ヤミー!-自己満足 食・文化メディア

JKが作る『JKめし!』は、独特のネーミングセンスが光る究極のお手軽料理

JKが作る『JKめし!』は、独特のネーミングセンスが光る究極のお手軽料理

©「JKめし!」製作委員会

JK3人組が試験勉強の合間をぬってご飯を食べるアニメ

学生時代、友人達と試験勉強をしていたらいつの間にか話が脱線して勉強のことを忘れていた、なんて経験ありますよね。私もそんな一人です。勉強をしている途中で、「お腹が空いた!」と一人が言い出し、料理タイムへ。気づいたら試験勉強そっちのけでご飯を食べながらおしゃべり…自分だけテストの結果が散々だった苦い思い出があります。

今回はそんな学生時代のちょっとした一コマを描いたアニメ『JKめし!』をご紹介します。『JKめし!』は、2015年の冬にTOKYO MXで放送された5分枠のショートアニメです。主な登場人物は、料理担当の佐伯 麗奈(さえき れいな)とサバサバした性格の朝比奈 涼香(あさひな りょうか)、そして超がつくほど天然の五十嵐 ルリ子(いがらし るりこ)の3人。このどこにでもいそうな女子高生3人が試験勉強の合間をぬって『JKめし!』を作って食べるストーリーです。

JKが作る『JKめし!』は、独特のネーミングセンスが光る究極のお手軽料理

©「JKめし!」製作委員会

アニメ前半は、3人で真面目(?)に試験勉強をしているのですが、ルリ子の天然発言に涼香が突っ込みを入れ、試験勉強から脱線。麗奈がご飯でも食べて休憩しようと言い出し、料理を作り始めるのがいつものパターン。そこで、麗奈の手によって作られるのがタイトルにもなっている『JKめし!』です。

JKが作る『JKめし!』は、独特のネーミングセンスが光る究極のお手軽料理

©「JKめし!」製作委員会

JKが作るお手軽料理『JKめし!』

『JKめし!』というタイトルだけ聞いたら、可愛らしい名前の手の込んだカフェご飯のような料理が出てくるのでは?と思いますよね。私もそう思って見ていたのですが、出来上がるメニューの数々は、思わず突っ込みを入れたくなるような斬新な名前のものばかり。なかには思わず「それ使うの?」と言いたくなるようなものを食材として使うこともあります。とはいえ、食べてみたいと思えるような料理が出来上がるので不思議です。これがJKマジックというものなのでしょうか……。

JKが作る『JKめし!』は、独特のネーミングセンスが光る究極のお手軽料理

©「JKめし!」製作委員会

なかでも食べてみたいと思ったのが、「ラースー茶碗蒸し」。「いったいどんな茶碗蒸しなんだ?」と思った方も多いでしょう。実は、インスタントラーメンのスープを使った茶碗蒸しです。

JKが作る『JKめし!』は、独特のネーミングセンスが光る究極のお手軽料理

©「JKめし!」製作委員会

ラーメンのスープが茶碗蒸しになるという驚きもありますが、そのお手軽さにもびっくり!食べ終わったラーメンのスープに溶き卵を入れて、耐熱容器に入れてレンジで温めるだけでもう完成です。なんというお手軽さ!ラーメンの締めにもう一品なにか食べたいというときにも使えそうです。ほかにも「伝説のヴぁな~ぬぁ~パイ」「梅酸っパンケーキ」といった、独特のネーミングセンスで付けられた名前のレシピが並びます。

JKが作る『JKめし!』は、独特のネーミングセンスが光る究極のお手軽料理

©「JKめし!」製作委員会

誰でも簡単に再現ができる!

アニメに出てくる料理は、簡単には再現できないというものが多いですが『JKめし!』は違います!アニメを見た直後でもパパッと作れるような簡単なレシピばかり。身近な食材を使って短時間でパパッと作れるような料理こそが『JKめし!』なのです。なかには、アニメを見ながらでも作れるほど簡単なものもありますよ!

ちょっと小腹がすいたなという時や料理を作っている時間がない!という時には、『JKめし!』を作ってみてはいかがでしょうか?アニメを見ながら、3人と一緒に料理するというのもおすすめですよ!

Written by kinokonoki

このライターの他の記事はこちらから!

  • マンガ飯
  • 映画に出てくるおいしいものたち
  • おいしいnovel
  • overseasのごはん事情
  • お酒の話
  • フェス飯・イベント飯
ページトップ