ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

【シリーズ京都パン屋巡り行ってみた】大正8年創業!西陣「大正製パン所」

【シリーズ京都パン屋巡り行ってみた】大正8年創業!西陣「大正製パン所」

「京都の食」、と言えば「おばんざい」や「お茶漬け」などを想像する方が多いかと思います。でも、実は京都がパン消費量日本一だってご存知でしたか?
京都市内をウロウロ歩けば、あちらこちらにパン屋さんがあります。このシリーズでは、そんなパンの都・京都市にあるパン屋を巡ってレポートしていきます。
初回のお店は、京都で一番古い小売りパン屋と言われている、大正製パン所さんです。

【シリーズ京都パン屋巡り行ってみた】大正8年創業!西陣「大正製パン所」

凄く入りやすい店構え。扉がバーンと開けっ放しでした。

街のレトロなパン屋さん「大正製パン所」

大正製パン所(敬称略)は、西陣で大正時代からパンを売っている老舗です。
店構えは、物凄く古めかしい!とかではなく、ほどよくレトロで懐かしい雰囲気。街並みに溶け込んでいるので「千本今出川交差点そば」というわかりやすい場所にあるはずなのに、うっかり通り過ぎてしまいそうでした。
奥にはイートインスペースがあって、私が来店した時はイートインスペースの机を使って、お店のおばちゃんがパンの袋詰めをしていました。

パンを選ぶ

【シリーズ京都パン屋巡り行ってみた】大正8年創業!西陣「大正製パン所」

お店に入ると、レジ前にカレーパンが並んでいました。
カレーパン(中辛)は人気NO.1だそうです。手描きのPOPのクオリティがなかなか高め。これは買わねば。

【シリーズ京都パン屋巡り行ってみた】大正8年創業!西陣「大正製パン所」

次に目に入った「京のメロンパン」…物凄く気になります。白あん入りとは…。
その隣の「サンライス」は、丸いメロンパンです。京都では丸いメロンパンを「サンライズ」とか「サンライス」といいます。「京のメロンパン」はアーモンド形だから“メロンパン”と呼びます。

悩んだ結果、メロンパン系にはいかず、その隣の人気NO.2の「クリームパン」を選びました。クリームパンの袋がいい感じだったので、パケ買いです。

【シリーズ京都パン屋巡り行ってみた】大正8年創業!西陣「大正製パン所」

きちんと袋詰めされたクリームパンは、何だかノスタルジックな雰囲気です。
他にもパンを何種類かと、子どものおやつ用にラスクを購入。パン屋さんに行くと、ついつい買っちゃうんですよね。ラスク。

帰宅後、実食。思わぬ伏兵。

さて、いよいよ実食です。左から、フランクロール・クリームパン・粒あんパン・カレーパン。

【シリーズ京都パン屋巡り行ってみた】大正8年創業!西陣「大正製パン所」

程よい甘さの粒あんパンと、あっさりめの自家製クリームが入ったクリームパンは、どちらもコーヒーとの相性が良かったです。ちなみに、京都はコーヒーの消費量も日本一だったりします。
人気NO.1のカレーパンを食べた夫の感想は「普通においしいよ。」とのこと。一見、「何も分からへんやん!」と思われそうな感想ですが、実はめったにカレーパンを褒めない夫。「普通においしい」ということは、かなり高めの評価だということなのです。
そして、このあんパン・クリームパン・カレーパンに共通している特徴が、かなりパンがしっかりとしているということ。決してパサつくとか固いとかいうわけではなく、しっかりしてるなぁという食感なのです。

【シリーズ京都パン屋巡り行ってみた】大正8年創業!西陣「大正製パン所」

次に食べたのが、今まで登場していなかったパン「フランクロール」。これが、凄く美味しかったのです!
シャキシャキのキャベツはカレー味。中のウィンナーの美味しさといったら!ひとくちひとくち、パキっていうんです。さらにジューシー! POPに「大山ハムのウィンナー」と書いてあったので、おいしいだろうなぁとは思っていましたが、ここまでパキパキのジューシーだとは。
そして、やはりフランクロールもしっかりしたパン。しっかりしていて歯切れがいいので、最後まで崩れることなく、ウィンナーと同じペースで食べることが出来ました。

