ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

いつの時代も共通の悩み「結婚」夫婦円満の秘訣はあの食べ物

「結婚」という普遍的な悩みを描いた映画

結婚というのは、いつの時代も人間にとってのクセモノである。

結婚をしていない者は、いつ結婚するのかと言われたり、結婚に行き遅れたんだと気を使われて逆に何も言われなくなったり。結婚をしたらしたで、子供はいつだとか、旦那の出世はどうだとか、浮気がどうだとか・・・。

他人と一緒に生きていく決心をするだけでも大変なのに、社会からのプレッシャーは半端ない。世の中は「結婚」を中心に回っているのではないかと思う程、世間はその話に溢れている。

そしてここにも「結婚」によってイライラしたりモヤモヤしたりしている人達を描いた映画が。その名も『お茶漬の味』である。

監督は小津安二郎、脚本は小津安二郎と野田高悟。1952年、今から64年前に作られた映画だが、現代と同じように「結婚」に問題を抱える人々が、したたかに強く、自分勝手に、優しく描かれており、安心さえ覚える映画である。

身分差婚の2人のギャップを埋めるのは『お茶漬の味』

お見合い結婚をした妙子と茂吉だが、上流階級出身の妙子は質素な生活を好む夫の茂吉が気に入らず、姪の節子や友人達と、結婚前のように遊び歩いている。
妙子は茂吉に反抗的な態度をとり続けるが、茂吉は妙子が外で遊び続けている事にも見てみぬふりをするような優しい男である。

ochaduke_01

そんな二人は姪の節子がお見合いを逃げ出した事で衝突し、すれ違いを繰り返す。妙子の家出や茂吉の海外への転勤など紆余曲折を経て、最後にはお茶漬がふたりの絆を結び直してくれる、といったシナリオだ。

ochaduke_02

お茶漬といえば、ご飯にお茶と漬物でさっぱりと食事の最後をしめる、優秀な日本の食べ物。元はといえば江戸時代に始まった、使用人が手早く食事を済ませるための食事法だったと言われている。今では、地方限定のお茶漬海苔やお茶漬専門店もあるほど皆に愛される、さらさらガツガツと食せる日本の素晴らしい発明品のひとつである。

ochaduke_03

お茶漬を通して深まる夫婦の絆

映画「お茶漬の味」の中では、他人と他人が夫婦として生活していく中で、どうお互いに歩み寄っていくのかが、食べ物を通して描かれる。

「ご飯に汁をかけるなんてはしたない!イヤヨやめてよ!」とプンスカしていた妙子が、最後には、普段は女中に任せきりな台所に茂吉と入り、やれ漬物だ、ぬか漬けだと漁りながら、「私もお茶漬食べてみる!」と旦那と向き合い茶漬けをすすり、旦那への愛に気付き、涙する。お茶漬を食べながら茂吉は、「夫婦とはお茶漬の味なんだ」と言い、妙子は素朴なものの大切さに気付き、夫への愛情、結婚の素晴らしさを初めて知るのだ。

ochaduke_04

©松竹

あなたにとってのお茶漬を再発見…

筆者はもっぱら夏に食べる茶漬けが好きだ。冷たい茶をご飯に注ぎ、さっぱりした漬物や梅干しと共に、世の中の全てを洗い流すかのごとく夜風にあたりながら一人、ずずずっとすするのが悦で大好きなのだが、皆さんはどうだろうか。

映画「お茶漬の味」を観て、お茶漬をすすりながら、今夜、あなたにとっての「お茶漬の味」を再発見してみてはいかがだろう?

ochaduke_05

Written by パンダ悦子

このライターの他の記事はこちらから!

