ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

第二の”水どう”?酒と肴が織りなす残念戦士達の本音バラエティ!

「水曜どうでしょう」の二代目候補 ローカル番組『ゴリパラ見聞録』

会社や学校での生活に疲れてしまって、無性に誰かに愚痴りたい…だけど、家族や友人に愚痴るのは迷惑かもしれないし、結局誰にも本音を言えない…そんな経験が、誰にでもあるだろう。

ゴリパラ見聞録』という深夜のローカル番組をご存知だろうか?
今もなお根強い人気を誇る「水曜どうでしょう」の二代目候補として、一部界隈でひそかに有名な旅番組である。 ピン芸人のゴリけん、コンビ芸人のパラシュート部隊、ディレクター二人の計四人が、視聴者に代わって行きたい所に出向き、願いや思いを叶えて写真を撮ってまわる、ローカルバラエティだ。

ディレクターに大炎上させられる とにかく残念な出演者たち

出演するのはとにかく残念な福岡の芸人達である。誰かが失敗するとすかさず揚げ足を取り、お互いを貶め合い、「売れたい売れたい」と毎回愚痴をこぼす。「人の(番組制作費の)金で食べる刺身は美味い。」「製作費がカスッカスだからファンからの差し入れで今回のロケを乗り切ろう。」等々の迷言も飛び出す始末。普通なら人に言うのをためらってしまうようなリアルな本音を、正直過ぎるほどにさらけ出すのがこの番組の魅力なのだ。
中でも彼らの残念さを存分に堪能できるのが、夜の居酒屋での「一献タイム」コーナーである。

goripara

このコーナーでは訪れた地で、夜な夜な四人がお酒に酔いながら管を巻く様子が赤裸々に放送される。提供される料理は、美味しそうな品々ばかり。しかし、語彙力の問題か表現力が乏しいのか、タコを食べているのに「イカみたいに美味しい!」やら、新鮮な肉を食べて「もう一回胃から口に逆流させて味わいたい」等々、思わずツッコミを入れたくなってしまうコメントを連発。序盤から、既に残念だ。

やがて酔いが回り始めると、一行の話題はリアルな家庭・財政状況や、自分の将来についての不安へ…。

パラシュート部隊の斎藤が、自分のせいで婚期を逃し続けた兄がやっとこぎつけた結婚式のスピーチ内容が、自分の事ばかりで申し訳なかったと大号泣ながらに話したかと思うと、別の旅では相方の矢野が自身へのゴリけんの借金を暴露し始める。

「ごりさんの奥さんから今僕にメールがありました。ゴリけんの僕への借金はいくらあるの?だそうです」
詰問すると、ゴリけんはうな垂れながらこう答える…
「20万…」

家庭を持つ先輩芸人が、後輩芸人にお金を借りている。
しかもそれを未だ返済しておらず妻にも詳しく伝えていない。更に詳しく突っ込まれると、そもそもパチンコですった分の補填の為に借りたお金だということが判明。…この芸人達、本当に残念である。

普通の番組ならこんなやり取りは放送しない。しかしあえて放送し、大炎上させるのがゴリパラディレクターの凄さ。最近流行の炎上商法より更に上を行く、ローカル番組ならではの愛のこもった大炎上放送である。

それにしても、放送されると分かっていて、何故ここまで本音をさらけ出せるのだろう。

家族でも友人でもない関係だからからこそぶつけ合える 戦士達の本音

ゴリパラ一行は、家族や友人という穏やかな関係ではない。現実世界で戦い合ういわば戦士達だ。共に仕事をし、時にぶつかり合い、時に称えあう戦士同士。だからこそ、お酒が入り美味しい肴を口にした安堵感をきっかけにして、炎上するほどありのままの人間性をさらけ出して語り合えるのではないか

皆さんも経験がないだろうか。楽しく過ごそうと気を遣ってばかりの飲み会から家に帰りつくと、逆にすごく疲れていることが。酒と肴が炙り出す彼らの本音は、私たちが普段胸に秘めている家族や友人とは共有できない本音と何処か重なる。気付けば私たちは、バカだなぁと笑いながら番組を見ているだけなのに、まるで戦士達と一緒に飲んでいるかのように、心を開いて共感しているのだ。

以前、私の地元の居酒屋にゴリパラ一行が来ていた。キッズの私はウキウキしながら帰郷し家族と共に早速向かった。なんとなく予感はしていたが、残念な戦士達のサインは無かった事は、お伝えしておく。

Written by ミワ

このライターの他の記事はこちらから!

