ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

祝アニメ化『ハクメイとミコチ』ミニチュア好きのツボを突く、工夫に溢れたこびとファンタジー

大人になってもみんな大好きミニチュアの世界

シルバニアファミリー、リカちゃん人形、レゴブロック、プラモデル…昔から私たちを魅了してきたミニチュアの世界。自分が仲間になってミニチュアの世界に飛び込むことを、どんなに想像したことか。小さなおうちに、小さな家具、小さなキッチンで作る、小さな料理…小さな住人たちが小さなスペースを上手く活用して小さな生活を営んでいる…その舞台が作り上げられて凝っていればいるほど、無性に心がうずうずする。ドールハウスジオラマにハマる大人も少なくないように、大人になった今でも、ミニチュアの世界ってどうしてもワクワクドキドキしてしまう。

ミニチュア×ファンタジー 描き込まれた美しい美術

ハクメイとミコチ 』は『 ハルタ 』で連載中の、樫木祐人氏のデビュー作。『ハルタ』といえば、『 乙嫁語り 』や『 ダンジョン飯 』の連載でお馴染みのマンガ誌だが、その特徴はとにかく「確立した世界観」と「絵の細かな描き込み」。『ハクメイとミコチ』もその例外ではない。まずは表紙をご覧頂きたい。

hakumei-mikochi01

ハクメイとミコチ(1)
©樫木祐人/KADOKAWA

来ませんか、ミニチュアうずうずが。

主人公は身長9cmのこびとの女の子。手先が器用・工作が得意な心優しい修理屋ハクメイ(右)と、歌と洋裁が上手で料理自慢のミコチ(左)が2人暮らししている。仲間の昆虫も動物も、自分たちより大きい生き物ばかり!日常の様子や、ミニチュアならではの冒険シーンが様々に描かれていて、どの話も確実にミニチュアうずうずツボを突いてくる、今までにないファンタジー作品。

関連記事

【もしも】世界から茄子が消えたなら【ナス】

茄子をタマネギよりもメジャーにしろ! 黒田硫黄『茄子』

茄子』というマンガをご存知だろうか。このマンガを読んで、私は衝撃を受けた。こんなふざけたタイトルで、まさかこんなに名作だと思わなかったからである。『茄子』というタイトルでとにかくインパクトを出して、読者を集めたいだけであり、あの食べ物の茄子とは全く関係ないのでは、とさえ思っていた。

このマンガは基本オムニバス形式であり、すべての話に茄子が絡んでいる。温かく繊細なタッチで書かれており、最近乱立しているデスゲーム系、終末系のマンガに辟易している読者の皆様には、ぜひ読んでいただきたい。

茄子

このマンガの著者は黒田硫黄という。2007年に日本テレビ系で放送された、松山ケンイチ主演の「セクシーボイスアンドロボ」の原作や、前編フルCGの映画「アップルシード」の原作を描いていると聞くと、ピンとくる方も多いかもしれない。そんな名作メーカーがなぜ「茄子」のマンガを描いたのか。

それはある夏の夜、作者の夢に出てきた茄子の化身から、「俺をタマネギよりもメジャーにしろ!」と使命をうけたから、であるらしい。

茄子とタマネギ、どちらがメジャーであるかは甚だ疑問ではあるが、「玉葱」というマンガが2016年現在に存在していない状況を鑑みると、黒田硫黄の企みは成功していると言えるだろう。黒田硫黄を茄子マンガの作者に選んだ茄子の化身にも、賞賛を送りたい。茄子の化身、本当に君は良い仕事をした、ありがとう。彼を選んでいなければ、茄子はメジャーになるどころか、この世から消えさっていたかもしれない。

もし、茄子がなくなったら世界はどうなっていただろうか。

いなくなってから気づくあなたの大切さ、などとよく言うが、もしこの世から茄子が消えてしまったら焼き茄子も食べられなくなるのだ、と考えると、すこぶる恐怖である。何を隠そう私は焼き茄子が大好きである。
そこでその事実がどれほどまでに恐ろしいものか、実際に検証してみることにした。

