ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

もはや一線を超えたアート 富山の細工かまぼこ

日本人はなぜ、食べ物に顔をつけたがるのか……。オムライスにウインナー、キャラ弁、ラテアート、はたまた最近は「ぐでたま」とかいう、やる気のない目玉焼きが人気だというではないか。どこもかしこも顔、顔、顔、かお~~~!食べ物に顔をつけるのは、もはや日本のお家芸である。そこにはアニミズムの精神が宿っているのか、どうかは、知らないけども……この歴史、今に始まったことではないらしい。

というわけで、全国ご当地擬人化食材。第1弾は、富山のかまぼこに迫る。

富山といえば、かまぼこだっちゃ!

富山といえば、ブリ、ホタルイカ、白エビ、ますのすし、柴田理恵……。そして、かまぼこ。あまり知られていないが、富山の土産物屋の1/3はかまぼこ屋で占められていると言っても過言ではない。そして大抵、土産物屋の入口すぐの一等地にかまぼこブースがどーんと構えている。それぐらい、富山の人にとってかまぼこの存在は大きい。

このかまぼこ、もちろん県外から来た人にとっても魅力的な存在。酒のつまみに、おやつに、栄養補給に……保存はきくし、手頃だし、何より見た目のインパクトが大なのだ。

喧嘩上等!かまぼこ参上!

さて、随分引っ張ったところで、本題のかまぼこドーン!!

toyama-kamaboko_01

とにかく、富山にはかまぼこでありとあらゆるものをつくる「細工かまぼこ」という文化がある。かまぼこで雪だるま、かまぼこで富士山、かまぼこで北陸新幹線、かまぼこでスイカ、かまぼこで魚。……って、かまぼこってそもそも魚のすり身だし……先祖返りしてるけど……。

toyama-kamaboko_02

真剣に細工かまぼこの歴史を考えてみる

ではなぜ、かまぼこでわざわざ形を作っているのだろうか?答えに辿り着く前に、ちょっと立ち止まって想像してみたい。

説1.労働者たちの自我の芽生え、あるいは、個性の主張

昔々あるところにかまぼこ工場で働く男あり。36年間、毎日同じ形のかまぼこを作り続けていたが、ある時ふと、余計なことを考え始めた。

「自分が生きる意味ってなんだろう?」「何を残せるのだろう?」「ていうか、自分が生きた証をこの世に残したい!」

そんな感じでクリエイティビティに富んだオリジナリティ溢れるかまぼこを作り始めたら、みるみるうちに評判になり、遠方からもお客様が訪れるようになった。そして、彼はたちまちかまぼこ職人として有名になり、稼いだお金でかまぼこ御殿を建て、地元の人から大層慕われたそうな。おしまい。……的な話。

説2.手に入らない憧れの品を、手に入りやすいもので作る

こういうのもありそうだ。すなわち、その昔、スイカは高価であり、富山から富士山に行くのは、夢のまた夢であった。だから身近なかまぼこでそれらを模倣した。かまぼこなら作れる。夢を形にできる、というわけである。

と、想像はここまでにして、正解は?
……曰く、お祭りや祝いの席で、祝いの膳を持ち帰ることが一般的だった富山。ならば、「はじめから持ち帰れるものを」、ということで、祝いの品として「細工かまぼこ」が用意されるようになったらしい。つまり、祝いの席に登場する「細工かまぼこ」がはじめにあり、職人のスキルが上がってくるにつれ、エスカレートして富士山やスイカや北陸新幹線ができあがった、という解釈が正しそうだ。

toyama-kamaboko_03

鶴亀かまぼこはTHE縁起物、という出で立ち

こうして富山では、結婚にもかまぼこ、出産にもかまぼこ、葬式にもかまぼこ、と、かまぼことともに人生を歩むようになった。

ちなみに祝いの席から持ち帰ったかまぼこはご近所さんと分け合うのが富山の風習。つまり、富山の人のかまぼこ人生には、何度もご近所さんからの「おすそ分けかまぼこ」が登場するのだ。人生で頂戴する無数のかまぼここそが、ご近所同士の友情と信頼の証なのである。

富山のお土産は、細工かまぼこ一択!

かまぼこについて学んだところで、県外の人がドヤ顔で「細工かまぼこ」を語れるように、おすすめの店を紹介したい。

おすすめ1「梅かま」

かまぼこ作って70年。「細工かまぼこ」は、かご盛りから単品まで豊富に揃っている。日数があるのなら、名入れかまぼこをオーダーすると良い。
http://www.umekama.co.jp/

おすすめ2「河内屋」

なんといっても、URLが「カマボコ」!これは本物にちがいない。おすすめは「雪だるまくん」と、季節商品の「金太郎かまぼこ」。どちらも抜群にかわいい。
http://www.kamaboko.co.jp/

と、ここで2店を紹介したが、どちらも見つからなくても心配することなかれ。富山の土産物センターにはかまぼこ屋が並んでいるので、そこらへんで適当に買えば良い。どれもおいしく、個性的で、チャーミングである。

toyama-kamaboko_04

河内屋の雪だるまくん。食べかけで失礼。

かまぼこのありがたいことわざ

では最後に、富山に伝わるかまぼこに因んだことわざを紹介してこの話を〆ることとする。

人生山あればかまぼこあり
人生、いいことがあれば、かまぼこがもらえるよ!

鬼にかまぼこ
強い鬼相手でも、かまぼこがあればもう何も怖くないね!

かまぼこは天下の回りもの
かまぼこは常に世の中を回っている。今かまぼこがなくてもいつか手に入るかもしれないし、今たくさん持っていてもいつか失うかもしれないよ!

