ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

教師、JK、幼稚園児が料理に奮闘『甘々と稲妻』は料理苦手女子の教科書?

毎週末の思い出は、2時間待ちの父のごはん

私が小学生だった頃は、毎週土曜日の授業はお昼まで。両親が共働きだったため、毎週末に昼ごはんと夜ごはんを作るのは父の担当でした。空腹も限界に達した頃に授業が終わり、友達と話すこともなく猛ダッシュで帰宅すると、父は悠長にテレビ(しかも大河ドラマと朝ドラの再放送!)を見ながらまったり…。番組が終わるまで、もちろんご飯はお預け。切りのいいところで、「おとん、お腹空いたーーーーーっ!」と叫び、やっとこさ、お昼ご飯を作り始めてくれるのです。メニューは決まって、玉ねぎとひき肉しか入っていない焼きそばか、インスタントのカレーうどん~落とし卵入り~。男の料理とは野菜が少なく、味が濃く、ただただ脂っこいものなのだと、小学生ながらに思っていました。

甘々と稲妻

毎週末、私と姉は普段仲が悪いのにここぞとばかりに一致団結して、マイペースな父に早くご飯を作らせるべく試行錯誤。のんびりした父は、なぜかご飯を食べる時だけは厳しく、空腹の限界が過ぎてもはや睡眠欲しかない私たちに、こってり味の焼きそばを出して、「俺の作った飯が食えんのか!」と激怒。眠気と戦いながらご飯を食べていたのも、今ではいい思い出です。

これがイマドキの料理マンガだ!その名も『甘々と稲妻』

さてさて、前置きが長くなってしまいましたが、今回はそんなうちの父とは正反対!?心温まる親子の料理マンガをご紹介します!その名も、『甘々と稲妻』です!!
主人公は妻に先立たれた高校教師・犬塚公平(通称おとさん)とその娘・つむぎ、そして”おとさん”の生徒で、料理研究家の母親を持つ小鳥の3人です。”おとさん”は料理初心者。小鳥は料理の知識は豊富ですが、ある出来事をきっかけに包丁を使うことができません。つむぎは、まだまだ料理なんて出来ない幼稚園生。
そんな3人が一致団結して料理に挑み、奮闘する様子を描いたのが、この作品です!

甘々と稲妻

© 雨隠ギド・講談社/「甘々と稲妻」製作委員会

『甘々と稲妻』、料理マンガとは思えない不思議なタイトルですが、由来はというと……作者である雨隠ギドさんが以前に受けたインタビューでは「ご想像にお任せします!」とのことでした。ネット上では「甘々」とは小鳥とつむぎの甘えん坊2人を指し、「稲妻」は”妻がいない”ということから、”おとさん”のことを指しているのではないか、という意見もあります。また、「よく漫画やアニメのシーンにある衝撃を受けた時、稲妻が描写されるから」といった説も出ています。作者は他にも「1日人生を見つめなおして、今のタイトルをひねり出した」とも言っています。由来は結局謎のまま……。

お母さんじゃなくて、お父さんが料理をするの?

2013年より講談社アフタヌーンで連載されており、単行本は7巻まで出ています。2016年7月からはアニメも放送中です。”おとさん”と小鳥が苦労しながら料理を作り、それを見ながら応援し、時にはお手伝いまでするつむぎ。その3人の様子にほっこり心が温まります。

甘々と稲妻

© 雨隠ギド・講談社/「甘々と稲妻」製作委員会

愛娘のために奮闘する父、そんな父の料理をほおばる娘のかわいらしさ!

このマンガのみどころは、なんといっても、つむぎの食べる姿おいしそうな料理の数々!!!
目の前のごはんにキラキラと目を輝かせ、口いっぱいにほおばるつむぎのほっぺは、おいしい料理でパンパンに膨らんでいます。これがめちゃめちゃ可愛いのです…

甘々と稲妻

© 雨隠ギド・講談社/「甘々と稲妻」製作委員会

母を亡くしてからコンビニ弁当ばかり食べてきたつむぎが、出来立てのご飯の美味しさに感動する様子を見ていると、妻に先立たれて踏ん張ってきたシングルファーザーの”おとさん”の目からは涙が出そうになることも…

