ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」

日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」

夏になると食べたくなるかき氷

日本の夏の風物詩、かき氷。今年何回食べましたか?
イチゴ、レモンなどの合成着色料のシロップに練乳という組み合わせ、山盛りの細かい氷
子供の頃は特別なものだと思っていました。
この味で育ってきた者にとってはこれで懐かしくおいしいものですよね。

日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」

暑くてかき氷が恋しくなるのは日本だけではありません!
当然、世界中にその土地独自のかき氷があるのです。
もちろんシロップやトッピングの具材も異なります。

「ハワイファイブオー」に登場するシェイブアイス、日本とちょっと違う

ハワイが舞台の刑事ドラマ「Hawaii Five-Oハワイファイブオー」に登場したシェイブアイス(かき氷)
「日本と違う!」と気になったので、ご紹介します!

日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」

シェイブアイスが出てきたのは、シーズン1エピソード7。
母親が殺され、父親は容疑者とされて逃走中。
保護された娘はショックと不安で元気がない。
そんな女の子を元気づけたいと、ファイブオーの女性刑事コノが声をかけて、シェイブアイスを食べに連れていきました。

まず「お腹すいてる?シェイブアイス食べに行かない?」とのセリフに、「えっ、お腹がすいたら食べるものなの?」と驚きました。
ハワイのシェイブアイスには、トッピングとして白玉やあずきが入るので、おやつ感覚なのかもしれません。

日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」

ハワイのシェイブアイスは、日本にはありえないほど種類が豊富なので、選ぶのを迷ってしまいます。
このシーンでコノが食べているのは「グレープ」です。

日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」

うーん、日本にもあってもよさそうだけど、めったにないですね。
「私はグレープが一番好きなの。なぜかって言うとね、ほら、舌が紫色になるから。」と舌を出して見せ、やっとこの女の子の笑顔を引き出したのでした。

日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」
日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」
関連記事

究極の飯テロ映画 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」 の魅力

漫画やドラマや映画の登場人物が食べているのを見て、

つい自分も深夜にラーメンをすすってしまった経験が皆、1度や2度あると思います。飯テロです。

様々な料理を扱った数多くの飯テロ作品がありますが、

本日紹介させていただくのは私のおすすめ飯テロ映画「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」 です。

 

監督はジョン・ファヴロー。アイアンマンの監督としても有名な方ですが、

そのジョン・ファヴローが監督のみならず脚本・制作・出演(!)も行っているという彼の才気が全編にあふれ出ている作品です。

監督が演じるフランス人料理シェフの“カール”がまたいい味のキャラクターをしています。

 

本当にオススメなので切実に一切ネタバレしたくないのですが、そうもいかないので最低限あらすじを説明すると、

頑固でプライドの高い一流フランス料理人のカールが諸事情により

キューバサンドイッチのフードトラックを始める…という内容になっています。

001

 

作品の前半でカールは由緒正しいフランス料理を作ります。

カールが調理するシーン、この時点で見ていてヨダレが溜まります(笑)

監督自らシェフに弟子入りして包丁さばきを演技のために勉強したようで

繊細な包丁さばきで紡がれていく料理を見ているだけで期待が高まっていきます。

監督をして演技をして包丁さばきを勉強する、監督の熱意に脱帽するばかりです。

 

この「フランス料理」はいわば映画の前哨戦なのですが、この時点で

「いや、コレで十分です!コレ食べたいです!」 とこの時点で唸らされる格調のある飯テロが画面で繰り広げられます。

 

オレンジ色のソースと緑色の野菜ソースがカラフルに絡み合う豚バラ肉のロースト

野菜をミキサーしたソースにラディッシュを添えた海老のグリル

そしてヒレ肉のステーキ…他にも美味しそうな料理が次々と登場します。

002

 

そして話が進み今度は一転して、カールはカジュアルなフードトラックでキューバサンドイッチを作り始めます。

先述したフランス料理に比べたら安価で庶民的な食べ物ですが

このキューバサンドイッチもまた調理シーンから我々の胃袋を掴みにやって来ます。

 

バター、オイルが溶けた熱々の鉄板でプレスされたサクサク焦げ目のついたパン。

それに絡みあうトロリと伸びるチーズ、スパイシーなマスタード、肉などの具材の旨味が

見ているだけで伝わってきて…とにかく美味しそうなんです。

003

サンドイッチを食べるお客さんが本当に嬉しそうで

「美味しいものを食べるって本当に幸せなことなんだな…」という気持ちにさせてくれます。

 

その後も紆余曲折あるのですが食事、料理シーンはもちろん、人間ドラマ、家族ドラマ、

カールのアクの強いが憎めないキャラクターが

繰り広げる怒涛の展開、どれをとってもとても魅力的な映画です。

 

