ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

【作ってみた】『深夜食堂』のナポリタンで深夜めし 罪悪感は最高のスパイス

【作ってみた】『深夜食堂』のナポリタンで深夜めし 罪悪感は最高のスパイス

人はなぜ深夜めしに惹かれるのか

深夜に食べるご飯は、どうしてあんなにおいしいのだろう。それはきっと、夜深くに食事をする、という行為につきまとう罪悪感によるものではないか。夜22時以降に口にしたものは、脂肪になりやすいとか、翌朝胃もたれするとか…健康に悪いというような言葉がわんさかある。それでも食べてしまう、「ダイエットしなきゃいけないのに」と思いながらも。そんな罪悪感がスパイスになって、深夜飯を味わい深くしているのかもしれない。

深夜めし、といえば『深夜食堂』

ドラマ、映画にもなっている漫画、『深夜食堂』を読むと、漫画のストーリーを真似て夜中に食事をしたくなる
物語は新宿ゴールデン街をモデルにしたような、東京のとある雑多な飲み屋街に提灯を灯す「めしや」が舞台。物語の語り部は店のマスター。強面で口数は少ないけど、心やさしい人である。営業は夜から朝まで、夜な夜な集まるちょっとわけありの客達が紡ぐ人情物語がメインストーリーだ。

この作品の大きな柱となっているのが、マスターが作る大衆料理。「できるものはなんでも作るよ」というのがマスターのスタイル。昔母がよく作ってくれたメニューをオーダーする客、昔の恋人の得意料理をオーダーする客など、みなオーダーする料理に様々な思いを抱えている。

関連記事

【レンジで楽々】楽ウマパスタ2選【洗い物激減】

 

こんにちは、ぽむちょです。「真夏のピークが去った」って感じで少し過ごしやすくなってきましたね。

夏バテしていませんか?私は子供からうつった夏風邪が一向に治らずちょっとしんどいです↓

今日はそんなしんどい私でも楽々簡単に作れてかつ美味しい(ここ重要)パスタ2つをご紹介いたします。

 

この2つのレシピの好きなところは

・火不要

・フライパン不要

・鍋不要

・洗い物が少ない

・子供の食いつきがとてもよい

・美味しい

ところです!

 

まず一つ目はつくりおき食堂のまりえさんのレシピより

レンジでゆでるパスタのレシピ。

子どもが喜ぶ超簡単ナポリタン

では作っていきますよー☆

 

調理時間:10分 人数:1人分

 

材料

  • パスタ 100g※
  • 水 250ml
  • ソーセージ 2本
  • ピーマン 1個(30g)
  • ケチャップ 大さじ5〜3
  • バター 8g(食卓スプーンひとすくい)

◎オリーブオイル 大さじ1/2

◎顆粒状コンソメ 小さじ1

 

◎にんにく チューブ3センチ

◎塩 ひとつまみ

※5~6分ゆでのパスタがおすすめです。

 

(※個人的感想ですが、チビッ子が食べる場合はコンソメ半分でもよいかもですです!)

 

・まず、深さのある耐熱容器に水250mlを入れ、半分に折ったパスタを入れます。

写真 2018-08-16 18 10 21

・ソーセージとピーマンをハサミで切り耐熱容器に入れる。(今回はウインナーとブロッコリーで作ります!これも美味しいよ)◎の調味料を入れ、かるくまぜる。(まだケチャップは入れないでください。オリーブオイルが無ければサラダ油やバターで代用可です。)

写真 2018-08-16 18 15 12

・ラップをかけずに600wの電子レンジでパスタのゆで時間+3分加熱する。(5分ゆでのパスタなら8分、6分なら9分です。)

 

・加熱後、箸でよくかきまぜる。かきまぜた後、余分な水分が多いようなら流し捨てる。(パスタの種類によって変わります)

写真 2018-08-16 18 26 55

・バターとケチャップを入れ、箸でかきまぜてできあがり!

写真 2018-08-16 18 28 32

写真 2018-08-16 18 29 51

 

できたパスタを器に盛っていきますー。

写真 2018-08-16 18 30 26

 

 

こんな感じです☆

写真 2018-08-16 18 31 07

 

レンジで作ったとはとても思えなく美味しいので試してみてください☆

 

 

続きまして2つ目は料理コラムニストの山本ゆりさん

【簡単!!レンジでパスタ】牛乳で作れるカルボナーラです。

 

(濃厚なのがお好きな方には、生クリームを使って同じくレンジでできちゃうこちらをどうぞ)

 

材料(1人分)

 

・スパゲッティの麺(袋の表示が5~7分茹でのもの)・・・・1束(100g)

・ベーコン・・・1枚

・にんにく・・・・1/2片ぐらい(またはチューブで1cm)

・塩・・・・少々

A牛乳・・・・80mlぐらい

A顆粒コンソメスープの素・・・小さじ1/2ぐらい

・スライスチーズ(とろけないもの)・・・2枚

 

B卵・・・・1個

B粉チーズ・・・・・大さじ1ぐらい

B塩、こしょう・・・・各少々

・粗挽き黒こしょう・・・・・・適量

 

 

 

では作っていきます!