転ばぬ先のかまぼこ
いつ何時もかまぼこを持っていれば安心だっちゃ!

終わり。

Written by いまか

このライターの他の記事はこちらから!

関連記事

頭が良くなるのに1番の回転寿司のネタはなに?

回転寿司が大好きなのですが この前マグロの赤身を食べながら

「魚を食べると頭が良くなる♪」  という歌があるけどアレは本当か?

と不意に思いました。

 

私は昔からコンスタントに回転寿司で魚は食べているのに

最近になってもともと無かった集中力は年々さらに落ちてきたし、

そもそも大学は1浪した上に補欠合格だし固有名詞は今も昔も覚えられない、という体たらくです。

 

「魚を食べてるけど私はバカだ!頭がよくなるなんてウソだ!魚会社(なんじゃそりゃ)の陰謀に決まってる!」と思いつつ

今よりバカになったら困る!と思い再び赤身に手を伸ばすもふと手が止まります。

001

↑「どのネタを食べれば一番頭が良くなるんだろう」

 

マグロや白身魚よりヒカリモノのほうが頭が良くなれる気がします。(イメージです)

あるいは人気no,1のネタは1番多く頭のよくなる栄養を多く含んでるのかも!?

そう思い寿司ネタ 人気 ランキング で検索してトップ5を見ていました

 

5位エビ、4位まぐろ(中トロ)、3位ハマチ、ブリ 2位、まぐろ(赤身) 

 

 

1位、サーモン

 

え、マグロ1位じゃないの!?頑固な江戸前職人が卒倒しそうな結果に驚きつつ 

値段も考慮したランキングかもしれないからアテに出来ないな、などと思っていると

ふとあることをと思い直します

002

↑スシキング

 

 

頭が良くなるのはDHAというものが関係してDHAは人体に必須な栄養分なのに

体内で作ることが出来ず食事で摂取するしかない、という話をどこかで聞きました。

ならばDHAを一番多く含んだ魚を食べれば効率的に頭が良くなることができる!

 

そう思い色々調べてみると、とくに以下の魚はDHAが多く含まれていて

これだけの量を食べれば1日に必要量を摂取できる、と書いてありました。

 

イワシ30g(刺身2、3切れ)

本マグロトロ33g(刺身2、3切れ)

ブリ45g(2分の1切れ)

タイ45g(刺身6切れ)

 

反対にあまりDHAが含まれていない魚はこちらです。

 

カツオ400g(刺身50切れ)

ヒラメ400g(刺身50切れ)

マグロ赤身1060g(刺身80切れ)

 

マグロ赤身は1日に80切れ食べないと1日に必要な量に達しない…。

物理的に不可能ですね。反対にトロやイワシは回転寿司で1皿食べれば

脳に必要な栄養分は摂取できるということになります。

言われてみると今までの私はトロは経済的な理由で、イワシは寿司ネタとしてはつい敬遠してマグロの赤身ばかり食べていました。

 

でも良いことを知りました。これから沢山イワシを食べる。

そうしたら今日から頭脳優秀になれる!期待に胸は膨らみます。

003

 

↑魚編に弱いと書いて「鰯」と読むわけですが本当はタフな栄養を持った魚です。

 

 

と思ってさらに調べると「DHAを摂ると頭が良くなる…、というワケではなくDHAが不足すると良い睡眠活動が取れずそれが原因で脳の能力が低下する。DHCを摂ってもそれが元に回復するだけ」と書いてありました。

 

ということはいくらイワシを食べても急に凡人が天才になれるはずもなく

ましてや私みたいに夜遅くまでゲームして常に寝不足だと全く意味がないということです。

 

…努力せずにラク出来るほど世の中甘くないですね。

とはいえ魚が良質な睡眠と脳の栄養をもたらしてくれるのは事実です。

勉強に仕事に…高いコンディションをキープしたいところですね。

なので定期的に魚を食べる食生活はオススメだと思います。

Written by tori

金沢と金箔と私。

金沢はお土産もSNS映え!?

 

金沢レポその2です。今回はお土産編です。

金沢を代表する観光地の1つ「ひがし茶屋街」。石畳が続く風情ある街並みは国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

 

海外からの観光客の方も多く、休日は非常に人がたくさんで活気にあふれています。

石畳の街並みを歩いているとたくさんのお店で金箔の乗ったソフトクリームや葛切りが売られているのが至る所で見られますね。

写真 2018-06-19 21 57 53

(ちなみにこちらの金箔ソフトは鵜鶏卵を使用しているとのことでお味もとっても濃厚でした☆)

 

金沢に来ると必ずと言ってよいほど見かけるであろうこの金箔、日本の生産量の98%以上を金沢が占めています。

金箔の産地として金沢が発展してきた理由のには、製造に適した湿度と温度、水質に恵まれた「北陸の気候風土」、この地で育まれてきた忍耐強い「職人気質と技術」という2つの要因があるようです。

 

金沢での箔打ちがいつから始まったのかは明確ではありませんが、文禄2年、加賀藩祖・前田利家が肥前名護屋(現在の佐賀県)の陣中から、七尾で金箔を、金沢で銀箔を打つように命じたことから、16世紀末には行われていたことが明らかになっています。

 

黄金好きで知られる豊臣秀吉は、権力の象徴として天守閣や調度品にも金箔を好んで使用していました。

加賀藩祖前田利家や、大名らが屋敷を構えていた聚楽第、伏見城近くからも前田家家紋である梅鉢紋入りの瓦をはじめ、大量の金箔瓦が出土しています。権力の象徴として、諸大名がさまざまな場所に金箔を使っていたと考えられています。

