by ヤミー!-自己満足 食・文化メディア

【おいしい映画】かわいい!北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

幼いころ、お隣さんの芝生が青く見えて、ことあるごとに「どうしてうちは違うの?」なんて言って、「よそはよそ、うちはうち!」とあしらわれていました。特にほかのご家庭のごはんは、見えないけれどおいしそうな香りだけがしてきて、なんだかキラキラと輝く特別なもののように思えて羨ましかったのです。
そんな幼かったころの記憶を思い出すような、ちょっと懐かしい気分にさせてくれるのが フィンランドの国民的児童文学の一つ、「ヘイナとトッスの物語」シリーズの8作目を元にして作られた「ヘイフラワーとキルトシュー」。なんともかわいらしく、のんびりとした穏やかな北欧映画です。

(C)Kinotaurus.OY

もうすぐ小学生になる真面目でしっかり者のやさしい姉・ヘイフラワーと、わがままでおてんばな妹・キルトシュー 。日本で言うとジブリの「となりのトトロ」に出てくるサツキとメイのような姉妹です。苦手な家事に悩むお母さんと、植物学者のお父さんの4人家族。一家の大黒柱であるパパは毎日ジャガイモの研究ばかり。一家の食卓には毎日、庭の畑で採れたジャガイモが並びます。

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

(C)Kinotaurus.OY

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

(C)Kinotaurus.OY

毎日毎日、おイモ、おイモ、おイモ!

いつものようにジャガイモが食卓に並ぶと、妹のキルトシューはそれが気に食わない様子。「毎日おイモばっかり!スパゲティーが食べたい!おイモはいや!」とわがままを言います。
「とれたてのおいしいおイモだよ?」「おイモを食べないと大きくなれないぞ?」「おイモの皮がむけないと、学校に行けないよ?」「いや、でもジャガイモの栄養素は皮のすぐ近くにたっぷりあるんだが……」なんてことを言うパパ。頭の中はいつでもジャガイモのことでいっぱいです。日本で言う、「ごはん(お米)を食べないと立派な大人になれないぞ?」に近いイメージでしょうか?

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

(C)Kinotaurus.OY

どうしてもお隣さん家のごはんが食べたい!

そんなある日、もちろんこの日もメインディッシュはジャガイモ。料理が下手なママのせいで食卓はますますおイモ一色に……。妹のキルトシューは「もうこんな家やだ!お隣さんの家に行ってスパゲティーを食べる!お隣さんの子になる!!」と叫び、とうとう家を飛び出てしまいます。

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

(C)Kinotaurus.OY

心配で追いかけていったヘイフラワーも一緒になって、お隣さんの双子姉妹のお家で大量のスパゲティーをご馳走になるのでした。子どもがスパゲティーを食べる姿って、ソースが口の周りに付いたりこぼしたりときれいな訳ではないですが、勢いよく無心で食べていて、おいしそうに見えてしまいます。

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

(C)Kinotaurus.OY

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

(C)Kinotaurus.OY

童心に帰って心が穏やかになる?!パン生地セラピーとは?

「私たちが普通の家族になれますように」と神様に願い、我慢をしたり手助けをしたりと一生懸命なヘイフラワーでしたが、ジャガイモのせいで(?)家族の心はどんどんすれ違っていきます。いつも我慢をしてお利口さんにしていたヘイフラワーは何もかもがイヤになり、家族と口をきくこともできなくなってしまいます。夢にまで巨大なジャガイモが出てきてうなされてしまうほど…。

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

(C)Kinotaurus.OY

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

(C)Kinotaurus.OY

そんなヘイフラワーに、スパゲティーでお馴染みのお隣さん姉妹は「パン生地セラピー」を試します。「パン生地セラピー」とは、大きなバケツに入ったカラフルなパン生地を好きなように触ったり、粘土のように遊んでみたりして心を解放するセラピーのこと(架空のセラピーです)。ヘイフラワーはこのカラフルなパン生地と触れ合い、途中から一緒にセラピーに参加した家族と少しずつ打ち解けていきます。このとても楽しそうなシーン(実際には真夏の4日間にわたる過酷な撮影だったそうです)を見ていると、パン生地セラピーって本当に効果がありそうな気がしてきます……。

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

(C)Kinotaurus.OY

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

(C)Kinotaurus.OY

料理が苦手なお母さんに教えたい、「ジャガイモだけどパン」なレシピ

この映画に登場するお母さんみたいに料理が苦手でも、簡単にできるジャガイモを使ったフィンランド料理はないのだろうか。悶々としながら探してみると……ありました!

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

ジャガイモで作るパン「ペルナリエスカ」はフィンランドの北部・ラップランド地方発祥の、フィンランドの国民食だそう。「ペルナ」はジャガイモ、「リエスカ」は平たいパンという意味です。
作り方は本当に簡単!パンだけど発酵やらイーストやら、細かいことは気にしなくてOKなレシピです。

<材料>
・ 茹でたジャガイモ・・・・・・200g
・ 牛乳・・・・・・・80ml
・ 溶き卵・・・・・・1個分
・ 小麦粉・・・・・・100g
・ 塩・・・・・・少々

<作り方>

茹でたジャガイモの皮を剥き、潰してなめらかに。
牛乳、溶き卵、塩、小麦粉を加えて均一になるよう、よく混ぜる。
(べとついているので生地っぽくないですが、これがおいしさの秘訣です)
オーブンを余熱している間に、スプーンなどですくった生地をクッキングシートの上に置き、打ち粉をして食べやすい大きさに整える。
フォークなどを刺して表面に穴を開け、オーブンに入れ、焦げ目がつくまで焼いたらできあがり
フィンランドでは、そのままはもちろん、焼きたてにバターを塗ったりオープンサンドにして食べたりするそうです。

ジャガイモが好きな方もそうでない方も、この映画を観たら、きっとジャガイモが食べたくなるはず!
その時は、是非 「ペルナリエスカ」を作ってみてくださいね。

Written by ほっしー

このライターの他の記事はこちらから!

  • マンガ飯
  • 映画に出てくるおいしいものたち
  • おいしいnovel
  • overseasのごはん事情
  • お酒の話
  • フェス飯・イベント飯
ページトップ