関連記事

【おいしい小説】『間宮兄弟』“ボウルいっぱいつくったフルーチェ” の誘惑

愛すべき不思議兄弟の恋愛模様

江國香織著『間宮兄弟』は、佐々木蔵之介さんドランクドラゴン塚地武雅さんでの映画化も話題になった作品です。

【おいしい小説】『間宮兄弟』“ボウルいっぱいつくったフルーチェ” の誘惑

主人公は明信と徹信、趣味や価値観がちょっと不思議な兄弟
作中で描かれる非モテな間宮兄弟の恋愛模様が、独特かつ滑稽、しかも妙に共感出来たりと、読んでいくうちに間宮兄弟の魅力に引き込まれていきます。彼らは、男性としての魅力はあまりないかもしれませんが、まさに「愛すべき人間」といった感じで、本人たちに自覚はなくともとても優れた人間力を持っている印象を受けるキャラクターです。

【おいしい小説】『間宮兄弟』“ボウルいっぱいつくったフルーチェ” の誘惑

©「間宮兄弟」製作委員会

ストーリー上最初の大きなポイントとなるのが“カレーパーティ”です。間宮家で開催されるカレーパーティのゲストは、徹信が“明信好み”だと感じた小学校の教諭「葛原依子」と、明信が密かに好意を抱いているレンタルビデオ店店員の女子大生「本間直美」の2人でした。
勇気を出して女性を招待したそのパーティから、いつもとは違う「女性が関わってくる」間宮兄弟の日常が始まります。

【おいしい小説】『間宮兄弟』“ボウルいっぱいつくったフルーチェ” の誘惑

©「間宮兄弟」製作委員会

本間姉妹の“ボウルいっぱいつくったフルーチェ”

カレーパーティに招待された本間直美は、仲良しの妹・夕美に報告をします。男二人暮らしの部屋に行くわけですから、直美も不安です。しかし、妹は“一緒に行こう”との姉の誘いを“やだよ”“あやしーじゃん、そんなの。”と言って断ります。
物静かで優しいけれど、気の弱い姉・直美と、振る舞いが乱暴ではあるけれど、優しくしっかり者の妹・夕美。そんな二人の話合いのシーンには“ボウルいっぱいつくったフルーチェ”が登場します。この食べ方は姉妹ならではだなーと、とても印象的な場面です。
“ボウルいっぱいつくったフルーチェ”を2人でスプーンでつついて女子会議をする様子は、姉妹の内側を見せてくれたような、瑞々しい魅力にあふれていました。 もちろん映画でもこのシーンがあります。沢尻エリカさんと北川景子さん演じる本間姉妹は、かわいいというより美しすぎましたが。

【おいしい小説】『間宮兄弟』“ボウルいっぱいつくったフルーチェ” の誘惑

©「間宮兄弟」製作委員会

ちなみに間宮兄弟の開催したパーティに登場したのは、“エダマメさつまあげ茹でとうもろこし”など…間宮兄弟の普段の食卓も昭和感漂うちょっと質素なメニューが登場します。

【おいしい小説】『間宮兄弟』“ボウルいっぱいつくったフルーチェ” の誘惑

©「間宮兄弟」製作委員会

一方で、本間姉妹が食べるシーンはファミレスファストフードなど、「イマドキ」な雰囲気で描かれています。

【おいしい小説】『間宮兄弟』“ボウルいっぱいつくったフルーチェ” の誘惑

©「間宮兄弟」製作委員会

“ボウルいっぱいつくったフルーチェ”の誘惑

『間宮兄弟』の小説や映画に触れてから、 “ボウルいっぱいつくったフルーチェ”を実現したいという誘惑が度々訪れました。しかし、これを実行するには絶対に相方が必要です。本間姉妹のように、誰かと「あーでもないこーでもない」と話しながら食べないと、魅力が半減してしまう気がするのです。
そんな思いを抱えたまま数年。長女が3才くらいの時です。誘惑に抗いきれず、「いけるんじゃないか」と思い “ボウルいっぱいつくったフルーチェ”を作ってみたことがありました。結果は、そもそもフルーツが嫌いだった長女はフルーチェにあまり興味を示さずに断念…。ほぼ一人で無理やりたくさんのフルーチェを食べる羽目に陥りました…。
妹が生まれ、長女がそこそこ大きくなった今、“ボウルいっぱいつくったフルーチェ”リベンジをしてみる良いタイミングではないかと、またひそかに思っています。その時には、女子会議ならでは、子供たちの好きな子の話なんて、聞けるのかもしれません…♪

Written by フジイ

過去のランキングはこちらから!