 

金箔は現代では金沢箔工芸品として認められ工芸王国金沢の、代表的な伝統工芸としての地位を確立しました。

近年では工芸品のみならず、食品、化粧品などに使われるようになり、ひがし茶屋街では金箔をあしらったお土産屋、スイーツがたくさん見られます。

器やお箸などモダンでとても素敵です!

naire-hakuichi-009

出典http://naire-shop.com/naire-hakuichi-009/

 

とってもおしゃれです。

naire-hakuichi-013

出典http://naire-shop.com/naire-hakuichi-013/

 お土産で喜ばれること間違いなしですね。

ちなみに私は自分用に金箔入り入浴剤と金箔入り石鹸を買いました。

入浴剤は5個セットや10個セットなど香りの種類も色々ありました☆

金箔が入っているだけでちょっとリッチな気持ちになれるので疲れた女子におススメです。

imgrc0070383126

後日お肌がきれいになったとかいないとか、、(大切なのは気持ち!)

 

最後にもう一つ、

甘納豆かわむらさんの甘納豆も種類豊富で見た目もかわいく、お土産におすすめです。年代問わず喜ばれるのではないでしょうか。

img_1623

出典matome.naver.jp

mig

出典matome.naver.jp

 

歴史、グルメ、芸術に触れられる金沢、みなさんもぜひ行ってみてはいかがでしょうか☆

Written by ぽむちょ

【改めて知りたい世界の3大食作法】箸のタブーとは?!

【改めて知りたい世界の食作法】生と死をつなぐ橋?箸のタブーとは

突然だが、世界には3種類の食の作法がある。手食、フォークナイフ食、箸食である。人口分布は、それぞれ世界の人口の40%、30%、30%ほどだという。今回は、世界を分かつ3つの食作法に迫ってみたいと思う。

嗚呼、麗しの手食文化

食べ方には、エリア宗教、それからもちろん、食べる物も関係している。
まずは、世界で最も多いとされる手食文化について。手食文化とは、文字どおり手でモノを食べる文化のことだ。手食文化が発達しているのは、東南アジアから中近東、アフリカにかけてとオセアニア地域。私たちが思っている以上に広い。

手食文化は、回教(イスラム教)やヒンズー教圏で広まった食文化であり、その裏には「食べ物は神から与えられた神聖なものである」という考え方がある。また、「食器や、箸・フォークなどの食具は汚れたものであり、手が最も清浄なのだ」という宗教的戒律に基づいているのだという。

Children Eating, India

手食文化には、独自のルールが定められている。例えば、食事の前後には必ず手を洗って口をすすぐこと、食べ物は床の敷物の上に並べること、片膝を立てるかあぐらを組んだ姿勢で食べること、来客時には男女別々に食事をすること、などである。また、食べ物に触れることが許されるのは右手だけとされており、親指、人差し指、中指の3本の指をスプーンのようにして食べる。3本の指では、食べ物の熱さや冷たさ、硬さや柔らかさも直に感じることができるのだ。つまり、手食文化とは、味覚、嗅覚、聴覚、視覚に、触覚をも加え、五感で味わうことのできる贅沢で感覚的な食べ方なのだ。いやはや奥が深い手食文化である。

富山湾の宝石・白えびは、奇跡の産物だった!おすすめの食べ方もご紹介♪

北陸新幹線ができた影響で、金沢が盛り上がっています。
でも、もう一つ、北陸新幹線の恩恵を受けて注目を集めている都市があるのをご存知ですか?
そう、それが海産物のおいしさで注目を浴びた「富山県」です。
そこで今回は、富山県民に愛され、見た目の美しさから「富山湾の宝石」とまで称されている食材・白エビをご紹介したいと思います。

富山湾の白えび。季節になりました

白エビが発見された知られざる経緯

白エビが発見されたのは、明治の初めごろです。
タラ漁に出た漁師が誤って網を深いところに落としてしまい、その網を引き揚げたときに、白エビが引っ掛かっていたことから偶然発見されたというのです。

富山湾の宝石・白えびは、奇跡の産物だった!おすすめの食べ方もご紹介♪

もしもその漁師さんが網を落としてなかったとしたら…もしかしたら、まだ発見されていなかったかもしれません。 私たちはそんな奇跡的な出来事によって白エビと出会えたのですね。
こうして発見された白エビは、次第に富山県民にとって欠かせない食材となっていきました。

白えび

白エビってなぜ身体が白いの?

白エビはその名のとおり、白色をしていますが、元から白い色をしているわけではありません
実は生きているときは無色透明な薄いピンク色をしています。
そうです、白エビは命が途切れて初めてあの乳白色になるのです。
あまり知られていない事実ですよね。

白えび

白エビの旬はいつ?

白エビの漁は、4月から11月までの長い期間で行われます。
その中でも、白エビ漁の最盛期と言えるのが4月から7月くらいの期間。
この期間が白エビの旬で、殻が柔らかく、美味しく食べることができます。
しかし、白エビは旬の時期であっても傷みやすいため、水揚げしても、ほとんどすぐに冷凍してしまいます。
そう、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、都内や富山以外の地域で食べている白エビは、一度冷凍したものを食べていることがほとんどなのです。
とれたてを食べたいのでしたら、是非富山へ行って食べましょう!

