by ヤミー!-自己満足 食・文化メディア
ヤミー!2016年の人気記事ランキング

【シリーズ京都パン屋巡り】種類豊富なサンドイッチ!ベーグル専門店Radio Bagel

【シリーズ京都パン屋巡り】種類豊富なサンドイッチ!ベーグル専門店Radio Bagel

シリーズ京都パン屋巡り。今回伺ったのは、ベーグル専門店の「Radio Bagel(レディオベーグル)」さん。ベーグル専門店は数あれど、Radio Bagel(以後敬称略)のベーグルはダントツでおいしいと評判のお店なのです。

手づくり市出身のお店は、深泥池すぐそばに。

【シリーズ京都パン屋巡り】種類豊富なサンドイッチ!ベーグル専門店Radio Bagel

Radio Bagel(以後敬称略)は、地下鉄烏丸線の北山駅から徒歩10分弱の場所にあるベーグル専門店。下鴨中通から住宅街の路地に入り、何店舗か軒を連ねた一番奥。住宅街と山に囲まれ、そばには深泥池という池がある静かな場所です。
Radio Bagelは手づくり市出身のパン屋さん。京都ではほぼ毎週末どこかで手づくり市と呼ばれる参加者が手づくりの雑貨やお菓子などを売るイベントが開催されています。手づくり市出身のパン屋さんやケーキ屋さんは意外と多く見かけますので、登竜門のような場になっているのかもしれませんね。

【シリーズ京都パン屋巡り】種類豊富なサンドイッチ!ベーグル専門店Radio Bagel

店内はおしゃれでありながら、落ち着く雰囲気。イートインスペースもあり、小さなテーブル席が3つあります。ドリンクも各種販売しているので、来店するとたいていお客さんがこのスペースでベーグルをほおばっています。朝8時開店なので、朝ごはんにもおすすめ。

【シリーズ京都パン屋巡り】種類豊富なサンドイッチ!ベーグル専門店Radio Bagel

この日はもう残り少なめでしたが、ショーケースには、ベーグルがずらり。閉店時間は17時なのですが、閉店時間より前にベーグルが売り切れてしまう日もあるそう。予約も受け付けているようなので、遠方から訪れる場合は予約しておいた方が安心かもしれません。私がうかがった時も予約で10個購入していたお客さんがいました。すごい!
ベーグルをそのまま購入してもよいのですが、おすすめはサンドイッチです。週ごとにメニューが変わり、期間限定のものもあるので毎回楽しみにしています。

【シリーズ京都パン屋巡り】種類豊富なサンドイッチ!ベーグル専門店Radio Bagel

この日のサンドイッチのメニューがこちら。
ベーグルとクリームチーズのベーシックな「シンプルサンド」も良いのですが、やっぱりガッツリ系がおいしそう!
「3種のキノコとチーズスクランブルエッグ」は秋限定。この季節だけなので、こちらを選んでみました。昼食を買いについてきた夫もガッツリ系で「ベーコンエッグ&チーズ」をチョイス。ベーグルは先ほどのショーケースから好きなものを選ぶのですが、ここは無難に「プレーン」にしました。正直クルミやオニオンも気になっていましたが…。
持ち帰り時間が短い場合はベーグルを軽くトーストしてくれます。イートインもいいのですが、歩いて15分くらいのところに府立植物園があるので、そこでピクニックをするのもおすすめです。

いただきます。

私は今回も帰宅後いただきました!

【シリーズ京都パン屋巡り】種類豊富なサンドイッチ!ベーグル専門店Radio Bagel

見分けがつくように、スタンプが押してありました。キノコかわいすぎです。

【シリーズ京都パン屋巡り】種類豊富なサンドイッチ!ベーグル専門店Radio Bagel

「3種のキノコとチーズスクランブルエッグ」

具だくさんでしたが、ぺろりと食べちゃいました!しっかりと味のついたキノコたちが本当においしい!ベビーリーフのシャキシャキとろりとしたスクランブルエッグも絶妙なバランスです。
そしてなにより、ベーグルのもちもちパリパリな食感!硬すぎず、もちゃもちゃ。子どもでも噛みきれると思います。そして、プレーンだからこその素朴な味わい!やっぱり、ダントツにおいしいベーグルです。

【シリーズ京都パン屋巡り】種類豊富なサンドイッチ!ベーグル専門店Radio Bagel

「ベーコンエッグ&チーズ」

肉厚ベーコンチェダーチーズのアメリカンなルックスが食欲をそそります。大きい具がたくさん挟まっているので「食べづらい…」といいながらも、ガツガツ食べていました。食後は「お腹いっぱい」と満足そうにしていたので、男性でも十分にお腹を満たすことができるようです。ベーグルは腹持ちもいいので、お腹の満足度が高いですよね。

男性にも子どもにも愛されているお店。

店内のオシャレな雰囲気と「ベーグル」というアイテムから、若い女性客ばかりなのでは?と思うかもしれませんが、Radio Bagelは男性客も多いように感じます。ふらりと立ち寄って、イートインスペースでガッツリ系サンドイッチを食べている若い男性もいましたし、落ち着いた雰囲気のご夫婦がベーグルを購入していく場面もありました。
また、ママ友の間でも人気の高いお店でもあります。というのも、ベーグルの生地に動物性の材料が一切入っておらず、子どもも安心して食べることができるのです。

“基本の材料は北海道産小麦粉、三温糖、天日塩、イースト、水、の5種類。
(引用元:Radio Bagel

とのこと。ママに連れられて、Radio Bagelファンになった子どもも多いのです。

老若男女から愛されるRadio Bagelは、ベーグルにこだわりつつも、幅広いお味で楽しめる、ステキなお店でした。

Written by フジイ

このライターの他の記事はこちらから!

ページトップ