ヤミー!-自己満足 食・文化メディア

海外ドラマでも頻出「料理が苦手な女性が唯一作れる料理」の代名詞って?

外国の日常を垣間見て、文化や習慣、一般常識も学ぶことができる、外国映画や海外ドラマ。 特に日常生活を描いたドラマにはよく料理をするシーンや食事をする場面が出てくるので、実際どんな料理・味なのか、知りたくなってしまうことがよくありますよね。

そんな海外ドラマにとてもよく出てくるのがアメリカのマカロニチーズ。知っていますか?「マックアンドチーズ」の呼称のほうが一般的かもしれません。

子供たちに大人気の料理ですが、子供だけでなく大人も大好き。小さな頃から食べ慣れて親しんでいる、家庭の味だからでしょうね。
アメリカの家庭料理の代表とも言えるこの料理は、ドラマ「デスパレートな妻たち」(通称:デス妻)で、主人公スーザンが唯一作る料理として登場します。
デス妻の第1話・冒頭。スーザンの近所に住む友人メアリー・アリスのお葬式の場面です。 近所の人たちの集まりに出される料理は、各家庭から持ち寄り。とにかく不器用で料理が苦手なスーザンが、なんとか作って持って行ったのがこのマカロニチーズでした。

デスパレートな妻たち マカロニチーズ

©Disney

簡単なようで奥深いカレーのような料理・マカロニチーズ

マカロニチーズは、その名の通り茹でたマカロニにチーズベースのソースをからめた、クリームパスタのようなグラタンのような料理です。
各家庭で独自にレシピがあって、作り手の数だけレシピも存在するようです。 チーズソースにマカロニをからめるだけだったり、オーブンで焼いて香ばしくしたり…そのソースも、使うチーズの種類やホワイトソースとのバランスなどによって、全く異なるマカロニチーズが完成します。
レトルトミックスも市販されているので簡単に作れるのですが、一度作り方や材料にこだわろうとすると、それは果てしなく奥が深い腕が試される料理でもあるのです。まるで日本でいうところのカレーライスのようですよね。
簡単だけど突き詰めると腕の差がでる、だからこそデス妻では不器用でおっちょこちょいでドジなスーザンの唯一作れる料理として登場するのです。デス妻だけでなく、他のアメリカドラマでも「料理が苦手な女性が唯一作れる料理」の定番としてマカロニチーズが出てきます。

デスパレートな妻たち マカロニチーズ
  • マンガ飯
  • 映画に出てくるおいしいものたち
  • おいしいnovel
  • overseasのごはん事情
  • お酒の話
  • フェス飯・イベント飯
ページトップ