この映画を見てよかった、また見たい、そんな幸せな気持ちになれる映画ですので

もし機会があったらぜひ一度見ていただきたいです。

Written by tori

他にも読みたい!海外ドラマのYUMMY FOODS他にも読みたい!海外ドラマのYUMMY FOODS

【燃えるかき氷?】夏を彩る変わったかき氷あれこれ【イカスミかき氷?】

先日、仕事中に不意に美味しいアイスクリームがどうしても食べたくなり、

アイス博物館という施設が中にある職場近くのテーマパークに久し振りに行ってきました。

ところがお目当ての博物館は数年前に閉鎖されていて目的のものは食べることが出来ず終い…。

悲しかったので夏の肝試しイベントで施設内を徘徊していたゾンビと一緒に写真を撮って帰ってきました。

 

お目当ての海水塩味バニラのカップアイスが食べられなかったショックを今も引きずっています。

塩味といっても、塩辛いわけではなく、ほんのりとした塩味がふんわりとした甘みを引き出していて

後口の残らない、さっぱりとした甘さが本当に絶品でして…。

一度、このアイスを食べると、もう他のバニラアイスは食べられません。

001

 

↑未だに食べたくて禁断症状に襲われています、通信販売では買えるのですが…。

 

終了してしまったアイス博物館ですが、本当に素晴らしい施設でした。

日本全国のカップアイスが計380種類、この海水バニラもそうですが、

変わった全国津々様々なカップアイスがこれでもか!と売られていました。

 

スタンダードなバニラ、チョコレート、ストロベリーの味のほか(スタンダードなものだと1つの味で20種類ほどあります)

とうもろこしアイス、味噌アイス、豆腐アイス、焼きそばアイス…と変わった味も多岐に富んでいて、

中にはまむしアイスというミキサーで砕かれたまむしが混ぜ込まれている、という恐ろしいアイスも売ってました。

カップ1つでなんとお値段は1000円近く…。

いつか食べたいと思っていたのに非常に残念です。

 

それからも海水バニラアイスとアイス博物館のことをずっと考えながら生活していたのですが、

ふと、かき氷にもあれだけの種類があるのかな?かき氷なら家で作れるし…と気になり色々と調べてみることにしました。

そうしたら面白いかき氷をたくさん発見したので今日はそれを紹介したいと思います。

002

 

まずは「焼き氷」。名前を聞くと冷たいのか熱いのか戸惑いますが

かき氷の上にアイスと砂糖とお酒が乗っていてそれにフランベのように火をつけ、火が消えたら食べる…というものだそうです。

明治時代初期に食べられたそうですが、通天閣100周年に伴い通天閣近くの喫茶店メニューとして復活。

東京でも吉祥寺にあるカフェで食べれるので気になる人は検索してみてください。

 

続いては「イカスミかき氷」。

キワ物料理を提供することでネットでもファンの多い大阪の有名な飲食店のかき氷です。

まさにイカスミがかき氷にかかっていて、評判は「思ったより生臭くない」とのこと。

このお店、かき氷だけでも他に「激辛マンゴーかき氷」 「トマトバジルかき氷」 「エメラルドかき氷」など

得体のしれないものを提供し続け地元民とネットユーザーを震え上がらせているそうです(笑)

 

自宅で簡単に作れる少し変わったものでは「甘酒かき氷」があります。

作り方は甘酒をかき氷にかけるだけ。甘酒の甘さと少しクセのある味が新しい食感をもたらしてくれます。

他に「ホットココアかき氷」「エスプレッソかき氷」などを作っている人もいました。

これらのかき氷はまだ試していませんが簡単に作れて美味しそうですね。

 

かき氷一つとっても世の中には自分の知らない食べ物がまだまだ沢山あるんだな…と驚いた次第です

夏も終わりに近づいていますが、せっかくなのでアレコレ色々作ってみて楽しみたいと思います

最後に紹介したものは簡単に作れるので皆様もよかったらいかがでしょうか?

 

Written by tori

【頭が痛くならない】3時のおやつはどこから来たの?【かき氷】

 

皆さまは海やプールには行かれましたか?

熱中症に気を付けなければいけないほどの暑い日々が続きますがこんな日々だからこそ

冷たいプールでばしゃばしゃ泳ぐのは最高に気持ちがよさそうですね。

 

この夏プールや海に行きたい気持ちは強いのですがなんせ多忙なのと

お腹が出てきているので行く前にもう少し痩せなきゃいけないな、と思っているところです、とほほほほ。

001

↑平成最後の夏、悔いが残らないようにしないといけませんね

 

 

とりあえず運動、そして食事に気を付けないといけないのですがついつい間食が我慢出来ず

こうして文章を打っている最中にもお菓子に手が伸びてしまう始末…

3時のおやつどころか四六時中おやつな毎日です。

…と書いてみて思ったのですが3時のおやつというのはどこから来た言葉なのでしょうか。

時間的に収まりがいいから3時のおやつなのでしょうか、3時のおやつは世界共通の言葉なのでしょうか?