関連記事

【餃子注意】下北沢の餃子を食べ尽くせ!

東京・世田谷区は下北沢。
本多劇場をはじめとした数々の劇場、多くのライブハウス、点在する古着屋や雑貨店、そして無数の居酒屋・カフェ・バー…様々な食と文化が入り混じる、まさにヤミー!な街。
この街で行われる「餃子の旅」へのお誘いを受けたので、嬉々として行ってきました!

メンバーは20~30代の女3人。
ルールは簡単。各店でストイックに餃子のみを食べて、できるだけ多くの店舗を巡ること。(もちろんビール付き。)好きなものを食べていいのは最後の店だけ、というもの。

1店舗目:第三新生丸

まずは、今回の旅の参加者中最年少かつエンゲル係数の高さNO.1が選んだ居酒屋・第三新生丸へ…こちらは八丈島の食材をふんだんに使ったお料理が自慢のお店。 早速生ビール!と、焼餃子を注文!

IMG_0103

羽根!!!!!!

こちらの餃子、もう言っちゃいますけどこの日3人の一番の評価を叩き出した逸品。
餃子ひとつひとつが大きくて、皮はモチモチ厚くて、焼けた底がパリッパリ。タネはじゅわーーっとジューシーかつ肉感がっつり、パンチの効いた強気なニンニクのバランスが余りにもばっちり。青ネギとゴマが入った餃子のタレがついてくるのですが、これがまた絶品!餃子との相性が抜群なのでした。
3人で食べながら、「最高OF最高」「人生ナンバーワン餃子」といった言葉が飛び交いました。本当に全くその通りなのです。

それにしても何故一軒目を居酒屋にしてしまったのか…誘惑が多すぎる…
早速ルールを「おなかに溜まらないものなら1品は頼んで良い」と変更することに。意志が弱いってこういうことです。
結局「鯵のなめろう」を頼んで、ビールもお代わりする始末。しかもこのなめろうが!叩きたての鯵にしょうがと葱がたっぷり。お酢をつけて食べると味が変わっておいしいよ、というアドバイスに従ってみると、あまりの感動に大声が出るほど。いっそこのままここで飲もうよ、という誘惑を涙を飲んで断ち切って、お会計。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

横浜赤レンガ倉庫で行われたフェス GREENROOM FESTIVAL 2017

5月20日、21日に行われた都市型フェス、GREENROOM FESTIVAL 2017
今回は、このお洒落イベントのフェス飯事情を探りに潜入してきました!

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

とにかくお洒落!気分の上がるコーディネートの会場

GREENROOM FESTIVALは、「Save The Beach, Save The Ocean」をコンセプトに、サーフ・ビーチカルチャーをベースとした音楽・アートフェス。
会場も赤レンガ倉庫とあって、音楽を聞きながら横浜の海が望め、時には海風が通る、とっても気持ちのいいロケーションで開催されています。
まさに都市型フェス!といったオシャレ感が満載で、会場内にはいたるところにガーランドやテント、ハンモックなどのフォトスポットが点在しています。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた
オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

まずはビール!超!快晴です。

全体的にメキシカンとカレー多め

早速フェス飯調査に乗り出します!
フェスらしく屋台が基本ですが、どの屋台もなんだかお洒落に感じます。
こんな可愛らしいワゴンのお店も有りました。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

全体的にはタコライス、チリ、カレーなどのメキシカンやスパイシーな料理が多め。
海に寄り添ったフェスらしいラインナップです。

さっそくブルースカイエリアで、先ほど写真に出ていたLunch Stand tipiさんの、タコライス、チリポテト、リングィーサを頼んでみました。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた
オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

このリングィーサというもの、アルファベット表記ではLINGUICA。
リングイカと誤読して、てっきりイカリングだと思ったら、その正体は巨大ソーセージ!
リングィーサとは、ポルトガルやブラジル、ハワイやカリフォルニアで食べられている、豚肉に唐辛子などのスパイスが入った燻製していない生ソーセージなんだそう。
かなりジューシーで食べごたえがあり、ビールの進むお味でした。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