実録・世界から茄子が消えたなら

焼き茄子といえば、かつおぶしとポン酢だろう。
茄子を焼いてしまえばかつおぶしをまぶして、上からポン酢をぶっかけるだけ。しょうゆ派の方もいるだろうが、焼き茄子の香ばしさにはポン酢の酸っぱさがピッタリなのだ。

だが、思い出して欲しい。この世界にはそもそも茄子が存在しないのだ。
それでも焼き茄子を作ろうとしたら、どうなるか。

nasu_01

まずは、茄子を切る。
当然だが、この世界には茄子がないから、焼き茄子を作っても何も切るものがない。(この時点で、すでにおそろしい。)

nasu_02

フライパンに油を引いて、茄子を焼く。 当然だが、この世界には茄子がないから、焼き茄子を作っても何も焼くものがない。

nasu_03

茄子が焼けたら、アツアツの茄子の上にかつおぶしをまんべんなくかけて、一気にポン酢をかける。ジュワーっという音と、茄子に味が染みわたっていく時の香ばしい匂いが、食欲をそそる…はずだが、茄子がない。茄子がないのだ。

それではいただこう。茄子がなくなった世界で作った焼き茄子、果たしてどんな味がするのだろうか??

nasu_04

油だ。

ポン酢の味と、かつお節の匂い。それしかない。茄子の風味は、どこにもない。
私はいたたまれない気持ちになった。やっぱり焼き茄子には、絶対に茄子が欠かせないのだ。(当たり前だ)

茄子は、この世に必要なのである。
茄子のない世界、そこには恐怖や苦悩、虚無が満ちている。

改めて黒田硫黄、および茄子の化身に敬意を払いたい。
ありがと茄子。

Written by ドクさん

このライターの他の記事はこちらから!

【餃子注意】下北沢の餃子を食べ尽くせ!

東京・世田谷区は下北沢。
本多劇場をはじめとした数々の劇場、多くのライブハウス、点在する古着屋や雑貨店、そして無数の居酒屋・カフェ・バー…様々な食と文化が入り混じる、まさにヤミー!な街。
この街で行われる「餃子の旅」へのお誘いを受けたので、嬉々として行ってきました!

メンバーは20~30代の女3人。
ルールは簡単。各店でストイックに餃子のみを食べて、できるだけ多くの店舗を巡ること。(もちろんビール付き。)好きなものを食べていいのは最後の店だけ、というもの。

1店舗目:第三新生丸

まずは、今回の旅の参加者中最年少かつエンゲル係数の高さNO.1が選んだ居酒屋・第三新生丸へ…こちらは八丈島の食材をふんだんに使ったお料理が自慢のお店。 早速生ビール!と、焼餃子を注文!

IMG_0103

羽根!!!!!!

こちらの餃子、もう言っちゃいますけどこの日3人の一番の評価を叩き出した逸品。
餃子ひとつひとつが大きくて、皮はモチモチ厚くて、焼けた底がパリッパリ。タネはじゅわーーっとジューシーかつ肉感がっつり、パンチの効いた強気なニンニクのバランスが余りにもばっちり。青ネギとゴマが入った餃子のタレがついてくるのですが、これがまた絶品!餃子との相性が抜群なのでした。
3人で食べながら、「最高OF最高」「人生ナンバーワン餃子」といった言葉が飛び交いました。本当に全くその通りなのです。

それにしても何故一軒目を居酒屋にしてしまったのか…誘惑が多すぎる…
早速ルールを「おなかに溜まらないものなら1品は頼んで良い」と変更することに。意志が弱いってこういうことです。
結局「鯵のなめろう」を頼んで、ビールもお代わりする始末。しかもこのなめろうが!叩きたての鯵にしょうがと葱がたっぷり。お酢をつけて食べると味が変わっておいしいよ、というアドバイスに従ってみると、あまりの感動に大声が出るほど。いっそこのままここで飲もうよ、という誘惑を涙を飲んで断ち切って、お会計。

