ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

第二の”水どう”?酒と肴が織りなす残念戦士達の本音バラエティ!

「水曜どうでしょう」の二代目候補 ローカル番組『ゴリパラ見聞録』

会社や学校での生活に疲れてしまって、無性に誰かに愚痴りたい…だけど、家族や友人に愚痴るのは迷惑かもしれないし、結局誰にも本音を言えない…そんな経験が、誰にでもあるだろう。

ゴリパラ見聞録』という深夜のローカル番組をご存知だろうか?
今もなお根強い人気を誇る「水曜どうでしょう」の二代目候補として、一部界隈でひそかに有名な旅番組である。 ピン芸人のゴリけん、コンビ芸人のパラシュート部隊、ディレクター二人の計四人が、視聴者に代わって行きたい所に出向き、願いや思いを叶えて写真を撮ってまわる、ローカルバラエティだ。

ディレクターに大炎上させられる とにかく残念な出演者たち

出演するのはとにかく残念な福岡の芸人達である。誰かが失敗するとすかさず揚げ足を取り、お互いを貶め合い、「売れたい売れたい」と毎回愚痴をこぼす。「人の(番組制作費の)金で食べる刺身は美味い。」「製作費がカスッカスだからファンからの差し入れで今回のロケを乗り切ろう。」等々の迷言も飛び出す始末。普通なら人に言うのをためらってしまうようなリアルな本音を、正直過ぎるほどにさらけ出すのがこの番組の魅力なのだ。
中でも彼らの残念さを存分に堪能できるのが、夜の居酒屋での「一献タイム」コーナーである。

goripara

このコーナーでは訪れた地で、夜な夜な四人がお酒に酔いながら管を巻く様子が赤裸々に放送される。提供される料理は、美味しそうな品々ばかり。しかし、語彙力の問題か表現力が乏しいのか、タコを食べているのに「イカみたいに美味しい!」やら、新鮮な肉を食べて「もう一回胃から口に逆流させて味わいたい」等々、思わずツッコミを入れたくなってしまうコメントを連発。序盤から、既に残念だ。

やがて酔いが回り始めると、一行の話題はリアルな家庭・財政状況や、自分の将来についての不安へ…。

パラシュート部隊の斎藤が、自分のせいで婚期を逃し続けた兄がやっとこぎつけた結婚式のスピーチ内容が、自分の事ばかりで申し訳なかったと大号泣ながらに話したかと思うと、別の旅では相方の矢野が自身へのゴリけんの借金を暴露し始める。

「ごりさんの奥さんから今僕にメールがありました。ゴリけんの僕への借金はいくらあるの?だそうです」
詰問すると、ゴリけんはうな垂れながらこう答える…
「20万…」

家庭を持つ先輩芸人が、後輩芸人にお金を借りている。
しかもそれを未だ返済しておらず妻にも詳しく伝えていない。更に詳しく突っ込まれると、そもそもパチンコですった分の補填の為に借りたお金だということが判明。…この芸人達、本当に残念である。

普通の番組ならこんなやり取りは放送しない。しかしあえて放送し、大炎上させるのがゴリパラディレクターの凄さ。最近流行の炎上商法より更に上を行く、ローカル番組ならではの愛のこもった大炎上放送である。

それにしても、放送されると分かっていて、何故ここまで本音をさらけ出せるのだろう。

家族でも友人でもない関係だからからこそぶつけ合える 戦士達の本音

ゴリパラ一行は、家族や友人という穏やかな関係ではない。現実世界で戦い合ういわば戦士達だ。共に仕事をし、時にぶつかり合い、時に称えあう戦士同士。だからこそ、お酒が入り美味しい肴を口にした安堵感をきっかけにして、炎上するほどありのままの人間性をさらけ出して語り合えるのではないか

皆さんも経験がないだろうか。楽しく過ごそうと気を遣ってばかりの飲み会から家に帰りつくと、逆にすごく疲れていることが。酒と肴が炙り出す彼らの本音は、私たちが普段胸に秘めている家族や友人とは共有できない本音と何処か重なる。気付けば私たちは、バカだなぁと笑いながら番組を見ているだけなのに、まるで戦士達と一緒に飲んでいるかのように、心を開いて共感しているのだ。

以前、私の地元の居酒屋にゴリパラ一行が来ていた。キッズの私はウキウキしながら帰郷し家族と共に早速向かった。なんとなく予感はしていたが、残念な戦士達のサインは無かった事は、お伝えしておく。

Written by ミワ

このライターの他の記事はこちらから!

関連記事

【餃子注意】下北沢の餃子を食べ尽くせ!

東京・世田谷区は下北沢。
本多劇場をはじめとした数々の劇場、多くのライブハウス、点在する古着屋や雑貨店、そして無数の居酒屋・カフェ・バー…様々な食と文化が入り混じる、まさにヤミー!な街。
この街で行われる「餃子の旅」へのお誘いを受けたので、嬉々として行ってきました!

メンバーは20~30代の女3人。
ルールは簡単。各店でストイックに餃子のみを食べて、できるだけ多くの店舗を巡ること。(もちろんビール付き。)好きなものを食べていいのは最後の店だけ、というもの。

1店舗目:第三新生丸

まずは、今回の旅の参加者中最年少かつエンゲル係数の高さNO.1が選んだ居酒屋・第三新生丸へ…こちらは八丈島の食材をふんだんに使ったお料理が自慢のお店。 早速生ビール!と、焼餃子を注文!

