ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

料理はセクシーであるべき?「デザートをあなた」にするためのヨロン丼

デザートはあなた ヨロン丼

私が地方の街に就職して一人暮らしをしていた20代の頃は、日本のバブル経済全盛期でした。地方で体感したバブルは都会ほど派手ではなかったとは思いますが、それでも勤務先の建物は、外国から取り寄せた大理石がふんだんに使われたエントランスホール、オフィスは天井が高く開放感があり、美術館顔負けの有名画家の絵画がたくさん飾られている、といったゴージャスさでした。
もちろん(?)バブル終焉とともにその会社も弾けてなくなってしまいましたが…。

デザートはあなた ヨロン丼

読むだけで自分も「いい女」になった気がするバブル時代の小説

出張も多い仕事だったため、移動中には文庫本の小説をよく読んでいました。当時は「いい女になるための修行」をしなければならないと思っていて、仕事も恋愛も楽しむカッコイイ女性が描かれている恋愛小説をたくさん読んだものでした。
当時の小説を今読み返してみると、登場するものや状況設定や登場人物のキャラクターには今の時代にはない勢い、豊かさ、余裕といった特徴があって、当時の社会全体の雰囲気を思い起こさせるものがあります。

デザートはあなた ヨロン丼

「料理はセクシーであるべき」と説く小説『デザートはあなた』

中でも印象に残っている小説、森瑤子著『デザートはあなた』には、おいしそうな料理がたくさん登場します。料理好きの大西俊介という男性が、女性のためにあれこれ料理を作るというストーリーなのですが、その料理というのが、レストランのような手の込んだオシャレなコースメニュー。彼曰く「料理はセクシーであるべき」なのだそうです。

俊介はいつも「デザートはその日食事に招いた女性」の予定で腕をふるい、「デザートは君」とのキザな口説き文句もサラッと言うのですが、いつもアクシデントがあってそううまくは行かない、というのがオチになっています。それでも、この小説を読んだせいで「料理を作れる男はセクシー」というイメージが私の中に刷り込まれてしまいました。
それは実生活にも影響し、俊介のように手作りディナーに招待してくれた男性のデザートになり結婚までしてしまった私…。私の人生は、ドラマや小説にしょっちゅう影響されています。。。

デザートはあなた ヨロン丼

「ヨロン丼」を作ってみたら絶品だった!

作中ではレシピも詳細に説明されています。設定がバブリーなこともあり、手に入りづらい食材や質の高い高級品が使われていて気軽に真似できるものは少ない中、実際に私も作ってみたことがあるのは「ヨロン丼」です。
俊介が料理の腕を振るおうとした女性宅が沖縄の与論島で、そこでありあわせの材料をかき集めて偶然できたのが「ヨロン丼」でした。詳しくはぜひ本を読んでみてください。この料理は、森瑤子さんの他の小説やエッセイなどにもよく登場していて、ファンの間ではすでに有名。オイルサーディン缶を使った、簡単でおいしい丼です。

デザートはあなた ヨロン丼

サーディンを缶のオイルごとフライパンにあけて火にかけ、温まったところで醤油をまわしかけて煮詰める。それをタレごと熱々のご飯にのせて刻んだあさつきと七味唐辛子をたっぷりふり、あればライムを絞って…という簡単レシピ。文句なしのおいしさです。
写真はトマトソース漬けのサーディンを使って作ったときのものですが、これもGoodです。
女性を家に呼んで腕をふるう際には、ぜひ作ってみてください!

Written by Nolly

このライターの他の記事はこちらから!

関連記事

【海外ドラマ頻出料理】デス妻・ブリーとリネット、対極な2人の対極なミートローフ

【海外ドラマ頻出料理】デス妻・ブリーとリネット、対極な2人の対極なミートローフ

アメリカの一般家庭の日常生活のことをたくさん知ることができるドラマ「デスパレートな妻たち」通称デス妻。料理好きの私にとっては、アメリカの代表的な家庭料理の話題が随所に出てくるのが最大の楽しみ。
なんといっても、ドラマのメインキャストの一人であるブリーは、料理上手が高じてアメリカ家庭料理の本を出版し、ベストセラーとなったあと、ケータリングビジネスでも成功。前半のシーズンでは、毎日家族のためにすべての家事を完璧にこなし、レストランの料理のような手の込んだお洒落な料理を完璧に作る主婦でもあります。作中では、彼女の腕によりをかけたおいしそうな美しい料理がたくさん出てきます。

