ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

チェリーパイだけじゃない!海外ドラマ「プッシングデイジー」で知るアメリカンパイ

アメリカンパイの代表、チェリーパイ

WOWOWで新作が放送中のドラマ「ツイン・ピークス」のクーパー捜査官の大好物と言えば「チェリーパイ」
こちらの記事でツインピークスのドーナツの話をご紹介しましたが、ツインピークスの旧作が日本で流行った当時には、「チェリーパイ」を出すお店も一時的に増えたと言われています。

チェリーパイだけじゃない!海外ドラマ「プッシングデイジー」で知るアメリカンパイ

© Paramount Pictures.

写真はツインピークスのクーパー捜査官とチェリーパイ。本当に甘党なんですね。
アイスクリームまで添えられています。
特に温かいパイに冷たいアイスクリームを添えるのは、アメリカで人気のある食べ方です。
「ひやあつ」なのが、美味しいんですよね~!

2010-03-09 Cherry Pie

日本には甘酸っぱい「チェリーパイ」は普及しづらい?

ところで、ドーナツは現在も日本で人気ですが、チェリーパイはほとんど見かけませんね。

一般的にチェリーパイには、甘酸っぱい「サワーチェリー」を材料に使うことが特徴とされています。
アメリカでは、お菓子には酸味のあるフルーツが使われることが多いのです。
甘酸っぱいフルーツのパイ、個人的にはおいしいと思うのですが、日本人には「甘酸っぱい」お菓子が好まれない傾向があるように感じています。
それでチェリーパイも日本に定着しなかったのかなぁと思います。

Twin Peaks Cherry Pie

そもそも日本には甘酸っぱいフルーツがほとんどないですね。
フルーツが「甘い」ことがとおいしいと評価されている日本においては、もともとは酸っぱかったフルーツも、酸っぱさがないように品種改良されてしまっています。
しかもそういった改良された品種は、高価でもあります。
ということで、日本でパイと言えば「アップルパイ」ぐらいしかないのが現状ですが、フルーツの種類が多く価格も安いアメリカでは、甘酸っぱいフルーツを使ったパイが日常的に食されています。

Mile High Apple Pie
関連記事

【海外ドラマ頻出料理】デス妻・ブリーとリネット、対極な2人の対極なミートローフ

【海外ドラマ頻出料理】デス妻・ブリーとリネット、対極な2人の対極なミートローフ

アメリカの一般家庭の日常生活のことをたくさん知ることができるドラマ「デスパレートな妻たち」通称デス妻。料理好きの私にとっては、アメリカの代表的な家庭料理の話題が随所に出てくるのが最大の楽しみ。
なんといっても、ドラマのメインキャストの一人であるブリーは、料理上手が高じてアメリカ家庭料理の本を出版し、ベストセラーとなったあと、ケータリングビジネスでも成功。前半のシーズンでは、毎日家族のためにすべての家事を完璧にこなし、レストランの料理のような手の込んだお洒落な料理を完璧に作る主婦でもあります。作中では、彼女の腕によりをかけたおいしそうな美しい料理がたくさん出てきます。

【海外ドラマ頻出料理】デス妻・ブリーとリネット、対極な2人の対極なミートローフ

©Disney

そして今回の注目したいのがもう一人のメインキャストのリネット。キャリアウーマンとしてバリバリ仕事をこなす傍ら、家庭では超わんぱくな息子3人に手を焼いている毎日。完璧さなんて求める暇もないほど、とにかく忙しさに翻弄される日々を送っています。
そんな対照的な2人に、どちらも「ミートローフ」の話題がからんだことがありました。

【海外ドラマ頻出料理】デス妻・ブリーとリネット、対極な2人の対極なミートローフ

©Disney

マッツ・ミケルセン『ハンニバル』レクター博士の食事シーンが残酷で美しすぎる

海外ドラマ『ハンニバル』でレクター博士の美しく残酷な食事シーンに魅了される

人が食事をする姿を見て美しいと思った経験はありますか?

人の食事をまじまじと見て美しいと感じる、そんな、なかなかない経験を味わうことができる映像作品があります。それがNBCで2013年から放映されている海外ドラマ『ハンニバル』。映画『羊たちの沈黙』に出てくるハンニバル・レクターの若かりし頃を描いた作品です。

ハンニバル・レクターを演じているのは、『007 カジノロワイヤル』で悪役を演じたマッツ・ミケルセン。警察に協力を依頼されるほどの一流精神科医にも関わらず、次々と殺人を犯してしまう猟奇的な役を怪演しています。

海外ドラマ『ハンニバル』でレクター博士の美しく残酷な食事シーンに魅了される

(c)KADOKAWA

マッツ・ミケルセンが演じるレクター博士は、美しさと残酷さを併せ持った人物です。なかでもそれがよく表れているのが食事をするシーン。ひと口ひと口丁寧に口に料理を運んでいく様は、思わず見惚れてしまうほどの美しさが漂います。

海外ドラマ『ハンニバル』でレクター博士の美しく残酷な食事シーンに魅了される

(c)KADOKAWA

「フレンズ」人気エピソード フィービーのクッキーに見るアメリカのクッキー観

「フレンズ」ファンの間では有名な「フィービーのクッキー」

アメリカの日常生活に密着したストーリーで、アメリカの文化や習慣を学べるドラマ「フレンズ」
英語のリスニングを学びたい方にもおすすめの海外ドラマとして、長年安定した人気を誇っています。
そういう私も、「フレンズ」を何度も何度も視聴して、本当にリスニングが上達した一人です。

