ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

宝塚観劇のお供に!大阪で味わうオードリー気分のジェラート

ローマに行ったら定番!スペイン広場でジェラート

ローマ最大の駅、テルミニからAラインの地下鉄に乗って2駅目。長い地下通路をぬけると、そこにはかの有名なスペイン広場が広がっています。

スペイン広場はローマの主要観光地の一つですが、日本ではオードリー・ヘプバーン演じる、ヨーロッパ某国のアン王女とアメリカの新聞記者ジョーのラブストーリー映画「ローマの休日」でも取り上げられた場所として有名ですね。

roman-holiday

ローマの休日
©PARAMOUNT PICTURES.

アンをローマの街へと連れ出したジョーは、2人でスペイン広場を訪れます。そこでアンがイタリアのジェラートを食べるシーンはあまりにも有名で、実際に観光客がその真似をしようと、ジェラートを手に写真を撮っている光景をよく見かけます。

(今現在、残念ながらスペイン広場での飲食は禁止されています。)

いったい王女が食べたジェラートは、どんな味だったのでしょうか?きっと今もなお受け継がれている、伝統的な味に違いありません。

アン王女も食べたイタリアンジェラート おいしさの秘密

イタリアで愛されるジェラートには、3つの人気の秘密があります。

1.生クリーム

イタリアでは生クリームをジェラートに乗せるのがポピュラーな食べ方です。その為、ジェラートの美味しさとあわせて、生クリームの味も加わることが大事なポイントとなります。

2.地中海気候、硬水による果物の耕作

日本より降水量が少ないイタリアの気候は、オレンジやレモンなどの柑橘系果物の栽培により適しています。また、地下水道水が硬水であるため、イタリアでは日本に比べると味をしっかりと感じられる作物が育ち、これらの柑橘類を上手に使うことによって、ジェラートの風味が格段にアップするのです。

3.甘い物への類いまれなる追求心

イタリア人は甘い物が大大大好き。朝食では、ほとんどの家庭でケーキやビスケット、チョコレート入りクロワッサンなど甘い物をエスプレッソと一緒に食べます。毎日のことだからこそ、イタリア人にとって甘味はとても重要なこと。そんなお客様に認められるためにジェラテリアがこだわりがつめ込んだ結果、味の質が上がってきたのです。

現在では発祥国イタリアに15,000店のジェラテリアがあり、国民のほとんどが必ず1店は自分の行きつけの店があるといわれるほど。甘いモノが好きなイタリアの人々にとって、ジェラートは欠かせない大切なスイーツなんですね。

そこで今回はローマ在住の私が、おすすめのジェラテリアを紹介します!

日本でも食べられる!ローマで人気のジェラテリア

「Grom(グロム)」

Gromはトリノ発祥のジェラテリアで、今やイタリア各地にチェーン展開しています。しかし、日本ではあまり知られておらず、ガイドブックでもお目にかかることは少ない、隠れた名店です。

Gromでは、チョコレートやクリームなど定番の味はもちろん自社で製造。季節によって旬の果物だけを使用することで、シーズンごとに新鮮な味に出会えるのもGromの特徴です。

また、果物系ジェラートはフラッペとしても注文することができ、違った味わいを楽しむことができます。(私のおすすめフラッペは、秋頃に出る梨フラッペです!絶品!)

…とはいえ、イタリアに行くのはなかなか難しい…という方もご安心を。日本唯一のGromが大阪駅すぐそばにあります!

roman-holiday1

©GROM JAPAN

GROM 大阪店

住所 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号LUCUA B1

営業時間 10:00~23:00

TEL 06-6151-1206

ジェラートはもちろん、オススメのフラッペも楽しめます!

今月14日(火)からは、宝塚歌劇団雪組が「ローマの休日」公演を行っているとのこと。梅田芸術劇場での公演もあるので、華やかな舞台で存分にローマを感じた後は、帰りにGromに寄って余韻にひたりつつ、アン王女気分を味わうのはいかがでしょうか?

Written by Hikari

このライターの他の記事はこちらから!

関連記事

イタリアのイマドキ定番買い物スタイル ファーマーズ・マーケットをご案内

イタリアのイマドキ定番買い物スタイル ファーマーズ・マーケットをご案内

イタリア最近の定番買い物スタイル、ファーマーズ・マーケット

私が住むイタリアの田舎では、農家が集まってファーマーズ・マーケットを開催しています。

イタリアのイマドキ定番買い物スタイル ファーマーズ・マーケットをご案内

この、農家が直接お客さんに売るというシステム、ここ数年イタリアでは大流行なんです。
というのも、仲介を通さないため値段は抑えられるし、お客さんも実際に農作物やチーズ、お酒や調味料などを作った本人から話が聞けるしで、買い物そのものが楽しいのです!