アイスマニアならおさえておきたい!実力派のアイスブランドと、新幹線アイス

夏真っ盛りに食べるアイスはもちろん格別ですが、寒い日に暖房の効いた部屋で食べるアイスも、ラグジュアリーでエクセレントな味わいです。
仕事帰りに寄るコンビニで、ついつい買いたくなるアイス。あなたは、どんなアイスが好きですか?
ハーゲンダッツ?パナップ?ピノ?雪見だいふく?
それとも、コンビニアイスじゃなくて、お店のオリジナルやお取り寄せをしているこだわり派?

今日は、コンビニに常にあるわけではないけれど、専門店のオリジナルほど敷居の高くない、アイスマニアならぜひ押さえておきたい2大実力派アイスブランドをご紹介します。

新幹線でアイスといえば、スプーンが折れるほど濃いアイス「スジャータ」

新幹線の車内販売といえば、スプーンが折れるほどカチカチに固いアイス「スジャータ スーパープレミアムアイスクリーム」
一部では、「新幹線アイスが溶けるほど熱い恋がしたい」というくらい、固いものの代名詞となっています。

アイスマニアならおさえておきたい!実力派のアイスブランドと、新幹線アイス

©Kanesue

でも、なんでこんなにカチカチなの?
メーカーの「スジャータめいらく」さんによると、「車内販売中に溶けないように、乳脂肪分を高くして空気含有量を低くし、濃厚・濃密にしている」のだとか。
それが、あの独特な濃~い味わいにつながっているようです。
一般的にアイスと呼ばれるものには「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」「氷菓」の4種類があり、乳脂肪分が最も高い「アイスクリーム」は乳脂肪分8%以上というのが基準になっています。
スジャータの新幹線アイスの乳脂肪分は15.5%と、一般的な「アイスクリーム」の約2倍。濃密で知られるハーゲンダッツのバニラで乳脂肪分15%ですから、さらにその上をいく濃密さなのです。
新幹線アイスは、スジャータめいらく創業者・日吉孝吉会長が、「日本を代表する新幹線で販売するのにふさわしい、特別なアイスを作ろう」と開発した商品。
気合いも濃さも違うのです!

しあさん(@siainblueheaven)が投稿した写真

新幹線アイスは路線によってメニューが違う!

この新幹線アイス、路線によって特別メニューがあるってご存知でしたか?東海道線では、ご存知「バニラ」「抹茶」に加え、現在は神奈川・静岡県産のみかんを使った「みかん」も販売されています。

konnysamaさん(@konnysama)が投稿した写真

東北・北海道新幹線、上越新幹線では、「バニラ」のほか、「りんご(果肉入)」が食べられます。

noa_noamさん(@noa_noam)が投稿した写真

また、季節・路線限定で、過去には「白桃」「いちご」「メロン」、さらにはスジャータ渾身の「コーンポタージュ」も存在したそう。うーん、食べたい!!!

コンビニアイスマニアを唸らせる「ロイヤルアイス」

激しいコンビニ棚取り合戦の隙間に、少しだけ出現する幻のアイスとして知られるのが、福岡のロイヤル食品のアイス。
コンビニアイスマニアの間でも高い支持率を誇るアイスです。
もともとロイヤルホストなどのファミレスを運営するロイヤルホールディングスから独立した「ロイヤル食品」が作っているアイスということで、「ロイヤルアイス」と呼ばれていましたが、最近、「株式会社セリア・ロイル」と社名変更しました。
そんなロイヤルアイスの代表作といえば「白くま」ですが、他にもアイスマニアを唸らせる様々なアイスが期間限定でコンビニに出現します。

y@soo!さん(@dowluck0322)が投稿した写真

最近では、人気のブラックサンダーがそのままアイスになった「ブラックサンダーアイス」

アイスマニアならおさえておきたい!実力派のアイスブランドと、新幹線アイス

©bryan…

他に、九州地方限定で、大人気という「給食でおなじみのムース」

これ、美味い。ミルクムース。九州のメーカーなのだとか。アイスの牛乳ババロア

「ロイヤル食品」時代だったころには、「ケーキサンド フルーツ&バニラアイス」や、「ロールクッキーアイス」など、「え?この味でこの値段?」という、コンビニアイスと思えないぐらいクオリティの高いアイスをリリースしてきました。なかでも、「ラムレーズン」アイスバーは、いまだに忘れられないほどの名作です。「セリア・ロイル」になっても、これからもマニアを唸らせる美味しいアイスをリリースさせてほしいものです。

いかがでしたか?新幹線に乗った時や、いつもとは違うコンビニに行った時、ちょっとレアなアイスをぜひ探してみてくださいね!

Written by さば山

このライターの他の記事はこちらから!

3大うどん以外にも沢山あった!全国のご当地うどん、どーんと大調査!

3大うどん以外にも沢山あった!全国のご当地うどん、ど-んと大調査!

全国各地の名物うどん 10連発!

どうも、以前、ヤミー!の「うどんのカタカナ系麺類化」という記事で、うどんの発祥の地が福岡だということを知り、衝撃を受けたエダマメです。
その記事を読んでからというものの、私の頭の中は、うどん、ウドン、UDON……。実を言うと、私はうどんよりそば派の人間。うどんが嫌いなのではなく、そばが大好き!そんな私がうどんで頭がいっぱいになることがあるなんて!!
うどんといえば、「うどん県」こと香川県のイメージでしたが、調べてみると、全国各地に名物うどんがあることが判明!一体どんな「うどん」があるのだろうか…徹底調査してみました!
それでは、そば好きな私が独断と偏見で選んだ、全国名物うどん10連発、どうぞ!

1.香川の讃岐うどん

3大うどん以外にも沢山あった!全国のご当地うどん、ど-んと大調査!

