ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

脳で感じる【おいしい絵本】おいしくてなつかしい、おばあちゃんの台所

みなさんには、「おばあちゃんのうち」がありますか?

お盆やお正月に親戚が集まる‘いなか’だったり、親が仕事や用事で出かけるときに、ちょこっと子どもたちをあずかってもらう近くの ‘じっか’だったり。

多くの人にとって、きっとなつかしい「おばあちゃん(おじいちゃん)のうち」の記憶が、おだやかによみがえる絵本を見つけました。

工藤ノリコ作『ピヨピヨ おばあちゃんのうち』(佼成出版社)。主人公は5羽のヒヨコのきょうだいです。

piyopiyo_01

ピヨピヨ おばあちゃんのうち
工藤ノリコ(佼成出版社)

タラコくちびるのキャラクターたち

作者の工藤ノリコさんは、子どもだけでなく若い女性、海外では台湾でも人気の絵本作家さん。「ピヨピヨシリーズ」以外にもたくさん絵本を出されていて、食事のシーンがよく出てきます。もちろん描かれている食べものは、すべておいしそう。パソコンではなく色鉛筆や水彩絵具を使って描いているので、透明感かつ厚みがある、味わい深い絵を楽しむことができます。描かれた食べものは、その味や香りがじわじわ〜〜っと伝わってきて……ヤミつきになることまちがいなし。

この「ピヨピヨシリーズ」、登場するキャラクターが、ほぼ全員タラコくちびるなんです!ネコやコウモリ、さらには魚や虫までタラコくちびるで表現できるなんて……すごい。(ちなみに、タコとゾウはタラコくちびるではありませんでした)

味って、脳で感じているのですね

きょうは両親(ニワトリ)がふたりでおでかけ。5羽のヒヨコたちはその間、おばあちゃんのうちでお留守番します。

piyopiyo_02_02

ピヨピヨ おばあちゃんのうち
工藤ノリコ(佼成出版社)

ヒヨコたちは庭のさくらんぼとシソをつんで、台所へ。おばあちゃんは大きなおなべを出してきて、シソを煮てジュースにします。シソジュースを冷やしている間、白玉だんごを丸めてゆでて、フルーツポンチをつくります。

piyopiyo_03

ピヨピヨ おばあちゃんのうち
工藤ノリコ(佼成出版社)

……っていうだけなのに! もう全部が全部、おいしそう!

太陽の光にきらきらと輝くサクランボは、つまんですぐ口にいれたくなるような色つや。(つんだばかりのサクランボって、冷やさなくてもおいしい)

シソがジュースになったときの鮮やかなむらさき色を見ていると、さわやかな酸味が口いっぱいに広がります。

フルーツポンチには、編み目がなくてまんまるの、庶民的なプリンスメロン。ヒヨコたちがお手伝いしてカットしたバナナも入っていますね。ああ、安心できる庶民のデザート。

piyopiyo_04_02

ピヨピヨ おばあちゃんのうち
工藤ノリコ(佼成出版社)

氷水で冷やしている小鍋には、フルーツポンチ用のシロップ。きっとおばあちゃんが手早くつくっておいたのですね。お水と白砂糖だけの、やさしい甘みのシロップ。

絵本を眺めているだけなのに……脳にしみこんだ‘おいしい記憶’のおかげで、何度も幸せな気分を味わえます。

ぐっとくる昭和の台所用品

アルミの大きな両手鍋、鍋の下に敷いた新聞、赤や青の格子柄のふきん、花柄のポット……。古道具ほどレトロではなく、淡いなつかしさを感じる台所の風景があります。近所のスーパーや金物屋で売っていて、昭和の時代におばあちゃんの台所にやってきた、ただ長く使っているだけの、あたりまえの道具の愛らしさよ!

こうして細部が楽しめるのも、すみずみまでていねいに描かれた絵本の醍醐味ですね。なつかしさやおいしい記憶だけでなく、ぜいたくな時間までもがつまった一冊です。

Written by obaya

関連記事

【バレンタインに読みたい絵本】幸せを運ぶ、甘い甘いチョコレートのお話

【バレンタインに読みたい絵本】幸せを運ぶ、甘い甘いチョコレートのお話

さーて、今年はだれにあげる?