IMG_0103

羽根!!!!!!

こちらの餃子、もう言っちゃいますけどこの日3人の一番の評価を叩き出した逸品。
餃子ひとつひとつが大きくて、皮はモチモチ厚くて、焼けた底がパリッパリ。タネはじゅわーーっとジューシーかつ肉感がっつり、パンチの効いた強気なニンニクのバランスが余りにもばっちり。青ネギとゴマが入った餃子のタレがついてくるのですが、これがまた絶品!餃子との相性が抜群なのでした。
3人で食べながら、「最高OF最高」「人生ナンバーワン餃子」といった言葉が飛び交いました。本当に全くその通りなのです。

それにしても何故一軒目を居酒屋にしてしまったのか…誘惑が多すぎる…
早速ルールを「おなかに溜まらないものなら1品は頼んで良い」と変更することに。意志が弱いってこういうことです。
結局「鯵のなめろう」を頼んで、ビールもお代わりする始末。しかもこのなめろうが!叩きたての鯵にしょうがと葱がたっぷり。お酢をつけて食べると味が変わっておいしいよ、というアドバイスに従ってみると、あまりの感動に大声が出るほど。いっそこのままここで飲もうよ、という誘惑を涙を飲んで断ち切って、お会計。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

横浜赤レンガ倉庫で行われたフェス GREENROOM FESTIVAL 2017

5月20日、21日に行われた都市型フェス、GREENROOM FESTIVAL 2017
今回は、このお洒落イベントのフェス飯事情を探りに潜入してきました!

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

とにかくお洒落!気分の上がるコーディネートの会場

GREENROOM FESTIVALは、「Save The Beach, Save The Ocean」をコンセプトに、サーフ・ビーチカルチャーをベースとした音楽・アートフェス。
会場も赤レンガ倉庫とあって、音楽を聞きながら横浜の海が望め、時には海風が通る、とっても気持ちのいいロケーションで開催されています。
まさに都市型フェス!といったオシャレ感が満載で、会場内にはいたるところにガーランドやテント、ハンモックなどのフォトスポットが点在しています。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた
オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

まずはビール!超!快晴です。

全体的にメキシカンとカレー多め

早速フェス飯調査に乗り出します!
フェスらしく屋台が基本ですが、どの屋台もなんだかお洒落に感じます。
こんな可愛らしいワゴンのお店も有りました。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

全体的にはタコライス、チリ、カレーなどのメキシカンやスパイシーな料理が多め。
海に寄り添ったフェスらしいラインナップです。

さっそくブルースカイエリアで、先ほど写真に出ていたLunch Stand tipiさんの、タコライス、チリポテト、リングィーサを頼んでみました。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた
オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

このリングィーサというもの、アルファベット表記ではLINGUICA。
リングイカと誤読して、てっきりイカリングだと思ったら、その正体は巨大ソーセージ!
リングィーサとは、ポルトガルやブラジル、ハワイやカリフォルニアで食べられている、豚肉に唐辛子などのスパイスが入った燻製していない生ソーセージなんだそう。
かなりジューシーで食べごたえがあり、ビールの進むお味でした。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

ARAWIGOKITCHENさんでは、パクチーポテトグリーンカレーをいただきました。
グリーンカレーにはチキンがドーン!と乗っていてかなりボリュームたっぷり。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

パクチーポテトは、個人的にはもっとパクチーがモリモリでもよかったかも。。。

ハミングバードエリアでは、かねよ食堂さんの三崎まぐろロースト弁当を!
小梅が乗っているので和な味付けかと思いきや、ソースはスパイシー。
これは意外でした。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

このエリアはとっても立派なツリーハウスがあって、夜のライトアップされた様子はとってもきれいなんです。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

チケットがなくても楽しめるのがGREENROOM FESTIVAL

GREENROOM FESTIVALの会場は、横浜赤レンガ倉庫の店舗エリアと、特設エリアに分かれています。
特設エリアはチケットを購入しないと入れませんが、店舗エリアはチケットがなくても楽しめるようになっています。
サーフマーケットと称して、様々なブランドや店舗がテントで物販コーナーを設けていて、とってもにぎやか。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

我々はこちらのエリアで、なんと崎陽軒のシューマイを発見!
ビールに合うね~とっても合うね~、とおいしくいただきました。
野外で座ってビールを飲みながら青空の下、崎陽軒のシューマイを食べる経験って、めったに出来ないですよね笑

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた
オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

ヤミー!的フードツートップは、燻製勢

今回の調査で、ヤミー!的に最も美味しかったフードを2つ紹介します!
(選考基準は、「ビールに合う」、「スパイシーさに疲れた時によい」となっておりますので、あしからず…)
ひとつめは、J.S. BURGERS CAFÉのスモークターキー

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

ターキーだからこそ、チキンとは違ったハンパじゃない大きさの逸品。
一人では食べ切れそうにないボリュームです。
スモーク加減がちょうどよく、とにかくビールに合いまくります。
他のフードが盛り付けで時間がかかって並ぶなか、スモークターキーは並ばずに変えるところも高ポイントでした。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

ふたつめは、赤レンガ倉庫内のPatagoniaブースで出会った、ワイルド・ソッカイ・サーモン
もともと加熱調理済みのスモークサーモンがパウチになって販売されていて、トルティーヤ・チップスとともに提供されます。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

