ヤミー!-自己満足 食・文化メディア

秘密のお料理代行屋の主人公が謎を解くコージーミステリ 事件の鍵はチリコンカン

コージー・ミステリー『秘密のお料理代行① そのお鍋、押収します!』

コージー・ミステリーという小説のジャンルをご存じでしょうか?ミステリーなので、事件が起こって主人公がそれを解決するのですが、その主人公が「近所のおばちゃん」「好奇心旺盛なおねえさん」だったりするのが特徴です。代表的な作品はアガサ・クリスティーの『ミス・マープル』だといえば、ピンとくる方も多いと思います。暴力的な表現が少なく、恋愛要素や、お料理に絡ませた作品も多いので、気軽に読んで楽しめるジャンルの小説なんです。
そんなコージー・ミステリー作品の一つ、『秘密のお料理代行① そのお鍋、押収します!』では、“秘密のお料理代行”を仕事としている主人公・ライラが、事件に巻き込まれていきます。

“秘密のお料理代行”とは、お客の依頼によって、その人が作ったように見せかけた料理をライラが作り、こっそり納品するケータリング業のこと。そのお客の一人、ペット・グランディに納品した「チリコンカン」が今回の事件のきっかけになります。なんと、「チリコンカン」を食べた女性が急に倒れて死んでしまうのです。自分が作った料理だけど、ペットの名誉のためにそれを明かすことが出来ないライラ。惹かれ合っているイケメンな担当刑事・ジェイにも事実を言えないことに、さらに後ろめたさも感じて…。と、そんな感じでライラはいつの間にか事件解決のために奮闘している、といったストーリーです。

秘密のお料理代行屋さんの主人公が謎を解くコージーミステリ 事件の鍵はチリコンカン

声に出して言いたくなる料理「チリコンカン」

ライラは小説内でいろいろなおいしそうなお料理を作っていますが、やはり事件のきっかけとなった「チリコンカン」が気になります!毒入りは勘弁ですが。

Chirikonkan

「チリコンカン」、その存在は知っていたし、だいぶ以前になんちゃってチリコンカンは作ったこともありましたが、本格的なものはまだ食べたことがありません。そもそもチリコンカンってどこの料理屋さんに行けば食べられるんでしょう。
訳者あとがきによると、チリコンカンは“テキサス生まれのメキシコ料理”だそう。普通に南米の料理なんだろうと思っていた私はびっくりしました。アメリカで生まれたお料理なんですね!“アメリカの国民食”である、チリコンカンは“日本の家庭で作るカレーのようなもの”という説明が、アメリカにおける「チリコンカン」の存在感を分かりやすくしてくれています。

mexican chili con carne

ますます食べたくなるぞ!チリコンカン!

作中、ペットの作るチリコンカンは地域の人みんなを虜にしている、と書かれています。(本当はライラが作っているのですが。)もともと、アメリカ人に絶大なる人気を誇る「チリコンカン」なのに、ライラの作るチリコンカンは、よほど美味しいんでしょうね。うーん、ますます食べたい!

Spicy Homemade Chili Con Carne Soup

実は、巻末にライラのレシピ集が収録されており、もちろんチリコンカンのレシピも掲載されています。おお、作ってみようかなと思ってはみたものの、材料を見て断念。到底、我が家のキッチンにある材料では作れず、材料を揃えるだけですごい出費になりそうです。調理器具にしても、ダッチオーブンとかターキーベイスターとか無いので、どうすればいいんだろうという感じ。
ネットで検索すれば、日本仕様に作りやすくなったチリコンカンのレシピは見つかりますが、やっぱり本場のチリコンカンが食べたい!チリコンカンが食べられるお店を探しても、「チリコンカン風」が多いですし…。
“アメリカの国民食”と言われるほど、あちらではポピュラーなお料理なのに、日本では簡単にその味を楽しめないなんて…本場アメリカの味「チリコンカン」を日本で探す道は、なかなか険しいようです。

Written by フジイ

過去のランキングはこちらから!

  • マンガ飯
  • 映画に出てくるおいしいものたち
  • おいしいnovel
  • overseasのごはん事情
  • お酒の話
  • フェス飯・イベント飯
ページトップ