2017年秋アニメ ブレンド・S 天然ドS女子が働くちょっと変わったカフェへようこそ

2017年秋にヤミー!なアニメ化 「ブレンド・S」

『まんがタイムきららキャラット』にて連載中の4コマ漫画「ブレンド・S」(作・中山幸)。 この秋にアニメ化される、注目の作品なんです。

2017年秋アニメ ブレンド・S 天然ドS女子が働くちょっと変わったカフェへようこそ

(c)中山幸/芳文社

まず気になるのがタイトルの「ブレンド・S」の意味。
普通に考えれば喫茶店やコーヒーショップで注文するときの「ブレンドコーヒー・Sサイズ」という意味ですよね。
ところがこの作品だと、ちょっと意味が違うみたいなんです。

天然S女子と賑やかなメンバーが働く喫茶店「スティーレ」

物語の主人公は、なかなかアルバイトに採用されないことが悩みの女子高生・桜ノ宮 苺香
本当は優しいのですが、ちょっと人付き合いが苦手なことと、目つきが悪いことが原因で、周囲は彼女を誤解してしまっていました。

2017年秋アニメ ブレンド・S 天然ドS女子が働くちょっと変わったカフェへようこそ

(c)中山幸/芳文社

そんな苺香がある日偶然たどり着いた喫茶店「スティーレ」は、スタッフが様々な「属性」を演じて接客する、ちょっと変わったお店でした。
たとえば「妹キャラ」「ツンデレキャラ」「お姉さんキャラ」「アイドルキャラ」など…
ちょっとしたメイドカフェのようなコンセプトなのです。
この店の店長であるイタリア出身のディーノに気に入られた苺香は、スタッフとして働くことになります。
ここで苺香に与えられた属性が「ドSキャラ」
そう、「ブレンド・S」の「S」は、「ドS」の「S」だったのです!

2017年秋アニメ ブレンド・S 天然ドS女子が働くちょっと変わったカフェへようこそ

(c)中山幸/芳文社

アニメ2期放送開始直前!川本家のあたたかご飯で『3月のライオン』1期を振り返ろう

2016年の秋からのTVアニメ化、そして2017年の豪華キャストによる実写映画化と、話題のたえなかった『3月のライオン』。 嬉しいことに、2017年10月より、2期TVアニメの放送が決定しています。

アニメ2期放送開始直前!川本家のあたたかご飯で『3月のライオン』1期を振り返ろう

(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

『3月のライオン』といえば、将棋を題材にした作品ですが、それ以上に人間ドラマの側面が強い作品でもあります。
主人公・桐山零の成長に欠かせない、様々な人との出会い。
今回はその中でも、彼の心の大きな支えとなっている「川本家の食卓」と一緒にTVアニメ1期を振り返りましょう。

アニメ2期放送開始直前!川本家のあたたかご飯で『3月のライオン』1期を振り返ろう

主人公・桐山零
(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

そもそも川本家と桐山零の関係とは?

史上5人目となる中学生プロ棋士となった主人公・桐山零の成長を描く『3月のライオン』。
幼いころに両親と妹を交通事故で亡くした彼は、生きていくための手段として、父の友人・幸田の内弟子となり、将棋の世界に入ります。
零は内弟子として引き取られた家に馴染めず、中学卒業とともに半ば逃げ出すように、六月町という町で一人暮らしを始めます。

アニメ2期放送開始直前!川本家のあたたかご飯で『3月のライオン』1期を振り返ろう

(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

ある日、零が無理やり飲まされ潰されているところを、隣町の三月町に住む川本家の長女・あかりに助けられます。
このことがきっかけとなり、川本家が彼の新たな居場所となっていきます。

アニメ2期放送開始直前!川本家のあたたかご飯で『3月のライオン』1期を振り返ろう

手前が川本家長女・あかり
(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

『3月のライオン』は、孤独を強く感じていた桐山零が、温もり溢れる川本家との交流を通して、頼り頼られる関係を築いていく姿に心打たれる物語でもあるのです。

ページトップ