これが本当に美味しいんです!!!
味付けはシンプルに思えますが、程よい塩味とサーモンの旨味、スモークの絶妙さが完璧なバランスです。
Patagoniaのオリジナルビール、ロング・ルート・エールとともに楽しめば、気分は最高。

Long Root Ale, a new collaboration from @hopworksbeer & @patagoniaprovisions brewed with Kernza Perennial Grain. #patagonia #patagoniabeer #patagoniaprovisions #hopworksurbanbrewery #hopworks #hopworksbeer #hub #kernza #kernzagrain #kernzaperennialgrain #

実はこちらはPatagonia内のキャンプやトラベルに適した食品を製造しているプロビジョンズの商品。
Patagoniaのオンラインストアでも買うことが出来るので、キャンプやピクニック、お花見の時に持っていけば、その日の人気メニューNO.1となること間違いなしです。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

今年のGREENROOM FESTIVALでは、たくさんのおいしいフェス飯に出会うことが出来ました。
他のフェスで今回おすすめしたフードを見かけたら、是非食べてみてくださいね。

Written by にゃも

このライターの他の記事は にゃも から!

他にも読みたい!フェス飯・イベント飯他にも読みたい!フェス飯・イベント飯

西加奈子『うつくしい人』 他人の目を気にすることに疲れてしまったあなたへ

自意識過剰な主人公に共感できる?西加奈子「うつくしい人」

今回取り上げるのは、以前紹介した『きりこについて』に続いて、西加奈子さんの作品です。

西加奈子『うつくしい人』 他人の目を気にすることに疲れてしまったあなたへ

『うつくしい人』は32歳の蒔田百合という女性が主人公。
百合は自意識過剰な性格で、常に他人の目に対して怯えながら過ごしています。
「他人から見て、自分はどう見えるか」が物事を決める尺度となっていて、歴代の彼氏も「連れていて自慢できるかそうでないか」が決め手でした。
学生時代には嫌いではない(むしろ好きだった?)クラスメートへのいじめに加担していて、その過去が百合の心の暗い闇の原因となっています。

西加奈子『うつくしい人』 他人の目を気にすることに疲れてしまったあなたへ

このように「好きでも無い彼氏と付き合う」「嫌いではないクラスメートをいじめる」など、自分の意志ではなく「他人の目」を基準に生きていくようになった理由の大きな存在が「姉」です。

百合の「姉」はとても「うつくしい人」であり、純真無垢な女性です。
純真無垢すぎて、学生の頃のある事件を皮切りに人間関係につまずき、ずっと「ひきこもり」をしています。
しかし、ひきこもりとなった今でも、姉は美しく、やさしく、やはり純真無垢なまま存在しています。

他人の目を気にしなさ過ぎて社会生活を送れない姉を反面教師のようにして、他人の目を気にすることで自分を守ってきたつもりだった百合でしたが、あることがきっかけでとうとう職場で急に泣きだしてしまいます。
それほどに、自らを他人の視線から追い込んでしまっていたのでした。

西加奈子『うつくしい人』 他人の目を気にすることに疲れてしまったあなたへ

突然泣き出すという醜態をさらしてしまった百合は、一人旅に出ます。
この旅立ちの場面では、百合の病的なまでの自意識の描写が読んでいて辛いほどです。
しかし、百合はこの旅行でとあることに気づき、大きな変化を遂げるのです。

百合を潤す唯一の存在、それがビール

ホテルについた百合は、ホテルのバーへ行きます。
そこで、ちょっと失礼でうだつの上がらないバーテンの坂崎と謎のドイツ人マティアスと出会います。
この二人が、百合の救世主となるわけですが、ここで注目したいのが「ビール」です。

西加奈子『うつくしい人』 他人の目を気にすることに疲れてしまったあなたへ

この小説は主人公である百合の語りで物語が進んでいきます。
先ほど書いたように、百合は他人の目を非常に気にします。
あの人にとって自分はこう見えているのではないかという考えはもちろんのこと、あの人、本当はこの仕事がしたくないのではないかという、少々余計なお世話なことまで考えています。
つまり、百合の頭の中は他人と自分のことでいっぱいなのです。

しかし、ビールを飲む瞬間はその百合の頭の中の独白がスっと消えているような感覚を覚えるのです。
つまり、何も考えていない、素の自分が出ているような感覚です。
このホテルの場面以外にもビールを飲むシーンは何度かあるのですが、特に前半の百合がまだ苦しんでいる時にすら、そのように感じました。
重苦しい世界の中、ビールだけが軽やかに百合の喉を潤しているような印象でした。

西加奈子『うつくしい人』 他人の目を気にすることに疲れてしまったあなたへ

百合はお金持ちのお嬢様で、身に着けている物はすべて一流です。
歴代の彼氏も外車を乗り回しているようなタイプばかり。
そんな百合がバーであえて「ビール」を自然にオーダーしていることから、そのような印象を持ったのかもしれません。
だって、お嬢様ならシャンパンとか何だかおしゃれな飲み物を頼みそうだと思いませんか?

西加奈子『うつくしい人』 他人の目を気にすることに疲れてしまったあなたへ

きっと、「大好きなビールを飲みたい」と思う、百合自身の隠れていた意志が自然と出ていたシーンだったのでしょう。
好きな飲み物(特にお酒!)を前に、自分を偽ることなど出来ませんものね。

Written by フジイ

このライターの他の記事は こちら から!

