ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

いまおすすめ!ラオスビール変わり種ニューラインアップ、2大銘柄をチェック!

いまおすすめ!ラオスビール変わり種ニューラインアップ、2大銘柄をチェック!

ラオスに旅行したことのある方ならビールのおいしさが印象に残っているかもしれません。
そう、ラオスのビール、美味しいんです。
かなりレベルが高いです。個人的にはラガービールでいえば世界一かなと思っています。ラオスで流通しているビールとその最新作のラインナップの紹介です。

なんといってもビア・ラオ

ラオスで一番流通量のあるビールの銘柄はビア・ラオ。醸造元のラオス・ブリューワリー・カンパニー(以降LBC)は1971年に設立され、1975年に現社会主義計画経済の国家体制が整ってからは国有化されたり、その後経済を市場主導にする政策で再度民間の資本が入ったりしながら現在に至ります。

創業当時から看板商品となっているのがジャスミン米から醸造するビア・ラオしっかりしたのどごしで味は濃いめ。タイと同じく氷を入れて飲むのが一般的です。(タイのお酒の飲み方についてはこちらの記事へ)2003年にはモンドセレクション賞も受賞した国際的にも認められた味です。

ビアラオで乾杯♪

ビア・ラオの新商品、ビア・ラオ・ゴールド

2006年には、さらにリッチなテイストのビア・ラオ・ダークがリリースされました。こちらはアルコール6.5%でさらに芯の太いコクがあります。ベルギービールを思い出すようなリッチフレイバーです。  2010年にはビア・ラオ・ゴールドという銘柄が発売になりました。ジャスミン米ではなく、よりスムーズな口当たりを実現するガイノーイ種といわれるコメを使っており独特の香りが楽しめます。

いまおすすめ!ラオスビール変わり種ニューラインアップ、2大銘柄をチェック!

ニューカマー、ナムコン・スペシャル

ビア・ラオをはじめとしたラインナップのLBCは人口600万人のラオスのビール市場をほぼ席巻しているといわれていました。そこへ2008年、ラオスに新しくビール醸造会社ができました。ラオス・アジア・パシフィック・ブリュワリー(LAPB)、ハイネケン、タイガーなどの銘柄をラオスでローカルに生産しています。国産ブランドにはナムコンというものがありますが流通量はまだまだ都市部に限られていてビエンチャンのような中心部から外に出てしまうとあまりお目にかかれません。そんなLAPBから、2014年に新しいビールが出荷され始めました。それがこの写真、ナムコン・スペシャル。一般には、ラベルにラオ文字で書いてある通りのカーオ・カム(そのまま「黒米」の意味)の名称で親しまれています。

いまおすすめ!ラオスビール変わり種ニューラインアップ、2大銘柄をチェック!

2015年末にビエンチャンを訪れた時始めて飲んでみたのですがその香り高さに一発でファンになりました。黒米から醸造されており、ビールの色もあめ色に輝いています。発表されたのが2014年、2015年にはこちらもビア・ラオと同じくモンドセレクションの銀賞を受賞しましたのでそのおいしさは国際的にも認知されていると言えるでしょう。

今回紹介したビア・ラオ・ゴールド(LBC)、そしてナムコン・スペシャル(LAPB)。これらラオスの最新ビール、ラオスを訪れた際はぜひその香り高さを楽しんでください!

Written by 元ジェット

このライターの他の記事はこちらから!

関連記事

何かの卵?タイで「ンゴ」「ゲーオマンゴン」と呼ばれる食材、その正体は…?

ルックスと味のギャップに驚き

これ、何なんですか?

thai-fruit_01

初めて見た時のその強烈なインパクトは忘れられません。何かの卵ではなくてフルーツだと聞いたときは、にわかには信じられませんでした。「おいしいから食べてみろ」と勧められ、断れずに恐る恐るかじってみると…意外にも果肉は柔らかく、やさしい甘みのある味で、そのギャップにまたまた驚いたものです。

日本語では「ランブータン」として知られているこのフルーツ、タイでは「ンゴ」と呼ばれています。原産地はマレーシアといわれていてマレーシア・インドネシアで広く栽培されていますが、輸出を含めた生産はタイが世界一なのだそうです。「タイのフルーツ天国」といわれる東部カンボジア方面にあるチャンタブリ県が、その生産量の多さで名高い地域です。

