by ヤミー!-自己満足 食・文化メディア

”深い生活”をしよう 食べる事=好きな事を楽しむ伊丹十三映画「タンポポ」

食べるという事自体を好きになる映画

伊丹十三監督の大名作「タンポポ」は、食べ物愛と人間愛がたっぷり詰まったコメディ映画だ。
物語はシンプル。主人公の宮本信子が扮するのは冴えないラーメン屋を経営するタンポポ。山崎努扮する通りすがりのトラック運転手ゴローが手伝い、タンポポのラーメン屋を立派な店にするまでがメインストーリー。その合間合間に様々な食と人間が作り出すドラマがサブストーリーとして散りばめられている。
「タンポポ」に出てくる食にまつわる物語は、どれも観ていて気持ちがいい。食べるという事自体を好きになる映画だ。

伊丹十三 タンポポ

(c)東宝

魅力的なキャラクターにまつわる食のエピソードたち

「タンポポ」は、何故ここにこのサブストーリーが…みたいな難しい事は考えずにそれぞれのシーンに泣き、笑い、楽しんでいくことをお勧めする。

フランス料理店に行く会社員達の話では、自分の食べたいものをちゃんとオーダー出来る本当の食通なのが、立場も年齢も一番下の平社員だけというのが滑稽。

伊丹十三 タンポポ

(c)東宝

危篤の妻に炒飯を作らせる父親のエピソードも素敵だ。亡くなった直後の妻の前で「死んだかーちゃんが最後に作った炒飯だ、冷めないうちに食べろ!」と、子供と共に泣きながら食べる姿にはこっちまで涙してしまう。

伊丹十三 タンポポ

(c)東宝

また、役所広司扮するヤクザの、食とエロスの楽しみ方にはドキドキしてしまう。恋人の腹の上でエビを踊らせたり、生クリームをつけた乳房にかぶりついたり……これから観る貴方のドキドキを奪いたくないのでこれ以上は、是非スクリーン(画面)を観ながら鼻息を荒くして欲しい。 他にも多種多様なエピソードが現れるが、主演の宮本信子、山崎努は勿論、渡辺謙、役所広司、洞口依子等、今は大御所の役者達の若い頃が観られるのも楽しい。

「深い(食)生活」をしているホームレス達

何より素敵なのはラーメン屋の再建にも一役買う事になる、“グルメのセンセイ”と、その仲間達。現在ホームレスの“センセイ”は、元産婦人科の先生で、元ラーメン屋。

伊丹十三 タンポポ

(c)東宝

“センセイ”は 、食にうるさいホームレス仲間達の事を、「深い生活をしている」と言い表す。彼等は、フランス料理やワインについて饒舌に語り、トンカツ屋の肉の質が落ちた事を嘆き、キャベツの千切りに機械を使うようになった事にも「愛情がこもってない」と文句を言うグルメなのだ。そんなホームレスの一人がタンポポの息子の為にふわふわ卵のオムライスを作るシーンでは、その味と香りがこちらまで漂ってくるようだ。

伊丹十三 タンポポ

(c)東宝

大切なのは心。「タンポポ」に出てくる人達は、先の事を考えずに今やるべき事をやり、今食べたいものの為に一生懸命だ。幸せとは、どれだけリッチな生活をしているかではなく、どれだけ好きな事を楽しめるかだと気付かせてくれる。ホームレス達が食について語る姿はとても幸せそうで、まさに“センセイ”の「深い生活をしている」という言葉がピッタリなのだ。

「好きな事をとことん楽しみ、今を感じて生きなさい」
食と人間の関わりを楽しいエピソードで見せながら、そんな大切な事をも教えてくれる映画だ。

伊丹十三 タンポポ

(c)東宝

伊丹十三が作ったふわとろタンポポオムライス

「タンポポ」を観た後には必ず何かが食べたくなる。
貴方が食べたくなる(作りたくなる)のは、ラーメンか、炒飯か、鴨南そばか、おしるこか、ソフトクリームか、それとも生卵か。
いやいや、やっぱりあの深い生活をしているホームレスの作ったふわふわ卵のオムライスでしょう。
作中のオムライスはふわふわとろとろなのだが、どこのシェフが作ったのかと思えば、伊丹十三監督ご本人が作ったというから驚き。私が作ったオムライスはナイフを刺しても卵が分裂しただけだった。

この自分では作るのが難しいふわとろのタンポポオムライスは、日本橋「たいめいけん」で今も食べることができる。お値段は¥1,950と、ちょっといいランチ感覚のお値段だが、好きな事を楽しむためのお金だ、ちっとも惜しむ必要はないだろう。

伊丹十三 タンポポ

Written by パンダ悦子

このライターの他の記事はこちらから!

  • マンガ飯
  • 映画に出てくるおいしいものたち
  • おいしいnovel
  • overseasのごはん事情
  • お酒の話
  • フェス飯・イベント飯
ページトップ