ヤミー!-自己満足 食・文化メディア

「萌え」に飢えている女子たちに捧ぐ新ジャンル『食男』!

誰しもが「異性のこんな仕草が好き!」「異性にこんなことされたい!」など、自己流の萌えを持っていることでしょう。そんな中、最近は食男という新たな萌えジャンルが登場して話題になっています。なにそれ!?気になりますよね!?ちょっと待って、まずは落ち着いて、イマドキ女子は何に「萌え」るのか年代別に分けて、考察してみましょう。

1.中高校生

いつの時代も女子中高校生は少女マンガが大好き。マンガに出てくるイケメンに好きな先輩を重ねて読んでときめいたりしましたよね…。最近では、少女漫画で使われたことをきっかけに壁ドン顎クイといったシチュエーション萌えが流行しました。

食男

2.大学生

大学生になると、サークル・授業・アルバイトなどで出会いが広がり「はにかんだ笑顔」や「さりげなく車道側を歩いてくれる」といった普段のリアルな仕草に萌えを感じることが多くなるようです。かっこいい男の人がくしゃっとした笑顔になると、ギャップに母性本能をくすぐられますよね!

2.社会人

社会人の女性たちは「ちょっとマニアックな仕草」を仕事の活力にしている人が多いようです。まずは、王道の「ネクタイを緩める」や「車をバックさせるときの横顔」といった昔から安定して人気な仕草。続いて、フェチを感じる「シャツの袖を捲ったときに血管が浮き出ているところ」や「咥えタバコをしながら飲み物のフタを開けるところ」などなど……。

食男

しかし、そんなことを言っても、みんなだいたい「イケメンに限る」という注釈がつくものばかり……。イケメンがそこかしこに落ちているならまだしも、少女漫画に出てくるような完璧なイケメンなんて見たことがない。壁ドンだって顎クイだってされたことないしされる予定もない!我々女子は絶望するしかないのか……。そんな方々のための「萌え」がそう、食男なんです!

いよいよ本題。新ジャンル『食男』とは!?

「いっぱい食べる君が好き~」の歌で人気を博した某CMそのまま、いっぱい食べる男性にときめく!ご飯を食べている男性って野性的で色っぽい…そう思った経験ありませんか?
そんな女子たちの求める「萌え」を詰め込んだのが、とにかく男性が食べる姿を描いたマンガ「食男」。「グルメマンガ」と「萌えマンガ」が合体した新しいジャンルのマンガなのです!

男らしい食いっぷりに思わずキュンとする?世の男子よ、たくさん食べるのだ!!

現在(2016年8月2日)、6巻まで発売されているこの「食男」は、複数のマンガ家さんの作品で作られている、オムニバス形式。参加しているのは森世さんや鬼嶋兵伍さんなどBLマンガ家が多く、男性の魅力的な姿を描くのが本業の人たちばかり!キャッチコピーは「元気がない日も、お腹が空いた時も、そして一人での食事が寂しい夜にも…貴方の心を満たします。」……待ってました!

1巻に収録されているのは、他界した祖母が残したシェアハウス「尾石荘(おいしそう)」の管理人になるべく、やってきた孫・満多(みった)がシェアハウスの住民である航(わたる)に自慢の手料理をふるまう話。

食男

(C)見崎 夕/株式会社ふゅーじょんぷろだくと

古いアパートで一人好きな物を好きなだけ作って食べることにしあわせを感じる岡田が、同じアパートに住む親子にごはんを作ってあげることになる話も収録されています。

食男

(C)ぴい/株式会社ふゅーじょんぷろだくと

「上気した頬、滴る汗、飲み下すと上下する喉仏。食べる男性って…色っぽい」そう謳っているだけあって、食べる仕草がセクシーに描かれている話も…

食男

(C)東田 基/株式会社ふゅーじょんぷろだくと

登場人物たちが食べるごはんは、どれも庶民的で家庭的なものばかり。料理をするシーンも多く、満多がつくる洋風雑炊や、岡田のからあげなど、読んでいるとお腹が鳴ってしまいそうです。

食男

(C)見崎 夕/株式会社ふゅーじょんぷろだくと

もちろん出てくる主人公全員はイケメン!しかも、職業もフリーター、漫画家、雑誌の編集者とさまざま。現実にありそうな設定も多く、あなたのタイプにぴったりの「食男」が見つかるはず……!

食男

(C)見崎 夕/株式会社ふゅーじょんぷろだくと

新しい萌え「食男」で日々にうるおいを……

ただ男性が食べているだけなのに、色気を感じたり、うれしそうな笑顔にしあわせな気持ちになったり…。日常生活で一番遭遇率の高い萌え「食男」。イケメンとおいしそうなごはんという最強タッグ、味わってみませんか?

Written by エダマメ

このライターの他の記事はこちらから!

  • マンガ飯
  • 映画に出てくるおいしいものたち
  • おいしいnovel
  • overseasのごはん事情
  • お酒の話
  • フェス飯・イベント飯
ページトップ