イタリアのイマドキ定番買い物スタイル ファーマーズ・マーケットをご案内

実際、ある調査ではイタリア人の10人のうち6人が、日常的に農家直売の商品を購入しているという結果が出ています。

旬のものを買うなら絶対ファーマーズ・マーケット!

このマーケットの鉄則は、販売される商品がすべて「自家製」であること。
そのため、どの農家もだいたい売っている農作物は同じです。
つまり生鮮品は旬の物しか買えません。

イタリアのイマドキ定番買い物スタイル ファーマーズ・マーケットをご案内

いつだったか、私の前に買い物をしていた女性が、「私はヴェジタリアンなのよ。先週もかったのはブロッコリーやほうれん草やフェンネルばっかり。食べ飽きちゃうわ」と言ったから、売り手のおじさんはたまりません。
「真冬にナスが食べたいのなら、しなびた野菜がおいてあるスーパーにでも行ってこい!」とべらんめえ調で怒鳴っていました。

イタリアのイマドキ定番買い物スタイル ファーマーズ・マーケットをご案内

我が家はヴェジタリアンではありませんが、ほぼ野菜中心の食生活を送っています。
それは、このファーマーズマーケットに頼るところが大きいのです。

イタリアの一級品が集う注目のスポット「メルカート・チェントラーレ・ディ・ローマ」に行ってみた

ローマっ子たちが長年待ちこがれていたフードコート・プロジェクト

映画「終着駅」の舞台にもなったイタリアの首都ローマの玄関口となる駅・テルミニ駅
長年治安の悪さで有名だったその駅の、線路と並行するように建設された細長い建物部分は、なかなかふさわしいテナントが見つからず、関係者は頭を悩ませていました。
ローマっ子たちも、玄関口となる駅に人々を迎え入れるスペースが必要だと常々感じていました。
そんなテルミニ駅に、フィレンツェで成功したフードコート「メルカート・チェントラーレ」の新店舗「メルカート・チェントラーレ・ディ・ローマ」が開業したのは、2016年10月のことです。
開業以来、観光客だけではなく舌の肥えたイタリア人たちの間でも大きな話題になっているよう。
そんな注目のフードコート「メルカート・チェントラーレ・ディ・ローマ」に行ってみました。

フードコートと侮るなかれ、イタリア中の一級品が集うローマ注目のスポットに行ってみた

「工房」と名乗る食の「職人」たちの心意気

テルミニ駅を正面からはいると、右手奥にあるこのスペースにあるのが「メルカート・チェントラーレ」。
日本のフードコートのように、好きな店で好きなものを買い集めて、中央のテーブル部分で食べることができます。

Il Mercato Centrale, well worth a visit!!

扱っているフードは、パン、サラミ、チーズ、ワイン、パスタ、揚げ物、ピッツァ、ハンバーガー、寿司、ジェラート、チョコレートなどなんでもござれ
揚げ物やハンバーガーは注文してから作ってくれるので、出来たてホヤホヤを頂くことが出来ます!

フードコートと侮るなかれ、イタリア中の一級品が集うローマ注目のスポットに行ってみた

ひとくちでお腹いっぱいになるライスコロッケ

このフードコートに開業した店は15店。
ただし、その呼び方は「店」や「レストラン」ではありません。
素材からこだわり、すでに各地で名をなしていた職人たちが集って腕をふるっているので、それぞれを「工房 ( Bottega ) 」と呼ぶのが、このフードコートならではなんです。

Bonci style Mercato centrale, Stazione Termini. Roma

【おいしい小説】『間宮兄弟』“ボウルいっぱいつくったフルーチェ” の誘惑

愛すべき不思議兄弟の恋愛模様

江國香織著『間宮兄弟』は、佐々木蔵之介さんドランクドラゴン塚地武雅さんでの映画化も話題になった作品です。

【おいしい小説】『間宮兄弟』“ボウルいっぱいつくったフルーチェ” の誘惑

主人公は明信と徹信、趣味や価値観がちょっと不思議な兄弟
作中で描かれる非モテな間宮兄弟の恋愛模様が、独特かつ滑稽、しかも妙に共感出来たりと、読んでいくうちに間宮兄弟の魅力に引き込まれていきます。彼らは、男性としての魅力はあまりないかもしれませんが、まさに「愛すべき人間」といった感じで、本人たちに自覚はなくともとても優れた人間力を持っている印象を受けるキャラクターです。