『バー・リバーサイド』様々なカクテルとマスターの名言 大人の為の会話劇小説

二子玉川の落ち着いたバーで一杯

ちょっと感傷的になったり、気持ちに整理がつかない時…ちょうどいい距離感で優しく話を聞いてくれ、おいしいお酒を作ってくれるバーでマスターとおしゃべり、なんて出来たら良いですよね。
今回紹介するのは、吉村喜彦さんによる小説『バー・リバーサイド』です。

様々なカクテルと沁みる名言 大人の会話劇小説『バー・リバーサイド』

舞台は東京・二子玉川にある席数わずか7席の小さなバー・リバーサイド。
静かな空気感の落ち着いたお店で、マスターの川原草太とスタッフの新垣琉平が働いています。
彼らと6人の個性的な常連客が繰り広げるのは、それぞれの世界で様々な境遇を経た者たちならではの印象的な会話劇
物語は5つの短編で構成されていて、ページ数も多くないので、あっという間に読み終えてしまいます。
全ての短編にそれぞれの会話にちなんだお酒や料理が登場するのですが、作者の吉村さんは元サントリーの宣伝部勤務というだけあって、その描写が独特なのです。

様々なカクテルと沁みる名言 大人の会話劇小説『バー・リバーサイド』

沖縄の独特な埋葬に使われる「花酒」をつかったカクテル

たとえば、うどん店で働く客・井上が語るのは、あの世とこの世に関するちょっとスピリチュアルな話題。
スタッフ・琉平が出身地である沖縄特有の死者の埋葬方法を語り始めます。

沖縄には洞窟が多く、昔はその中に亡くなった人を葬って、亡くなって七年後に親戚がその骨一本一本を丁寧に泡盛で洗ったそう。
使う泡盛はできれば、与那国島で作られる60度の泡盛・花酒がいいとされていたといいます。

井上が静かに相槌を打ちながら琉平の話を聞いていると、突然マスターが目を輝かせていいます。

「あ、いいカクテル、思いついた!」

シェイカーに氷を入れ、花酒をとろりと注ぎ、
シャカシャカ、シャカシャカッ—-
マスターがシェイカーをかなり激しく振り続ける。
シェイクの決め手は
氷を微妙に溶かし、酒に水を入れることだ。
水と空気によって、酒が開かれ、香りがたち、液体の味はまろやかになる。
円錐形のグラスに、できたかカクテルをやさしく注ぎ入れた。
シェイクのおかげで、液体の色は、ほんのり霧のかかったような乳白色。
グラスには、きめ細かい霜がびっしりとついている。
マスターは表面張力ぎりぎりまでグラスに液体を注いだ。
グラスの縁の液体が、ぷっくり膨れてエロチックだ。

「マスター。これ、何ちゅうカクテルなん?」
花酒シェケラート。花酒をシェイクしただけ。」

花酒シェケラート、こんな素敵な文章で描かれると味がとっても気になりますよね。
他にも、紹興酒と烏龍茶で作るドラゴン・ウォーター、桃のカクテル・ベリーニ、ジョニ赤のハイボール…様々なお酒が個性豊かに登場します。

様々なカクテルと沁みる名言 大人の会話劇小説『バー・リバーサイド』

心に響くマスターの名言の数々

フリーライター・森の話題は、少しディープな人間関係の悩み。
落ち込み気味の森にマスターが差し出すのは、ダーティ・マティーニです。
こんな言葉をかけます。

「マティーニは時を重ねるごとに、どんどんドライになっていきました。でも私は、影と湿り気のある方が好きなんです。だから、森さんにはこのカクテル。
切れ味が過ぎると、その鋭い刃で、自分が怪我をすることになります。加減が難しい。少し澱(おり)を残しておいた方がいい。そう。自分の『いい加減』を見つけることがたいせつです」

こんな風に、マスターの心に響く名言が飛び出しまくるのも、この小説の魅力の一つ。
その言葉の数々は決して説教臭かったり押し付けがましいことはなく、常連客達の心に寄り添おうとしているようで、説得力があります。

様々なカクテルと沁みる名言 大人の会話劇小説『バー・リバーサイド』

おいしいカクテルや料理と共に、人情味あふれるマスターの言葉たちが、お客さんの悩み・葛藤・迷いをそっと包んでくれるバー・リバーサイド。
読んでいると、常連客達の心や体のどこかに詰まっていた何かがすっと押し流されていくのを見守っているような感覚になります。
帰路につく頃に、どこかすっきりとした表情になっている彼らの顔が浮かぶよう。
春や初夏の涼しい夜、お酒を片手に是非読んでいただきたい一冊です。

Written by にゃも

このライターの他の記事は こちら から!

臭いけど美味しい!?『もやしもん』から垣間見る発酵食品の世界!

菌が目で見える大学生が主人公『もやしもん』

『もやしもん』という作品をご存じでしょうか?
『イブニング』・『月刊モーニングtwo』にて連載されていた石川雅之さんによる漫画です。2007年・2012年にフジテレビのノイタミナでアニメ化、2010年には中村優一さん主演で実写ドラマ化されました。

臭いけど美味しい!?『もやしもん』から垣間見る発酵食品の世界!

©「もやしもん」製作委員会

『もやしもん』の舞台は、「某農業大学」。物語は、菌を目で見ることができるという不思議な力を持った主人公・沢木惣右衛門直保(さわき そうえもん ただやす)の大学入学から始まります。沢木は、ひょんなことから祖父の知り合いだった樹慶蔵教授のゼミの一員となり、常にボンテージを身に付ける院生・長谷川遥や、密造酒を作る先輩・三里薫と川浜拓馬など個性的な樹ゼミの面々と共に、様々な経験を通し成長をしていきます。

臭いけど美味しい!?『もやしもん』から垣間見る発酵食品の世界!

