ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

タフな男のワイルドな料理はホット・ケーキ de ハードボイルド!

ハードボイルドでタフな男が愛するホット・ケーキはコーラが決め手

私は運動会のパン食い競争で、いちごジャムをポケットに忍ばせていたことがある。スタートと同時にパンめがけて全力疾走。おもむろにジャム瓶を取り出し、吊ってあるパンにベタベタ。…だって、早くゴールするよりも、あのパンをできるだけ美味しく食べたほうが幸せじゃないか!

そんな生まれながらの超ひねくれ者ならきっとわかってくれるハズ…ってのがこの「ハードボイルド・ホット・ケーキ」。村上春樹のあの有名な処女作、『風の歌を聴け』の登場人物「鼠」は、ハードボイルドを地でいくタフな男だ。

風の歌を聴け』 村上 春樹(講談社文庫)

鼠の好物は焼きたてのホット・ケーキである。彼はそれを深い皿に何枚か重ね、ナイフできちんと4つに切り、その上にコカ・コーラを1瓶注ぎかける。

コ…コカ・コーラを1瓶注ぎかける?!

だって、アッツアツのホット・ケーキに合う美味しいものといえば相場は決まっている。はちみつ、シロップ、溶かしたバター…

でもそれってさ、「美味しさ」で競った場合の話だろ?鼠が求めているのは美味しさなんかじゃない。ホット・ケーキだろうがなんだろうが、なによりも重要なのは「ワイルドな見た目」と「効率の良さ」なのだ。

この食い物のすぐれた点は、

食事と飲み物が一体化していることだ。

作中で鼠は“5月のやわらかな日ざしの下にテーブルを持ち出して“、その奇妙な食物「焼きたてホット・ケーキのコーラ1瓶ぶっかけ」を頬張るのだ。なんてワイルドな男で、そしてなんてハードボイルドな料理だろう。(というかもはや、料理と呼んでいいのだろうか…?)

「生まれてから今まで自動販売機のボタンはぜんぶ頭突きで押してきた」
「レンタルショップでDVDを借りて、店を出て行くときにそのまま返却BOXに借りたものを全部ブチ込む」

など、数々のハードボイルド伝説を打ち立ててきた筆者は、もちろんこの料理も実際に作ってみることにした。熱々のホット・ケーキにコカ・コーラを1瓶注ぎかけるなんて、ハードボイルド界では初心者レベル、むしろ「え?まだやったことなかったの?」というぐらいの難易度である。

まずは四つに切る。

だって”「ナイフできちんと四つに切り…」”って説明があったからね。あくまで原作に忠実に。大切なのは、必ず「深い皿」を準備すること。コーラを一瓶注ぎきれないからね。

hotcake_01

深い皿に乗せたら…

さあいくぞ!?やるぞ!?いいのか本当に?!瓶のコーラとか手に入れるの結構苦労したぞ!?このまま飲まなくていいのか本当に!やめるなら今だぞ!!

いけええええええー!!

いけええええーー!!!泡が立つぐらいドバーッと!ジュワーーって音がするほどかけると気持ちがいいぞ!ホット・ケーキが一つ台無しになったと思うと気が滅入るぞ!!

hotcake_03

※決して躊躇しないこと。

興奮冷めやらぬうちに、一気に食すべし。

抵抗する体にムチ打って、とにかく一気に食すべし。無理やり口に押し込んで、顔をしかめて食べてみて。肉汁ならぬ、「コーラ汁」が、ふくらんだホット・ケーキから滲むから…

hotcake_04

そして冷たい涙が頬をつたうから…

完食。

見事に完食しました!味はなんていうか、クソマズかったです!

hotcake_05

こちらが食後の容器の写真。

どうだい?こうしてみると、まるで醤油ラーメンを食べたあとにでも見えてくるからコイツは摩訶不思議だ。「ハードボイルド・ホット・ケーキ」は、そのワイルドな見た目や食べ方だけではなく、食後、容器に溜まったコーラですら、ささやかな哀愁を与えてくれるのだ。

…いかがだっただろうか?

