ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

試されるのは家族の絆 すべては最高級焼肉のために…

お馴染みの野原一家。映画シリーズ、観たことありますか?

足は臭いが家族のためにいつも全力で働く、若いお姉さんが大好き・サラリーマンの父ひろし。いつも寝坊して自転車で幼稚園まで爆走する、バーゲンセール大好きな母みさえ。
父に似てキレイなお姉さんが大好きで、アクション仮面とお菓子のチョコビをこよなく愛する5歳児しんのすけ。キラキラしたものとイケメンが大好きなひまわり。賢すぎる愛犬シロ。
波乱万丈な毎日を送るお馴染み「クレヨンしんちゃん」の野原一家。言わずと知れた、日本人なら一度は見たことがある、と言っても過言ではない有名なアニメの主人公たちです。週末のしんちゃんを観たら、やっと休みが来た~、なんて子どものころ感じていました。

アニメではよく観ていた!という方、映画のクレヨンしんちゃんを観たことはありますか?テレビアニメ版よりも壮大なスケールで描かれた映画版には、笑いあり、感動ありの隠れた名作が多いんです。子供だけのものにしておくには勿体無いくらい、大人も楽しめる作品の数々。ぜひ一度観ていただきたいです。
そんな映画シリーズの中から、今回は「感動する!!」ではなく、「うわ~焼肉食べたい…」と思ってしまうヤミー!な作品をご紹介いたします。

焼肉をめぐるドタバタハチャメチャ名作ムービー

家族で高級焼肉を食べようと計画していた野原一家。朝ごはんを質素にし、節約に節約を重ね、やっと今晩!高級焼肉を食べられる!という日。突然謎の男が家に上がりこみ、トラブルに巻き込まれてしまいます。

shinchan-yakiniku04

(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2003

高級焼肉をどうしても食べたかった一家は、「なんとしてでも焼肉を食べてやる!!」という欲望から、悪の組織に立ち向かうことに。高級焼肉だけのために、人はここまで全力になれるのか…と思ってしまうほど盛り沢山のハチャメチャ展開が始まります。

焼肉の妄想で士気を取り戻す一家に、じゅるり。

道中バラバラにはぐれ、戦いの疲れから「もうだめだ…」と気分が落ちてしまう一家。そんな時に各々の脳裏によぎるもの、それが「焼肉」!

熱々のタン塩にレモンをひと絞り、にんにくをタレに混ぜる
お肉を頬張るシーンは、画角が口元にクローズアップして
映画の主役の座はもう、お肉のもの

shinchan-yakiniku05

(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2003

冷えたビールに喉が鳴り
骨付きカルビとともに、一気に食らう白ご飯
柔らかいお肉を噛みしめれば
肉の旨味が口の中にめいっぱい広がるんだろうな…
それはもうトロットロでジューシーなんだろうな…

shinchan-yakiniku02

(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2003

今日は家族みんなで焼肉を食べるんだ!!!その一心で再び士気を取り戻すこのシーン。「ああ、熱々のごはんと肉を食べたい…ビールもあったら最高…」と焼肉が恋しくなること請け合いです。と、同時に、食欲は人間の原動力になるのだと再認識すること間違い無し。美味しいもののためなら、人は何だってできちゃうのです。

今日は焼肉だからお腹すかせて帰っておいで~!

金曜日の夕食の焼肉頻度が高かった我が家。小学生の頃は週末になると荷物をたくさん持って帰らなければならなかったので、帰りの下校がかなり億劫でした。そんなとき原動力となったのが「今日は焼肉!」の母の一言。帰ったら焼肉…帰ったら焼肉!…帰ったら焼肉!!と、楽しみに急ぎ足で帰れば、大荷物が面倒だったことなんて頭からすっかり抜け落ちているのでした。

大人だってあの頃の素直な食欲を取り戻せる、『嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』。野原家のように謎の組織に邪魔をされないように、くれぐれも焼肉屋さんの予約を済ませてからご覧ください。

shinchan-yakiniku03

じゅう
(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2003

Written by えな子

このライターの他の記事はこちらから!

関連記事

「同じ味わいのビールは無い!?」種類豊富なベルギービールの歴史【W杯日本代表お疲れさまでした!】

サッカー、日本vs ベルギーとても良い試合でした。

普段あまりサッカーを見る事はないのですが、今回は特殊な条件下であまり前向きではない空気の中、すばらしい戦績と成績を残してくれたことにただ感謝したい気分です!