ファンタビの前に復習を!ハリポタシリーズの個性的すぎる魔法界のお菓子たち

ファンタビの前に復習を!ハリポタシリーズの個性的すぎる魔法界のお菓子たち

ファンタジー作品を毎日のように読んでいた、幼い頃。『ロード・オブ・ザ・リング』『ナルニア国物語』など有名なファンタジー作品がたくさんある中で、私が一番ハマったのが『ハリー・ポッター』(以下、ハリポタ)シリーズでした。魔法の授業や不思議な生き物、ヴォルデモートとの戦い…読むたびにワクワクが止まらなかったものです。

魔法界のお菓子は友情のきっかけになる…?

ハリポタを語る上で、外せないのが魔法界のお菓子
「百味ビーンズ」「蛙チョコレート」「爆発ボンボン」と魔法界のお菓子はどれも魅力的なものばかり。映画でも様々なシーンで魔法界ならではの個性的なお菓子が登場します。

シリーズで最初に魔法界のお菓子が登場するのが、『ハリー・ポッターと賢者の石』のホグワーツ魔法魔術学校へ向かう汽車のシーン。お菓子を売りに来た魔女に対し、ロンは「用意してあるからいらない…」と悲しげな表情でモリー(ロンの母親)のお手製サンドイッチを手に話します。

ファンタビの前に復習を!ハリポタシリーズの個性的すぎる魔法界のお菓子たち
ファンタビの前に復習を!ハリポタシリーズの個性的すぎる魔法界のお菓子たち

© Warner Bros. Japan

それを目にしたハリーは、ポケットからお金を出し「全部ちょうだい」と言って売り子から大量のお菓子を購入するのです。単純にハリーがお菓子を食べたかったというのもあるかもしれませんが、ロンと少しでも仲良くなりたくて購入したのでしょう。

ファンタビの前に復習を!ハリポタシリーズの個性的すぎる魔法界のお菓子たち

© Warner Bros. Japan

シーンが切り替わると魔法界ではお決まりのお菓子を大量に手に入れた二人の姿が!お菓子をきっかけにというのは言い過ぎかもしれませんが、お菓子を食べるにつれ、二人の距離も少しは縮まったに違いありません。どこの世界でも食べ物は仲良くなるきっかけになるものです。

人間界でも魔法界のお菓子が食べられる!

実は、この魔法界のお菓子たちが私たち人間界でも食べられるということをご存じでしょうか?ハリポタのアトラクションがあるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下USJ)で購入することができるんです。

USJで売っているこれらのお菓子、特に「蛙チョコレート」は、劇中さながらのクオリティ。

ファンタビの前に復習を!ハリポタシリーズの個性的すぎる魔法界のお菓子たち

© Warner Bros. Japan

映画を見ていない!という方に簡単にご説明すると、「蛙チョコレート」とは大きな蛙の形をしたチョコレートのこと。このチョコレートには、まるで本物の蛙のように動く魔法がかけられているんです。一方、我々人間世界で手に入る「蛙チョコレート」も蛙の形をしていますが、ハリポタの世界のように魔法で動き回ったりなんかはしないのでご安心を(笑)