あちこちから笑い声、怒声、ヤジがとんできそうだが、筆者は誰よりもこのホット・ケーキを愛している。なぜかって?答えは簡単。”食事と飲み物が一体化している”からさ。ハードボイルドであることに、理由なんていらないんだよ。

村上春樹は処女作であるこの「風の歌を聴け」のハードボイルドな世界観の中で、こう言っている。

僕は・君たちが・すきだ。

愛があればいいのさ。みんな、短い人生でせめて一度ぐらいは、ハードボイルドに生きてみようぜ。

でもね、間違ってもこのホット・ケーキ、人に作ってあげるのは やめた方がいいですよ…。

Written by ヤマダリョウ

このライターの他の記事はこちらから!

関連記事

【もしも】世界から茄子が消えたなら【ナス】

茄子をタマネギよりもメジャーにしろ! 黒田硫黄『茄子』

茄子』というマンガをご存知だろうか。このマンガを読んで、私は衝撃を受けた。こんなふざけたタイトルで、まさかこんなに名作だと思わなかったからである。『茄子』というタイトルでとにかくインパクトを出して、読者を集めたいだけであり、あの食べ物の茄子とは全く関係ないのでは、とさえ思っていた。

このマンガは基本オムニバス形式であり、すべての話に茄子が絡んでいる。温かく繊細なタッチで書かれており、最近乱立しているデスゲーム系、終末系のマンガに辟易している読者の皆様には、ぜひ読んでいただきたい。

茄子

このマンガの著者は黒田硫黄という。2007年に日本テレビ系で放送された、松山ケンイチ主演の「セクシーボイスアンドロボ」の原作や、前編フルCGの映画「アップルシード」の原作を描いていると聞くと、ピンとくる方も多いかもしれない。そんな名作メーカーがなぜ「茄子」のマンガを描いたのか。

それはある夏の夜、作者の夢に出てきた茄子の化身から、「俺をタマネギよりもメジャーにしろ!」と使命をうけたから、であるらしい。

茄子とタマネギ、どちらがメジャーであるかは甚だ疑問ではあるが、「玉葱」というマンガが2016年現在に存在していない状況を鑑みると、黒田硫黄の企みは成功していると言えるだろう。黒田硫黄を茄子マンガの作者に選んだ茄子の化身にも、賞賛を送りたい。茄子の化身、本当に君は良い仕事をした、ありがとう。彼を選んでいなければ、茄子はメジャーになるどころか、この世から消えさっていたかもしれない。

もし、茄子がなくなったら世界はどうなっていただろうか。

いなくなってから気づくあなたの大切さ、などとよく言うが、もしこの世から茄子が消えてしまったら焼き茄子も食べられなくなるのだ、と考えると、すこぶる恐怖である。何を隠そう私は焼き茄子が大好きである。
そこでその事実がどれほどまでに恐ろしいものか、実際に検証してみることにした。

実録・世界から茄子が消えたなら

焼き茄子といえば、かつおぶしとポン酢だろう。
茄子を焼いてしまえばかつおぶしをまぶして、上からポン酢をぶっかけるだけ。しょうゆ派の方もいるだろうが、焼き茄子の香ばしさにはポン酢の酸っぱさがピッタリなのだ。

だが、思い出して欲しい。この世界にはそもそも茄子が存在しないのだ。
それでも焼き茄子を作ろうとしたら、どうなるか。

nasu_01

まずは、茄子を切る。
当然だが、この世界には茄子がないから、焼き茄子を作っても何も切るものがない。(この時点で、すでにおそろしい。)

nasu_02

フライパンに油を引いて、茄子を焼く。 当然だが、この世界には茄子がないから、焼き茄子を作っても何も焼くものがない。

nasu_03

茄子が焼けたら、アツアツの茄子の上にかつおぶしをまんべんなくかけて、一気にポン酢をかける。ジュワーっという音と、茄子に味が染みわたっていく時の香ばしい匂いが、食欲をそそる…はずだが、茄子がない。茄子がないのだ。

それではいただこう。茄子がなくなった世界で作った焼き茄子、果たしてどんな味がするのだろうか??

nasu_04

油だ。

ポン酢の味と、かつお節の匂い。それしかない。茄子の風味は、どこにもない。
私はいたたまれない気持ちになった。やっぱり焼き茄子には、絶対に茄子が欠かせないのだ。(当たり前だ)

茄子は、この世に必要なのである。
茄子のない世界、そこには恐怖や苦悩、虚無が満ちている。

改めて黒田硫黄、および茄子の化身に敬意を払いたい。
ありがと茄子。

Written by ドクさん

このライターの他の記事はこちらから!

