日は緑のスープの日

学校だけじゃない ランチの日替わりメニューにも

フィンランドのランチ営業の店にはビュッフェスタイルの所が多い。
忙しい会社員でもさっと行って待ち時間なく食べられ、提供する側もサーブする手間が最小限で済むビュッフェは効率がいいのだろう。メインメニューやスープを日替わりにして飽きが来ないように工夫され、しかも値段も1200円前後と手頃なのでいつもにぎわっている。
そしてその日替わりメニューには、どういうわけだか木曜日になるとかなりの確率で前述のヘルネケイットが登場する。
そういうときのフィンランド人の反応はこうだ。「はぁ、今日はヘルネケイットか…」
学校給食や家庭でさんざん食べて来たヘルネケイットは、どうしても「安っぽい」「食べ飽きた」というイメージが大人にはあるらしく、手放しで喜ぶ人は少ない。
その一方で、日本における大豆と同じくグリーンピースは体に良いという一種の信仰も厚く、得にヘルネケイットにおいては豆を繊維ごと、しかも大量に摂れるということで整腸作用を期待して食べる女性たちも多い。加えて子供たちにもカボチャやにんじんのポタージュと並んで人気があることから、決して悪い味だからではなく単に「食べ飽きた」という理由だけで敬遠されているようだ。

【フィンランド在住レポ】給食の定番!フィンランドの木曜日は緑のスープの日
  • マンガ飯
  • 映画に出てくるおいしいものたち
  • おいしいnovel
  • overseasのごはん事情
  • お酒の話
  • フェス飯・イベント飯
ページトップ