ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

【お酒×コーヒー】新感覚のジントニック!

こんにちは! 

コーヒのお酒って皆さんは飲んだ事はありますか?

私は今までなかったのですが、

コーヒのお酒が飲めるというバーがあると聞いて早速行ってみました!!

 

こちらは

COFFEE BAR GALLAGE (コーヒーバーガレッジ)  

東中野駅から徒歩2~3分の駅近!商店街の小さなビルの2Fにあります。

もうすでに入りづらいです笑

階段を上がるとドアは空いており可愛い感じ。

 

unnamed-5

ただ店に入った途端、薄暗くて普通にバーででした。笑

でも、ジャズが流れていたり、本があったりとてもお洒落な感じで居心地はよさそうです。

 

unnamed-1

 

14時から23時までやっているので、夕方くらいに行けば、気軽にコーヒーでもと

思ってバー、一人デビューしてきました。

カウンター席と普通のテーブル席があったため、テーブル席へ。

お客さんは私しかおらずなんとも緊張・・・・。

ドリンクのメニューをもらい、一旦コーヒーでいいかなと思っていたら、

マスターが色々ドリンクの説明をしてくれてとても優しい!

と、やはりオススメはコーヒーのお酒とのこと。

色々な種類があるなか、Kingsmanという、ジントニックとエスプレッソのお酒を

頼んでみました!夕方からお酒なんて贅沢。

 

そして、テーブル席だった私ですが、カウンターへどうぞと言って頂き、

また緊張のなか一人でカウンターデビュー笑

コーヒー豆の種類も、お酒の種類もたくさんありました!

 

unnamed-3

 

unnamed-4

 

お酒を作っている間にも、コーヒーの本を見せてもらったり、コーヒーの知識を

丁寧に教えてくれました!

 

unnamed-2

 

コーヒーは好きだけど、豆の産地や、豆の種類などなかなか知らなかったため

とても勉強になりました!親切!!

 

そしてきましたKingsman!!!

 

unnamed

 

こちらは映画のKingsmanをイメージして作られたそうですよ、

マフィアのお話ですがなかなかお店の雰囲気とお酒が合う!

 

そして・・・

美味しすぎる!!!!

 

ちょっとエスプレッソトニックに近い感じでした!

でもお酒なのでゆっくり飲めてとても良かったです!

 

そこのマスターが言っていたのですが、

コーヒーの中でも、エスプレッソがとても難しいそうです!

ドリップも奥が深いらしいのですが、

エスプレッソは、粉にするところから、その日の気温や湿気などで影響されやすく

その日その日でグラムを調整したりするそう。

さらに、粉を手動でプレスするのですが

そのプレスも、力を入れ過ぎもだめ、弱すぎてもだめ、平行に垂直に

プレスしないといけないそうです。なんとも奥が深い・・・

 

もともとエスプレッソといえば・・・・・イタリア!

1806年、ヨーロッパを制覇したナポレオンが、大陸封鎖令をしたところにまで至っているそうです。

 

napoleon

 

コーヒー自体はもっと昔の13世紀頃からあるそう!!!すごい!

そして、大陸封鎖令で、一気にコーヒー豆が不足し、様々な対応がとられ、

ある有名なお店ではコーヒーの量を単純に3分の1に減らして提供していたそう。

そうして、デミタスカップ(エスプレッソ用のカップ)が誕生。

 

3517e4107e16dfc25a871edfa92f6e42_s

 

その後、1901年に濃厚なコーヒを抽出するエスプレッソマシンが出来、

イタリアでは急速にエスプレッソが広まったとされています。

 

え、エスプレッソになるまでが、100年位空いてますが、笑

そこは気にしない笑

 

日本ではあまり、エスプレッソは広まっておらず、結構飲みづらいですよね。

飲み方は、エスプレッソをストレートで飲むのではなく、

シュガースプーンに山盛りエスプレッソにいれ、混ぜすぎないように飲む。

さらに、ちびちび飲むのではなく、2.3口で一気だそう。

ちょっとしんどそう笑

 

 

なかなか日本ではエスプレッソは飲む機会がないですが、

イタリアに行ったら一度はエスプレッソをかっこよく飲んで

みたいものですね!

 

By  sasan

ページトップ