ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

【フィンランド在住レポ】うわ、ここにもお米!日本人が身近に感じる米料理

フィンランドの料理は日本人が思っているほどおしゃれでもスタイリッシュでもないが、実は素朴でおいしい。魚の種類が豊富で日本人の口に合うものが多く、特筆すべきは米が頻繁に登場するのだ。
ヨーロッパの炭水化物といえばパンやジャガイモといったイメージが定着しているが、フィンランドではびっくりするほどの確率で米に遭遇する。朝ご飯にミルク粥を食べたりパイに米を入れたり。しかも使用されているのはタイ米などではなく日本のものに限りなく近い粘り気のある米だ。
そこで今回はフィンランドで見かける米料理のラインナップと、日本でも簡単に作れるお米のデザートのレシピを紹介しようと思う。

米のパイ:カルヤラン・ピーラッカ -Karjalanpiirakka

【フィンランド在住レポ】うわ、ここにもお米!日本人が身近に感じる米料理

お米をミルクで煮たものをライ麦の生地で包んだパイ。英語表記でカレリアンパイなどと呼ばれているが、実際の形はパイというよりタルト。ちなみに名前のカルヤラ(英語ではカレリア)はフィンランドの東側、ロシアに近い地方の名前で、ピーラッカはパイやタルトの意味。
このカルヤランピーラッカ、日本では最近のフィンランドブームのおかげで知名度もあがってきていて、フィンランドの国民食だとかフィンランド版おにぎりだとか呼ばれているらしい。
普段はムナヴォイ−Munavoiと呼ばれる、ゆで卵を潰して練ったバターと混ぜたものと一緒に振る舞われることが多いが、他にもハムやチーズを乗せたり、これまた国民食のサーモンを乗せたりといろいろバリエーションを楽しめるからだろう。 ちなみにスーパーで簡単に購入可能で、パンコーナーで既に焼き上がったものや冷凍コーナーでオーブンで温めるだけのものなどいつでも気軽に手に入る。値段は一個50円から100円ほどで2、3個食べれば満腹になる。

ページトップ