それで先日、「ベルギービールというビールがあったなぁ、普通のビールと何が違うのだろう」と思ったので、帰りにスーパーで買ってみました。

001

 

可愛いネコちゃんに目が行きます

いただきます。

 

002

 

通常のビールより色が薄いです。試しに飲んでみると見た目同様非常にあっさりしています。

それに加えどこか風味のよいフルーティな味覚が…、そして苦味が少ないので飲みやすいです。

こちらのビールはベルジャンホワイトビアスタイルと呼ばれるビールで

特徴は芽が生える前の小麦を使うことで、その小麦のタンパク質と酵母の影響で

ビールが白く濁ることから「ホワイト」と呼ばれています。

また、コリアンダーやオレンジピールで香りづけがされているのも特徴です、

それが清涼感のある味わいに繋がっているのだと思います。

003

 

ところがこのベルギービール、実は味、色、香りからアルコール度数に至るまで

「同じ味わいのビールはない」と言われるほどバラエティに富んでいます。

僕の飲んだこのボールも数あるベルギービールのうちの一つにしか過ぎないみたいです。

色々なビールを飲みたい人からしたら天国のような国ですね。

 

004

 

また銘柄ごとに独自の形をした専用グラスが多い事も特徴でこの専用グラスの違いで味わいに歴然の差がでると言われているとまで言われています。

そんなものをプラスチックコップで飲んでしまいました、ごめんなさい。

 

005

 

ベルギーでビールが飲まれていた歴史をさかのぼって見ると紀元前50年、今から約2080年前、かの有名なカエサルのベルギー遠征の際にはすでに各地で飲まれていたようです。

それから約1300年後、フランスの13代王ジャン1世がビール作りを推奨したことでベルギービール製造はさらに発展していきました。

ビールの多様性を生んだ背景は国の緯度が高く、良質な葡萄がとれずワインは発達しなかった事。

自然発酵製法(ランビック)に向く好条件が揃っていたこと。ドイツやチェコほどの良質なホップが取れず、ハーブやスパイス、フルーツを使用した醸造法が受け継がれていたことがあげられます。

006

 

これだけ種類が豊富なベルギービール。自分に合ったお気に入りを見つけた悦びはまたひとしおです。

少し大きめなスーパー、酒屋さんでならば意外と売っていて気軽に購入するコトが出来ます。

まだまだ続くワールドカップ、お気に入りのビールを片手に応援…なんていうのもオツなものかもしれません。

そして日本代表の皆様、このたびは素敵な時間を共有させていただき誠にありがとうございました!

Written by tori

【餃子注意】下北沢の餃子を食べ尽くせ!

東京・世田谷区は下北沢。
本多劇場をはじめとした数々の劇場、多くのライブハウス、点在する古着屋や雑貨店、そして無数の居酒屋・カフェ・バー…様々な食と文化が入り混じる、まさにヤミー!な街。
この街で行われる「餃子の旅」へのお誘いを受けたので、嬉々として行ってきました!

メンバーは20~30代の女3人。
ルールは簡単。各店でストイックに餃子のみを食べて、できるだけ多くの店舗を巡ること。(もちろんビール付き。)好きなものを食べていいのは最後の店だけ、というもの。

1店舗目:第三新生丸

まずは、今回の旅の参加者中最年少かつエンゲル係数の高さNO.1が選んだ居酒屋・第三新生丸へ…こちらは八丈島の食材をふんだんに使ったお料理が自慢のお店。 早速生ビール!と、焼餃子を注文!

IMG_0103

羽根!!!!!!

こちらの餃子、もう言っちゃいますけどこの日3人の一番の評価を叩き出した逸品。
餃子ひとつひとつが大きくて、皮はモチモチ厚くて、焼けた底がパリッパリ。タネはじゅわーーっとジューシーかつ肉感がっつり、パンチの効いた強気なニンニクのバランスが余りにもばっちり。青ネギとゴマが入った餃子のタレがついてくるのですが、これがまた絶品!餃子との相性が抜群なのでした。
3人で食べながら、「最高OF最高」「人生ナンバーワン餃子」といった言葉が飛び交いました。本当に全くその通りなのです。

それにしても何故一軒目を居酒屋にしてしまったのか…誘惑が多すぎる…
早速ルールを「おなかに溜まらないものなら1品は頼んで良い」と変更することに。意志が弱いってこういうことです。
結局「鯵のなめろう」を頼んで、ビールもお代わりする始末。しかもこのなめろうが!叩きたての鯵にしょうがと葱がたっぷり。お酢をつけて食べると味が変わっておいしいよ、というアドバイスに従ってみると、あまりの感動に大声が出るほど。いっそこのままここで飲もうよ、という誘惑を涙を飲んで断ち切って、お会計。

