ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

脳で感じる【おいしい絵本】おいしくてなつかしい、おばあちゃんの台所

みなさんには、「おばあちゃんのうち」がありますか?

お盆やお正月に親戚が集まる‘いなか’だったり、親が仕事や用事で出かけるときに、ちょこっと子どもたちをあずかってもらう近くの ‘じっか’だったり。

多くの人にとって、きっとなつかしい「おばあちゃん(おじいちゃん)のうち」の記憶が、おだやかによみがえる絵本を見つけました。

工藤ノリコ作『ピヨピヨ おばあちゃんのうち』(佼成出版社)。主人公は5羽のヒヨコのきょうだいです。

piyopiyo_01

ピヨピヨ おばあちゃんのうち
工藤ノリコ(佼成出版社)

タラコくちびるのキャラクターたち

作者の工藤ノリコさんは、子どもだけでなく若い女性、海外では台湾でも人気の絵本作家さん。「ピヨピヨシリーズ」以外にもたくさん絵本を出されていて、食事のシーンがよく出てきます。もちろん描かれている食べものは、すべておいしそう。パソコンではなく色鉛筆や水彩絵具を使って描いているので、透明感かつ厚みがある、味わい深い絵を楽しむことができます。描かれた食べものは、その味や香りがじわじわ〜〜っと伝わってきて……ヤミつきになることまちがいなし。

この「ピヨピヨシリーズ」、登場するキャラクターが、ほぼ全員タラコくちびるなんです!ネコやコウモリ、さらには魚や虫までタラコくちびるで表現できるなんて……すごい。(ちなみに、タコとゾウはタラコくちびるではありませんでした)

味って、脳で感じているのですね

きょうは両親(ニワトリ)がふたりでおでかけ。5羽のヒヨコたちはその間、おばあちゃんのうちでお留守番します。

piyopiyo_02_02

ピヨピヨ おばあちゃんのうち
工藤ノリコ(佼成出版社)

ヒヨコたちは庭のさくらんぼとシソをつんで、台所へ。おばあちゃんは大きなおなべを出してきて、シソを煮てジュースにします。シソジュースを冷やしている間、白玉だんごを丸めてゆでて、フルーツポンチをつくります。

piyopiyo_03

ピヨピヨ おばあちゃんのうち
工藤ノリコ(佼成出版社)

……っていうだけなのに! もう全部が全部、おいしそう!

太陽の光にきらきらと輝くサクランボは、つまんですぐ口にいれたくなるような色つや。(つんだばかりのサクランボって、冷やさなくてもおいしい)

シソがジュースになったときの鮮やかなむらさき色を見ていると、さわやかな酸味が口いっぱいに広がります。

フルーツポンチには、編み目がなくてまんまるの、庶民的なプリンスメロン。ヒヨコたちがお手伝いしてカットしたバナナも入っていますね。ああ、安心できる庶民のデザート。

piyopiyo_04_02

ピヨピヨ おばあちゃんのうち
工藤ノリコ(佼成出版社)

氷水で冷やしている小鍋には、フルーツポンチ用のシロップ。きっとおばあちゃんが手早くつくっておいたのですね。お水と白砂糖だけの、やさしい甘みのシロップ。

絵本を眺めているだけなのに……脳にしみこんだ‘おいしい記憶’のおかげで、何度も幸せな気分を味わえます。

ぐっとくる昭和の台所用品

アルミの大きな両手鍋、鍋の下に敷いた新聞、赤や青の格子柄のふきん、花柄のポット……。古道具ほどレトロではなく、淡いなつかしさを感じる台所の風景があります。近所のスーパーや金物屋で売っていて、昭和の時代におばあちゃんの台所にやってきた、ただ長く使っているだけの、あたりまえの道具の愛らしさよ!

こうして細部が楽しめるのも、すみずみまでていねいに描かれた絵本の醍醐味ですね。なつかしさやおいしい記憶だけでなく、ぜいたくな時間までもがつまった一冊です。

Written by obaya

  • マンガ飯
  • 映画に出てくるおいしいものたち
  • おいしいnovel
  • overseasのごはん事情
  • お酒の話
  • フェス飯・イベント飯
ページトップ