 

・ベーコンは1cm幅に、にんにくはみじん切りにする。

・100均で売ってるパスタ茹で容器にスパゲッティ、ベーコン、にんにく、塩、水220mlを加える。

写真 2018-08-16 18 19 01

★半分に折ってジップロックコンテナで作っても全然問題ないです。

 

・ふたもラップもせず、電子レンジ(600W)で、スパゲッティの袋の表示時間プラス1分加熱する。(その間にAの準備と、Bを混ぜ合わせておく)残っているお湯を流し(ザルに開けるまでしなくていいので、流し台に蓋か何かで麺が流れないようおさえてジャーッと)、Aとちぎったスライスチーズを入れ、再びラップ無しでレンジで1分半~2分チンする。

写真 2018-08-16 18 43 50

・よく混ぜてBを加え、予熱でとろみがついたら器に盛り、黒こしょうをふる。完成!

 

(しゃばしゃばです!いう場合はそのまま追加で10~20秒チンしてガーッと混ぜてください。)

 

盛り付けて、、できた!本当簡単!

カルボナーラってソースの火の入れが難しいからまさかレンジで作れるなんて思ってもいなかったです。いつもびっくりすることだらけです!

写真 2018-08-16 18 51 08

この日は我が家は子供がナポリタン、大人がカルボナーラにしましたが2つ作ってもあっという間。そして片付けが本当楽。

このお2人のレシピには本当にいつもお世話になっております。

 

料理が苦手な方、普段料理しない方もぜひ試してみてください♪

 

つくりおき食堂 まりえさんの本はこちら

 

 

山本ゆりさんの本はこちら

 

 

Written by ぽむちょ

まるで絵本なカラーたっぷりマンガ!アラサー女子の『真夜中ごはん』は罪の味

ゆるーくほんわか・可愛い絵で、夜食テロ。

たまごかけうどん、クリームコロッケサンド、キムチ鍋ぞうすい、なすのピザ、秋鮭としめじのホイル焼、わらびもち、かぼちゃジャム…これぜーんぶ、このマンガに登場する夜食たち。このラインナップを想像するだけで、おなかが鳴りそうになりませんか?
『真夜中ごはん』はイシヤマアズサさんのグルメコミックエッセイ。イラストレーターであるイシヤマさんの描く食べ物たちはまるで絵本のように鮮やかで、「本物より美味しそう」。可愛い絵柄で、容赦ない飯テロマンガです。

【おいしいマンガ】まるで絵本!アラサー女子の『真夜中ごはん』は罪の味

真夜中ごはん』 ©イシヤマアズサ/宙出版

夜食ならではのかんたん料理たちが魅力

普段の昼食や夕食と違って、手間暇かけずにささっと作るのが夜食の鉄則。食いしん坊な主人公のアラサー女子が作る夜食はまさに鉄則通り、かんたん夜食メニューのオンパレードなのです。

たとえば、表紙にもなっている冷凍うどんを使ったたまごかけうどんを作る回では…うどんを茹でるのが面倒なので、表面を濡らして電子レンジでチン。めんつゆ・ごま・ネギ・ふりかけをかけて、最後に卵をひとつ。唯一の野菜・ネギでさえ、市販のカット済みネギを使います。

【おいしいマンガ】まるで絵本!アラサー女子の『真夜中ごはん』は罪の味

真夜中ごはん』 ©イシヤマアズサ/宙出版

あとはよーく混ぜて食べるだけ!包丁も火も使わない、まさに夜食にピッタリのかんたんメニューです。

【おいしいマンガ】まるで絵本!アラサー女子の『真夜中ごはん』は罪の味

真夜中ごはん』 ©イシヤマアズサ/宙出版
それにしてもイシヤマさんのイラストって本当にすごい…

笑っておいしい!「落語メシ」のすすめ

江戸時代から続いている大衆芸能・落語。近年は若いお客さんも増えて、落語は一大ブームになっています。今回の内容は、そんな落語の……と、その前に、ちょいと小噺から入りましょうかねぇ。