あの新撰組局長・近藤勇も愛した「たまごふわふわ」作ってみた!【夏バテ予防!】

暑い日が続いたと思ったら急に冷え込んだり…。

気温がコロコロ変わる日々が続いていますが皆さま元気でお過ごしでしょうか?

今の季節、なかなか食欲が湧かなかったりすることもあると思いますが

夏バテ予防のためにもしっかり栄養は摂りたいところですね

そんな夏バテ防止のため今日ご紹介する料理は

新選組局長近藤勇も愛したという「たまごふわふわ」です。

009

 

 

どこか可愛らしいネーミングなので本当に料理なのか少し不安になりますが、

立派な静岡県袋井市の郷土料理です。

江戸時代、袋井は東海道五十三次という宿場街のど真ん中にあったこともあり

東海道を旅する武士や豪商たちは袋井で「たまごふわふわ」を食べるのを楽しみにしていたようです。

近藤勇も大好物の一品で袋井に立ち寄った際にはこれを食べて英気を養った、と言われています。

彼の強さの秘密はひょっとしたらこの料理にあったのかもしれませんね。

 

夏バテ予防に大切なものは何よりタンパク質、

質のいいタンパク質を一番効率的に取ることのできる食材はなんといっても卵です。

あっさりした味わいと食感もこの季節に食べるのに非常に向いています。

卵はどの家庭にもあって簡単に手に入るのもいいですね。

002↑質のいいタンパク質!!

 

 

そんな「たまごふわふわ」の作り方ですがとても簡単、まずは卵とだし汁を用意します。

004

 

卵の白身をひたすらかき混ぜ白身をメレンゲ状にします。

005

 

…けっこう疲れます。メレンゲが泡立ち「ツノ」が出来上がるまでひたすらかき混ぜます。

006

 

メレンゲを潰さないように黄身とさっくり混ぜ、沸騰したダシ汁に加えていきます。

007

 

そしてフタをして30秒ほどすれば出来上がり、不思議な触感の「たまごふわふわ」完成です!

008

 

気になる味は…。たまごのふんわりした触感とダシ汁のあっさりした味が絡みついて

非常に食べやすく、美味しいです。

これなら食欲が無い時でも栄養が取れるので、暑い夏の栄養補給にピッタリだと思います。

Written by tori

『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』嵐・二宮主演で今秋映画化!映画の前に原作をチェック

二宮和也主演映画化で注目!『料理の鉄人』演出家の小説デビュー作

嵐の二宮和也さん主演で映画化されると話題の小説が『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』

嵐・二宮主演でこの秋映画化!満漢全席を超える幻のコース料理を巡る陰謀と愛の物語

あの伝説的人気番組『料理の鉄人』を手掛けた田中経一氏の小説デビュー作だ。

『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』は、戦争の混乱の中で消失してしまった200品を超える壮大なコース料理「大日本帝国食彩全席」のレシピをめぐるストーリー。
物語は現代の日本と、第2次世界大戦頃の満州、2つの時代・2つの土地をつないでゆく。

2つの時代の2人の主人公と「大日本帝国食彩全席」

かつて清の始皇帝が宮廷料理人に作らせた“世界で一番スケールの大きなコース料理”が「満漢全席」と呼ばれていた。
第二次世界大戦の時代、日本の威厳を示すことを目的として、その「満漢全席」を超えるコース料理を作れと命じられたのが1人目の主人公・西島秀俊さん演じる山形直太朗
彼は絶対味覚、つまり“麒麟の舌”を持つ料理人で、天皇の料理番を勤めていた男だった。
この命令により山形は、「大日本帝国食彩全席」制作に専念するため単身満州へと渡り、その生活全てを捧げて13年の年月をかけてレシピを開発することとなる。

嵐・二宮主演でこの秋映画化!満漢全席を超える幻のコース料理を巡る陰謀と愛の物語

一方、二宮和也さん演じるのは現代日本に生きる2人目の主人公・佐々木充
彼もまた“麒麟の舌”を持ち、どんな料理でも再現してみせる特技を持っているのだが、料理に情は不要、技術の鍛錬こそが必要だという考えで、料理への情熱を失ってしまっていた。
佐々木は、依頼人が人生最後に食べたい物を再現して高額の報酬を得る「最期の料理人」として働いていたが、その再現能力を聞きつけた男に、消失してしまっていた「大日本帝国食彩全席」レシピの再現を依頼される。