お年ごろのみなさんはソワソワする季節となりました。2月14日はバレンタインデー。好きな人や恋人・夫婦に限らず、義理チョコや友チョコ、自分チョコなど、さまざまな口実でおいしいチョコを食べちゃおうという日。
デパートや百貨店には特設会場もでき、試食ができるお店にはたくさんの人が群がっています。休憩所にはチョコレートメーカーのアイスクリームやドリンクコーナーがあることも。海外メーカーの商品も豊富で、可愛くてゴージャスなパッケージの箱や缶を見ると欲しくなって、つい手がのびてしまいます。

【バレンタインに読みたい絵本】幸せを運ぶ、甘い甘いチョコレートのお話

初めての手づくりチョコレート

初めて手づくりチョコレートを作ったのは、みなさん小学校高学年の頃でしょうか。初恋も同じくらいの時期で、お家の人に手伝ってもらったり、友だちと集まったりして、大騒ぎして作った記憶があるのでは?
チョコレートの固まりを削って、湯煎にかけて、アルミの型に入れて固めて……暖房の効いた部屋だと削っているそばからチョコレートが溶けはじめて、エプロンやふきんがベッタベタに……。微笑ましい思い出
近ごろは石臼のような道具でカカオ豆を挽くところから作る手づくりチョコレートもあるそうです。これで意中の人を落とせなかったら、チョコレートのやけ食いをしそうですね!

【バレンタインに読みたい絵本】幸せを運ぶ、甘い甘いチョコレートのお話

幸せな気持ちになるチョコレート

じつは筆者は甘いものがあまり得意ではありません。いい大人になってからは、バレンタインデーに贈るのも、チョコレートではなくお酒のことが多くなりました。
それでもこのシーズン、チョコレートの専門店をのぞいたり、さまざまな味や形のチョコレートを眺めるのは大好き。
ドライフルーツやナッツ、クリームやお酒が入っていたり。味だけでなく形や装飾もさまざまで、みんな可愛い。価格はピンキリではありますが、ほぼ一つ数百円、そしてたったひと粒で、幸せな気持ちでいっぱいになるお菓子ってすごいなあと思います。

【バレンタインに読みたい絵本】幸せを運ぶ、甘い甘いチョコレートのお話

絵本『チョコレート屋のねこ』(スー・ステイントン=文 アン・モーティマー=絵 中川千尋=訳 ほるぷ出版)は、そんなお話。

猫がしかけたチョコレートの魔法

小さな村の流行らないチョコレート屋さんに、気むずかしいおじいさんと猫が暮らしていました。ある日おじいさんが思いつきで作った、しっぽにピンクの砂糖をまぶしたねずみの形のチョコレートを猫がひとかじりしてみたら……ひげと前足が勝手に動くほどのおいしさ! ねこは村の人にも教えたいと、ある作戦を思いつきます。
ねこは最初に、ねずみのチョコレートをこっそり八百屋さんに置きに行きました。それを食べた八百屋さんはおいしさにびっくり。おじいさんのところに駆け込んで、自分の店のフルーツとのコラボチョコレートを提案します。
こんな調子で、ねこはいろんなお店にねずみのチョコレートをしのばせて、次々とおいしそうな新作コラボチョコレートが誕生するのです。チェリーボンボン、チョコレートケーキ、ホットチョコレート……アン・モーティマーの、猫の毛並みやチョコレートのつややかさまで描ききった絵から、ふわっと甘い香りが漂ってくるようです。

おじいさんの笑顔がもどってくる頃には、読者の心も幸せな気持ちで満たされていることでしょう。人の心まで動かしてしまうチョコレートの魔法。2月14日は、魔法の力をみんなが持つ日なのかもしれませんね。

【バレンタインに読みたい絵本】幸せを運ぶ、甘い甘いチョコレートのお話

Written by obaya

過去のランキングはこちらから!