これを語らずして、うどんは語れない!日本国民なら誰しもが知る、うどんの中のうどん。ダシをかけて食べる「ぶっかけ」や生卵とアツアツの麺をかき混ぜて食べる「釜たま」など、食べ方は三者三様。麺の特徴的な弾力はすべての食べ方に共通しています。少量でも満足感を得られるのは、この弾力のおかげ!?ちなみに、讃岐うどんの由来は「讃岐では、日本で最高の小麦が獲れたから」「瀬戸内海に面していたため、製塩業が盛んだったから」など、様々な説があるそうです。もちろん三大うどんの筆頭です。

2. 秋田の稲庭うどん

3大うどん以外にも沢山あった!全国のご当地うどん、ど-んと大調査!

讃岐うどんに次いで三大うどんの一角を担うのが、全国でも知名度の高い稲庭うどん。最大の特徴は干しうどんであるということ。乾燥前に麺をつぶすので、平たい麺であるのが特徴です。また、生麺にはない独特の歯ごたえがこれまたいい!特徴的な歯ごたえと他にはない上品な味が組み合わさって、さらっと食べられる、魅力あふれるうどんです。

3.群馬の水沢うどん

3大うどん以外にも沢山あった!全国のご当地うどん、ど-んと大調査!

そしてこのうどんを忘れてはいけません。日本三大うどんの3番目がこのうどん。(3番目がどのうどんか、には諸説あるそうです笑)なんとその歴史は400年以上!?太めでコシが強いのが特徴で、お店によって付ける出汁もさまざまなので、自分好みの店を見つける楽しさもありますね!

4. 三重の伊勢うどん

3大うどん以外にも沢山あった!全国のご当地うどん、ど-んと大調査!

茹ですぎじゃない?と思わず、ツッコミを入れてしまいたくなるくらい、やわらかく太い麺にダシやたまり醤油などをかけて食べます。ダシが黒く、塩味が強そうな見た目ですが、食べてみると優しい味わいが口に広がります!伊勢うどんの由来は諸説ありますが、江戸時代以前から農民が食べていた地味噌を作る過程で、出来た濃厚な”たまり醤油”をつけて食べるうどんを、さらに食べやすく改良した、といわれています。この伊勢うどんが広まったのは、伊勢神宮の参詣客に提供するために開業したのが始まりだとされています。参詣客に、すぐに提供できるよう、常に茹で続けていたため、ゆで時間を気にしなくてよいコシのないうどんになったのだそうです。伊勢詣での際は、ぜひ伊勢市発祥の伊勢うどんを!

5. 富山の氷見(ひみ)うどん

富山旅行4日目 氷見うどん #富山 #氷見うどん

tomomidomさん(@tomomidom)が投稿した写真 –

織田信長が贈り物として重宝していた「輪島そうめん」の製法と、従来のうどんの製法を組み合わせて江戸時代に登場した、江戸版ハイブリッド麺がこの氷見うどん!稲庭うどんと同じ乾麺ですが、細麺なのにしっかりとしたコシがあります。油を一切使っていないので、かなりヘルシー!スタイルキープに日々精を出す女子にはありがたいうどんです。

6. 愛知のきしめん

3大うどん以外にも沢山あった!全国のご当地うどん、ど-んと大調査!

「え、きしめんってうどんだったの!?」ええ、私も同じことを思いました。きしめんって、「きしめん」というジャンルなのだと……。それはさておき、グルメな街として有名な愛知で、ご当地うどんとして大活躍なきしめん。その立派な麺は、平たく伸ばすため、ほかのうどんより長いんだとか!この太い立派な麺に、”たまり醤油”で味付けされた濃厚なダシがぴったり!名古屋では駅のホームに、「立ち食いきしめん屋」もあるほど大人気です。

7.埼玉の加須うどん

加須市と言えばうどん。 #加須のうどん #うどん

もう「ダさいたま」なんて言わせない!埼玉にもありました、おいしいご当地うどん!埼玉県加須市とその周辺地域で食べられてきた、郷土料理です。もともと、冠婚葬祭をはじめ、祭日にうどんを作る習慣があった加須市には、なんと40店舗ものうどん店があり、「加須手打ちうどん会」なるものまであるほど!特徴的な白く輝く麺は、手ごねと寝かせの両方の工程を行っているからだとか。この両方を行うことで、麺が水を吸いやすく、独特のつやが出るんだそうです。

8.栃木の耳うどん

🍜 #耳うどん #佐野 #栃木  #mimiudon #udon #ear #japanesefood #japanesenoodle #sano #tochigi #japan

その名のとおり、麺が耳の形をしたうどん。パッと見た感じは、具がなくなった水餃子に見えなくもないですが、栃木県では正月料理として食べられていたんだそう。この独特な麺を鬼の耳になぞらえて、お正月に耳うどんを食べると、「1年間悪いことが聞こえなくなる」「悪口が聞こえないので、ご近所付き合いが円満になる」「その年は無病息災で過ごせる」といった言い伝えがあります。シイタケとかつおで取ったダシに、麺がマッチして、これまたおいしい!

9.群馬のひもかわうどん

ひもかわうどん (ふる川)

きもカワうどんではなく、「ひもかわ」うどん!その名のとおり、湯葉を彷彿とさせる、大きく薄い皮状の麺が特徴です。そのサイズに目を奪われますが、実はこの麺の太さはお店によって異なるそうです。つるんとした食感なので、冷たい出汁に付けて食べると◎

10.山梨の吉田うどん

道の駅「富士吉田」の吉田うどん

邦楽ロックが好きな人なら、誰しもが聞いたことがある吉田うどん。私も愛するフジファブリックのボーカルで、若くしてこの世を去った志村正彦の出身地・山梨県富士吉田市の名物うどんです!山梨といえば、「ほうとう」のイメージが多いと思いますが、この吉田うどんは正月などのハレの日に食べられてきました。麺が非常に硬く、コシが強いのが特徴。さらに、肉うどんの時は「牛肉」を入れるんだとか!