ARAWIGOKITCHENさんでは、パクチーポテトグリーンカレーをいただきました。
グリーンカレーにはチキンがドーン!と乗っていてかなりボリュームたっぷり。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

パクチーポテトは、個人的にはもっとパクチーがモリモリでもよかったかも。。。

ハミングバードエリアでは、かねよ食堂さんの三崎まぐろロースト弁当を!
小梅が乗っているので和な味付けかと思いきや、ソースはスパイシー。
これは意外でした。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

このエリアはとっても立派なツリーハウスがあって、夜のライトアップされた様子はとってもきれいなんです。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

チケットがなくても楽しめるのがGREENROOM FESTIVAL

GREENROOM FESTIVALの会場は、横浜赤レンガ倉庫の店舗エリアと、特設エリアに分かれています。
特設エリアはチケットを購入しないと入れませんが、店舗エリアはチケットがなくても楽しめるようになっています。
サーフマーケットと称して、様々なブランドや店舗がテントで物販コーナーを設けていて、とってもにぎやか。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

我々はこちらのエリアで、なんと崎陽軒のシューマイを発見!
ビールに合うね~とっても合うね~、とおいしくいただきました。
野外で座ってビールを飲みながら青空の下、崎陽軒のシューマイを食べる経験って、めったに出来ないですよね笑

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた
オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

ヤミー!的フードツートップは、燻製勢

今回の調査で、ヤミー!的に最も美味しかったフードを2つ紹介します!
(選考基準は、「ビールに合う」、「スパイシーさに疲れた時によい」となっておりますので、あしからず…)
ひとつめは、J.S. BURGERS CAFÉのスモークターキー

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

ターキーだからこそ、チキンとは違ったハンパじゃない大きさの逸品。
一人では食べ切れそうにないボリュームです。
スモーク加減がちょうどよく、とにかくビールに合いまくります。
他のフードが盛り付けで時間がかかって並ぶなか、スモークターキーは並ばずに変えるところも高ポイントでした。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

ふたつめは、赤レンガ倉庫内のPatagoniaブースで出会った、ワイルド・ソッカイ・サーモン
もともと加熱調理済みのスモークサーモンがパウチになって販売されていて、トルティーヤ・チップスとともに提供されます。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

これが本当に美味しいんです!!!
味付けはシンプルに思えますが、程よい塩味とサーモンの旨味、スモークの絶妙さが完璧なバランスです。
Patagoniaのオリジナルビール、ロング・ルート・エールとともに楽しめば、気分は最高。

Long Root Ale, a new collaboration from @hopworksbeer & @patagoniaprovisions brewed with Kernza Perennial Grain. #patagonia #patagoniabeer #patagoniaprovisions #hopworksurbanbrewery #hopworks #hopworksbeer #hub #kernza #kernzagrain #kernzaperennialgrain #

実はこちらはPatagonia内のキャンプやトラベルに適した食品を製造しているプロビジョンズの商品。
Patagoniaのオンラインストアでも買うことが出来るので、キャンプやピクニック、お花見の時に持っていけば、その日の人気メニューNO.1となること間違いなしです。

オシャレ都市型フェスGREENROOM FES 2017のフェス飯事情探ってみた

今年のGREENROOM FESTIVALでは、たくさんのおいしいフェス飯に出会うことが出来ました。
他のフェスで今回おすすめしたフードを見かけたら、是非食べてみてくださいね。

Written by にゃも

このライターの他の記事は にゃも から!