おまけのつもりが…

最後に、ラスクです。
クリームパンと同じく、なんだかノスタルジックなラスク。アイシングをしているラスクは久々に見ました。

【シリーズ京都パン屋巡り行ってみた】大正8年創業!西陣「大正製パン所」

なんと家族一致で「今まで食べたことのあるラスクの中で、一番おいしい!」という評価。このラスクだけを買いに、大正製パン所に行ってもいいくらいおいしかったです。
ホロホロのアイシングとさっくさくのラスク。最強の組み合わせでした。ラスクを食べていて口の中を負傷したこともあるので、このサクサクには驚きました。

さすが老舗というべきか、今回購入したパンの中に一切ハズレがなかったです。さらにフランクロールやラスクという意外な逸品にも出会えました。大正製パン所、通い詰めて色々試したくなるお店でした。

Written by フジイ

このライターの他の記事はこちらから!

関連記事

おしゃれ料理小説『パンとスープとネコ日和』で異彩を放つのは「頭脳パン」

『かもめ食堂』好きにおすすめ・おしゃれ料理小説『パンとスープとネコ日和』

「おしゃれ料理小説」と言ってしまうと語弊があるかもしれませんが、『かもめ食堂』の群ようこさんの作品なので、やはりそんな雰囲気の小説です。ドラマ化の際には、主演が小林聡美さんだったし、安定のもたいまさこさんだったし、映像化してもやはりそんな雰囲気でした。

おしゃれ料理小説『パンとスープとネコ日和』で異彩を放つのは「頭脳パン」

主人公のアキコは53歳。たった一人の身内であった母親を亡くし、勤めていた出版社を退職して母親が長年営んでいた昔ながらの食堂を改装。“ボリュームのあるサンドイッチとスープ、サラダの、オーソドックスなメニュー”を提供する食堂を開店します。タイトルの“ネコ日和”の部分は、飼い猫の「たろ」のことです。アキコは、開店と同時期に拾ったたろを、唯一の家族として迎え入れます。

おしゃれ料理小説『パンとスープとネコ日和』で異彩を放つのは「頭脳パン」

© WOWOW INC.

パンの祭典「ISEPAN!」に行ってみた。開催期間2018年5月23日(水)〜28日(月)

パン好きのためのパンの祭典「ISEPAN!」(イセパン)が去年よりスケールアップして伊勢丹新宿店で開催されています。期間は、2018年5月23日(水)〜28日(月)。

パンの世界大会の日本代表のパンや、凄腕職人のパン、地方の人気店、コラボ商品まで、パン好きの心をくすぐるパンが期間限定で大集結。

イートインスペースではパンを引き立てるコーヒーとビールも楽しめます☆

 

私は3日目に行ってみました。

写真 2018-05-25 14 16 24

平日の午後ですが中々混みあっておりました。

催事場に到着すると小麦のかぐわしい香りがただよってきました。

トースター型の大きなオブジェがあります。

写真 2018-05-25 14 51 14

裏からもちらっと

写真 2018-05-25 14 53 00

全国のパン屋さんの美味しそうなパンや鮮やかなサンドイッチなどが並んでいて、見ているだけでも楽しくなってきます。

写真 2018-05-25 14 18 46写真 2018-05-25 14 23 41写真 2018-05-25 14 25 38写真 2018-05-25 14 25 46

お取り寄せブースでは伊勢丹のバイヤーさんが全国各地からピックアップした美味しいおススメのパンたちが並んでおりました。

 

フォトジェニックなパンもたくさんありました。お土産にも良さそうですね☆

跳び箱型のパンや

写真 2018-05-25 14 20 02

写真 2018-05-25 14 20 07

レインボーのベーグル

写真 2018-05-25 14 27 16写真 2018-05-25 14 35 11

(甘いクリームチーズがサンドされていました☆)

 

イートインスペースではビールやパンに合わせたコーヒーを一緒に楽しむことが

できます。

 写真 2018-05-25 14 37 17写真 2018-05-25 14 37 29

全国のパンが一度に楽しめる「ISEPAN!」にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 


「ISEPAN!」オフィシャルサイトはこちら!