番外編① 京都 北野天満宮の1本うどん

読んで字のごとく、麺が1本しかないうどん!今は食べやすさなどを考慮して、1本を半分に切って提供しているのだとか。表面にツヤと、口触りをなめらかにするために、60分かけて茹で上げた麺は、やわらかいお餅のような食感。この麺のように「太く長い人生を送れるように」という意味が込められているのだそう。

番外編② 京都 祇園のネギうどん

ネギ好きにはたまらない1品。1杯のうどんに7~8本分の九条ネギが使われている、なんとも贅沢なうどんです。祇園の芸者さんや歌舞伎役者もハマるネギうどんは、京都旅行に欠かせない!?九条ネギの甘みとシャキッとした食感を存分に味わえます!

他にもまだまだ、ご当地うどんはありますが、あげきれないので泣く泣く割愛……。「うどん」だけで、こんなにも種類があることにびっくりしますよね!今回の調査で、改めて日本人のうどん愛を感じた、蕎麦派のわたしでした!

Written by エダマメ

このライターの他の記事はこちらから!

10連発!世界の「へぇ〜」な食習慣

中国では、宴会の際に食べきれないほどの料理を頼むのが習わしだ。どの家に招待されても次から次へと料理が出てくる。聞けば中国では、「昔は満足にご飯を食べられなかったから、ご飯を食べ切る=足りない」という思考になるのだそうだ。中国の人達にとって食べきれないほどたくさん提供することこそが、真のもてなしなのである。
中国以外にも、その国/エリア独自の食べ方やテーブルマナー・食材があるに違いない。そこで今回は、私たちの知らない世界の食習慣・食文化を紹介していこう。

1.韓国では、食器は持ち上げない。

小さい頃に「犬喰いはやめなさい!」と怒られた人もいるのでは?しかしお隣・韓国では事情が異なる。食器はテーブルに置いたまま食べる。というのも、韓国ではかつて、器が金属で作られていて重かった。「重い」から「持たない」の習慣が、今も残っているようだ。

10連発!世界の「へぇ〜」な食習慣

2.インドでは、右手がカレー用、左手はお尻用。

知っている方も多かろう。インドでは手でカレーを食べるが、その時に使うのは右手のみである。左手はトイレでお尻を拭く用。くれぐれも間違えずに。ちなみにこの習慣があるのは、インドの他にも、ネパール、スリランカ、バングラデシュなど。親指、人差し指、中指、薬指を使って上手にすくう。

10連発!世界の「へぇ〜」な食習慣

3.イギリスでは、フィッシュ&チップスに酢をかける。

イギリス人がフィッシュ&チップスにかけるのは、ケチャップやタルタルソースだけではない。モルトビネガーをダボダボになるまでかけるのだ。モルトビネガーとは、その名の通り麦芽酢のこと。少しクセのある、酸っぱいだけの液体である。とはいえ一度食べると病みつきになるらしい。鳥の唐揚げや餃子にも合うので、試してみてほしい。

10連発!世界の「へぇ〜」な食習慣

4.イタリアでは、パスタは出てきたらすぐに食べる。

イタリアでパスタが運ばれてきたら、他の人のサーブを待たずに、アツアツのパスタをすぐに食べ始めても良い。ちなみにこれはパスタに限ったこと。他の料理はすぐに手をつけず、マナーを守って皆の分が揃ってから食べ始めよう。

10連発!世界の「へぇ〜」な食習慣

5.タイでは、マクドナルドに“ごはん”がある。

マクドナルドといえば、ドナルド。タイのドナルドは「コップンカー」のポーズで出迎えてくれる。さて、気になるメニューだが、レッドカレーガパオ、果ては、唐揚げ定食や焼肉定食まで、タイのマクドナルドでは“ごはんもの”が豊富。さすが、お米の輸出量世界一の国。

10連発!世界の「へぇ〜」な食習慣

コップンカー

6.エチオピアの主食は、酸っぱいクレープである。

エチオピアの主食は、テフと呼ばれる穀物を粉末にして水と混ぜ、発酵させて焼いたインジェラと呼ばれる食べ物。見た目はクレープのようでもあり、プツプツと穴が開いてスポンジのようでもあり……。実はこれ、味が強烈なのである。Google先生に聞くと雑巾の味だと予測してくる。が、クセになるのか、ハマる人も多いらしい……

エチオピア料理といえば、インジェラ! #エチオピア #インジェラ #テフ #アフリカ

izupiguさん(@izupigu)が投稿した写真 –

7.アフガニスタンでは、パンを落としたらキスをする。

アフガニスタンは、インドと同じように手食文化である。大きな部屋にテーブル代わりの布を引き、皆で床に座って大皿を囲み、手で食事をする。もし、うまく手を使えずに、パンを床に落としてしまったら……?それを素早く拾い上げ、パンにキスをして、それから自分の額に掲げて、また美味しくいただくのだ。

Joint Iftar in Lashkar Gah

8.オーストラリアでは、朝食に塩辛トーストを食べる。

海外に行くオーストラリア人がスーツケースに忍ばせているものといえば、野菜をイースト菌で発酵させた食品ベジマイト。彼らはベジマイトを朝食のトーストに塗って食べる。チョコレートのような見た目とは裏腹に、味は、イカの塩辛と醤油と味噌と……。こう書くといけそうだが、塩辛さの度合いが違う。ひどい顔をする外国人を見て楽しんでいるオーストラリア人を見ると、おそらくこれは納豆のようなポジションではないかと思う。