他にも読みたい!フェス飯・イベント飯他にも読みたい!フェス飯・イベント飯

西加奈子『うつくしい人』 他人の目を気にすることに疲れてしまったあなたへ

自意識過剰な主人公に共感できる?西加奈子「うつくしい人」

今回取り上げるのは、以前紹介した『きりこについて』に続いて、西加奈子さんの作品です。

西加奈子『うつくしい人』 他人の目を気にすることに疲れてしまったあなたへ

『うつくしい人』は32歳の蒔田百合という女性が主人公。
百合は自意識過剰な性格で、常に他人の目に対して怯えながら過ごしています。
「他人から見て、自分はどう見えるか」が物事を決める尺度となっていて、歴代の彼氏も「連れていて自慢できるかそうでないか」が決め手でした。
学生時代には嫌いではない(むしろ好きだった?)クラスメートへのいじめに加担していて、その過去が百合の心の暗い闇の原因となっています。

西加奈子『うつくしい人』 他人の目を気にすることに疲れてしまったあなたへ

このように「好きでも無い彼氏と付き合う」「嫌いではないクラスメートをいじめる」など、自分の意志ではなく「他人の目」を基準に生きていくようになった理由の大きな存在が「姉」です。

百合の「姉」はとても「うつくしい人」であり、純真無垢な女性です。
純真無垢すぎて、学生の頃のある事件を皮切りに人間関係につまずき、ずっと「ひきこもり」をしています。
しかし、ひきこもりとなった今でも、姉は美しく、やさしく、やはり純真無垢なまま存在しています。

他人の目を気にしなさ過ぎて社会生活を送れない姉を反面教師のようにして、他人の目を気にすることで自分を守ってきたつもりだった百合でしたが、あることがきっかけでとうとう職場で急に泣きだしてしまいます。
それほどに、自らを他人の視線から追い込んでしまっていたのでした。

西加奈子『うつくしい人』 他人の目を気にすることに疲れてしまったあなたへ

突然泣き出すという醜態をさらしてしまった百合は、一人旅に出ます。
この旅立ちの場面では、百合の病的なまでの自意識の描写が読んでいて辛いほどです。
しかし、百合はこの旅行でとあることに気づき、大きな変化を遂げるのです。

百合を潤す唯一の存在、それがビール

ホテルについた百合は、ホテルのバーへ行きます。
そこで、ちょっと失礼でうだつの上がらないバーテンの坂崎と謎のドイツ人マティアスと出会います。
この二人が、百合の救世主となるわけですが、ここで注目したいのが「ビール」です。

西加奈子『うつくしい人』 他人の目を気にすることに疲れてしまったあなたへ

この小説は主人公である百合の語りで物語が進んでいきます。
先ほど書いたように、百合は他人の目を非常に気にします。
あの人にとって自分はこう見えているのではないかという考えはもちろんのこと、あの人、本当はこの仕事がしたくないのではないかという、少々余計なお世話なことまで考えています。
つまり、百合の頭の中は他人と自分のことでいっぱいなのです。

しかし、ビールを飲む瞬間はその百合の頭の中の独白がスっと消えているような感覚を覚えるのです。
つまり、何も考えていない、素の自分が出ているような感覚です。
このホテルの場面以外にもビールを飲むシーンは何度かあるのですが、特に前半の百合がまだ苦しんでいる時にすら、そのように感じました。
重苦しい世界の中、ビールだけが軽やかに百合の喉を潤しているような印象でした。

西加奈子『うつくしい人』 他人の目を気にすることに疲れてしまったあなたへ

百合はお金持ちのお嬢様で、身に着けている物はすべて一流です。
歴代の彼氏も外車を乗り回しているようなタイプばかり。
そんな百合がバーであえて「ビール」を自然にオーダーしていることから、そのような印象を持ったのかもしれません。
だって、お嬢様ならシャンパンとか何だかおしゃれな飲み物を頼みそうだと思いませんか?

西加奈子『うつくしい人』 他人の目を気にすることに疲れてしまったあなたへ

きっと、「大好きなビールを飲みたい」と思う、百合自身の隠れていた意志が自然と出ていたシーンだったのでしょう。
好きな飲み物(特にお酒!)を前に、自分を偽ることなど出来ませんものね。

Written by フジイ

このライターの他の記事は こちら から!