【おいしい小説】子供の頃にした?『きりこについて』独特過ぎる白玉の食べ方

【おいしい小説】子供の頃にした?『きりこについて』独特過ぎる白玉の食べ方

相当“ぶす”な女の子「きりこ」のお話『きりこについて』

『きりこについて』の主人公は相当“ぶす”な女の子「きりこ」。どのくらい“ぶす”かというと、本文の中で“ぶす”という文字にボールド(太字)がかかるくらい“ぶす”なのです。“ブス”ではなく“ぶす”とひらがな表記にしているところにも、きりこの“ぶす”さ加減が表れているような気がします。

著者の西加奈子が書くのは、“ぶす”なきりこの少女時代から20代半ばまで。かなり意外な結末と想像通りな結末が、ごちゃ混ぜになった様な不思議な本なのです。

小学生きりこの好物「白玉」

きりこが小学生時代にこよなく愛する食べ物が「白玉」です。

【おいしい小説】子供の頃にした?『きりこについて』独特過ぎる白玉の食べ方

どのくらい好きかというのは、給食に白玉が登場した時の説明がすべてを物語っています。

口に含み、噛まずに、舌の下や奥歯と頬の間で慈しみ、五限目が始まる頃まで置いておくことが、きりこにとって至上の喜びであった。

…なんとなく、美しい日本語で書かれていて騙されそうになりますが、きりこの白玉の食べ方、きたない!!
さらに、口の中にある白玉を友だちに見せびらかすなんてことも、やらかしています。

時間が経ってもなお張りを失わない、白玉のエロティックな、舌触り!

って、さすがの表現というか、白玉のエロティックさに、思わず「そうか」と納得しそうになりましたが、これ、自分の子どもがしていたら、確実に叱りつけるヤツだわ!と思いながら読んでいました。

【おいしい小説】子供の頃にした?『きりこについて』独特過ぎる白玉の食べ方

相棒の猫・ラムセス2世との出会いのきっかけが、白玉

きりこは白玉が給食として出たある日、白玉に夢中になり過ぎて、昼休みに皆に「シロツメクサ摘み」をやろうと言おうと思っていたのに、出遅れてしまいます。
きりこが気づいた時には、皆は運動場で「長縄跳び」をしていたのです。
長縄跳びをしている皆に「シロツメクサ摘みやろうや!」(きりこは関西弁です)と言いに行くわけですが、皆は長縄跳びに夢中で聞いてくれません。
そこで、思わず大声を出してしまい、案の定大切な白玉がポンと口から出てしまいます。

うちの可愛い可愛い、白玉……。

と打ちひしがれたきりこは涙をこらえながら、こういうのです。

お墓に埋めたるわな。

そこまで溺愛されているとは!何て幸せな白玉でしょうか。
私なら、落とした白玉のお墓を作るなんて、思いつきもしません。
きたない!とか思って申し訳ない気持ちになりました。
まぁ、その直後、お墓を作ろうと体育館裏に移動したきりこは、後に大切な相棒となる猫の「ラムセス2世」と出会い、

白玉をぽいっと、地面に投げ捨てた。

わけですが。

【おいしい小説】子供の頃にした?『きりこについて』独特過ぎる白玉の食べ方

これは、愛してやまない白玉を投げ捨てることで、ラムセス2世との出会いの衝撃を表現しているのか、ただ単に「大好きな白玉を落としてしまって、かわいそうな自分」の世界から目を醒ましただけなのかは分かりませんが、きりこにとって白玉はかけがえのない相棒と出会うきっかけになった食べ物であることは間違いありません。

その食べ方、そういえばしてたわ!

子どもがしてたら叱る、といいましたが、自分の好きな食べ物をずっと口に含む食べ方って、子どもの頃しませんでしたか?
思い起こせば子どもの頃、私はアーモンドチョコレートのアーモンドをずっと口に含んでいました。
我が家の子どもたちはグミで実行しています。
見つけ次第、注意しますが、いっこうに直る気配はありません。
自分も思い当たる節がありすぎるので、あまり強くも言えないですよね。
今度からは、大好きな食べ物の味をずっと感じていたいんだな、と大きな心で見守っておきます。
そして、もし口からポロリと落としてしまったら、いっしょにお墓を作ってあげようと思います。

Written by フジイ

このライターの他の記事はこちらから!