【海外ドラマ頻出料理】デス妻・ブリーとリネット、対極な2人の対極なミートローフ

©Disney

そして今回の注目したいのがもう一人のメインキャストのリネット。キャリアウーマンとしてバリバリ仕事をこなす傍ら、家庭では超わんぱくな息子3人に手を焼いている毎日。完璧さなんて求める暇もないほど、とにかく忙しさに翻弄される日々を送っています。
そんな対照的な2人に、どちらも「ミートローフ」の話題がからんだことがありました。

【海外ドラマ頻出料理】デス妻・ブリーとリネット、対極な2人の対極なミートローフ

©Disney

「フレンズ」人気エピソード フィービーのクッキーに見るアメリカのクッキー観

「フレンズ」ファンの間では有名な「フィービーのクッキー」

アメリカの日常生活に密着したストーリーで、アメリカの文化や習慣を学べるドラマ「フレンズ」
英語のリスニングを学びたい方にもおすすめの海外ドラマとして、長年安定した人気を誇っています。
そういう私も、「フレンズ」を何度も何度も視聴して、本当にリスニングが上達した一人です。

繰り返し見ていると、詳しく知りたくなるポイントがたくさんあるドラマですが、特に料理好きな人が興味を引かれるポイントのひとつに、「フィービーのクッキー」があります。

感謝祭には食べ比べ!ドラマ「フレンズ」とアメリカのマッシュポテト

左がフィービー。
©Warner Bros.Entertainment

ドラマの中で、クッキーのエピソードは2つあります。
「オートミールレーズンクッキー」「チョコチップクッキー」、どちらも手作りです。

「フレンズ」人気エピソード フィービーのクッキーに見るアメリカのクッキー観

チョコチップクッキー

アメリカのクッキーは、手作りが最良とされている

一家団欒の夕食にもテイクアウトやデリバリーを利用することが日常という家庭も多く、またこちらの記事でご紹介した「チキンヌードルスープは、缶詰を温めるだけというのが一般的」など、意外なものまで買って済ませることも多いアメリカ。
しかし、クッキーに関しては家庭でよく手作りされていて、焼きたてのあつあつ(「オーブンフレッシュ Oven fresh」といいます)を食べるのが最良とされているようです。

「フレンズ」人気エピソード フィービーのクッキーに見るアメリカのクッキー観

オートミールクッキー

子供の頃からお菓子作りが趣味で、「バターを使うお菓子は、できたてよりも数日置いた方がおいしい」が常識だと思っていた私、「焼きたてのあつあつがおいしい」がアメリカの常識であることには、カルチャーショックを受けました。
単純に好みの違いでしょうか。
アメリカのクッキーには、バターよりもショートニングマーガリンが多用されるからかもしれません。

世界一おいしい?フィービーの「オートミールレーズンクッキー」

シーズン1エピソード12で、フィービーは自分が嘘を言わない人間であることを証明するために「私が作るオートミールレーズンクッキーは世界一おいしい」と、レイチェルに食べさせます。
レイチェルは「何これ、ホントおいしい!」と感激。

「フレンズ」人気エピソード フィービーのクッキーに見るアメリカのクッキー観

©Warner Bros.Entertainment

ほんの数秒だけのやり取りなのですが、「世界一おいしい」とされたせいか、このクッキーのレシピを知りたいと思った方はたくさんいたようで、ネットで検索すると翻訳レシピなどが出てきます。
アメリカで出版された「フレンズに出てくる料理」の本の中でも紹介されたのだそうです。

このクッキー、私もよく作って主に朝食代わりに食べています。
オートミールレーズンも美容にいい食材ですよね。
「世界一」は少し大げさかもしれませんが、確かにおいしいクッキーですよ。

「フレンズ」人気エピソード フィービーのクッキーに見るアメリカのクッキー観

オートミールクッキー

海外ドラマ頻出・日本未発売メニュー サブウェイの「ミートボールサンド」って知ってる?