主人公の沢木惣右衛門直保
©「もやしもん」製作委員会

謹賀新年!自己満足 食・文化メディア ヤミー!で2016年最も読まれた記事は!?

謹賀新年!自己満足 食・文化メディア ヤミー!で2016年最も読まれた記事は!?

あけましておめでとうございます!
ヤミー!は昨年の6月にサイトをオープン、半年かけてさまざまな記事を掲載することが出来ました。
これもひとえに読んでくださる方のおかげです!半年間本当にありがとうございました!

さて、多くの方が三が日をゆっくりグダグダ食っちゃ寝していることかと思います。
そんな時には片手にヤミー!を!
オープン当初から今までで、ヤミー!で人気だった記事トップ10をランキング形式でご紹介します!ゴロゴロしながら、読み逃していた記事や読み返したい記事を楽しんでくださいね。

昼のセント酒

10位は、孤独のグルメ原案者の久住昌之さん×孤独のグルメのドラマスタッフチーム×TEAM NACSのMr.残念・戸次重幸さんのドラマ、『昼のセント酒』の聖地巡礼をしたこちらの記事でした!
この回では用賀にある銭湯・藤の湯さんと、用賀駅前の居酒屋・炙り屋さんのお邪魔しました。是非続編を!との声も頂いておりますので、来年は別の銭湯にお邪魔することになりそうです。

海外ドラマ『ハンニバル』でレクター博士の美しく残酷な食事シーンに魅了される

9位は、現在日本でも人気急上昇中の俳優、マッツ・ミケルセンがハンニバル・レクター博士を怪演したドラマ『ハンニバル』を”美しすぎる”と紹介したこちらの記事でした。
何を隠そう、この記事をきっかけにヤミー!編集部もマッツ・ミケルセンの魅力に目覚めてしまい、ハンニバルを完走。過去の出演作を着々と見始めているのです。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』や『ドクター・ストレンジ』など新作も続々公開予定。これからの彼の活躍がますます楽しみです!

【逃げ恥】二人の距離が縮まる冷蔵庫いっぱいのカラフルで栄養満点・みくり飯

8位は先日最終回を迎えた超人気ドラマ・『逃げるは恥だが役に立つ』の新垣結衣さん演じる「みくり」が作る「みくり飯」をフューチャーしたこちらの記事でした。
みくりの作りおきごはんって、気取っていないのに鮮やかな見た目・考えられた栄養・こもりまくった心が詰まっていて、本当に魅力的なんですよね!
このごはんを目当てにドラマを見ていた人も少なくないはず…
最終回を終えて逃げ恥ロスになってしまった人も、記事で紹介しているインスタの画像を見返せば、ドラマの記憶が蘇ってくるはず…!

hitorimashi

7位は、日高トラ子さんが独特なタッチでアラサー女子のひとりごはんを描くマンガ、『東京おんな一人飯』を紹介したこちらの記事でした。
ちょっと暴走気味で妄想過多な主人公・トラ子さんの気持ちのいい食べっぷりや、こだわりの食事の仕方を見ていると、周りの目なんか気にせず美味しいものを食べたい!という欲求が溢れ出してきそうです。

nariagarimeshi_01

以前からヤミー!がプッシュしている【コワモテ×飯テロ】の魅力。その新興勢力としてこちらの記事で紹介したのが、ヤンキー×飯テロの魅力が詰まったマンガ『頂き!成り上がり飯』。
主人公のヤンキー高校生・ケニーが美味しいご飯で成り上がるその活躍は順調で、先日第2巻が出版されました!

孤独のグルメもseason6の制作が決まり、今年も【コワモテ×飯テロ】の世界からは、引き続き目が離せなさそうです!

koigasi_eye

5位にランクインしたのは、ちょっと…どころかかなり風変わりな長崎銘菓を紹介したこちらの記事でした。
百聞は一見にしかず、ぜひ!まずは見ていただきたいのですが…
上記の画像ではモザイクをかけてますが、相当インパクトのあるビジュアルですので、「こいがしって何?」という方は、心の準備をしてから読んでくださいね!(笑)

IMG_0102

やっぱりみんな餃子好きなんだね…と納得のランクインとなったのは、酒飲み女子たちがひたすら下北沢で餃子を食べて、ビールを飲み歩く様子をお届けしたこちらの記事でした!
その食べっぷり・飲みっぷりにご好評を頂いて、第2弾・第3弾を熱望する声も多いんだとか。餃子とビールの組み合わせは裏切りませんもんね。
餃子で有名な土地はまだまだたくさんありますので、2017年もきっと餃子の旅は続きます!続編に乞うご期待!

2174

いよいよトップ3の発表です!
第3位にランクインしたのは、男子×その美味しく食べる姿、という新しい萌えジャンルを築いたアンソロジー『食男』をご紹介したこちらの記事でした!
いっぱい食べる君が好き、が詰まったこのアンソロジーシリーズは、ヤミー!で紹介してからも続いて巻数を重ね、それぞれの連載のコミックスも続々出版されています。

ヤミー!編集部でも先日、鬼嶋兵伍先生のコミックス『男のやる気メシ!』を読んでもらったところ、主人公の漫画家男子の食べる姿が「かわいい!」と、大変好評でした!