おいしい落語

暑い盛り、クマさんが道端で油を売っていると、そこに友だちの八つぁんが通りかかりました。
クマ  「おーい、八つぁん。どこ行くんだい?」
八つぁん「おークマさんじゃないか。これから一杯やろうと思ってよ。」
クマ  「いいねぇ~。俺も連れっておくれよ。ところで今日はどんな肴で一杯やるの?」
八つぁん「落語だよ。」
クマ  「え?酒の肴が落語?刺身じゃねえの?」
八つぁん「そんなもの食えるか!俺は金がねぇんだから、落語家の噺を聴きながら一杯やるっていうってんだよ。」
クマ  「落語ってあれだろ、年寄りが日曜の夕方にテレビで見るやつだろ?」
八つぁん「そうそう。演じてるのも年寄りだけど。……ってお前ェは落語を知らないからそんなこと言えるんだよ。名人級の話になったら、話だけでうまいもの食ってる気になるよ。」
クマ  「……しかし年寄り同士笑わせて、何が楽しいんだい?落語で腹一杯になるのかねぇ。」

この八つぁん、お金をかけずに美味しい酒の肴を求めた結果、「最高の肴が落語だった」と気づくあたり、エッジの効いた粋な話なのですが……、少々難しいでしょうか?
ご心配なく。今回は、きっと誰でも魅了される、落語と食の世界にご案内します。

そもそも、落語って何?

落語とは、江戸時代に誕生した芸能のひとつ。噺家(落語家)さんがステージの上でおしゃべりする芸能で、噺家の「話芸」と聴衆の「イマジネーション」だけで成り立っています。これは豆知識ですが、今、芸人さんたちがよく使う「オチ」という言葉は、落語から来ているのです。

落語に出てくるストーリーは難しいし、江戸弁の言い回しは聞き取れない!……そんな人には、江戸の食文化を扱った演目から、落語の世界へ入っていくことをおすすめします。
落語は、扇子ひとつと身振りだけで食のシーンを表現してしまう、奥深い芸能。芸達者な噺家さんの手にかかると、まるで本物の食べ物がそこにあって、うまそうに食べているかのようです。そのパフォーマンスには、きっと初めて落語を体験する人も惹き込まれてしまうはずです。
誰かがおいしそうに食べている姿を見ると、なんだかお腹が空いてきませんか?……というわけで最近は、江戸の食にまつわる演目を見た後、実際に登場した料理を食べられるツアーも人気なんですよ。

まずは、志ん朝の「酢豆腐」をご賞味あれ

早速ご紹介したい演目は「酢豆腐」。とくに、ミスター落語こと、三代目古今亭志ん朝(1938~2001年)演じる「酢豆腐」は見ものです。

志ん朝は、どのような演目でもこなせる、オールラウンドプレーヤー。江戸の文化にも造詣が深かった噺家です。志ん朝の落語は、言ってみれば「美しい落語」。あまりにもその芸が卓越していて、緻密に計算されているので、誰もが志ん朝の高座に“理想の江戸っ子像”を見てしまうほどです。

おすすめ落語メシ「酢豆腐」のあらまし

さてさて、気になる「酢豆腐」とはどういうお話なのでしょうか?

ある時、気の合う町内の若衆が集まって、「暑気払いに一杯引っ掛けよう」ということになりました。ところが集まったのは大工見習いや今でいうフリーターのような、お金のない若者たち。酒はなんとか見つけてきましたが、肝心の酒の肴がない。いざ酒の肴について相談し始めると、みんな自分の好物ばかりを主張して、まとまりません。

そんなところに、頼りになる兄貴分が登場しました。

「台所の糠味噌の樽をかき回してみな。忘れちまったような古漬けが1本や2本あるはずだよ。そのままだと臭っていけねぇし、塩っ辛くて食べられるもんじゃない。それを一旦水に泳がして絞り、削りぶしと醤油をまぶして食べるのはどうだい?」

おいしい落語

兄貴分の提案に、町内の若衆は感心しきり。
しかし、若衆たちが「ついでにその古漬けを取り出してくれ」と兄貴分にせがむと、あっさり断られました。暑い盛り、臭い糠味噌に手を突っ込みたい人などいるはずもありません。

そこに、たまたま通り掛かった建具屋の半ちゃん
若衆たちは揃って「この、色男、女殺し、色魔!町内の女衆にえらく評判が良いよ」などと、半ちゃんをありったけ褒めちぎりました。