【おいしい絵本】色とりどりのケーキが並ぶ、動物達のおちゃかいへようこそ!

【おいしい絵本】色とりどりのケーキが並ぶ、動物達のおちゃかいへようこそ!

お茶会はマダムの時間?

お茶会ティーパーティー。なんだかとっても素敵な響きですよね。
この言葉から頭に浮かぶのは、マダムたちが高価なティーカップを片手に、きゃしゃな焼き菓子をつまみながら、くすくす、うふふと談笑している…そんな典型的なイメージでしょうか。
日本人にはあまりなじみがない言葉のようだけれど、ちょっとおやつを買ってお友達の家へ…なんてことはよくありますよね。

【おいしい絵本】色とりどりのケーキが並ぶ、動物達のおちゃかいへようこそ!

お持たせは、おせんべいで決まり

訪問先の人と一緒にいただくために持参するお土産を「お持たせ」なんて言いますよね。
私はいつも、どんなお持たせにしようか悩みます。
よく知った友達ならいいけれど、初めてのお家や初対面の方も一緒になるときはとくに。
苦手なものや、とくにアレルギーはないか考えて、最終的に、おせんべいになることが多いです。

【おいしい絵本】色とりどりのケーキが並ぶ、動物達のおちゃかいへようこそ!

アレルギーの多い乳製品や卵を使っていないかチェックして、もし苦手だったとしても他の人におすそわけできるよう、日持ちがして個別包装のものを選びます。
色とりどりのクッキーやチョコレートなど洋菓子のほうが、包装がかわいくて見栄えがするような気もするのだけれど。
最近は和菓子のパッケージもおもしろいデザインが増えてきて、選択肢も増えました。

お使いのときは、森をぬけて

お持たせもおしゃべりも楽しいお茶会だけれど、知らない人だらけのお茶会にまじってしまったら……。作者はそんなことを想像して、この絵本を描いたのでしょうか。

主人公の「きっこちゃん」は、森のむこうのおばあちゃんの家に、ケーキを届けにお使いをたのまれます。あれ?どこかで聞いたようなお話ですね。この子は赤いフードではなく、赤いぼうしをかぶっていますが。

きっこちゃんは、無事オオカミに出会うことなく森をすすんでいきます。ところが突然森の中に現れた見知らぬお屋敷、窓の外から中をのぞくと……

もりのおくのおちゃかいへ』みやこしあきこ/偕成社

お茶会の主役は…

お茶会のシーンは、まさにこの絵本の見どころ。きっこちゃんが部屋の扉を開けたとき、お茶会をはじめようとしていた動物たちが、いっせいにこちらを振り向きます。
その動物たちの表情ったらありません。
作者のみやこしあきこさんは、鉛筆木炭で描くことを得意とする作家さん。
彼女の描く動物は、けものの香りを残しながら、最小限の擬人化により、表情がとてもゆたか

【おいしい絵本】色とりどりのケーキが並ぶ、動物達のおちゃかいへようこそ!

『もりのおくのおちゃかいへ』みやこしあきこ/偕成社

そしてページをめくると…テーブルには色とりどりのケーキやタルト!これまでのページがモノクロを基調にしてすすんでいくので、思わず「うわあ!」と目が見開きます。この絵本を読んだ子どもたちの記憶にも焼き付くシーンではないでしょうか。

【おいしい絵本】色とりどりのケーキが並ぶ、動物達のおちゃかいへようこそ!

『もりのおくのおちゃかいへ』みやこしあきこ/偕成社

お持たせはおせんべいにかぎると思っていましたが、やっぱりフルーツ飾りのついた可愛い洋菓子はお茶会の主役。テーブルも気持ちもはなやかになりますね。

Written by obaya

このライターの他の記事はこちらから!

【おいしい絵本】みんな大好き!秋の味覚・焼きいもとおならの絵本?

yakiimo_suruzo_07

のどかなおじさんの声につられて…

「♪い〜しや〜きいも〜〜や〜きたて〜♪」  みなさんの家の近所には、焼きいも屋さんはやって来ますか?
肌寒くなってくると、うちの近所には毎年軽トラックで焼きいも売りのおじさんが、メロディにのせたアナウンスとともに路上販売にやって来ます。
運転席のおじさんとアナウンスのおじさんは違う人だけれど、毎年こののどかな声を聞くと、いてもたってもいられなくなります。
小銭をにぎって外に出て、軽トラックにかけよりたい!