【おいしい小説】『間宮兄弟』“ボウルいっぱいつくったフルーチェ” の誘惑

©「間宮兄弟」製作委員会

ストーリー上最初の大きなポイントとなるのが“カレーパーティ”です。間宮家で開催されるカレーパーティのゲストは、徹信が“明信好み”だと感じた小学校の教諭「葛原依子」と、明信が密かに好意を抱いているレンタルビデオ店店員の女子大生「本間直美」の2人でした。
勇気を出して女性を招待したそのパーティから、いつもとは違う「女性が関わってくる」間宮兄弟の日常が始まります。

【おいしい小説】『間宮兄弟』“ボウルいっぱいつくったフルーチェ” の誘惑

©「間宮兄弟」製作委員会

本間姉妹の“ボウルいっぱいつくったフルーチェ”

カレーパーティに招待された本間直美は、仲良しの妹・夕美に報告をします。男二人暮らしの部屋に行くわけですから、直美も不安です。しかし、妹は“一緒に行こう”との姉の誘いを“やだよ”“あやしーじゃん、そんなの。”と言って断ります。
物静かで優しいけれど、気の弱い姉・直美と、振る舞いが乱暴ではあるけれど、優しくしっかり者の妹・夕美。そんな二人の話合いのシーンには“ボウルいっぱいつくったフルーチェ”が登場します。この食べ方は姉妹ならではだなーと、とても印象的な場面です。
“ボウルいっぱいつくったフルーチェ”を2人でスプーンでつついて女子会議をする様子は、姉妹の内側を見せてくれたような、瑞々しい魅力にあふれていました。 もちろん映画でもこのシーンがあります。沢尻エリカさんと北川景子さん演じる本間姉妹は、かわいいというより美しすぎましたが。

【おいしい小説】『間宮兄弟』“ボウルいっぱいつくったフルーチェ” の誘惑

©「間宮兄弟」製作委員会

ちなみに間宮兄弟の開催したパーティに登場したのは、“エダマメさつまあげ茹でとうもろこし”など…間宮兄弟の普段の食卓も昭和感漂うちょっと質素なメニューが登場します。

【おいしい小説】『間宮兄弟』“ボウルいっぱいつくったフルーチェ” の誘惑

©「間宮兄弟」製作委員会

一方で、本間姉妹が食べるシーンはファミレスファストフードなど、「イマドキ」な雰囲気で描かれています。

【おいしい小説】『間宮兄弟』“ボウルいっぱいつくったフルーチェ” の誘惑

©「間宮兄弟」製作委員会

“ボウルいっぱいつくったフルーチェ”の誘惑

『間宮兄弟』の小説や映画に触れてから、 “ボウルいっぱいつくったフルーチェ”を実現したいという誘惑が度々訪れました。しかし、これを実行するには絶対に相方が必要です。本間姉妹のように、誰かと「あーでもないこーでもない」と話しながら食べないと、魅力が半減してしまう気がするのです。
そんな思いを抱えたまま数年。長女が3才くらいの時です。誘惑に抗いきれず、「いけるんじゃないか」と思い “ボウルいっぱいつくったフルーチェ”を作ってみたことがありました。結果は、そもそもフルーツが嫌いだった長女はフルーチェにあまり興味を示さずに断念…。ほぼ一人で無理やりたくさんのフルーチェを食べる羽目に陥りました…。
妹が生まれ、長女がそこそこ大きくなった今、“ボウルいっぱいつくったフルーチェ”リベンジをしてみる良いタイミングではないかと、またひそかに思っています。その時には、女子会議ならでは、子供たちの好きな子の話なんて、聞けるのかもしれません…♪

Written by フジイ

過去のランキングはこちらから!

ファンタビの前に復習を!ハリポタシリーズの個性的すぎる魔法界のお菓子たち

ファンタビの前に復習を!ハリポタシリーズの個性的すぎる魔法界のお菓子たち

ファンタジー作品を毎日のように読んでいた、幼い頃。『ロード・オブ・ザ・リング』『ナルニア国物語』など有名なファンタジー作品がたくさんある中で、私が一番ハマったのが『ハリー・ポッター』(以下、ハリポタ)シリーズでした。魔法の授業や不思議な生き物、ヴォルデモートとの戦い…読むたびにワクワクが止まらなかったものです。

魔法界のお菓子は友情のきっかけになる…?

