ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

第3期放送開始!美食揃いの『食戟のソーマ』は肌色多め・K点超え続出アニメ!?

あっという間に季節は秋。
美味しいものに胃袋が刺激される「食欲の秋」とも言われますよね。
秋の色鮮やかな食材や料理には、見るだけで幸福感に包まれるかような力すら宿っているよう。

そんな目にも楽しい食欲の秋をさらに掻き立ててくれるであろうアニメ『食戟のソーマ』の第3期が2017年10月から始まりました!

第3期放送開始!美食揃いの『食戟のソーマ』は肌色多め・K点超え続出アニメ!?

©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会餐

美食がてんこ盛りで、「グルメアニメ」にカテゴライズされるのですが、どうやら他のグルメアニメには見られない、一風変わった様子が見受けられるのです。

今回は過去のアニメを振り返りつつ、『食戟のソーマ』がなぜK点超えグルメアニメなのか、解説していきます。

驚きの料理が次々と出てくる『食戟のソーマ』とは?

原作は、原作を附田祐斗先生、作画を佐伯俊先生が担当する、週間少年ジャンプで好評連載中のマンガ『食戟のソーマ』。
実家の定食屋で父親とともに店を切り盛りする主人公の幸平創真が、料理の名門校に入学し、ライバルたちと切磋琢磨しながら料理の腕を磨き成長する過程が描かれています。
トップの料理人を目指す者が集まる学校ゆえ、中途半端な腕だと容赦なく退学させられる学校で、ソーマは定食屋で築き上げてきたスキルを武器に、どんどん上にのぼりつめていきます。

第3期放送開始!美食揃いの『食戟のソーマ』は肌色多め・K点超え続出アニメ!?

©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会餐

学校では、自身の大事にするものを賭けて戦う「食戟」という料理バトルが開催されます。
対決の場で登場する数々の思いもよらない料理の技やアイデアに驚かされる作品でもあります。
そんな多くの驚きをもたらしてくれる作中の料理は、料理研究家の森崎友紀さんがアイデアを提供してくれているのだとか!

脱げてる…!?衝撃の食レポ

多くのグルメアニメでは、味や食感、香りなど、視覚だけでは捉えきれない料理の美味しさを視聴者に伝えるため、ありとあらゆる言葉を使って食欲をそそる食レポが繰り広げられます。
もちろん『食戟のソーマ』でも、食レポは重要なシーンです。
では早速、『食戟のソーマ』の食レポの様子を見てみましょう。

第3期放送開始!美食揃いの『食戟のソーマ』は肌色多め・K点超え続出アニメ!?

©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会餐

え?全裸…!?

第3期放送開始!美食揃いの『食戟のソーマ』は肌色多め・K点超え続出アニメ!?

©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会餐

ちなみにこの女性が食べたメニューは「なんちゃってローストポーク」
ふかしたじゃがいもなどをベーコンで巻きオーブンで焼き上げた、ローストポークに劣らないジューシーな逸品です。
立ち昇る湯気しっかり絡んだソースベーコンの程よい脂身が見ているだけで食欲をそそってきます。
でも、これを食べて全裸って…。

第3期放送開始!美食揃いの『食戟のソーマ』は肌色多め・K点超え続出アニメ!?
第3期放送開始!美食揃いの『食戟のソーマ』は肌色多め・K点超え続出アニメ!?

©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会餐

この料理を一緒に食べた男性陣もこの様子。

第3期放送開始!美食揃いの『食戟のソーマ』は肌色多め・K点超え続出アニメ!?

©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会餐

もちろん現実では脱げておらず、全裸はあくまでもイメージ!
あまりの美味しさに骨抜きになった様子を、服がはじけ飛んで、あられもない姿になってしまうイメージで食レポの代わりに表現するとは…。
思考が追いつかない…。

関連記事

2017年秋アニメ ブレンド・S 天然ドS女子が働くちょっと変わったカフェへようこそ

2017年秋にヤミー!なアニメ化 「ブレンド・S」

『まんがタイムきららキャラット』にて連載中の4コマ漫画「ブレンド・S」(作・中山幸)。 この秋にアニメ化される、注目の作品なんです。

2017年秋アニメ ブレンド・S 天然ドS女子が働くちょっと変わったカフェへようこそ

(c)中山幸/芳文社

まず気になるのがタイトルの「ブレンド・S」の意味。
普通に考えれば喫茶店やコーヒーショップで注文するときの「ブレンドコーヒー・Sサイズ」という意味ですよね。
ところがこの作品だと、ちょっと意味が違うみたいなんです。

天然S女子と賑やかなメンバーが働く喫茶店「スティーレ」

物語の主人公は、なかなかアルバイトに採用されないことが悩みの女子高生・桜ノ宮 苺香
本当は優しいのですが、ちょっと人付き合いが苦手なことと、目つきが悪いことが原因で、周囲は彼女を誤解してしまっていました。

2017年秋アニメ ブレンド・S 天然ドS女子が働くちょっと変わったカフェへようこそ

(c)中山幸/芳文社

そんな苺香がある日偶然たどり着いた喫茶店「スティーレ」は、スタッフが様々な「属性」を演じて接客する、ちょっと変わったお店でした。
たとえば「妹キャラ」「ツンデレキャラ」「お姉さんキャラ」「アイドルキャラ」など…
ちょっとしたメイドカフェのようなコンセプトなのです。
この店の店長であるイタリア出身のディーノに気に入られた苺香は、スタッフとして働くことになります。
ここで苺香に与えられた属性が「ドSキャラ」
そう、「ブレンド・S」の「S」は、「ドS」の「S」だったのです!