「チャック」に出てくるおいしそうなサンドイッチが気になる!

ドラマ「チャック」にときどき出てくるサンドイッチ、気になりませんか?

チャックの親友で家電量販店「バイモア」の同僚のモーガン、店長のビッグ・マイク、ジェフスターとレスターがよく食べている設定で登場します。
白い紙で包まれた細長いサンドイッチは、実在するサンドイッチショップ「サブウェイ」のものです。

日本未発売メニュー サブウェイの「ミートボールサンド」知ってる?【海外ドラマ頻出】

実在する商品名やお店が名前そのまま出てくるから面白い

アメリカの「サブウェイ」はこのドラマのシーズン2のスポンサーだったそうです。
商品名が必ず隠される日本のドラマや映画とは異なり、アメリカのドラマや映画では、実在するお店や商品も、名前を隠さずそのまま放送されるところが面白いですよね。

サブウェイのサンドイッチは、全く宣伝っぽさはなく、さりげなくストーリーに溶け込んで登場します。
実在するものが出てくると、現地の生活感がよりリアルに伝わってくるものです。
そして、登場人物が大好きで食べている、とずっと見ていると自分も買いたくなってくるのが消費者。
やり方が上手だなぁと思います。

ドラマには、日本の「サブウェイ」にはないメニューが登場する

サンドイッチ店の「サブウェイ」は日本国内にもありますね。
「チャック」で見て食べたくなって、買いに行ったことがある方もいると思います。
ただし、あいにく日本のメニューはアメリカと異なるため、ドラマと同じサンドイッチを食べてみたいと思っても、ほぼ買えないんですよねー。
いつかこの、長~いパーティーサンドの実物を見てみたいものです。

日本未発売メニュー サブウェイの「ミートボールサンド」知ってる?【海外ドラマ頻出】

©Warner Bros.Entertainment

日本未発売メニュー サブウェイの「ミートボールサンド」知ってる?【海外ドラマ頻出】

©Warner Bros.Entertainment

日本未発売メニュー サブウェイの「ミートボールサンド」知ってる?【海外ドラマ頻出】

©Warner Bros.Entertainment

それにしても本当に長い
まず日本ではお目にかかれないサイズ感…豪快!さすがアメリカです…

日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」

日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」

夏になると食べたくなるかき氷

日本の夏の風物詩、かき氷。今年何回食べましたか?
イチゴ、レモンなどの合成着色料のシロップに練乳という組み合わせ、山盛りの細かい氷
子供の頃は特別なものだと思っていました。
この味で育ってきた者にとってはこれで懐かしくおいしいものですよね。

日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」

暑くてかき氷が恋しくなるのは日本だけではありません!
当然、世界中にその土地独自のかき氷があるのです。
もちろんシロップやトッピングの具材も異なります。

「ハワイファイブオー」に登場するシェイブアイス、日本とちょっと違う

ハワイが舞台の刑事ドラマ「Hawaii Five-Oハワイファイブオー」に登場したシェイブアイス(かき氷)
「日本と違う!」と気になったので、ご紹介します!

日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」

シェイブアイスが出てきたのは、シーズン1エピソード7。
母親が殺され、父親は容疑者とされて逃走中。
保護された娘はショックと不安で元気がない。
そんな女の子を元気づけたいと、ファイブオーの女性刑事コノが声をかけて、シェイブアイスを食べに連れていきました。

まず「お腹すいてる?シェイブアイス食べに行かない?」とのセリフに、「えっ、お腹がすいたら食べるものなの?」と驚きました。
ハワイのシェイブアイスには、トッピングとして白玉やあずきが入るので、おやつ感覚なのかもしれません。

日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」

ハワイのシェイブアイスは、日本にはありえないほど種類が豊富なので、選ぶのを迷ってしまいます。
このシーンでコノが食べているのは「グレープ」です。

日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」

うーん、日本にもあってもよさそうだけど、めったにないですね。
「私はグレープが一番好きなの。なぜかって言うとね、ほら、舌が紫色になるから。」と舌を出して見せ、やっとこの女の子の笑顔を引き出したのでした。

日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」
日本と異なる「かき氷」文化発見!ハワイ好き必見のドラマ「ハワイファイブオー」
ページトップ