ハリポタを語る上で、外せないのが魔法界のお菓子
「百味ビーンズ」「蛙チョコレート」「爆発ボンボン」と魔法界のお菓子はどれも魅力的なものばかり。映画でも様々なシーンで魔法界ならではの個性的なお菓子が登場します。

シリーズで最初に魔法界のお菓子が登場するのが、『ハリー・ポッターと賢者の石』のホグワーツ魔法魔術学校へ向かう汽車のシーン。お菓子を売りに来た魔女に対し、ロンは「用意してあるからいらない…」と悲しげな表情でモリー(ロンの母親)のお手製サンドイッチを手に話します。

ファンタビの前に復習を!ハリポタシリーズの個性的すぎる魔法界のお菓子たち
ファンタビの前に復習を!ハリポタシリーズの個性的すぎる魔法界のお菓子たち

© Warner Bros. Japan

それを目にしたハリーは、ポケットからお金を出し「全部ちょうだい」と言って売り子から大量のお菓子を購入するのです。単純にハリーがお菓子を食べたかったというのもあるかもしれませんが、ロンと少しでも仲良くなりたくて購入したのでしょう。

ファンタビの前に復習を!ハリポタシリーズの個性的すぎる魔法界のお菓子たち

© Warner Bros. Japan

シーンが切り替わると魔法界ではお決まりのお菓子を大量に手に入れた二人の姿が!お菓子をきっかけにというのは言い過ぎかもしれませんが、お菓子を食べるにつれ、二人の距離も少しは縮まったに違いありません。どこの世界でも食べ物は仲良くなるきっかけになるものです。

人間界でも魔法界のお菓子が食べられる!

実は、この魔法界のお菓子たちが私たち人間界でも食べられるということをご存じでしょうか?ハリポタのアトラクションがあるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下USJ)で購入することができるんです。

USJで売っているこれらのお菓子、特に「蛙チョコレート」は、劇中さながらのクオリティ。

ファンタビの前に復習を!ハリポタシリーズの個性的すぎる魔法界のお菓子たち

© Warner Bros. Japan

映画を見ていない!という方に簡単にご説明すると、「蛙チョコレート」とは大きな蛙の形をしたチョコレートのこと。このチョコレートには、まるで本物の蛙のように動く魔法がかけられているんです。一方、我々人間世界で手に入る「蛙チョコレート」も蛙の形をしていますが、ハリポタの世界のように魔法で動き回ったりなんかはしないのでご安心を(笑)

ファンタビの前に復習を!ハリポタシリーズの個性的すぎる魔法界のお菓子たち

© Warner Bros. Japan

劇中で実際に登場した付録・偉人カードも付いており、魔法界の住人になったかのような感覚が味わえますよ。

ファンタビの前に復習を!ハリポタシリーズの個性的すぎる魔法界のお菓子たち

© Warner Bros. Japan

個人的におすすめなのは、「百味ビーンズ」。こちらも魔法界定番のお菓子なのですが、その名の通り色々な味のビーンズが食べられます。色々な味とは、更に文字通りそのままで、青りんご味バナナ味と言ったおいしそうな味はもちろんですが、中にはせっけん味ゲロ味といった、とてもじゃないけど食べるには向かない味のビーンズも…!USJで購入できる百味ビーンズでは、これらの味をある意味見事に再現しています。以前お土産でもらって食べたのですが、思っている以上に強烈な味がするのでご注意を!こういうお菓子は大抵、美味しくアレンジされて作られると思うのですが、「商品化しちゃダメな味!」と思わず突っ込みたくなるような味が満載です。もちろん、劇中でダンブルドア校長が食べた鼻くそ味も食べることができます。

ファンタビの前に復習を!ハリポタシリーズの個性的すぎる魔法界のお菓子たち

「百味ビーンズ」を食べたハリー、この表情。
© Warner Bros. Japan

ヤミー!なシーンもバッチリ!『ファンタビ』が絶賛上映中

そんなハリポタシリーズですが、現在、映画館で『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(以下、ファンタビ)というハリポタのスピンオフ作品が上映中。
ハリポタ本編でも少しだけ登場した、魔法動物学者のニュート・スキャマンダーが主人公の作品です。
私も先日、見に行ってきました!あまり書くとネタバレになってしまうので控えますが、ハリポタではあまりお目にかかれなかったであろう、魔法界ならではの料理シーンもバッチリあります!
このシーンは、ファンタビの公式Twitterで動画を見ることができるので、気になる方はチェックしてみてください。

まだ見ていない!という方。ぜひ劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか?その時は、「百味ビーンズ」を片手に。

Written by kinokonoki

このライターの他の記事はこちらから!

ページトップ