by ヤミー!-自己満足 食・文化メディア

謎の内蔵カナッペ、ソースの下でうごめく何か…奇妙で闇ー!?な一家の食卓

謎の内蔵カナッペ、ソースの下でうごめく何か…奇妙で闇ー!?な一家の食卓

10月31日、つい先日のことです。気付けば24時を過ぎ、11月に突入。あくびをしながら乗り込んだ山手線は終電。このとき私はすっかり忘れていたのでした、今日という日は、みんなが大好きなハロウィンだということを。平日の終電にもかかわらず、ゾンビ、悪魔、血まみれのナース、それからモンスター……?いくら見渡しても一般的な仕事帰りの人が見当たりません。ショックのせいか、仮装ではなくてリアルに「こういう人たち」なのではないかと思いはじめる始末…

さらに、ヤミー!の原稿がまだ全然できていなかった状況のおかげで、脳みそがヤミー!的な思考を強制してきました。ふと「この人たちは、どんなものを食べて生きているのだろう?」と。
目の前で楽しそうに喋っている悪魔とゾンビの人に「いつもなに食べてんの?」と馴れ馴れしく声を掛けたいところですが、ピザとかマックとか、からあげクンとか現実的なフードが挙がってきて夢が壊れそうな予感がしたので、電車を降りて一旦頭を冷やし、TSUTAYAに向かうことに。

というわけで今回は、TSUTAYAで再会したヘンテコな家族の映画に注目し、ストーリーはそっちのけにして……。ヤミー!な視点で鑑賞してみました!

おいしそうに見える!?
「アダムスファミリー」の好奇心揺さぶられる食卓

誰もが1度は見たことがあるであろう映画、「アダムスファミリー」(1991年)。金曜ロードショー(日本テレビ)や日曜洋画劇場(テレビ朝日)でもよく放送されていましたよね。青白くて奇妙なこの人たち、一体何者なのでしょうか。小さい頃から大好きな映画なので懐かしさに浸りたいところですが、ひとまずストーリーはスルーして見てみると、意外にもヤミー!なシーンがいっぱい!今回はそんなシーンの一部をご紹介します。

おもてなしのパーティーメニューは…内蔵カナッペ

お客様が来たら、もちろんおもてなしを。「ようこそ交霊祭へ。内臓カナッペはいかが?」きれいに盛り付けられたカナッペが運ばれてきます。何の内臓かはわからないけれど、艶やかで新鮮っぽくておいしそう。一口サイズだし、1つぐらいトライしてみようかな。なんて思えてしまいます。

謎の内蔵カナッペ、ソースの下でうごめく何か…奇妙で闇ー!?な一家の食卓

©Paramount Pictures

グラニーがカナッペをかじった瞬間、奇声のような音が聞こえてきます。とても新鮮な食材を使っているということでしょうか。料理は音で味わうのも大切ですよね!この数秒間の咀嚼シーン、必見です。

謎の内蔵カナッペ、ソースの下でうごめく何か…奇妙で闇ー!?な一家の食卓

©Paramount Pictures

愛情たっぷりなママのスペシャル料理

席について料理を待つフェスターの皿に、フライパンから大胆に盛り付けられた緑色の炒め物。「なんだこれは?」とフェスターが尋ねると、モーティシアは穏やかな表情で「ママのスペシャル料理よ」と答えます。

アダムス一家の料理担当グラニーはフライパン片手に「目玉がうまいよ!」と一言。不気味な笑みを浮かべてキッチンに戻っていきます。目玉ということは……と変な想像をしてしまいますが、ベチャッと盛り付けられた様子が濃厚なジェノベーゼのようでなんだかおいしそうに見えてきます。

謎の内蔵カナッペ、ソースの下でうごめく何か…奇妙で闇ー!?な一家の食卓

©Paramount Pictures

食べ方がアマいわよ!!

家族みんなで食事。ウェンズディがスープのようなものを食べていると、母のモーティシアに「食べ方がアマい!」と一喝されます。

謎の内蔵カナッペ、ソースの下でうごめく何か…奇妙で闇ー!?な一家の食卓

©Paramount Pictures

ウェンズディはスプーンをフォークに持ち替えてソースの下でうごめく何かに狙いをさだめ……というなんとも野性的?な食事のシーン。まるで、狩りをする野生のライオンの親子みたいなやりとりです。何かを察したかのように、皿の上の料理が逃げ回って見えるところもまた面白く新鮮さが伝わってきます。

謎の内蔵カナッペ、ソースの下でうごめく何か…奇妙で闇ー!?な一家の食卓

©Paramount Pictures

キンキンで冷気モクモクドリンク

謎の内蔵カナッペ、ソースの下でうごめく何か…奇妙で闇ー!?な一家の食卓

©Paramount Pictures

ぱっと見た感じはメロンソーダの様だけど、虫の血液とか入ってそう……。青白く、冷気が漂うモーティシアの雰囲気にぴったりなドリンク。ドライアイスで冷気がモクモク……細かいところまで演出されています。ドライアイスが入っていてすごく冷たそうですが、どちらかというと温かいもの方が苦手そうな表情ですよね。

おいしそうな、息子?

パーティーが終わりゲストも帰っていったころ、見失ってしまった子供たちを探して辺りを見回すアダムス夫婦。2人の目の前にあった大きなディッシュカバーを開けると……そこには、お皿の上ですやすやと眠る息子、パグズリィの姿が。

謎の内蔵カナッペ、ソースの下でうごめく何か…奇妙で闇ー!?な一家の食卓

©Paramount Pictures

母親のモーティシアは「可愛いわ……仔豚の丸焼きみたい」と愛おしそうに見つめています。微笑ましくも、「早く逃げて!!」と声をあげたくなってしまうシーンです。

そんな一族のモットーは「刃向かう者は食っちまえ」なのだとか……。うっかりしてたら、食べられてしまいそうです。

いかがでしたか?昔懐かしの映画を改めて見直してみると、意外にも意識していなかった、ヤミー!なシーンがたくさん発見できました。「みんなでごはんを食べるっていいなぁ」なんて一人暮らしをしているとつい忘れがちですよね。ピザとかマックとかからあげクンが主食の方も、アダムスファミリーのような新鮮で愛情たっぷりのごはんを食べてみてはいかがですか?

Written by ほっしー

このライターの他の記事はこちらから!

  • マンガ飯
  • 映画に出てくるおいしいものたち
  • おいしいnovel
  • overseasのごはん事情
  • お酒の話
  • フェス飯・イベント飯
ページトップ