Fateの登場人物がバトルじゃなく食事する…?『衛宮さん家の今日のごはん』

第2位となったのは、大人気ゲームシリーズFateのスピンオフマンガ『衛宮さん家の今日のごはん』をご紹介したこちらの記事でした!
Fateファンの方々にも、まだご存知でなかった方もいらっしゃったようで、多くのアクセスがありました。
ゲームやアニメと一味違ったFateの魅力を美味しく味わえるこちらの作品、今月末には待望のコミックス第1巻が発売されるようですよ!
まだチェックしていない方は、コミックスでも衛宮家の家族団欒を楽しんでみてくださいね!

fuji_matome_07

そして栄えある第1位は…FUJI ROCK FESTIVAL2016のフェス飯独自レポートのまとめとなったこちらの記事でした!!
ヤミー!では、「ヤミー!つきフジロック」と称して、全日程に渡ってTwitterなども通じて今年のフジロック総力特集をしておりました!
今年は特にフジロックのアニバーサリーイヤーであったり、旧オレンジコートのオレンジカフェでバーベキュースペースが開始されたりと、ヤミー!的に大注目の年でした。
今はフジロックとは真逆の季節ですが、やっぱり苗場は恋しいもの…記事を読んで冬だけどあの楽しかった夏の日に思いを馳せてみてはいかがでしょう…

と、いうわけで、2016年のベスト10をお送りしました!
アニメ、マンガ、映画、ドラマ、街、音楽…と、まさにヤミー!が目指していた【食×文化 メディア】を体現するランキング結果となったのではないでしょうか。
本年も地道にみなさまの知的好奇心と食欲を満たす記事を更新していく予定ですので、引き続きどうぞよろしくおねがいします!

Written by ヤミー!編集部

過去のランキングはこちらから!

いまおすすめ!ラオスビール変わり種ニューラインアップ、2大銘柄をチェック!

いまおすすめ!ラオスビール変わり種ニューラインアップ、2大銘柄をチェック!

ラオスに旅行したことのある方ならビールのおいしさが印象に残っているかもしれません。
そう、ラオスのビール、美味しいんです。
かなりレベルが高いです。個人的にはラガービールでいえば世界一かなと思っています。ラオスで流通しているビールとその最新作のラインナップの紹介です。

なんといってもビア・ラオ

ラオスで一番流通量のあるビールの銘柄はビア・ラオ。醸造元のラオス・ブリューワリー・カンパニー(以降LBC)は1971年に設立され、1975年に現社会主義計画経済の国家体制が整ってからは国有化されたり、その後経済を市場主導にする政策で再度民間の資本が入ったりしながら現在に至ります。

創業当時から看板商品となっているのがジャスミン米から醸造するビア・ラオしっかりしたのどごしで味は濃いめ。タイと同じく氷を入れて飲むのが一般的です。(タイのお酒の飲み方についてはこちらの記事へ)2003年にはモンドセレクション賞も受賞した国際的にも認められた味です。

ビアラオで乾杯♪

ビア・ラオの新商品、ビア・ラオ・ゴールド

2006年には、さらにリッチなテイストのビア・ラオ・ダークがリリースされました。こちらはアルコール6.5%でさらに芯の太いコクがあります。ベルギービールを思い出すようなリッチフレイバーです。  2010年にはビア・ラオ・ゴールドという銘柄が発売になりました。ジャスミン米ではなく、よりスムーズな口当たりを実現するガイノーイ種といわれるコメを使っており独特の香りが楽しめます。

いまおすすめ!ラオスビール変わり種ニューラインアップ、2大銘柄をチェック!

ニューカマー、ナムコン・スペシャル

ビア・ラオをはじめとしたラインナップのLBCは人口600万人のラオスのビール市場をほぼ席巻しているといわれていました。そこへ2008年、ラオスに新しくビール醸造会社ができました。ラオス・アジア・パシフィック・ブリュワリー(LAPB)、ハイネケン、タイガーなどの銘柄をラオスでローカルに生産しています。国産ブランドにはナムコンというものがありますが流通量はまだまだ都市部に限られていてビエンチャンのような中心部から外に出てしまうとあまりお目にかかれません。そんなLAPBから、2014年に新しいビールが出荷され始めました。それがこの写真、ナムコン・スペシャル。一般には、ラベルにラオ文字で書いてある通りのカーオ・カム(そのまま「黒米」の意味)の名称で親しまれています。

いまおすすめ!ラオスビール変わり種ニューラインアップ、2大銘柄をチェック!

2015年末にビエンチャンを訪れた時始めて飲んでみたのですがその香り高さに一発でファンになりました。黒米から醸造されており、ビールの色もあめ色に輝いています。発表されたのが2014年、2015年にはこちらもビア・ラオと同じくモンドセレクションの銀賞を受賞しましたのでそのおいしさは国際的にも認知されていると言えるでしょう。

今回紹介したビア・ラオ・ゴールド(LBC)、そしてナムコン・スペシャル(LAPB)。これらラオスの最新ビール、ラオスを訪れた際はぜひその香り高さを楽しんでください!

Written by 元ジェット

このライターの他の記事はこちらから!

Sex and the CITY聖地巡礼するならコスモポリタンは欠かせない!

Sex and the CITY聖地巡礼するならコスモポリタンは欠かせない!

(c) Paramount Japan K.K.