『バー・リバーサイド』様々なカクテルとマスターの名言 大人の為の会話劇小説

二子玉川の落ち着いたバーで一杯

ちょっと感傷的になったり、気持ちに整理がつかない時…ちょうどいい距離感で優しく話を聞いてくれ、おいしいお酒を作ってくれるバーでマスターとおしゃべり、なんて出来たら良いですよね。
今回紹介するのは、吉村喜彦さんによる小説『バー・リバーサイド』です。

様々なカクテルと沁みる名言 大人の会話劇小説『バー・リバーサイド』

舞台は東京・二子玉川にある席数わずか7席の小さなバー・リバーサイド。
静かな空気感の落ち着いたお店で、マスターの川原草太とスタッフの新垣琉平が働いています。
彼らと6人の個性的な常連客が繰り広げるのは、それぞれの世界で様々な境遇を経た者たちならではの印象的な会話劇
物語は5つの短編で構成されていて、ページ数も多くないので、あっという間に読み終えてしまいます。
全ての短編にそれぞれの会話にちなんだお酒や料理が登場するのですが、作者の吉村さんは元サントリーの宣伝部勤務というだけあって、その描写が独特なのです。

様々なカクテルと沁みる名言 大人の会話劇小説『バー・リバーサイド』

沖縄の独特な埋葬に使われる「花酒」をつかったカクテル

たとえば、うどん店で働く客・井上が語るのは、あの世とこの世に関するちょっとスピリチュアルな話題。
スタッフ・琉平が出身地である沖縄特有の死者の埋葬方法を語り始めます。

沖縄には洞窟が多く、昔はその中に亡くなった人を葬って、亡くなって七年後に親戚がその骨一本一本を丁寧に泡盛で洗ったそう。
使う泡盛はできれば、与那国島で作られる60度の泡盛・花酒がいいとされていたといいます。

井上が静かに相槌を打ちながら琉平の話を聞いていると、突然マスターが目を輝かせていいます。

「あ、いいカクテル、思いついた!」

シェイカーに氷を入れ、花酒をとろりと注ぎ、
シャカシャカ、シャカシャカッ—-
マスターがシェイカーをかなり激しく振り続ける。
シェイクの決め手は
氷を微妙に溶かし、酒に水を入れることだ。
水と空気によって、酒が開かれ、香りがたち、液体の味はまろやかになる。
円錐形のグラスに、できたかカクテルをやさしく注ぎ入れた。
シェイクのおかげで、液体の色は、ほんのり霧のかかったような乳白色。
グラスには、きめ細かい霜がびっしりとついている。
マスターは表面張力ぎりぎりまでグラスに液体を注いだ。
グラスの縁の液体が、ぷっくり膨れてエロチックだ。

「マスター。これ、何ちゅうカクテルなん?」
花酒シェケラート。花酒をシェイクしただけ。」

花酒シェケラート、こんな素敵な文章で描かれると味がとっても気になりますよね。
他にも、紹興酒と烏龍茶で作るドラゴン・ウォーター、桃のカクテル・ベリーニ、ジョニ赤のハイボール…様々なお酒が個性豊かに登場します。

様々なカクテルと沁みる名言 大人の会話劇小説『バー・リバーサイド』

心に響くマスターの名言の数々

フリーライター・森の話題は、少しディープな人間関係の悩み。
落ち込み気味の森にマスターが差し出すのは、ダーティ・マティーニです。
こんな言葉をかけます。

「マティーニは時を重ねるごとに、どんどんドライになっていきました。でも私は、影と湿り気のある方が好きなんです。だから、森さんにはこのカクテル。
切れ味が過ぎると、その鋭い刃で、自分が怪我をすることになります。加減が難しい。少し澱(おり)を残しておいた方がいい。そう。自分の『いい加減』を見つけることがたいせつです」

こんな風に、マスターの心に響く名言が飛び出しまくるのも、この小説の魅力の一つ。
その言葉の数々は決して説教臭かったり押し付けがましいことはなく、常連客達の心に寄り添おうとしているようで、説得力があります。

様々なカクテルと沁みる名言 大人の会話劇小説『バー・リバーサイド』

おいしいカクテルや料理と共に、人情味あふれるマスターの言葉たちが、お客さんの悩み・葛藤・迷いをそっと包んでくれるバー・リバーサイド。
読んでいると、常連客達の心や体のどこかに詰まっていた何かがすっと押し流されていくのを見守っているような感覚になります。
帰路につく頃に、どこかすっきりとした表情になっている彼らの顔が浮かぶよう。
春や初夏の涼しい夜、お酒を片手に是非読んでいただきたい一冊です。

Written by にゃも

このライターの他の記事は こちら から!

ページトップ