甘々と稲妻

© 雨隠ギド・講談社/「甘々と稲妻」製作委員会

3人が取り組むレシピはどれもシンプルなものばかり。第1話はまさかの「土鍋でごはんを炊く」です!ごはんを炊くって果たして料理なのだろうか……。でも、日常で土鍋でごはんを炊くことなんてめったにない!逆に興味がわきますよね。出来たごはんは、湯気やツヤまで細かく描かれているので、おなかが鳴り始めてしまうかも……。他にも、「具だくさん豚汁」や「魚の3枚おろし」、「イカと里芋の煮物」など…自然と3人と一緒に料理の基礎を身に着けることができます。

甘々と稲妻

© 雨隠ギド・講談社/「甘々と稲妻」製作委員会

私の父とは違い、レパートリーもたくさん!野菜もたくさん!なレシピが満載で、そんなところもとっても魅力的。
“おとさん”や小鳥が料理初心者なので、作り方もとても簡単にわかりやすく、マンガには1話ごとに作った料理のレシピが詳しく書かれているので、料理初心者な私にはとても助かります!

「マンガのレシピって実際に作りながら読むのは難しくて……」という方!ご安心ください。なんとアニメ化を記念して料理本、その名も「つむぎと作るおうちごはん」が発売されました!これで、料理初心者なんて言わせない!私も料理上手になってやるんだから!

……というわけで、この夏、冷房で心も体も冷え切ったみなさん、ぜひ心がじんわり温まる『甘々と稲妻』を読んで、”おとさん”やつむぎと一緒においしいご飯を作ってみるのはいかがでしょうか? 作ったごはんも誰かと食べればおいしさ倍増!え、誰もいない?そんな方はアニメ版を見ながら、3人と一緒に食べている気分を味わうのもアリですよ。

甘々と稲妻

© 雨隠ギド・講談社/「甘々と稲妻」製作委員会

Written by エダマメ

このライターの他の記事はこちらから!

関連記事

究極の飯テロ映画 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」 の魅力

漫画やドラマや映画の登場人物が食べているのを見て、

つい自分も深夜にラーメンをすすってしまった経験が皆、1度や2度あると思います。飯テロです。

様々な料理を扱った数多くの飯テロ作品がありますが、

本日紹介させていただくのは私のおすすめ飯テロ映画「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」 です。

 

監督はジョン・ファヴロー。アイアンマンの監督としても有名な方ですが、

そのジョン・ファヴローが監督のみならず脚本・制作・出演(!)も行っているという彼の才気が全編にあふれ出ている作品です。

監督が演じるフランス人料理シェフの“カール”がまたいい味のキャラクターをしています。

 

本当にオススメなので切実に一切ネタバレしたくないのですが、そうもいかないので最低限あらすじを説明すると、

頑固でプライドの高い一流フランス料理人のカールが諸事情により

キューバサンドイッチのフードトラックを始める…という内容になっています。

001

 

作品の前半でカールは由緒正しいフランス料理を作ります。

カールが調理するシーン、この時点で見ていてヨダレが溜まります(笑)

監督自らシェフに弟子入りして包丁さばきを演技のために勉強したようで

繊細な包丁さばきで紡がれていく料理を見ているだけで期待が高まっていきます。

監督をして演技をして包丁さばきを勉強する、監督の熱意に脱帽するばかりです。

 

この「フランス料理」はいわば映画の前哨戦なのですが、この時点で

「いや、コレで十分です!コレ食べたいです!」 とこの時点で唸らされる格調のある飯テロが画面で繰り広げられます。

 

オレンジ色のソースと緑色の野菜ソースがカラフルに絡み合う豚バラ肉のロースト

野菜をミキサーしたソースにラディッシュを添えた海老のグリル

そしてヒレ肉のステーキ…他にも美味しそうな料理が次々と登場します。

002

 

そして話が進み今度は一転して、カールはカジュアルなフードトラックでキューバサンドイッチを作り始めます。

先述したフランス料理に比べたら安価で庶民的な食べ物ですが

このキューバサンドイッチもまた調理シーンから我々の胃袋を掴みにやって来ます。

 

バター、オイルが溶けた熱々の鉄板でプレスされたサクサク焦げ目のついたパン。

それに絡みあうトロリと伸びるチーズ、スパイシーなマスタード、肉などの具材の旨味が

見ているだけで伝わってきて…とにかく美味しそうなんです。

003

サンドイッチを食べるお客さんが本当に嬉しそうで

「美味しいものを食べるって本当に幸せなことなんだな…」という気持ちにさせてくれます。

 