9.マレーシアのあいさつは「ごはん食べた?」

マレーシアでは、「スダマカン?」(ごはん食べた?)が定番のあいさつ。初対面でもビジネスの場でも使われる。食べることが大好きなマレーシア人は、相手の健康を気遣って、この言葉を掛け合うのだ。ちなみにこのあいさつは、インドネシアでも通じる。

10連発!世界の「へぇ〜」な食習慣

10.ロシアでは、日本食が大ブーム

ロシアでは、ロシア料理の次に日本食のレストランが多い。その数なんと4万軒以上。うどんに寿司、焼き鳥、すき焼き、それからお茶漬けと、種類も幅広い。料理はどれもロシア風にアレンジされており、店員の金髪女性たちは、かんざし風に頭に箸を刺している。なんとも見事な文化の融合である。

ロシアでなぜか寿司屋にはいったよ!冒険だよ!

矢口 雅哲さん(@miyaguchi)が投稿した写真 –

知っているものはいくつあっただろうか?これらのことが本当かどうかは、いつか各地へ行く機会があったら確かめてほしい。
食文化は時代に合わせて姿かたちを変えていく。その最前線を体験できるのは、他ならぬ自分自身の舌なのだ。さあ夏休みも残り少ない!いざ、旅へ出よう!

Written by いまか

このライターの他の記事はこちらから!

いつの時代も共通の悩み「結婚」夫婦円満の秘訣はあの食べ物

「結婚」という普遍的な悩みを描いた映画

結婚というのは、いつの時代も人間にとってのクセモノである。

結婚をしていない者は、いつ結婚するのかと言われたり、結婚に行き遅れたんだと気を使われて逆に何も言われなくなったり。結婚をしたらしたで、子供はいつだとか、旦那の出世はどうだとか、浮気がどうだとか・・・。

他人と一緒に生きていく決心をするだけでも大変なのに、社会からのプレッシャーは半端ない。世の中は「結婚」を中心に回っているのではないかと思う程、世間はその話に溢れている。

そしてここにも「結婚」によってイライラしたりモヤモヤしたりしている人達を描いた映画が。その名も『お茶漬の味』である。

監督は小津安二郎、脚本は小津安二郎と野田高悟。1952年、今から64年前に作られた映画だが、現代と同じように「結婚」に問題を抱える人々が、したたかに強く、自分勝手に、優しく描かれており、安心さえ覚える映画である。

身分差婚の2人のギャップを埋めるのは『お茶漬の味』

お見合い結婚をした妙子と茂吉だが、上流階級出身の妙子は質素な生活を好む夫の茂吉が気に入らず、姪の節子や友人達と、結婚前のように遊び歩いている。
妙子は茂吉に反抗的な態度をとり続けるが、茂吉は妙子が外で遊び続けている事にも見てみぬふりをするような優しい男である。

ochaduke_01

そんな二人は姪の節子がお見合いを逃げ出した事で衝突し、すれ違いを繰り返す。妙子の家出や茂吉の海外への転勤など紆余曲折を経て、最後にはお茶漬がふたりの絆を結び直してくれる、といったシナリオだ。

ochaduke_02

お茶漬といえば、ご飯にお茶と漬物でさっぱりと食事の最後をしめる、優秀な日本の食べ物。元はといえば江戸時代に始まった、使用人が手早く食事を済ませるための食事法だったと言われている。今では、地方限定のお茶漬海苔やお茶漬専門店もあるほど皆に愛される、さらさらガツガツと食せる日本の素晴らしい発明品のひとつである。

ochaduke_03

お茶漬を通して深まる夫婦の絆

映画「お茶漬の味」の中では、他人と他人が夫婦として生活していく中で、どうお互いに歩み寄っていくのかが、食べ物を通して描かれる。

「ご飯に汁をかけるなんてはしたない!イヤヨやめてよ!」とプンスカしていた妙子が、最後には、普段は女中に任せきりな台所に茂吉と入り、やれ漬物だ、ぬか漬けだと漁りながら、「私もお茶漬食べてみる!」と旦那と向き合い茶漬けをすすり、旦那への愛に気付き、涙する。お茶漬を食べながら茂吉は、「夫婦とはお茶漬の味なんだ」と言い、妙子は素朴なものの大切さに気付き、夫への愛情、結婚の素晴らしさを初めて知るのだ。

ochaduke_04

©松竹

あなたにとってのお茶漬を再発見…

筆者はもっぱら夏に食べる茶漬けが好きだ。冷たい茶をご飯に注ぎ、さっぱりした漬物や梅干しと共に、世の中の全てを洗い流すかのごとく夜風にあたりながら一人、ずずずっとすするのが悦で大好きなのだが、皆さんはどうだろうか。

映画「お茶漬の味」を観て、お茶漬をすすりながら、今夜、あなたにとっての「お茶漬の味」を再発見してみてはいかがだろう?

ochaduke_05

Written by パンダ悦子

このライターの他の記事はこちらから!

暑い夏こそタイ式はいかが?定番大衆魚を使ったおつまみと氷入りビール!

タイの大衆魚・プラーニンの魅力は、まだあった!

先日紹介したプラーニンですが、まだまだほかにも食べ方あったんです!奥が深いですねー。

fried-tilapia_01

この写真は、パーキングエリアで見つけたプラーニンの皮を上げてピリ辛に味付けしたもの。タイという国は辛さの味付けが上手ですね。このプラーニンの皮揚げも一口食べただけでファンになりました。

fried-tilapia_02

おそらく化学調味料バリバリに使っているんでしょうが、これは旨い。パリパリ感と絶妙の味付けがもう止まらない、止められません!