タンニンを多く含み、肌の健康維持に効果があるとか。ただし食べ過ぎると酵素の働きを阻害し、消化不良を起こすこともあるそう。おいしいのでついつい手が止まらなくなってしまいますが、要注意です。

thai-fruit_02

このフルーツのいい点は、皮をむきやすいところ。爪で横に一本割れ目を入れて上下に開けば、写真のようにきれいに皮が剥がれます。皮は柔らかく、果汁で手が汚れることもありません。種の皮に渋みがあるので、かじりつかないように柔らかく食べるとおいしく食べることができます。

thai-fruit_03

美味しいだけではなく健康にも良い!恐竜の卵のようなフルーツ

もう一つ、変わり種フルーツをご紹介します。タイ語で「ゲーオマンゴン」と呼ばれる果物です。こちらは日本では「ドラゴンフルーツ」ですね。確かに恐竜の卵のようなイメージです。

thai-fruit_04
thai-fruit_05

このフルーツも皮が果肉から剥がれやすいため剥きやすく、わたしのお気に入りの一つです。果肉はジューシーで、桑の実のような懐かしい味がします。黒いつぶつぶは種なのですが、この食感がまた楽しいのです。

thai-fruit_06

個人的な体質なのかもしれませんが、これを食べるとわたしは必ずお通じが良くなります。よくなるどころか、よくなりすぎます。調べてみると、食物繊維がバナナの65倍?!半端ないですね、そりゃあよくなるわけです。

ドラゴンフルーツは、タイではちょっとした高級ホテルなどで、チェックイン時の部屋に置かれていたりもします。南国雰囲気満点ですね。

thai-fruit_07_02

タイではフルーツの最盛期の2月~4月になると、1キロ当たり100円など、日本では考えられないような値段で市場に出回ります。年がら年中何かしらのフルーツが食べられますので、通りを歩く際はフルーツに注目してみるのも面白いかもしれません。日本でも昔よりタイのフルーツが手に入りやすくなっていますので、スーパーやアジア食材店などで見かけたら是非手にとってみてくださいね。

Written by 元ジェット

このライターの他の記事はこちらから!

【改めて知りたい世界の3大食作法】箸のタブーとは?!

【改めて知りたい世界の食作法】生と死をつなぐ橋?箸のタブーとは

突然だが、世界には3種類の食の作法がある。手食、フォークナイフ食、箸食である。人口分布は、それぞれ世界の人口の40%、30%、30%ほどだという。今回は、世界を分かつ3つの食作法に迫ってみたいと思う。

嗚呼、麗しの手食文化

食べ方には、エリア宗教、それからもちろん、食べる物も関係している。
まずは、世界で最も多いとされる手食文化について。手食文化とは、文字どおり手でモノを食べる文化のことだ。手食文化が発達しているのは、東南アジアから中近東、アフリカにかけてとオセアニア地域。私たちが思っている以上に広い。

手食文化は、回教(イスラム教)やヒンズー教圏で広まった食文化であり、その裏には「食べ物は神から与えられた神聖なものである」という考え方がある。また、「食器や、箸・フォークなどの食具は汚れたものであり、手が最も清浄なのだ」という宗教的戒律に基づいているのだという。

Children Eating, India

手食文化には、独自のルールが定められている。例えば、食事の前後には必ず手を洗って口をすすぐこと、食べ物は床の敷物の上に並べること、片膝を立てるかあぐらを組んだ姿勢で食べること、来客時には男女別々に食事をすること、などである。また、食べ物に触れることが許されるのは右手だけとされており、親指、人差し指、中指の3本の指をスプーンのようにして食べる。3本の指では、食べ物の熱さや冷たさ、硬さや柔らかさも直に感じることができるのだ。つまり、手食文化とは、味覚、嗅覚、聴覚、視覚に、触覚をも加え、五感で味わうことのできる贅沢で感覚的な食べ方なのだ。いやはや奥が深い手食文化である。