Written by ぽむちょ

辛いもの好き必見!野外イベント「ナマステ・インディア」でスパイスの海に溺れてきた

9/23(土)と24(日)に、代々木公園イベント広場で行われた「ナマステ・インディア」に行って来ました!

辛いもの好き必見!野外イベント「ナマステ・インディア」でスパイスの海に溺れてきた

今回参加したのは2日目の日曜日。天気にも恵まれ、グルメにぴったりな陽気です。
このナマステ・インディア、グルメや物販、旅行関係など様々なインドにまつわるブースが出店しています。
グルメのブースは22店が出店。
都内にいながら本場インドの味を楽しめる、辛いもの好きなら見逃せないイベントです。
大勢の方が訪れ、インドグルメを楽しんでいました!

辛いもの好き必見!野外イベント「ナマステ・インディア」でスパイスの海に溺れてきた

会場は代々木公園イベント広場。数々のイベントが開催されている場所です。
野外ステージではダンスをはじめ、様々なインドのパフォーマンスが行われていました。

会場は既に食欲をそそる刺激的なスパイスの香りで包まれています…
お腹のコンディションを万全に整えて、いざスタートです!

口当たり良し、後引く辛さよし!絶品のサグチキン

空きっ腹には炭水化物!
ということで1品目は、ガンジスさんのサグチキン(ほうれん草のチキンカレー)を食べました。
カレーはセットとなっていて、ナンかライスが選べます。

辛いもの好き必見!野外イベント「ナマステ・インディア」でスパイスの海に溺れてきた
辛いもの好き必見!野外イベント「ナマステ・インディア」でスパイスの海に溺れてきた

ナンはビッグサイズ!顔以上の大きさで、もちもちしています。
ほうれん草のカレーは口当たりが良く、後引く辛さが絶品です。
もちもちのナンと相性が良い!
チキンはゴロっとしていて、食べ応えがあります。
一食目にぴったり、ボリュームたっぷり大満足のカレーでした!

うどん好きなら要チェックの祭典「うどん天下一決定戦」に行ってみた!

都内にいながら全国のうどんを食べられるイベント、うどん天下一決定戦

8/26(土)と27(日)に代々木公園広場で開催された、「うどん天下一決定戦2017」に行って来ました!

うどん好きなら要チェックの祭典「うどん天下一決定戦」に行ってみた!

参加したのは初日の26日。
予報では天気が崩れそうでしたが、当日は打って変わって夏らしい晴れ模様に。
絶好のうどん日和でした。

うどん天下一決定戦2017は、日本全国から選りすぐりの15店が出店しています。 日本全国のうどんを都内にいながら楽しめる、うどん好きにはたまらないイベントです。

うどん好きなら要チェックの祭典「うどん天下一決定戦」に行ってみた!

会場は数々のグルメイベントが開催されている、代々木公園B地区イベント広場。
うどんを楽しむために、子供から大人まで多くの方で集まり、会場はとても賑わっていました。

この日はよさこいのイベントも開催されていて、ステージでは様々なチームが躍っていたので、お祭り気分も味わえました!

美味しいうどんを最高のコンディションでなるべくたくさん食べるべく、前日はお酒を控え、当日は朝食を控えめに。
万全な状態に整えて、イベントに参加してきました!

A5ランク極上の肉を使用!讃岐のおうどん 花は咲く「極上の肉うどん」

お腹が空いていたので、まずはがっつり食べたい!
そこで1品目は、讃岐のおうどん 花は咲くさんの極上の肉うどんをチョイスしました。

うどん好きなら要チェックの祭典「うどん天下一決定戦」に行ってみた!

とにかく肉が絶品!
A5ランクの極上の肉は食べ応えがあり、甘辛ダレとの鉄板の組み合わせが最高です。
うどんはコシがあり、喉ごし良し。
甘辛ダレの肉とコシのある麺は相性抜群で、どんどん箸が進みます。
つゆはすっきり、生姜やネギの薬味もたっぷりなので、さっぱりと食べられます。
肉の味が格別な、贅沢なうどんでした!

うどん好きなら要チェックの祭典「うどん天下一決定戦」に行ってみた!
ページトップ