イキイキ楽しく生活できる街・ニューヨークに憧れて

私の人生を変えるきっかけとなった海外ドラマがあります。それは「Sex and the CITY」。(以下、「SATC」)

海外旅行好きが高じて語学留学を考え始めた頃に、リスニング力を鍛える目的で教材に選んだのがこのドラマでした。当初留学先は、それまでに10年かけて10回以上訪れ、住んでみたいと思った「ハワイ」にほぼ決めていたのですが、このドラマを見てニューヨークの雰囲気に強く憧れたことから、あっさりニューヨークに変更してしまいました。

Sex and the CITY聖地巡礼するならコスモポリタンは欠かせない!

SATCとニューヨークの何にそんなに憧れたかというと、「すべてを包み隠さずありのままにいてもいい」と感じさせる雰囲気です。当時私は、しがらみが多いこと、常に周りの目を気にしなければならない空気、人に裏表があることなどを続けて感じ、日本がイヤになってきていました。そんな私とは対極にドラマの中の登場人物は皆、悩みながらも実にのびのびとイキイキとした生活を送っています。全てを大らかに受け入れてくれる街・ニューヨークで、私もイキイキ楽しく生活したい!そう思ったのです。

Sex and the CITY聖地巡礼するならコスモポリタンは欠かせない!

(c) Paramount Japan K.K.

下見のニューヨーク旅行はSATC聖地巡礼三昧

留学中にはどんな出会いがあるか分からない(彼なんてできて当然と思っていました。できませんでしたが)、長く住むことになるかもしれないから下見は大切、と留学前に実際にニューヨークへ行ってみました。

市内観光として私に最適だろうと選んだのが、ドラマの撮影に使われた場所や建物をガイドの解説(英語)付きでめぐるという、いわゆる聖地巡礼的な「SATCツアー」。カクテル「コスモポリタン」のレシピももらえて、大満足でした。

Cosmopolitan

これは絶対に作ってみなくちゃ!と、ツアー終了後にデパートのキッチン用品売り場に寄って、ドラマと同じアメリカンサイズのカクテルグラスとカクテルシェーカーも買いました。というのも、「コスモポリタン」は、主人公の4人がバーに集まっているときに象徴的に何度も登場するカクテルなのです。シーズン5エピソード5、キャリーのコラムをまとめた本「Sex and the CITY」の出版記念パーティーにも出てきました。

Sex and the CITY聖地巡礼するならコスモポリタンは欠かせない!

(c) Paramount Japan K.K.

サマンサとアンソニーがプロデュースした白とピンクを基調にしたパーティー会場。大勢の招待客が集う会場のカウンターには、ピンク色のコスモポリタンがたくさん並べられ、キャリーの晴れ舞台の雰囲気を盛り上げていました。

Sex and the CITY聖地巡礼するならコスモポリタンは欠かせない!

(c) Paramount Japan K.K.

ツアーの翌日からは、アッパーイーストサイドの住宅街を歩いてみたり、スーパーマーケットの品揃えをチェックしたり、ドラマに登場したお店に入ってみたり…夜にエンパイヤ・ステートビルから目も眩むような素晴らしい夜景を見たとき、留学先をニューヨークにする気持ちは固まりました。

Sex and the CITY聖地巡礼するならコスモポリタンは欠かせない!

ニューヨークで飲んだコスモポリタンは…

ひとつだけ、「あれっ?(予想と違う)」と思ったのは、現地のレストランで飲んだコスモポリタンです。 レシピによると材料は、ウォッカ、コアントロー、ライムジュース、クランベリージュース。ウォッカのパンチが効いたカクテルを想像していたのですが、どこで飲んでも(といっても3箇所程度)レモネードに近い、爽やかなジュースのようなものでした。ライムジュースが多めに入っていたのでしょう。

Sex and the CITY聖地巡礼するならコスモポリタンは欠かせない!

帰国してから自宅で、SATCでもらったレシピどおりの分量で作ってみたところ、イメージどおりのパンチの効いた大人のカクテルができました。きっとこちらが正しいのだろう、と勝手に思っています。

私の実際のニューヨーク生活は、当然ながらドラマの世界とはかけ離れたもので苦労の連続でもありましたが、かけがえのないエキサイティングな経験ができたと、今でも日々感じています。この先もずっと、コスモポリタンを飲めば、ニューヨーク旅行と留学と、SATCを思い出すことでしょう。

Written by Nolly

このライターの他の記事はこちらから!

他にも読みたい!海外ドラマのYUMMY FOODS他にも読みたい!海外ドラマのYUMMY FOODS

限りなく透明に近いブルーに見る若者と酒文化 閉塞された世の中を変えるには?

40年経った今、優れた若者の文化は残されているのか?

作家の村上龍が「限りなく透明に近いブルー」で酒とドラッグとファックに明け暮れる若者を描き芥川賞をとってから、今年でちょうど40年になる。
文学の歴史を一変させた問題作は、40年経った今でも当時の若者文化の象徴として国内にとどまらず海外でも広く愛されてやまない。
若者たちが大音量でロック・ミュージックを聞きながらドラッグをやったり、酒を飲みながら黒人たちと乱痴気騒ぎをしたりと、過激で暴力的な描写が多いのが本作の特徴だが、その世界から40年という年月が経ち、若者の文化は大きく変化した
輝かしいクラシック・ロックはとうの昔に消え去り、ドラッグは完全な禁忌として陳腐化し、ファックはパソコンやスマートフォンで乱交だろうが黒人だろうが子どもでも簡単に見られるものになった。
「限りなく透明に近いブルー」の世界のような、多数の大人が支配する社会やエスタブリッシュメントを脅かす若者文化は、現代に残されているだろうか。
ITなどの先端技術で成功する若者が限られたマイノリティになってしまった現代では、若者のバックボーンとなりうる優れた文化はもはや残されていないと言っても過言ではないだろう。