その後も紆余曲折あるのですが食事、料理シーンはもちろん、人間ドラマ、家族ドラマ、

カールのアクの強いが憎めないキャラクターが

繰り広げる怒涛の展開、どれをとってもとても魅力的な映画です。

 

この映画を見てよかった、また見たい、そんな幸せな気持ちになれる映画ですので

もし機会があったらぜひ一度見ていただきたいです。

Written by tori

他にも読みたい!海外ドラマのYUMMY FOODS他にも読みたい!海外ドラマのYUMMY FOODS

【もしも】世界から茄子が消えたなら【ナス】

茄子をタマネギよりもメジャーにしろ! 黒田硫黄『茄子』

茄子』というマンガをご存知だろうか。このマンガを読んで、私は衝撃を受けた。こんなふざけたタイトルで、まさかこんなに名作だと思わなかったからである。『茄子』というタイトルでとにかくインパクトを出して、読者を集めたいだけであり、あの食べ物の茄子とは全く関係ないのでは、とさえ思っていた。

このマンガは基本オムニバス形式であり、すべての話に茄子が絡んでいる。温かく繊細なタッチで書かれており、最近乱立しているデスゲーム系、終末系のマンガに辟易している読者の皆様には、ぜひ読んでいただきたい。

茄子

このマンガの著者は黒田硫黄という。2007年に日本テレビ系で放送された、松山ケンイチ主演の「セクシーボイスアンドロボ」の原作や、前編フルCGの映画「アップルシード」の原作を描いていると聞くと、ピンとくる方も多いかもしれない。そんな名作メーカーがなぜ「茄子」のマンガを描いたのか。

それはある夏の夜、作者の夢に出てきた茄子の化身から、「俺をタマネギよりもメジャーにしろ!」と使命をうけたから、であるらしい。

茄子とタマネギ、どちらがメジャーであるかは甚だ疑問ではあるが、「玉葱」というマンガが2016年現在に存在していない状況を鑑みると、黒田硫黄の企みは成功していると言えるだろう。黒田硫黄を茄子マンガの作者に選んだ茄子の化身にも、賞賛を送りたい。茄子の化身、本当に君は良い仕事をした、ありがとう。彼を選んでいなければ、茄子はメジャーになるどころか、この世から消えさっていたかもしれない。

もし、茄子がなくなったら世界はどうなっていただろうか。

いなくなってから気づくあなたの大切さ、などとよく言うが、もしこの世から茄子が消えてしまったら焼き茄子も食べられなくなるのだ、と考えると、すこぶる恐怖である。何を隠そう私は焼き茄子が大好きである。
そこでその事実がどれほどまでに恐ろしいものか、実際に検証してみることにした。

実録・世界から茄子が消えたなら

焼き茄子といえば、かつおぶしとポン酢だろう。
茄子を焼いてしまえばかつおぶしをまぶして、上からポン酢をぶっかけるだけ。しょうゆ派の方もいるだろうが、焼き茄子の香ばしさにはポン酢の酸っぱさがピッタリなのだ。

だが、思い出して欲しい。この世界にはそもそも茄子が存在しないのだ。
それでも焼き茄子を作ろうとしたら、どうなるか。

nasu_01

まずは、茄子を切る。
当然だが、この世界には茄子がないから、焼き茄子を作っても何も切るものがない。(この時点で、すでにおそろしい。)

nasu_02

フライパンに油を引いて、茄子を焼く。 当然だが、この世界には茄子がないから、焼き茄子を作っても何も焼くものがない。

nasu_03

茄子が焼けたら、アツアツの茄子の上にかつおぶしをまんべんなくかけて、一気にポン酢をかける。ジュワーっという音と、茄子に味が染みわたっていく時の香ばしい匂いが、食欲をそそる…はずだが、茄子がない。茄子がないのだ。

それではいただこう。茄子がなくなった世界で作った焼き茄子、果たしてどんな味がするのだろうか??

nasu_04

油だ。

ポン酢の味と、かつお節の匂い。それしかない。茄子の風味は、どこにもない。
私はいたたまれない気持ちになった。やっぱり焼き茄子には、絶対に茄子が欠かせないのだ。(当たり前だ)

茄子は、この世に必要なのである。
茄子のない世界、そこには恐怖や苦悩、虚無が満ちている。

改めて黒田硫黄、および茄子の化身に敬意を払いたい。
ありがと茄子。

Written by ドクさん

このライターの他の記事はこちらから!