ファンタビの前に復習を!ハリポタシリーズの個性的すぎる魔法界のお菓子たち

© Warner Bros. Japan

劇中で実際に登場した付録・偉人カードも付いており、魔法界の住人になったかのような感覚が味わえますよ。

ファンタビの前に復習を!ハリポタシリーズの個性的すぎる魔法界のお菓子たち

© Warner Bros. Japan

個人的におすすめなのは、「百味ビーンズ」。こちらも魔法界定番のお菓子なのですが、その名の通り色々な味のビーンズが食べられます。色々な味とは、更に文字通りそのままで、青りんご味バナナ味と言ったおいしそうな味はもちろんですが、中にはせっけん味ゲロ味といった、とてもじゃないけど食べるには向かない味のビーンズも…!USJで購入できる百味ビーンズでは、これらの味をある意味見事に再現しています。以前お土産でもらって食べたのですが、思っている以上に強烈な味がするのでご注意を!こういうお菓子は大抵、美味しくアレンジされて作られると思うのですが、「商品化しちゃダメな味!」と思わず突っ込みたくなるような味が満載です。もちろん、劇中でダンブルドア校長が食べた鼻くそ味も食べることができます。

ファンタビの前に復習を!ハリポタシリーズの個性的すぎる魔法界のお菓子たち

「百味ビーンズ」を食べたハリー、この表情。
© Warner Bros. Japan

ヤミー!なシーンもバッチリ!『ファンタビ』が絶賛上映中

そんなハリポタシリーズですが、現在、映画館で『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(以下、ファンタビ)というハリポタのスピンオフ作品が上映中。
ハリポタ本編でも少しだけ登場した、魔法動物学者のニュート・スキャマンダーが主人公の作品です。
私も先日、見に行ってきました!あまり書くとネタバレになってしまうので控えますが、ハリポタではあまりお目にかかれなかったであろう、魔法界ならではの料理シーンもバッチリあります!
このシーンは、ファンタビの公式Twitterで動画を見ることができるので、気になる方はチェックしてみてください。

まだ見ていない!という方。ぜひ劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか?その時は、「百味ビーンズ」を片手に。

Written by kinokonoki

このライターの他の記事はこちらから!

今年のXmas、久々に見ませんか?『ホーム・アローン』のヤミー!な”アレ”

クリスマスのおすすめ映画はなんといっても『ホーム・アローン』

気づけばもう12月。街は、どこもかしこもクリスマス一色ですよね。皆さんは、毎年クリスマスをどんな風に過ごしていますか?恋人とデートをしたり、友人とパーティーをしたり様々な過ごし方があるかと思いますが、今年は、ヤミー!な映画を見て過ごしてはいかがでしょうか?クリスマスに見るヤミー!な映画としておすすめしたいのが『ホーム・アローン』シリーズ。1991年に公開されたマコーレ・カルキン主演のドタバタコメディです。「え!?あの『ホーム・アローン』がヤミー!?」と思った方もいるかもしれません。でも、見終わったころには、”アレ”が食べたくなっているはずです!

家の中のものを使って、泥棒をやっつけろ!

アレについてご紹介する前に、少しだけ『ホーム・アローン』のあらすじをご紹介――。アメリカ・シカゴに住むマカリスター一家は、家族みんなでパリへ旅行に行くことになっていたのですが、停電により、まさかの全員寝坊!慌てて空港へと向かいなんとか飛行に間にあったのですが、マカリスター家の末っ子・ケビンは一人家に置いて行かれてしまいます。前日の夜、家族と喧嘩をしていたケビンは、みんながいなくなって大喜び。お兄ちゃんの私物をあさったり、大人のテレビを見ながらアイスたくさん食べたり、1人だけの生活を楽しみます。

今年のXmas、久々に見ませんか?『ホーム・アローン』のヤミー!な”アレ”

(c)FOX

しかし、実はケビンの家は、2人組の泥棒に狙われていたのです。それに気づいたケビンは、家の中のものを使って泥棒に対抗しようと家中に様々な仕掛けを作っていきます。

今年のXmas、久々に見ませんか?『ホーム・アローン』のヤミー!な”アレ”

(c)FOX

ケビンの大好物のチーズピザ!