限りなく透明に近いブルー 村上龍

ずっと立場の弱いままの若者たち

寄ってたかってバイクで夜の街を暴走したり、教室のガラス窓を割って回ったり、居酒屋でバカ騒ぎしたりしても、大人の社会には何の影響を与えることもない。
社会的には立場の弱い若者にとって、完成された大人社会の制圧と管理から逃れ、革新的なムーブメントを起こし、世界に変化をもたらす、という点においては、ビートルズやローリング・ストーンズに代表される文学的なインテリジェンスに溢れた詩と体を内側から震わせる美しい音を持つクラシック・ロックの存在は大きかった。
大人社会を揺るがすほどの強いエネルギーと知的さを兼ね備えている若者文化はもう残されていないどころか、最近は暴走族もほとんど絶滅状態で、血の気の多い若者すら見かけることが少なくなった。
社会的に立場の弱い若者は、アイドルに夢中になったり、スマホゲームに夢中になったりして、大人になってもずっと立場の弱いままだ。

限りなく透明に近いブルーに見る若者と酒文化 閉塞された世の中を変えるには?

北海道のワイナリーでフォークロアなグランピング ぶどうのなみだ

絵本をめくるように、こだわりの映像美を楽しむ映画「ぶどうのなみだ」

舞台は北海道・空知、大泉洋氏演じる兄のアオと、染谷将太氏演じる弟のロク。兄弟はワイナリーで静かに暮らしています。「黒いダイヤ」と呼ばれる理想の葡萄ピノ・ノワールの醸造を目指す兄アオは寡黙で不器用。過去の心の傷や、うまくいかないワインの醸造に苛立ちを抱えながら、日々を過ごしています。弟ロクはというと朗らかで人当たりも良いものの、そんな兄の様子を気に病んで複雑に見守っている様子で、描かれる二人の生活はあまり楽しそうなものではありません。

budounonamida_01

(C)2014 『ぶどうのなみだ』製作委員会

ある日、ワイナリーにシンガーソングライターの安藤裕子氏演じるキャンピングカーに乗ったふしぎな旅人エリカが現れます。彼女はワイナリーの敷地で突然穴を掘ってアンモナイトを探していると言い出したり、キャンピングカーで地元の人を巻き込んでグランピングを始めたり、ミニ音楽隊を結成して行進したり、とにかく自由奔放。

budounonamida_02

(C)2014 『ぶどうのなみだ』製作委員会

budounonamida_03

(C)2014 『ぶどうのなみだ』製作委員会

そんなマイペースで天真爛漫だけど、どこかミステリアスな秘密がありそうな彼女の出現が、アオの心を乱し、兄弟の生活に変化が現れていきます。
映画初出演の安藤裕子氏のみずみずしく何にも染まっていないチャーミングな姿が魅力的。

グランピング・オートキャンプ・古道具・インテリア…萌え要素満載

ぶどうのなみだは、絵本のような楽しみ方をできる映画。画面に出てくる素敵なものを眺めているだけで、ため息が出ます…最近話題のグランピングや、カントリーな小道具、ボヘミアンなファッションやインテリアに萌える方には絶対おすすめ。

budounonamida_07

(C)2014 『ぶどうのなみだ』製作委員会

budounonamida_09

(C)2014 『ぶどうのなみだ』製作委員会

なんといっても、エリカのキャンピングカーで行われるグランピングが最高。かわいい。超真似したい。「しあわせのパン」や「西の魔女が死んだ」の雰囲気が好きな方にはばっちりハマるテイストです。昼には焚き火をして、夜にはキャンドルを焚いて、可愛いテキスタイルと温もりあふれるウッド家具に囲まれて…。

budounonamida_06

(C)2014 『ぶどうのなみだ』製作委員会

budounonamida_08

キャンピングカーの中まで凝ってる!
(C)2014 『ぶどうのなみだ』製作委員会

そして「きょうの料理」のフードスタイリスト・石森いづみ氏によるフォトジェニックなフード・ワインの数々…!東欧風のテーブルスタイリング、シンプルだけど色鮮やかな料理。フォークロアなテーブルクロス、素朴なパンに煮込み料理、透き通る赤ワイン…これを青空の下で楽しむ贅沢さ!

budounonamida_10

(C)2014 『ぶどうのなみだ』製作委員会

budounonamida_11

(C)2014 『ぶどうのなみだ』製作委員会

豊かなで落ち着いた大人の時間にぴったり

驚くほど美しく生命力に溢れる空知の風景、そこにいるエリカの存在感、最初は異質に感じた彼女の存在を受け入れてゆくアオ…まるで童話絵本のような映像美詩的で温かいけれどどこか悲しみが暗くのしかかるような演出が魅力の映画。今日の悲しい涙が明日のしあわせのためのひとしずく。派手な演出も突飛なストーリー展開もないけれど、落ち着いた暮らしと心情の変化がノスタルジックに描かれています。

budounonamida_13

(C)2014 『ぶどうのなみだ』製作委員会

気の置けない友人と静かに家でワインを飲むときにそっとそばで流せば、その場に溶け込んで寄り添ってくれるような映画です。

Written by にゃも

このライターの他の記事はこちらから!

ページトップ