2017年秋アニメ ブレンド・S 天然ドS女子が働くちょっと変わったカフェへようこそ

2017年秋にヤミー!なアニメ化 「ブレンド・S」

『まんがタイムきららキャラット』にて連載中の4コマ漫画「ブレンド・S」(作・中山幸)。 この秋にアニメ化される、注目の作品なんです。

2017年秋アニメ ブレンド・S 天然ドS女子が働くちょっと変わったカフェへようこそ

(c)中山幸/芳文社

まず気になるのがタイトルの「ブレンド・S」の意味。
普通に考えれば喫茶店やコーヒーショップで注文するときの「ブレンドコーヒー・Sサイズ」という意味ですよね。
ところがこの作品だと、ちょっと意味が違うみたいなんです。

天然S女子と賑やかなメンバーが働く喫茶店「スティーレ」

物語の主人公は、なかなかアルバイトに採用されないことが悩みの女子高生・桜ノ宮 苺香
本当は優しいのですが、ちょっと人付き合いが苦手なことと、目つきが悪いことが原因で、周囲は彼女を誤解してしまっていました。

2017年秋アニメ ブレンド・S 天然ドS女子が働くちょっと変わったカフェへようこそ

(c)中山幸/芳文社

そんな苺香がある日偶然たどり着いた喫茶店「スティーレ」は、スタッフが様々な「属性」を演じて接客する、ちょっと変わったお店でした。
たとえば「妹キャラ」「ツンデレキャラ」「お姉さんキャラ」「アイドルキャラ」など…
ちょっとしたメイドカフェのようなコンセプトなのです。
この店の店長であるイタリア出身のディーノに気に入られた苺香は、スタッフとして働くことになります。
ここで苺香に与えられた属性が「ドSキャラ」
そう、「ブレンド・S」の「S」は、「ドS」の「S」だったのです!

2017年秋アニメ ブレンド・S 天然ドS女子が働くちょっと変わったカフェへようこそ

(c)中山幸/芳文社

ユーリ!!!ファン歓喜!唐津まるごとマーケットで見たアニメと地域の最強タッグ

ユーリ!!!ファン歓喜!唐津まるごとマーケットで見たアニメと地域の最強タッグ

アニメをよく観る方であれば、聖地巡礼という言葉を耳にしたことがあると思います。
実際にアニメを観て舞台となった現地に足を運んだことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私もいろんなアニメを観る方ではあるのですが
「なぜ、聖地巡礼までするのか?」
と思っている視聴者でした。
でも、その概念をガラッと変えてしまったアニメがあります。
その名も『ユーリ!!! on ICE』

ユーリ!!!ファン歓喜!唐津まるごとマーケットで見たアニメと地域の最強タッグ

(C)はせつ町民会/ユーリ!!! on ICE 製作委員会

この『ユーリ!!! on ICE』を観ていなければ知らなかったであろうイベントに、先日参加してきました。
そのイベントとは、福岡市天神で行われた「唐津まるごとマーケット」

ユーリ!!!ファン歓喜!唐津まるごとマーケットで見たアニメと地域の最強タッグ

唐津は『ユーリ!!! on ICE』の舞台である長谷津のモデルとなった場所。
今回は「唐津まるごとマーケット」のレポートを通して、唐津への想いを高めるに至った経緯を、熱くお伝えしてまいります。

新鮮な海鮮に、日本一のお酒。「唐津のよかとこ」がぎゅぎゅっと凝縮

2017年9月2日(土)、3日(日)の二日間で開催された「唐津まるごとマーケット」。
3回目の今回は『ユーリ!!! on ICE』と唐津市のコラボ企画「サーガ!!! on ICE」の皮切りイベントとしても実施されました。

ユーリ!!!ファン歓喜!唐津まるごとマーケットで見たアニメと地域の最強タッグ

朝10時の開場でしたが、限定うちわと物販・撮影整理券の配布が行われることもあり、1時間前にはすでに大勢の人の列が!
アニメファン以外の方も並んでいたとは思うのですが、会場に設置してあるキービジュアルを撮影している方の多さからも、『ユーリ!!! on ICE』の影響力って凄いなあと早くも体感しました。