感の良い人ならもうわかっているかもしれませんが、『ホーム・アローン』のヤミー!な”アレ”とは、「チーズピザ」。シリーズを通し、度々登場する隠れた主役がピザなんです。シリーズ1作品目でケビンが置いて行かれることになったのは、このピザのせい、といっても過言ではありません。

今年のXmas、久々に見ませんか?『ホーム・アローン』のヤミー!な”アレ”

(c)FOX

なぜ、そんなことになったのかは本編を見ていただくとして、このピザの印象的なシーンと言えば、物語中盤でケビンがピザを頼むシーン。恐らく、伯父さんが録画したであろうギャング映画を操作しながらピザの宅配員を誘導するシーンは見事ですよね!『ホーム・アローン2』でも、もちろんチーズピザは登場。リムジンの中で、コーラを片手においしそうにピザを食べています。

今年のXmas、久々に見ませんか?『ホーム・アローン』のヤミー!な”アレ”

(c)FOX

今年のXmas、久々に見ませんか?『ホーム・アローン』のヤミー!な”アレ”

(c)FOX

実在する!?劇中でも登場した「リトル・ネロ」のピザ

1で登場した、ケビン大好物の「リトル・ネロ」のピザは、残念ながら現実には存在しないのですが、『ホーム・アローン』の25周年企画ということで、過去に1日だけ購入することができた日があったそうです。この企画が実施されたのは、ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコの4都市のみ。劇中で登場したピザの箱はもちろん、配達に使われる車や制服までも劇中の中のものと同じというこだわりようでした。『ホーム・アローン』を一度でも見たことがある人なら憧れるはず!日本でも実施してくれないでしょうか…(笑)

今年のXmas、久々に見ませんか?『ホーム・アローン』のヤミー!な”アレ”

(c)FOX

友達、家族、恋人など大切な人と一緒に見るのにぴったりなクリスマスにおすすめの映画『ホーム・アローン』シリーズ。何度見ても色褪せないこの名画、今年は是非、ケビン大好物のチーズピザを食べながら、見てくださいね。

Written by kinokonoki

このライターの他の記事はこちらから!

【おいしい映画】かわいい!北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

幼いころ、お隣さんの芝生が青く見えて、ことあるごとに「どうしてうちは違うの?」なんて言って、「よそはよそ、うちはうち!」とあしらわれていました。特にほかのご家庭のごはんは、見えないけれどおいしそうな香りだけがしてきて、なんだかキラキラと輝く特別なもののように思えて羨ましかったのです。
そんな幼かったころの記憶を思い出すような、ちょっと懐かしい気分にさせてくれるのが フィンランドの国民的児童文学の一つ、「ヘイナとトッスの物語」シリーズの8作目を元にして作られた「ヘイフラワーとキルトシュー」。なんともかわいらしく、のんびりとした穏やかな北欧映画です。

(C)Kinotaurus.OY

もうすぐ小学生になる真面目でしっかり者のやさしい姉・ヘイフラワーと、わがままでおてんばな妹・キルトシュー 。日本で言うとジブリの「となりのトトロ」に出てくるサツキとメイのような姉妹です。苦手な家事に悩むお母さんと、植物学者のお父さんの4人家族。一家の大黒柱であるパパは毎日ジャガイモの研究ばかり。一家の食卓には毎日、庭の畑で採れたジャガイモが並びます。

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

(C)Kinotaurus.OY

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

(C)Kinotaurus.OY

毎日毎日、おイモ、おイモ、おイモ!

いつものようにジャガイモが食卓に並ぶと、妹のキルトシューはそれが気に食わない様子。「毎日おイモばっかり!スパゲティーが食べたい!おイモはいや!」とわがままを言います。
「とれたてのおいしいおイモだよ?」「おイモを食べないと大きくなれないぞ?」「おイモの皮がむけないと、学校に行けないよ?」「いや、でもジャガイモの栄養素は皮のすぐ近くにたっぷりあるんだが……」なんてことを言うパパ。頭の中はいつでもジャガイモのことでいっぱいです。日本で言う、「ごはん(お米)を食べないと立派な大人になれないぞ?」に近いイメージでしょうか?

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

(C)Kinotaurus.OY

どうしてもお隣さん家のごはんが食べたい!

