時短レシピ、簡単レシピ、世界のご飯、食文化、子供の食育や離乳食、マンガ飯や映画飯、旅グルメ、美容情報、健康情報…etcそんなお役立ち情報がサクッと読めちゃうお役立ちメディアが「オイシイ情報いただきます ヤミー!」です!

【カルピスの原型は、モンゴルの馬の乳からできたお酒だった?!】

AbemaTV 無料体験

 

 

モンゴル在住ののびです。

 

夏になると飲みたくなる、日本の国民的飲料カルピス。

 

実は、モンゴルにも夏になると飲みたくなる飲み物があります。

 

それがアイラグと呼ばれる馬乳酒。

 

馬の乳から作った飲み物です。

 

カルピスの原型は、この馬乳酒にあるとも言われています。

 

今回は、この馬乳酒をご紹介します。

 

カルピスの原型になった馬乳酒

カルピスの開発秘話によると、カルピスの創業者三島海雲氏は、1910年代に仕事で訪れた今の内モンゴル地域で、遊牧民が飲む酸味のきいた馬乳に出会います。

 

そのとき、三島氏は体調が弱っていましたが、この酸乳を飲んだあとから調子がよくなり、その効果に興味を持つようになったそうです。

 

その体験が、のちに日本でのカルピスの開発、商品化につながっています。

 

チンギス・ハーンも愛飲した?馬乳酒はモンゴル遊牧民の貴重なビタミン源

器に入れられた馬乳酒は酸味の効いたミルクです (撮影:のび)

 

馬乳酒は、古くはチンギス・ハーンの時代に飲まれていたという記録があります。

 

肉が中心となる遊牧民の食生活のなかで、この馬乳酒は貴重なビタミン源です。

 

酒と言ってもアルコールは1%程度しかありませんので、子どもも飲みます。

 

馬の出産が終わり、馬乳がではじめる7月あたりから9月頃までが、馬乳酒のベストシーズン。

 

夏場の遊牧民は、食事は摂らず、毎日数リットルもの馬乳酒を飲み続けています。

 

まずは馬の乳搾りから

仔馬には申し訳ないとも思いつつ、夏は数時間おきに搾乳します (撮影:のび)

 

馬乳酒作りは乳搾りから始まります。

 

仔馬には申し訳ないですが、夏場は数時間おきに搾乳し、一日数十リットル分はいただきます。

 

これを牛の皮でできた袋に集めて入れます。

 

馬乳酒の味は地域ごとに異なります

 

袋に集めた馬乳に、酒母と呼ばれる乳酸菌を加えます。

 

この酒母は、地域ごとに代々受け継がれています。

 

菌株が異なることが知られており、それが地域ごとの味の違いを生んでいるとも言われています。

 

ちなみに、ウランバートルから西に500kmほど離れたBulgan県の馬乳酒が一番美味しいとされています。特にサイハン村でできる馬乳酒は絶品。

 

Bulgan県以外のモンゴル人もそういいますので、馬乳酒通のモンゴル人にも認められたナンバーワンの馬乳酒といえます。

 

何度もいただいたことがありますが、確かにここの馬乳酒は酸味が強くなく、いくらでも飲めてしまいます。

 

あとはひたすらかきまぜます

牛皮で作った袋に集め、木の棒でひたすらかきまぜます (撮影:のび)

 

集めた馬乳に酒母を加えたあとは、かきまぜます。1Lあたり100回はかきまぜるそうです。

 

つまり50Lだと5,000回。

 

これを一晩置くと、翌朝には美味しい馬乳酒が出来あがります。

 

馬乳そのものの味にほんのりした酸味がブレンドされた馬乳酒は、7月から9月にかけて飲める、モンゴルの夏の風物詩とも言えます。

 

ちなみに発酵させていますので、翌日になると酸味が強くなって味が落ちます。

 

さいごに

馬乳酒は、高血圧や糖尿病などの生活習慣病に対する効果も認められており、最近は健康食品としても注目されています。

 

7月にもなると、この馬乳酒がウランバートル市内でも売られ出しますが、都市部では大きめのペットボトルに入れ、冷蔵保存しておきます。

 

飲みだすと、心なしか体調もよくなり、短いモンゴルの夏を体全体が喜ぶのを感じます。

 

ライター のび

ページトップ