ユーリ!!!ファン歓喜!唐津まるごとマーケットで見たアニメと地域の最強タッグ

さて開場後は、早速会場内をフラフラします。

アニメ2期放送開始直前!川本家のあたたかご飯で『3月のライオン』1期を振り返ろう

2016年の秋からのTVアニメ化、そして2017年の豪華キャストによる実写映画化と、話題のたえなかった『3月のライオン』。 嬉しいことに、2017年10月より、2期TVアニメの放送が決定しています。

アニメ2期放送開始直前!川本家のあたたかご飯で『3月のライオン』1期を振り返ろう

(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

『3月のライオン』といえば、将棋を題材にした作品ですが、それ以上に人間ドラマの側面が強い作品でもあります。
主人公・桐山零の成長に欠かせない、様々な人との出会い。
今回はその中でも、彼の心の大きな支えとなっている「川本家の食卓」と一緒にTVアニメ1期を振り返りましょう。

アニメ2期放送開始直前!川本家のあたたかご飯で『3月のライオン』1期を振り返ろう

主人公・桐山零
(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

そもそも川本家と桐山零の関係とは?

史上5人目となる中学生プロ棋士となった主人公・桐山零の成長を描く『3月のライオン』。
幼いころに両親と妹を交通事故で亡くした彼は、生きていくための手段として、父の友人・幸田の内弟子となり、将棋の世界に入ります。
零は内弟子として引き取られた家に馴染めず、中学卒業とともに半ば逃げ出すように、六月町という町で一人暮らしを始めます。

アニメ2期放送開始直前!川本家のあたたかご飯で『3月のライオン』1期を振り返ろう

(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

ある日、零が無理やり飲まされ潰されているところを、隣町の三月町に住む川本家の長女・あかりに助けられます。
このことがきっかけとなり、川本家が彼の新たな居場所となっていきます。

アニメ2期放送開始直前!川本家のあたたかご飯で『3月のライオン』1期を振り返ろう

手前が川本家長女・あかり
(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

『3月のライオン』は、孤独を強く感じていた桐山零が、温もり溢れる川本家との交流を通して、頼り頼られる関係を築いていく姿に心打たれる物語でもあるのです。

時短テクや工夫満載!お弁当作りは『僕のランチを邪魔するな!』でDKに教わろう

毎日のランチタイムのために、お弁当を作っている方に質問です。
お弁当づくり楽しいですか?
正直、朝早起きして寝ぼけ眼で作るお弁当は、サボりたい習慣の1つだと思っている方も案外多いのではないでしょうか?

もしそのお弁当づくりが、美味しいのに楽チンだったら、毎日のお弁当づくりも楽しくなると思いませんか?
今回は楽しいお弁当づくりのアイデアが沢山詰まったマンガ『僕のランチを邪魔するな!』をご紹介します。

時短テクや工夫満載!お弁当作りは『僕のランチを邪魔するな!』でDKに教わろう

(C)Kaho/SQUARE ENIX

男子高校生の至福のひととき、それはランチタイム

ガンガンオンラインにて連載されていた、香穂先生の『僕のランチを邪魔するな!』は、弁当作りに情熱を注ぐ男子高校生(DK)の日常を描くグルメコメディマンガです。

時短テクや工夫満載!お弁当作りは『僕のランチを邪魔するな!』でDKに教わろう

(C)Kaho/SQUARE ENIX

主人公・米田 育(よねだ いく)の高校生活は、弁当を中心に回ります。
前日からお弁当のレシピを考え材料の仕込み、当日は早起きをしてお気に入りのお弁当箱に作ったメニューを詰め、華やかなランチクロスで包んで、ウキウキ気分で学校に持参する徹底ぶり。
手作りのレシピ集を作ったり、自分の作ったお弁当に可愛らしいタイトルをつけたりして、お弁当づくりを楽しんでいるのです。
育があまりに美味しそうに食べたり作ったりするので、次第に彼の魅力に吸い込まれるように愉快(ちょっと変)な友達が増えていきます。
育のちょっといきすぎたテンションや、友達とのやりとりといったコメディ要素も散りばめられていて、クスクス笑いながらどんどん読んでしまうこと必至。

