ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

臭いけど美味しい!?『もやしもん』から垣間見る発酵食品の世界!

アザラシのお腹にウミドリを詰めたキビヤック

この作品の魅力のひとつが、沢木の目にだけ見える、オリゼーソーエといった可愛らしい菌達空気中をフヨフヨと浮いている姿がなんとも愛らしいのです…

臭いけど美味しい!?『もやしもん』から垣間見る発酵食品の世界!

©「もやしもん」製作委員会

臭いけど美味しい!?『もやしもん』から垣間見る発酵食品の世界!

©「もやしもん」製作委員会

この菌達と共に登場するのが、『もやしもん』と切っても切れない関係にある様々な種類の「発酵食品」。中でも印象的だったのが、アニメ1話に登場する「キビヤック」アザラシのお腹の中にウミドリを詰めた料理です。

臭いけど美味しい!?『もやしもん』から垣間見る発酵食品の世界!

©「もやしもん」製作委員会

見た目のグロテスクや画面から伝わる異臭はもちろんですが、樹慶蔵がウミドリの肛門からジュルジュルと内容物をすする様はまさにホラーそのもの。

臭いけど美味しい!?『もやしもん』から垣間見る発酵食品の世界!

©「もやしもん」製作委員会

臭いけど美味しい!?『もやしもん』から垣間見る発酵食品の世界!

©「もやしもん」製作委員会

「そんな料理あるの?」と疑ってしまうような見た目ですが、漫画の創作でなく、立派に現実に存在する料理なんです。この「キビヤック」は、カナダのイヌイット民族が作る伝統的な発酵食品です。アザラシの内容物を全て取り出したあとにウミドリを入れ、長期間保存することで完成するのですが、その臭いはすさまじく、くさやよりも臭いのだとか…!とはいえ、匂いさえ気にしなければ、味は非常に美味しいようで、その味の虜になる人も少なくありません。どんな味なのか、怖いもの見たさで食べてみたい気もします。

  • マンガ飯
  • 映画に出てくるおいしいものたち
  • おいしいnovel
  • overseasのごはん事情
  • お酒の話
  • フェス飯・イベント飯
ページトップ