すっかり気を良くした半ちゃん。
「俺も江戸っ子。頼まれれば嫌といったためしはねえ」と、言ったまでは良かったものの、若衆たちに「糠味噌から古漬けを出すように」とせがまれる羽目に……。
「手を突っ込むのは勘弁してくれ」と、断る半ちゃんですが、なかなか引き下がらない若衆たちに「酒の肴を買ってくれ」と粘られ、まんまと金を渡してしまいます。

次に通りかかったのが、偏屈で町の変わり者、嫌われ者で有名な伊勢屋の若旦那
若衆たちはさらに悪乗りし「腐らせてしまった豆腐を、伊勢屋の若旦那に食わせてしまおう」と企みます。さっそく「町内の女衆にモテるねえ」と若旦那を褒めちぎりました。若衆たちは、「若旦那がモテるのは、物知りだから」と、さらに持ち上げます。

そこで、若衆たちは本題へ。
「食べ方がわからなくて困っているものがある。ここにいる者たちには価値がわからない。食べ方を教えてほしい」と、せっついたのです。そして若衆たちは、腐らせてしまった豆腐を差し出しました。差し出した豆腐は色が黄色く、毛がボーッと生え、とてつもない悪臭を放っています。

「若旦那、私たちにどうか食べ方を教えてください。」

若旦那は、逃げ切れずに持参した匙で一口食します。
「この鼻にツンっときて目がピリピリっと、この香りがまたオツだねぇ~」と、扇子で鼻もとの悪臭を払い、臭いにむせながらも、精一杯強がりました。

それを見た若衆たちは大盛り上がり。
若衆たち「食ったよぉー!大したもんだよ、さすが若旦那。ところでこれはなんという食べ物です?」
若旦那 「これは、酢豆腐です。」
若衆たち「うまい名前をつけたねぇ~。若旦那、もっと召し上がんなさい。」
若旦那 「いいえ、酢豆腐は一口に限ります。」

おいしい落語

いかがでしたか? この「酢豆腐」で一番のクライマックスといえば、若衆たちがウソをついて腐った豆腐を食べさせると、ツウぶった伊勢屋の若旦那が、それを食すシーン。その様子がとにかくおもしろいのです!
ちなみに、この伊勢屋の若旦那の様子を、ツウでも野暮でもない、中途半端なツウ=半可通(はんかつう)といいます。戯作者の山東京伝(1761~1816)が多用し、当時の流行語にもなりました。

三代目古今亭志ん朝のバージョンなら、口調が滑らかで、江戸弁が聴き取りやすく、話からシーンを想像しやすいので、「酢豆腐」を初めて聴く方にもおすすめします。
「酢豆腐」を口に入れた瞬間にむせる様子はいつ見てもおもしろく、映像に慣れている私たち世代にも親しみやすいパフォーマンスです。三代目古今亭志ん朝は、落語の歴史の中で最も映像を残した落語家としても有名なんですよ。

おいしい落語はまだまだ他にも!

「酢豆腐」以外にも、食にまつわる演目はたくさんあります。
ポピュラーなのは、「目黒のさんま」。有名な「目黒のさんま祭り」は、この話にちなんで催されています。五代目古今亭志ん生も、この演目を十八番のひとつとしていました。

おいしい落語

秋や冬には、あたたかい食べ物が登場する「二番煎じ」「時そば」がおすすめです。

「二番煎じ」は日本酒好きや鍋好きにはたまらない演目。旦那衆が鍋を囲み、猪の肉やネギを頬張る描写がふんだんに登場します。この演目はぜひ映像で、それも、三代目古今亭志ん朝のバージョンを見ることをおすすめします。

「時そば」は、食にまつわる落語の代表ともいえる演目です。そばの勘定をごまかそうと奮闘する様子がとにかくおもしろく、そばをすする落語家のパフォーマンスなど、注目どころが満載です。最近の落語家では、柳家喬太郎(1963~)のバージョンをおすすめします。なぜ柳家喬太郎なのか?それは、この落語家のマクラ(本編が始まる前のお話)が絶品だからです。柳家喬太郎の賛美するコロッケそばの話は……と、ネタバレはダメですね。続きはぜひご自身で聴いてみてください。

おいしい落語

落語をはじめて聴くときには、食にまつわる演目を探してみると、落語家のパフォーマンスを手がかりに、たっぷり落語を楽しむことができます。
ひとつの演目に興味を持ったら、違う落語家のバージョンも紐解いてみてください。新しい発見がありますよ。

いま世間では、イケメン落語、ワンコイン落語、女性の落語家などが登場しています。通勤や通学の時についヘッドフォンで落語を聴いてしまった皆さん!あなたたちはもう達者な耳をお持ちなのですから、今度は近場の寄席へぜひ出かけてみてください。

おいしい落語

Written by えむえむ

このライターの他の記事はこちらから!