【おいしい絵本】みんな大好き!秋の味覚・焼きいもとおならの絵本?

女はイモクリナンキンが好き

秋の味覚、サツマイモ・栗・カボチャは女性の大好物と言われるけれど、私はあまり好きではありませんでした。
口のなかでモソモソするし、おかずには甘いし、自分ですすんで食べることはほとんどなかったのですが……。
数年前、初めて移動販売の石焼きいもを食べて、ガツンと衝撃を受けました。
サツマイモって、こんなに美味しかったのですね!
口のなかで、おいもの甘みがしっとりと広がって……
もっと早く食べるべきだったと後悔しました。

【おいしい絵本】みんな大好き!秋の味覚・焼きいもとおならの絵本?

おいしい焼きいもをつくるには?

田舎暮しの人や家に暖炉がある人なら、自分で焼きいもをした経験があると思います。
サツマイモを洗って、濡らした新聞紙で巻いてから、アルミホイルに包んで、落ち葉焚きや暖炉の中へ。
しばらくするとホクホクの焼きいものできあがり。
バターハチミツをつけて食べてもいいですね。
遠火でじわじわ焼くのがおいしさのコツですが、一般家庭だと、なかなかそうもいきません。
オーブントースターやガスコンロでこんがりと焼くのもいいけれど、しっとり感を出すのは難しい。
いっそ蒸し器でふかしいもにするのが、いいかもしれません。
意外においしかったのが、コンビニエンスストアで店頭販売している焼きいも。
焼きいも屋さんの味には届かないかもしれないけれど、試しに買ってみたらなかなかのお味でした。

【おいしい絵本】みんな大好き!秋の味覚・焼きいもとおならの絵本?

焼きいもを食べたあとは……そう、お・な・ら!

食べものの話をしながらナンですが、焼きいもにおならはつきもの。
なんてったって食物繊維たっぷりで、便秘がちの人に最もおすすめの食材のひとつなのですから。
恥ずかしい思いをしたくないのなら、焼きいもは一人で家でいるときにいただくのが吉。
でも、おならなんか気にしないで、お腹いっぱい焼きいもを食べてみたい……
そんな焼きいもとおならの楽しい関係の絵本を見つけました。

『やきいもするぞ』
おくはら ゆめ / ゴブリン書房

焼きいもとおならの楽しい絵本

おくはらゆめ『やきいもするぞ』(ゴブリン書房)は、小さな絵本専門の出版社から出ている絵本です。
「やきいもするぞ」とリスが言うと、イノシシ、クマなど森の動物たちは「エイエイオー!」と大賛成。
おいもを掘って、落ち葉を集めて火をつけて、パチパチと焼いて……
たくさんの焼きいもができあがります。

【おいしい絵本】みんな大好き!秋の味覚・焼きいもとおならの絵本?

『やきいもするぞ』
おくはら ゆめ / ゴブリン書房

焼きいもをお腹いっぱい食べたあとは、さあ、おなら大会のはじまり。
かわいいおなら、元気なおなら、踊りたくなるおなら等々、いろんな動物が、いろんな音のおならを披露してくれます。
最後はおいもの神様まで登場して……
子どもも大ウケするにちがいありません。

【おいしい絵本】みんな大好き!秋の味覚・焼きいもとおならの絵本?

『やきいもするぞ』
おくはら ゆめ / ゴブリン書房

おくはらゆめさんの可愛らしくてのびやかな絵と、動物たちの生き生きした表情が楽しい一冊です。
おならまで楽しめてしまう仲間たちと、焼きいもを思うぞんぶん食べられたらいいのになあ〜。

【おいしい絵本】みんな大好き!秋の味覚・焼きいもとおならの絵本?

『やきいもするぞ』
おくはら ゆめ / ゴブリン書房

Written by obaya

このライターの他の記事はこちらから!

ページトップ