ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

試されるのは家族の絆 すべては最高級焼肉のために…

お馴染みの野原一家。映画シリーズ、観たことありますか?

足は臭いが家族のためにいつも全力で働く、若いお姉さんが大好き・サラリーマンの父ひろし。いつも寝坊して自転車で幼稚園まで爆走する、バーゲンセール大好きな母みさえ。
父に似てキレイなお姉さんが大好きで、アクション仮面とお菓子のチョコビをこよなく愛する5歳児しんのすけ。キラキラしたものとイケメンが大好きなひまわり。賢すぎる愛犬シロ。
波乱万丈な毎日を送るお馴染み「クレヨンしんちゃん」の野原一家。言わずと知れた、日本人なら一度は見たことがある、と言っても過言ではない有名なアニメの主人公たちです。週末のしんちゃんを観たら、やっと休みが来た~、なんて子どものころ感じていました。

アニメではよく観ていた!という方、映画のクレヨンしんちゃんを観たことはありますか?テレビアニメ版よりも壮大なスケールで描かれた映画版には、笑いあり、感動ありの隠れた名作が多いんです。子供だけのものにしておくには勿体無いくらい、大人も楽しめる作品の数々。ぜひ一度観ていただきたいです。
そんな映画シリーズの中から、今回は「感動する!!」ではなく、「うわ~焼肉食べたい…」と思ってしまうヤミー!な作品をご紹介いたします。

焼肉をめぐるドタバタハチャメチャ名作ムービー

家族で高級焼肉を食べようと計画していた野原一家。朝ごはんを質素にし、節約に節約を重ね、やっと今晩!高級焼肉を食べられる!という日。突然謎の男が家に上がりこみ、トラブルに巻き込まれてしまいます。

shinchan-yakiniku04

(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2003

高級焼肉をどうしても食べたかった一家は、「なんとしてでも焼肉を食べてやる!!」という欲望から、悪の組織に立ち向かうことに。高級焼肉だけのために、人はここまで全力になれるのか…と思ってしまうほど盛り沢山のハチャメチャ展開が始まります。

焼肉の妄想で士気を取り戻す一家に、じゅるり。

道中バラバラにはぐれ、戦いの疲れから「もうだめだ…」と気分が落ちてしまう一家。そんな時に各々の脳裏によぎるもの、それが「焼肉」!

熱々のタン塩にレモンをひと絞り、にんにくをタレに混ぜる
お肉を頬張るシーンは、画角が口元にクローズアップして
映画の主役の座はもう、お肉のもの

shinchan-yakiniku05

(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2003

冷えたビールに喉が鳴り
骨付きカルビとともに、一気に食らう白ご飯
柔らかいお肉を噛みしめれば
肉の旨味が口の中にめいっぱい広がるんだろうな…
それはもうトロットロでジューシーなんだろうな…

shinchan-yakiniku02

(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2003

今日は家族みんなで焼肉を食べるんだ!!!その一心で再び士気を取り戻すこのシーン。「ああ、熱々のごはんと肉を食べたい…ビールもあったら最高…」と焼肉が恋しくなること請け合いです。と、同時に、食欲は人間の原動力になるのだと再認識すること間違い無し。美味しいもののためなら、人は何だってできちゃうのです。

今日は焼肉だからお腹すかせて帰っておいで~!

金曜日の夕食の焼肉頻度が高かった我が家。小学生の頃は週末になると荷物をたくさん持って帰らなければならなかったので、帰りの下校がかなり億劫でした。そんなとき原動力となったのが「今日は焼肉!」の母の一言。帰ったら焼肉…帰ったら焼肉!…帰ったら焼肉!!と、楽しみに急ぎ足で帰れば、大荷物が面倒だったことなんて頭からすっかり抜け落ちているのでした。

大人だってあの頃の素直な食欲を取り戻せる、『嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』。野原家のように謎の組織に邪魔をされないように、くれぐれも焼肉屋さんの予約を済ませてからご覧ください。

shinchan-yakiniku03

じゅう
(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2003

Written by えな子

このライターの他の記事はこちらから!

  • マンガ飯
  • 映画に出てくるおいしいものたち
  • おいしいnovel
  • overseasのごはん事情
  • お酒の話
  • フェス飯・イベント飯
ページトップ