バリ島・ウブドのローカルグルメ!バビグリン専門店へ行ってみた【世界の旅ごはん】

世界の旅ごはんレポート、はじめます♪

はじめまして! 旅と暮らしを料理でつなぐウェブよみもの『旅のあと ふたりのレシピ』を主宰する、旅行ライターのゆさ みずあと申します。
現在は、薬膳やカラーの発想を取り入れながら食卓をつくる、フードディレクターとしても活動しています。

自他ともに認める食いしん坊、そして旅好きの私。
週末や長期休暇のたびに、おいしいもの(とお酒)を求めて国内外へ旅に出かける日々…。
そんな旅先で見つけたさまざまなおいしいものを「世界の旅ごはんレポート」シリーズとして紹介していきたいと思います。

バリ島・ウブドのローカルグルメ!バビグリン専門店へ行ってみた【世界の旅ごはん】

バリ島・ウブドではじめてのバビグリン体験

先日、夫とふたりでバリ島旅行をしてきました。
最初に訪れたウブドで出合ったのが、名物グルメの「バビグリン」です。
バビグリンとは、豚の丸焼きのこと。
島民のほとんどが信仰するヒンドゥー教のお祭りでも欠かせない、ポピュラーな料理です。

バリ島・ウブドのローカルグルメ!バビグリン専門店へ行ってみた【世界の旅ごはん】

ウブドにはバビグリンを食べられるお店がたくさんありますが、いちばんの有名店は「IBU OKA(イブオカ)」
ウブド王宮の周辺に1~3号店があり、食事どきにはどこも満席&行列ができるほどの人気があります。

バビグリン専門店、IBU OKA3号店へ

大通りから少し奥まったところにある3号店に行ってみることにしました。
進むのが不安になるような、細い路地を歩いていくと…お店の看板を発見!

バリ島・ウブドのローカルグルメ!バビグリン専門店へ行ってみた【世界の旅ごはん】

バリらしく、開放感のある素敵な空間です。
入り口からは想像できないほど広い店内に、テーブルがたくさん並んでいます。

バリ島・ウブドのローカルグルメ!バビグリン専門店へ行ってみた【世界の旅ごはん】

私たちは、目の前に緑が広がるオープンエアーのカウンター席をチョイスしました。
まずは定番のビンタンビールで喉をうるおします♪

バリ島・ウブドのローカルグルメ!バビグリン専門店へ行ってみた【世界の旅ごはん】

観光客も多いこちらのお店では、写真つきの英語メニューを見ながら注文できます。
豚のさまざまな部位が味わえる「バビグリンスペシャル」をオーダーしてみました。

2017年秋アニメ ブレンド・S 天然ドS女子が働くちょっと変わったカフェへようこそ

2017年秋にヤミー!なアニメ化 「ブレンド・S」

『まんがタイムきららキャラット』にて連載中の4コマ漫画「ブレンド・S」(作・中山幸)。 この秋にアニメ化される、注目の作品なんです。

2017年秋アニメ ブレンド・S 天然ドS女子が働くちょっと変わったカフェへようこそ

(c)中山幸/芳文社

まず気になるのがタイトルの「ブレンド・S」の意味。
普通に考えれば喫茶店やコーヒーショップで注文するときの「ブレンドコーヒー・Sサイズ」という意味ですよね。
ところがこの作品だと、ちょっと意味が違うみたいなんです。

天然S女子と賑やかなメンバーが働く喫茶店「スティーレ」

物語の主人公は、なかなかアルバイトに採用されないことが悩みの女子高生・桜ノ宮 苺香
本当は優しいのですが、ちょっと人付き合いが苦手なことと、目つきが悪いことが原因で、周囲は彼女を誤解してしまっていました。

2017年秋アニメ ブレンド・S 天然ドS女子が働くちょっと変わったカフェへようこそ

(c)中山幸/芳文社

そんな苺香がある日偶然たどり着いた喫茶店「スティーレ」は、スタッフが様々な「属性」を演じて接客する、ちょっと変わったお店でした。
たとえば「妹キャラ」「ツンデレキャラ」「お姉さんキャラ」「アイドルキャラ」など…
ちょっとしたメイドカフェのようなコンセプトなのです。
この店の店長であるイタリア出身のディーノに気に入られた苺香は、スタッフとして働くことになります。
ここで苺香に与えられた属性が「ドSキャラ」
そう、「ブレンド・S」の「S」は、「ドS」の「S」だったのです!

2017年秋アニメ ブレンド・S 天然ドS女子が働くちょっと変わったカフェへようこそ

(c)中山幸/芳文社

ページトップ