【海外ドラマ頻出料理】デス妻・ブリーとリネット、対極な2人の対極なミートローフ

【海外ドラマ頻出料理】デス妻・ブリーとリネット、対極な2人の対極なミートローフ

アメリカの一般家庭の日常生活のことをたくさん知ることができるドラマ「デスパレートな妻たち」通称デス妻。料理好きの私にとっては、アメリカの代表的な家庭料理の話題が随所に出てくるのが最大の楽しみ。
なんといっても、ドラマのメインキャストの一人であるブリーは、料理上手が高じてアメリカ家庭料理の本を出版し、ベストセラーとなったあと、ケータリングビジネスでも成功。前半のシーズンでは、毎日家族のためにすべての家事を完璧にこなし、レストランの料理のような手の込んだお洒落な料理を完璧に作る主婦でもあります。作中では、彼女の腕によりをかけたおいしそうな美しい料理がたくさん出てきます。

【海外ドラマ頻出料理】デス妻・ブリーとリネット、対極な2人の対極なミートローフ

©Disney

そして今回の注目したいのがもう一人のメインキャストのリネット。キャリアウーマンとしてバリバリ仕事をこなす傍ら、家庭では超わんぱくな息子3人に手を焼いている毎日。完璧さなんて求める暇もないほど、とにかく忙しさに翻弄される日々を送っています。
そんな対照的な2人に、どちらも「ミートローフ」の話題がからんだことがありました。

【海外ドラマ頻出料理】デス妻・ブリーとリネット、対極な2人の対極なミートローフ

©Disney

「同じ味わいのビールは無い!?」種類豊富なベルギービールの歴史【W杯日本代表お疲れさまでした!】

サッカー、日本vs ベルギーとても良い試合でした。

普段あまりサッカーを見る事はないのですが、今回は特殊な条件下であまり前向きではない空気の中、すばらしい戦績と成績を残してくれたことにただ感謝したい気分です!

それで先日、「ベルギービールというビールがあったなぁ、普通のビールと何が違うのだろう」と思ったので、帰りにスーパーで買ってみました。

001

 

可愛いネコちゃんに目が行きます

いただきます。

 

002

 

通常のビールより色が薄いです。試しに飲んでみると見た目同様非常にあっさりしています。

それに加えどこか風味のよいフルーティな味覚が…、そして苦味が少ないので飲みやすいです。

こちらのビールはベルジャンホワイトビアスタイルと呼ばれるビールで

特徴は芽が生える前の小麦を使うことで、その小麦のタンパク質と酵母の影響で

ビールが白く濁ることから「ホワイト」と呼ばれています。

また、コリアンダーやオレンジピールで香りづけがされているのも特徴です、

それが清涼感のある味わいに繋がっているのだと思います。

003

 

ところがこのベルギービール、実は味、色、香りからアルコール度数に至るまで

「同じ味わいのビールはない」と言われるほどバラエティに富んでいます。

僕の飲んだこのボールも数あるベルギービールのうちの一つにしか過ぎないみたいです。

色々なビールを飲みたい人からしたら天国のような国ですね。

 

004

 

また銘柄ごとに独自の形をした専用グラスが多い事も特徴でこの専用グラスの違いで味わいに歴然の差がでると言われているとまで言われています。

そんなものをプラスチックコップで飲んでしまいました、ごめんなさい。

 

005

 

ベルギーでビールが飲まれていた歴史をさかのぼって見ると紀元前50年、今から約2080年前、かの有名なカエサルのベルギー遠征の際にはすでに各地で飲まれていたようです。

それから約1300年後、フランスの13代王ジャン1世がビール作りを推奨したことでベルギービール製造はさらに発展していきました。

ビールの多様性を生んだ背景は国の緯度が高く、良質な葡萄がとれずワインは発達しなかった事。

自然発酵製法(ランビック)に向く好条件が揃っていたこと。ドイツやチェコほどの良質なホップが取れず、ハーブやスパイス、フルーツを使用した醸造法が受け継がれていたことがあげられます。

006

 

これだけ種類が豊富なベルギービール。自分に合ったお気に入りを見つけた悦びはまたひとしおです。

少し大きめなスーパー、酒屋さんでならば意外と売っていて気軽に購入するコトが出来ます。

まだまだ続くワールドカップ、お気に入りのビールを片手に応援…なんていうのもオツなものかもしれません。

そして日本代表の皆様、このたびは素敵な時間を共有させていただき誠にありがとうございました!

Written by tori

ページトップ