ウディ・アレンに学ぶ 長続きする恋愛に必要な、たった一つのアレ

大金持ちになった元泥棒と元ストリッパーの行方

金持ち父さん』シリーズで有名なロバート・キヨサキは言った。

“お金持ちになる方法は2つ。お金を稼ぐ事と、お金を守る事だ”

2000年公開、監督・脚本・主演ウディ・アレンの映画『おいしい生活』は、お金を稼いだものの、守る事に失敗した夫婦のお話。夫婦は元銀行強盗元ストリッパー。何ともお金を守れなさそうな二人である。

oishii-seikatsu_03

夫のレイは、再び銀行強盗を試みる為の穴掘りのカモフラージュで、「お金が無くても幸せよ」という元ストリッパーの妻フィンチーにクッキー屋を始めさせる。しかし穴掘りを目立たせないために始めたはずのクッキー屋が大繁盛、銀行強盗などしなくても二人は大金持ちになるが…。というお話。内容もジョークもベタなのに、滑稽に笑わせてくれるウディ・アレン節炸裂のコメディ映画だ。
笑える映画ではあるけれど、作中でとても気になった事が…

大金持ちになった元泥棒のレイが食べたかったもの

「ピザ屋を始めろ」と言うレイに、フィンチーはキレながら言う。
「わたしはクッキーと肉団子入りパスタしか作れないわよ!!」

私は耳を疑った。

フィンチーはクッキーと肉団子入りパスタしか作れない。作れるのがクッキーと肉団子入りパスタだけという事は、つまりフィンチーが作れる食事は肉団子入りパスタだけと言う事だ。裕福ではなかった時の二人はどんな食生活を送っていたのだろう…物価の高いニューヨークで食費は一体いくらだったのだろう…

そんな事は映画内では特に重要では無く、結果、フィンチーはクッキー屋を始め二人は大金持ちになるわけだが、クッキー屋が繁盛する前、レイとの食事の為にフィンチーが作っていたのは、やはり肉団子入りパスタだった。
大金持ちになった二人はどんどんすれ違っていくのだが、レイは昔のフィンチーに戻って欲しくてたまらない。レイは言う。

「エスカルゴもトリュフも食べたくなんかない!僕の大好きな肉団子入りパスタを作ってくれ!!」

oishii-seikatsu_04

こじれた関係が直るカップルと直らないカップル

改めて言うが、映画『おいしい生活』は、決して肉団子パスタをフィーチャーした映画ではない。しかし肉団子入りパスタという、ただのパスタではないこの響きが脳みそにこびりついてたまらないのだ。

フィンチーは、レイが肉団子入りパスタを好きだから、それだけは作れるようになったのか、もしくはレイが、フィンチーが唯一作れる肉団子入りパスタを妻同様に愛するようになったのか。どちらにしろ、人間関係がこじれた時に、“やっぱり君の作ったアレが食べたい!”の”アレ”がある夫婦やカップルや親子は強く繋がり続けるもののような気がする。

人間、掴むべき(掴まれるべき)は、胃袋である。

oishii-seikatsu_02

(c)DREAM WORKS

「おいしい生活」は、熟練俳優達がベタでシンプルなストーリーやジョークで笑わせてくれる点が見所だ。脇役でヒュー・グラントが出演しているのも新鮮な風が吹いていて気持ちがいい。そしてなんといっても、女なら今すぐ肉団子パスタを作れた方が良い、という気にさせてくれる映画だ。ただのパスタでなく、肉団子が入っているというところがやはりミソ。

この、なんとも肉団子入りパスタを作りたくなる映画を見た私は早速近所のイタリア人のおばさまにパスタソースをもらいに行って、このパスタを作ってみた。

oishii-seikatsu_05

映画とは関係ないがこのイタリア人のおばさま、カナダモントリオールで愛されるパスタソース “ラサルサデラノーナ(La Salsa Della Nonna)”のレシピ創設者だ。

oishii-seikatsu_06

手前味噌の自画自賛でパンダ悦子な肉団子入りパスタなら確実に男性の胃袋掴める気がします。

今回使用したLa Salsa Della Nonnaソースはカナダ、モントリオールのDrogheria Fineというお店で買えます。モントリオールに行った際には是非。

Written by パンダ悦子

このライターの他の記事はこちらから!

ページトップ