繰り返し見ていると、詳しく知りたくなるポイントがたくさんあるドラマですが、特に料理好きな人が興味を引かれるポイントのひとつに、「フィービーのクッキー」があります。

感謝祭には食べ比べ!ドラマ「フレンズ」とアメリカのマッシュポテト

左がフィービー。
©Warner Bros.Entertainment

ドラマの中で、クッキーのエピソードは2つあります。
「オートミールレーズンクッキー」「チョコチップクッキー」、どちらも手作りです。

「フレンズ」人気エピソード フィービーのクッキーに見るアメリカのクッキー観

チョコチップクッキー

アメリカのクッキーは、手作りが最良とされている

一家団欒の夕食にもテイクアウトやデリバリーを利用することが日常という家庭も多く、またこちらの記事でご紹介した「チキンヌードルスープは、缶詰を温めるだけというのが一般的」など、意外なものまで買って済ませることも多いアメリカ。
しかし、クッキーに関しては家庭でよく手作りされていて、焼きたてのあつあつ(「オーブンフレッシュ Oven fresh」といいます)を食べるのが最良とされているようです。

「フレンズ」人気エピソード フィービーのクッキーに見るアメリカのクッキー観

オートミールクッキー

子供の頃からお菓子作りが趣味で、「バターを使うお菓子は、できたてよりも数日置いた方がおいしい」が常識だと思っていた私、「焼きたてのあつあつがおいしい」がアメリカの常識であることには、カルチャーショックを受けました。
単純に好みの違いでしょうか。
アメリカのクッキーには、バターよりもショートニングマーガリンが多用されるからかもしれません。

世界一おいしい?フィービーの「オートミールレーズンクッキー」

シーズン1エピソード12で、フィービーは自分が嘘を言わない人間であることを証明するために「私が作るオートミールレーズンクッキーは世界一おいしい」と、レイチェルに食べさせます。
レイチェルは「何これ、ホントおいしい!」と感激。

「フレンズ」人気エピソード フィービーのクッキーに見るアメリカのクッキー観

©Warner Bros.Entertainment

ほんの数秒だけのやり取りなのですが、「世界一おいしい」とされたせいか、このクッキーのレシピを知りたいと思った方はたくさんいたようで、ネットで検索すると翻訳レシピなどが出てきます。
アメリカで出版された「フレンズに出てくる料理」の本の中でも紹介されたのだそうです。

このクッキー、私もよく作って主に朝食代わりに食べています。
オートミールレーズンも美容にいい食材ですよね。
「世界一」は少し大げさかもしれませんが、確かにおいしいクッキーですよ。

「フレンズ」人気エピソード フィービーのクッキーに見るアメリカのクッキー観

オートミールクッキー

海外ドラマ頻出・日本未発売メニュー サブウェイの「ミートボールサンド」って知ってる?

「チャック」に出てくるおいしそうなサンドイッチが気になる!

ドラマ「チャック」にときどき出てくるサンドイッチ、気になりませんか?

チャックの親友で家電量販店「バイモア」の同僚のモーガン、店長のビッグ・マイク、ジェフスターとレスターがよく食べている設定で登場します。
白い紙で包まれた細長いサンドイッチは、実在するサンドイッチショップ「サブウェイ」のものです。

日本未発売メニュー サブウェイの「ミートボールサンド」知ってる?【海外ドラマ頻出】

実在する商品名やお店が名前そのまま出てくるから面白い

アメリカの「サブウェイ」はこのドラマのシーズン2のスポンサーだったそうです。
商品名が必ず隠される日本のドラマや映画とは異なり、アメリカのドラマや映画では、実在するお店や商品も、名前を隠さずそのまま放送されるところが面白いですよね。

サブウェイのサンドイッチは、全く宣伝っぽさはなく、さりげなくストーリーに溶け込んで登場します。
実在するものが出てくると、現地の生活感がよりリアルに伝わってくるものです。
そして、登場人物が大好きで食べている、とずっと見ていると自分も買いたくなってくるのが消費者。
やり方が上手だなぁと思います。

ドラマには、日本の「サブウェイ」にはないメニューが登場する

サンドイッチ店の「サブウェイ」は日本国内にもありますね。
「チャック」で見て食べたくなって、買いに行ったことがある方もいると思います。
ただし、あいにく日本のメニューはアメリカと異なるため、ドラマと同じサンドイッチを食べてみたいと思っても、ほぼ買えないんですよねー。
いつかこの、長~いパーティーサンドの実物を見てみたいものです。

日本未発売メニュー サブウェイの「ミートボールサンド」知ってる?【海外ドラマ頻出】

©Warner Bros.Entertainment

日本未発売メニュー サブウェイの「ミートボールサンド」知ってる?【海外ドラマ頻出】

©Warner Bros.Entertainment

日本未発売メニュー サブウェイの「ミートボールサンド」知ってる?【海外ドラマ頻出】

©Warner Bros.Entertainment

それにしても本当に長い
まず日本ではお目にかかれないサイズ感…豪快!さすがアメリカです…

ページトップ