時短テクや工夫満載!お弁当作りは『僕のランチを邪魔するな!』でDKに教わろう

(C)Kaho/SQUARE ENIX

『異世界食堂』は2017年夏最高の飯テロアニメ!様々な種族に愛される逸品、続々。

『異世界食堂』は2017年夏最高の飯テロアニメ!様々な種族に愛される逸品、続々。

2017年夏のアニメとして放送が始まり、SNSでは早くも「深夜の飯テロ」だという声が数多くあがっている『異世界食堂』
本作品は、2013年から小説投稿サイト「小説家になろう」で連載されている小説のアニメ化作品です。
2016年11月からは、『ヤングガンガン』(スクウェア・エニックス発刊)にて、コミカライズの連載も始まっています。

定休日には別の顔を持つ、一見普通の洋食屋の物語

物語の舞台は、オフィス街に佇む一見普通の洋食屋「ねこや」
洋食屋といっても、「海の向こうからやってきた、元々日本にはなかったものは大体洋食」だと言う先代店主の方針のもと、ありとあらゆるジャンルのメニューが味わえるので、平日は多くの会社員で賑わっています。

『異世界食堂』は2017年夏最高の飯テロアニメ!様々な種族に愛される逸品、続々。
『異世界食堂』は2017年夏最高の飯テロアニメ!様々な種族に愛される逸品、続々。

©犬塚惇平・主婦の友社/「異世界食堂」製作委員会

でも、オフィス街が静まり返る土日の定休日、「ねこや」は別の顔を見せます。
7日に1度、「ねこや」のドアは異世界に向けて開かれ、「異世界食堂」となるのです!
料理のおいしさは世界が違っても確かなもので、異世界でも多くの常連客を抱える「異世界食堂」。
異世界ならではの個性的な常連たちのドラマが描かれていきます。

『異世界食堂』は2017年夏最高の飯テロアニメ!様々な種族に愛される逸品、続々。

©犬塚惇平・主婦の友社/「異世界食堂」製作委員会

『将棋めし』は 藤井四段が出前をとった「みろく庵」も登場する将棋×グルメ漫画

今読むしかない! 藤井四段が出前をとった「みろく庵」も登場する将棋×グルメ漫画

将棋とごはんの切っても切り離せない関係

先日の藤井聡太四段連勝のニュースには大いに世間が湧きましたね。
なかでもワイドショーなどでは連日藤井四段の「お食事」が取り上げられていました。
というのも、将棋の対局は所要時間が長く、かなりの体力を消耗します。
そこで重要になるのがエネルギー補給=食事!
棋士の方々は、好き嫌いや気分はもちろん、縁起をかついだり対局相手によって変えたりと、それぞれ様々なメニューの決め方があるんです。

藤井四段も注文した「みろく庵」も登場するマンガ『将棋めし』

そんな棋士と食事の関係を描いた漫画が『将棋めし』(作・松本渚)。
藤井四段の連勝記録ストップとなった対局で注目された「みろく庵」も登場します。

主人公は「峠なゆた」
父がプロ棋士、母が女流棋士、という将棋一家で生まれた若手女性プロ棋士です。
なゆたの食事へのこだわりは、やはり棋士ならでは。
ゲンを担いで毎日カレーにしてしまったり、お寿司を食べる順番を対局と重ねて決めたり…

今読むしかない! 藤井四段が出前をとった「みろく庵」も登場する将棋×グルメ漫画

『将棋めし』松本渚
株式会社KADOKAWA

【おいしい小説】『また次の春へ』父が作った豚コマともやしのトン汁

「東日本大震災」を題材にした短編集『また次の春へ』

重松清著の『また次の春へ』は、2011年3月11日の「東日本大震災」をテーマにした、7編の短い物語が集められた1冊です。

【おいしい小説】変わる味と変わらない味『また次の春へ』我が家の味トン汁

“その日”の話というよりは、“その後、残された人たち”の話に焦点を当てていて、感傷的なお話ではなく、ほとんどが現実的で人の感情がじわじわと心に入りこんで来るようなお話ばかりです。 津波にさらわれたまま、見つからない息子や親。残された家族は、「ただいま」って帰ってくるんじゃないかという思いと、もうだめなんだろうという思いの狭間で揺れ動きます。残された人々は、それぞれの想いを抱えたまま生きていくことになるのです。
読んでいる最中は、目を背ける事をしてはいけないような気持になり、ほとんど貪るように読みふけってしまう、そんな本でした。
その7編の小説のうち、特にじんわりと心に染みたお話が「トン汁」です。