2017年秋アニメ ブレンド・S 天然ドS女子が働くちょっと変わったカフェへようこそ

(c)中山幸/芳文社

アニメ2期放送開始直前!川本家のあたたかご飯で『3月のライオン』1期を振り返ろう

2016年の秋からのTVアニメ化、そして2017年の豪華キャストによる実写映画化と、話題のたえなかった『3月のライオン』。 嬉しいことに、2017年10月より、2期TVアニメの放送が決定しています。

アニメ2期放送開始直前!川本家のあたたかご飯で『3月のライオン』1期を振り返ろう

(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

『3月のライオン』といえば、将棋を題材にした作品ですが、それ以上に人間ドラマの側面が強い作品でもあります。
主人公・桐山零の成長に欠かせない、様々な人との出会い。
今回はその中でも、彼の心の大きな支えとなっている「川本家の食卓」と一緒にTVアニメ1期を振り返りましょう。

アニメ2期放送開始直前!川本家のあたたかご飯で『3月のライオン』1期を振り返ろう

主人公・桐山零
(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

そもそも川本家と桐山零の関係とは?

史上5人目となる中学生プロ棋士となった主人公・桐山零の成長を描く『3月のライオン』。
幼いころに両親と妹を交通事故で亡くした彼は、生きていくための手段として、父の友人・幸田の内弟子となり、将棋の世界に入ります。
零は内弟子として引き取られた家に馴染めず、中学卒業とともに半ば逃げ出すように、六月町という町で一人暮らしを始めます。

アニメ2期放送開始直前!川本家のあたたかご飯で『3月のライオン』1期を振り返ろう

(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

ある日、零が無理やり飲まされ潰されているところを、隣町の三月町に住む川本家の長女・あかりに助けられます。
このことがきっかけとなり、川本家が彼の新たな居場所となっていきます。

アニメ2期放送開始直前!川本家のあたたかご飯で『3月のライオン』1期を振り返ろう

手前が川本家長女・あかり
(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

『3月のライオン』は、孤独を強く感じていた桐山零が、温もり溢れる川本家との交流を通して、頼り頼られる関係を築いていく姿に心打たれる物語でもあるのです。

臭いけど美味しい!?『もやしもん』から垣間見る発酵食品の世界!

菌が目で見える大学生が主人公『もやしもん』

『もやしもん』という作品をご存じでしょうか?
『イブニング』・『月刊モーニングtwo』にて連載されていた石川雅之さんによる漫画です。2007年・2012年にフジテレビのノイタミナでアニメ化、2010年には中村優一さん主演で実写ドラマ化されました。

臭いけど美味しい!?『もやしもん』から垣間見る発酵食品の世界!

©「もやしもん」製作委員会

『もやしもん』の舞台は、「某農業大学」。物語は、菌を目で見ることができるという不思議な力を持った主人公・沢木惣右衛門直保(さわき そうえもん ただやす)の大学入学から始まります。沢木は、ひょんなことから祖父の知り合いだった樹慶蔵教授のゼミの一員となり、常にボンテージを身に付ける院生・長谷川遥や、密造酒を作る先輩・三里薫と川浜拓馬など個性的な樹ゼミの面々と共に、様々な経験を通し成長をしていきます。

臭いけど美味しい!?『もやしもん』から垣間見る発酵食品の世界!

主人公の沢木惣右衛門直保
©「もやしもん」製作委員会

2017年夏アニメ化!明日の元気に変わる食事 手首から先だけの幽霊・るり子さんの絶品ごはん

2017年夏アニメ化!明日の元気に変わる食事 手首から先だけの幽霊・るり子さんの絶品ごはん

疎かな食事でダウンした時に出会った一冊

身内が入院した時だった。見舞いのため、毎日の病院通いが続くうちに家のことは疎かになり、気づけば私は一日二食の生活になっていた。二食といっても、インスタントの味噌汁に出来合いの総菜といった栄養バランスもへったくれもないもので、入院期間が長くなればなるほど、少しずつ私は消耗していった。 そしてしまいには一日一食になり、食事内容もより一層貧相なものになり、ある日私はとうとうダウン。見舞いする側がダウンしてどうするんだという話だが、何をするにも気力が湧かず、見舞いに行く以外は家で寝ている日々が続いた。

そんな時、気分転換にと友人が差し入れてくれたのが『妖怪アパートの幽雅な日常』だった。

摩訶不思議な妖怪アパート

『妖怪アパートの幽雅な日常』の主人公・稲葉夕士は、身寄りを失った高校生である。夕士は両親を亡くして伯父の家に住んでいたが、高校進学を機に寮での一人暮らしを始めるも、その寮がまさかの火事で全焼。苦労人中の苦労人である。 そんな夕士が、新しい住まいとして借りた格安のアパートが、寿荘

このアパート、住人は一癖も二癖もあるアクの強い面々ばかり。人間……っぽく見えるが、人間にしては胡散臭い人物もいる。それもそのはず、住んでいるのは、人間ばかりではない。妖怪も住んでいるのだ。
幽霊に妖怪、この世ならざる者たちがひしめく妖怪アパート……そんな常識の通じない場所で、夕士は時に泣き、時に笑いながら成長していく。

ページトップ