 

…調べてみたらどうも3時のおやつ、という文化は日本だけの模様。

「おやつ」 という言葉がまず「八つ時」という午後2時から午後4時をさす江戸時代の言葉が語源のようです。

 

江戸時代は朝と夜しか食事をとる文化がなく、ハつ時はちょうどお腹が空く時間帯でした。

そんな折に白砂糖の製法が伝来し砂糖菓子や饅頭、大福などの菓子の店舗が劇的に増え、

「甘いもの」が一般庶民の口にも入るようになった頃に、「八つ時」の間食がいつしか「お八つ」として浸透していったようです。

 

そんな話をしていたらお腹が空いてくる始末、海やプールがますます遠のいていきます。

この時期に嬉しいおやつといったら何と言ってもかき氷ですね。

カラフルなシロップの色が夏をステキに彩ってくれます。

002

ただ一つ問題があって、かき氷を食べると頭がキーンとする…。

これは昔から我々の頭を悩ませる深刻な問題です。

なんとかあのキーンを避けてかき氷を食べる手段はないでしょうか…。

 

 

ということでこれも調べて見たら第1に「ゆっくり食べろ」というミもフタもないアドバイスが乗っていました。

もう少し詳しく言うと頭が痛くなる原因は低温のかき氷をノドが異物として認識してしまうことが原因です。

なのでかき氷がノドに異物として認識されなければあの頭痛も起こらない…とのこと。

そしてなんと「ふわふわしたかき氷」であれば比較的、異物として認識されずに頭痛も起こらないとのことです。

003

 

 

 

これは朗報、ではふわふわしたかき氷はどのように作ればいいのでしょう。

 

まず第1に水道水ではなくミネラルウォーターで作ること。

極力不純物が入っていない水で作ることがとても重要です。

さらに硬水ではなく軟水で作ることがふわふわした氷を作る秘訣のようです。

 

第2に砂糖を混ぜること。水200mlに対して砂糖大さじ3杯を入れる。

砂糖は凍りにくいので、氷の結晶を砂糖が包みかき氷がふわふわになります。

 

最後に氷を冷蔵庫から出した際にすぐかき氷を作らず15分ほど氷を放置すること。

それでは解けてしまう!と思ってしまいがちですがそこが盲点で、すぐに作るとどうしても氷がジャリジャリになってしまい硬いかき氷になってしまうようです。

 

どれも簡単に出来そうですね。以上の点を注意すれば家でも簡単にふわふわかき氷が出来上がります。

かき氷にがっつきたい人はぜひ、家で試してみてください。

その際にはお腹を壊したりしないよう十分気を付けてくださいね。

 

Written by tori

【海外ドラマ頻出料理】デス妻・ブリーとリネット、対極な2人の対極なミートローフ

【海外ドラマ頻出料理】デス妻・ブリーとリネット、対極な2人の対極なミートローフ

アメリカの一般家庭の日常生活のことをたくさん知ることができるドラマ「デスパレートな妻たち」通称デス妻。料理好きの私にとっては、アメリカの代表的な家庭料理の話題が随所に出てくるのが最大の楽しみ。
なんといっても、ドラマのメインキャストの一人であるブリーは、料理上手が高じてアメリカ家庭料理の本を出版し、ベストセラーとなったあと、ケータリングビジネスでも成功。前半のシーズンでは、毎日家族のためにすべての家事を完璧にこなし、レストランの料理のような手の込んだお洒落な料理を完璧に作る主婦でもあります。作中では、彼女の腕によりをかけたおいしそうな美しい料理がたくさん出てきます。

【海外ドラマ頻出料理】デス妻・ブリーとリネット、対極な2人の対極なミートローフ

©Disney

そして今回の注目したいのがもう一人のメインキャストのリネット。キャリアウーマンとしてバリバリ仕事をこなす傍ら、家庭では超わんぱくな息子3人に手を焼いている毎日。完璧さなんて求める暇もないほど、とにかく忙しさに翻弄される日々を送っています。
そんな対照的な2人に、どちらも「ミートローフ」の話題がからんだことがありました。

【海外ドラマ頻出料理】デス妻・ブリーとリネット、対極な2人の対極なミートローフ

©Disney

ページトップ