「トン汁」のはじまり

この「トン汁」というお話はのスタートは東日本大震災ではありません。主人公の母親が急死し、そのお葬式から帰ってきた場面から始まります。
母親は冷え込んだ早朝、トイレに行こうとした瞬間に倒れて、脳溢血(のういっけつ)で亡くなりました。この時、主人公は小学3年生。中学1年生の兄と小学5年生の姉がいました。それから、これまで料理をしたこともなかったであろう、父親。残された4人家族は、呆然としたまま葬式が行われた田舎から帰宅したのです。
帰宅してしばらく後に、お隣のおばさんが申し訳なさそうに“生協の食料品”を持って訪ねてきました。2週間前に母親が注文した食材が届いたので、預かっていてくれたのです。生前、母親が注文しておいてくれたシーズン前の酸っぱい「いちご」を、それぞれの方法で食べる子どもたち。

【おいしい小説】変わる味と変わらない味『また次の春へ』我が家の味トン汁

いちごを食べ終わると同時に、今まで黙ってこたつに入っていた父親がこういうのです。

“腹、減ってないか”。

これが、この家の味となる「トン汁」が誕生した瞬間でした。

【おいしい小説】変わる味と変わらない味『また次の春へ』我が家の味トン汁

「トン汁」の役割

父親がこの日作ったトン汁の具は、生協から届いた“豚肉のコマ切れ”“モヤシ”でした。母のトン汁とは大違いの具材でしたが、父親は“モヤシだったら包丁も使わずにすむんだし”“お父さんのオリジナル料理だ”と言って、笑います。この時、主人公ははじめて「お母さんがもういない」現実を目の当たりにして、ようやく泣く事ができたのです。

父親が初めて作ったトン汁は、あまりおいしくありませんでした。しかし、このトン汁はその後“我が家にとって大切な、特別な料理になった”のです。もちろん、具は「豚肉」と「もやし」のみのままで。

【おいしい小説】変わる味と変わらない味『また次の春へ』我が家の味トン汁

その後、3人の兄弟はそれぞれ大人になり、結婚後も「トン汁」を特別な料理として、それぞれの家庭で作り続けます。兄は父親のオリジナルレシピのまま、姉はいろいろなアレンジを加えながら、そして主人公は豆腐を入れたトン汁を“わが家のトン汁”としています。
この家族にとっては、トン汁が「家族の団結」の味であり、傷ついた気持ちを何とか守ろうとする、後ろ盾のようなものだったのだろうと思います。

【おいしい小説】変わる味と変わらない味『また次の春へ』我が家の味トン汁

家族の戸惑いをまとめてくれた「トン汁」

母親の急死という突然の出来事に戸惑い、泣く事すらできなかった残された家族たち。そのどうしようもない気持ちを、父親が作る温かいトン汁がまとめてくれました。
「家庭の味」や「おふくろの味」ではなく、その瞬間でしか生まれない「我が家の特別な料理」は、奇跡にも近い味。「失恋した日に食べたスイーツ」や「受験前日に食べたごはん」…特別な料理が生まれるきっかけは、誰にでもあるものです。その時の味や気持ちは、いつまでも忘れられない大切なものとなって、その人の心に残り続けるのです。

Written by フジイ

過去のランキングはこちらから!

臭いけど美味しい!?『もやしもん』から垣間見る発酵食品の世界!

菌が目で見える大学生が主人公『もやしもん』

『もやしもん』という作品をご存じでしょうか?
『イブニング』・『月刊モーニングtwo』にて連載されていた石川雅之さんによる漫画です。2007年・2012年にフジテレビのノイタミナでアニメ化、2010年には中村優一さん主演で実写ドラマ化されました。

臭いけど美味しい!?『もやしもん』から垣間見る発酵食品の世界!

©「もやしもん」製作委員会

『もやしもん』の舞台は、「某農業大学」。物語は、菌を目で見ることができるという不思議な力を持った主人公・沢木惣右衛門直保(さわき そうえもん ただやす)の大学入学から始まります。沢木は、ひょんなことから祖父の知り合いだった樹慶蔵教授のゼミの一員となり、常にボンテージを身に付ける院生・長谷川遥や、密造酒を作る先輩・三里薫と川浜拓馬など個性的な樹ゼミの面々と共に、様々な経験を通し成長をしていきます。

臭いけど美味しい!?『もやしもん』から垣間見る発酵食品の世界!

主人公の沢木惣右衛門直保
©「もやしもん」製作委員会

ページトップ