嵐・二宮主演でこの秋映画化!満漢全席を超える幻のコース料理を巡る陰謀と愛の物語

西加奈子『うつくしい人』 他人の目を気にすることに疲れてしまったあなたへ

自意識過剰な主人公に共感できる?西加奈子「うつくしい人」

今回取り上げるのは、以前紹介した『きりこについて』に続いて、西加奈子さんの作品です。

西加奈子『うつくしい人』 他人の目を気にすることに疲れてしまったあなたへ

『うつくしい人』は32歳の蒔田百合という女性が主人公。
百合は自意識過剰な性格で、常に他人の目に対して怯えながら過ごしています。
「他人から見て、自分はどう見えるか」が物事を決める尺度となっていて、歴代の彼氏も「連れていて自慢できるかそうでないか」が決め手でした。
学生時代には嫌いではない(むしろ好きだった?)クラスメートへのいじめに加担していて、その過去が百合の心の暗い闇の原因となっています。

西加奈子『うつくしい人』 他人の目を気にすることに疲れてしまったあなたへ

このように「好きでも無い彼氏と付き合う」「嫌いではないクラスメートをいじめる」など、自分の意志ではなく「他人の目」を基準に生きていくようになった理由の大きな存在が「姉」です。

百合の「姉」はとても「うつくしい人」であり、純真無垢な女性です。
純真無垢すぎて、学生の頃のある事件を皮切りに人間関係につまずき、ずっと「ひきこもり」をしています。
しかし、ひきこもりとなった今でも、姉は美しく、やさしく、やはり純真無垢なまま存在しています。

他人の目を気にしなさ過ぎて社会生活を送れない姉を反面教師のようにして、他人の目を気にすることで自分を守ってきたつもりだった百合でしたが、あることがきっかけでとうとう職場で急に泣きだしてしまいます。
それほどに、自らを他人の視線から追い込んでしまっていたのでした。

西加奈子『うつくしい人』 他人の目を気にすることに疲れてしまったあなたへ

突然泣き出すという醜態をさらしてしまった百合は、一人旅に出ます。
この旅立ちの場面では、百合の病的なまでの自意識の描写が読んでいて辛いほどです。
しかし、百合はこの旅行でとあることに気づき、大きな変化を遂げるのです。

百合を潤す唯一の存在、それがビール

ホテルについた百合は、ホテルのバーへ行きます。
そこで、ちょっと失礼でうだつの上がらないバーテンの坂崎と謎のドイツ人マティアスと出会います。
この二人が、百合の救世主となるわけですが、ここで注目したいのが「ビール」です。

西加奈子『うつくしい人』 他人の目を気にすることに疲れてしまったあなたへ

この小説は主人公である百合の語りで物語が進んでいきます。
先ほど書いたように、百合は他人の目を非常に気にします。
あの人にとって自分はこう見えているのではないかという考えはもちろんのこと、あの人、本当はこの仕事がしたくないのではないかという、少々余計なお世話なことまで考えています。
つまり、百合の頭の中は他人と自分のことでいっぱいなのです。

しかし、ビールを飲む瞬間はその百合の頭の中の独白がスっと消えているような感覚を覚えるのです。
つまり、何も考えていない、素の自分が出ているような感覚です。
このホテルの場面以外にもビールを飲むシーンは何度かあるのですが、特に前半の百合がまだ苦しんでいる時にすら、そのように感じました。
重苦しい世界の中、ビールだけが軽やかに百合の喉を潤しているような印象でした。

西加奈子『うつくしい人』 他人の目を気にすることに疲れてしまったあなたへ

百合はお金持ちのお嬢様で、身に着けている物はすべて一流です。
歴代の彼氏も外車を乗り回しているようなタイプばかり。
そんな百合がバーであえて「ビール」を自然にオーダーしていることから、そのような印象を持ったのかもしれません。
だって、お嬢様ならシャンパンとか何だかおしゃれな飲み物を頼みそうだと思いませんか?

西加奈子『うつくしい人』 他人の目を気にすることに疲れてしまったあなたへ

きっと、「大好きなビールを飲みたい」と思う、百合自身の隠れていた意志が自然と出ていたシーンだったのでしょう。
好きな飲み物(特にお酒!)を前に、自分を偽ることなど出来ませんものね。

Written by フジイ

このライターの他の記事は こちら から!

ページトップ