そんなある日、もちろんこの日もメインディッシュはジャガイモ。料理が下手なママのせいで食卓はますますおイモ一色に……。妹のキルトシューは「もうこんな家やだ!お隣さんの家に行ってスパゲティーを食べる!お隣さんの子になる!!」と叫び、とうとう家を飛び出てしまいます。

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

(C)Kinotaurus.OY

心配で追いかけていったヘイフラワーも一緒になって、お隣さんの双子姉妹のお家で大量のスパゲティーをご馳走になるのでした。子どもがスパゲティーを食べる姿って、ソースが口の周りに付いたりこぼしたりときれいな訳ではないですが、勢いよく無心で食べていて、おいしそうに見えてしまいます。

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

(C)Kinotaurus.OY

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

(C)Kinotaurus.OY

童心に帰って心が穏やかになる?!パン生地セラピーとは?

「私たちが普通の家族になれますように」と神様に願い、我慢をしたり手助けをしたりと一生懸命なヘイフラワーでしたが、ジャガイモのせいで(?)家族の心はどんどんすれ違っていきます。いつも我慢をしてお利口さんにしていたヘイフラワーは何もかもがイヤになり、家族と口をきくこともできなくなってしまいます。夢にまで巨大なジャガイモが出てきてうなされてしまうほど…。

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

(C)Kinotaurus.OY

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

(C)Kinotaurus.OY

そんなヘイフラワーに、スパゲティーでお馴染みのお隣さん姉妹は「パン生地セラピー」を試します。「パン生地セラピー」とは、大きなバケツに入ったカラフルなパン生地を好きなように触ったり、粘土のように遊んでみたりして心を解放するセラピーのこと(架空のセラピーです)。ヘイフラワーはこのカラフルなパン生地と触れ合い、途中から一緒にセラピーに参加した家族と少しずつ打ち解けていきます。このとても楽しそうなシーン(実際には真夏の4日間にわたる過酷な撮影だったそうです)を見ていると、パン生地セラピーって本当に効果がありそうな気がしてきます……。

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

(C)Kinotaurus.OY

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

(C)Kinotaurus.OY

料理が苦手なお母さんに教えたい、「ジャガイモだけどパン」なレシピ

この映画に登場するお母さんみたいに料理が苦手でも、簡単にできるジャガイモを使ったフィンランド料理はないのだろうか。悶々としながら探してみると……ありました!

【おいしい映画】かわいい♡北欧のとある一家は、ジャガイモで家庭崩壊の危機!

ジャガイモで作るパン「ペルナリエスカ」はフィンランドの北部・ラップランド地方発祥の、フィンランドの国民食だそう。「ペルナ」はジャガイモ、「リエスカ」は平たいパンという意味です。
作り方は本当に簡単!パンだけど発酵やらイーストやら、細かいことは気にしなくてOKなレシピです。

<材料>
・ 茹でたジャガイモ・・・・・・200g
・ 牛乳・・・・・・・80ml
・ 溶き卵・・・・・・1個分
・ 小麦粉・・・・・・100g
・ 塩・・・・・・少々

<作り方>

茹でたジャガイモの皮を剥き、潰してなめらかに。
牛乳、溶き卵、塩、小麦粉を加えて均一になるよう、よく混ぜる。
(べとついているので生地っぽくないですが、これがおいしさの秘訣です)
オーブンを余熱している間に、スプーンなどですくった生地をクッキングシートの上に置き、打ち粉をして食べやすい大きさに整える。
フォークなどを刺して表面に穴を開け、オーブンに入れ、焦げ目がつくまで焼いたらできあがり
フィンランドでは、そのままはもちろん、焼きたてにバターを塗ったりオープンサンドにして食べたりするそうです。

ジャガイモが好きな方もそうでない方も、この映画を観たら、きっとジャガイモが食べたくなるはず!
その時は、是非 「ペルナリエスカ」を作ってみてくださいね。

Written by ほっしー

このライターの他の記事はこちらから!

ページトップ