前回の記事ではこの魚が昭和天皇の進言によってタイに導入され大衆魚の地位を得た経緯を書きましたが、当の日本では当時高級魚であったよりよい味、食感の鯛(タイ)の養殖が成功したため大衆化することはなく、現在でも食卓ではほとんど見かけることはありません。そんな背景を知った後、しかしこうして異国の地でビールのつまみにプラーニン(ティラピア)の皮揚げをいただく、感慨深いものがあります。

タイでは、パーキングエリアや観光地の土産物屋でよくこの皮揚げを見かけます。とにかくビールとの相性が抜群なので、見かけたらぜひ買ってみてください。

タイでのお酒の飲み方は、日本とちょっと違う

ちなみに写真のビール、タイの3大ビールブランドのシンハとチャーン、そしてこのレオですが、よーく見ると…コップに氷が入っているのに気付きましたか?そう、タイではビールに氷を入れて飲むのです。夜でも気温は30度近く、コップにビールを注いでも数分でぬるくなってしまいます。冷やす、という意味でも氷を入れるのが一般的です。氷を入れて飲むことが前提になっているため、注文すると冷えていないビールが出てくることも稀ではありません。「ビールが冷えていないじゃないか」といってクレームする文化ではありませんので、お間違えの無いように。

そのほか、濃い味のお酒はあまり好まれず、ウィスキーなども水でかなり薄めて飲むのがタイ式です。わたしも慣れるまでは時間がかかりましたが、これはこれで蒸し暑いタイの気候にあっているのかな、と気にならなくなりました。

これからやってくる暑気を吹き飛ばす冷たいビールにピリ辛おつまみ、ぜひ試してみてくださいね。

Written by 元ジェット

このライターの他の記事はこちらから!

タイの中華街の定番料理は魚の「アレ」を使ったスープだった

タイ×華僑文化の生み出した看板メニュー

タイ・バンコクの中華街、ヤオワラートに行ってきました。

タイでは華僑系タイ人が多く、中華系の血筋を引いた祖先が2代、3代前に移住してきた、などの話もよく聞きます。どこの国に行っても必ずと言っていいほど見かける中華街。非常に賑やかなネオンの町並みで、タイの雑踏の賑やかさがより一層引き立ちます。

thail-gapo_01

ヤオワラートの賑やかなネオン

タイはもともと異文化に寛容な土地柄。華僑のもたらした文化が見事に融合し、その食文化にも花を咲かせています。そんな華僑文化が影響を与えたタイ料理の中でも、タイ人の間で特に人気なのが、ガポ・プラーというメニュー。

「ガポ」は胃袋のことで、「プラー」は魚のこと、つまり魚の胃袋のスープという意味です。ぐつぐつと煮え立った鍋に入って、豪快にテーブルに供されます。

本当は胃袋じゃない!?ガポ・プラーの正体

今回入ったレストランは観光客半分、タイ人家族半分といった客層でした。ガポ・プラーは家族連れなどにも人気で、ちょっとした豪華外食、といった位置づけのようです。

ガポ・プラーにどんな背景があるのか、調べてみました。「胃袋」と呼ばれているのは、実は魚の浮袋。われわれ人間がはるか昔に魚類と先祖別れした際、それを肺として進化させたもので、海に残った魚類が水中で浮力を保つための器官・浮袋として進化させたものです。魚たちはこの浮袋に気体をため込んで、生息する水深を調整するのに用いています。食用として使用するには、血管をとったり天日干ししたりして結構な手間がかかり、さらに水深が深いところにいる種類の魚のものが好まれるため、ものによっては何万円もするものまであるそう。中華系の食文化らしく、「食べると幸運が訪れる」といった縁担ぎの民間信仰もタイに伝わっていて、それも人気の理由の一つになっているようです。

浮袋が一体どんな経緯で「胃袋」と呼ばれるようになったのか…これは、「」です。どこかで胃袋と間違ったまま伝わったのか、見かけがそう見えたからなのか…。

thail-gapo_02

この日頂いたガポ・プラーは、たったの300円程度のものでしたが、提供時のアツアツの演出もあって、雰囲気は抜群。煮込んだこってりとろとろのスープにカニ肉がいい香り付けをしていて食欲をそそります。

タイの中華街の醍醐味・ダイナミックで異国情緒溢れる料理たち

ガポ・プラーと一緒に注文したのが、そうめんのような細い面を炒めたパットミー。こちらも香ばしい風味に箸が進みます。

thail-gapo_03

「パット」は炒め、「ミー」は極細麺の意味です。タイで一般的な麺類はきしめんのように太い「ヤイ」、日本のラーメンのような太さの「レック」、そしてさらに細い「ミー」があり、いずれも米粉からできています。強い火力で一気に炒めるので香ばしい香りがテーブルいっぱいに広がります。中華料理の醍醐味はやっぱり、この豪快さですね!

ヤオワラートエリアは観光客も多くどこのレストランも外国人慣れしているため、言葉が通じなくても大抵何とかなってしまいます。今回訪れたレストランでは、ビルマ特有の顔に白粉を塗ったビルマ人店員が、中国人観光客と中国語でやり取りしていました。この中華街独特の光景も異文化に寛容なタイらしく、異国情緒溢れる雰囲気が盛り上がります。

Written by 元ジェット

このライターの他の記事はこちらから!

ページトップ