ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!おいしい料理・食材やそれにまつわる食文化の情報をお届けします。

【ボヘミアン・ラプソディへのアンサー映画!?】フィンランド映画『ヘヴィ・トリップ』がとても面白そう!

去年フィンランドで上映され、今年末に日本でも上映される

「ヘヴィ・トリップ」という映画がとても面白そうです。

あらすじの時点でぶっ飛んでたので紹介させてください。

 

あらすじ

フィンランド北部、何もない田舎の村。

退屈な日々を送る25歳のトゥロは、“終末シンフォニック・トナカイ粉砕・反キリスト・戦争推進メタル”

というジャンルを標榜する4人組ヘヴィ・メタルバンドのボーカルだ。

バンドは結成から12年間、一度もステージに立つことなく、一曲もオリジナル楽曲を作ったこともなく、単なるコピーバンド

だがある日、遂に自分たちの曲を作るという強い意志のもと、

メンバーの試行錯誤の末にとてつもなくキラーな名曲が誕生した。

また同時にひょんなことからノルウェーの巨大メタルフェスの主催者がメンバーの家を訪れ、

バンドに千載一遇のチャンスが舞い降りる。

バンド名は“インペイルド・レクタム”(Impaled Rektum ※直訳すると直腸陥没)に決定、

ハイウェイの自動速度取締機を使って初のアーティスト写真も撮った。

だがいざ地元のライブハウスで初の前座を務めたとき、

緊張したトゥロが大嘔吐するという前代未聞の惨劇に終わった。

ノルウェーのフェス参戦も水の泡と化し、バンドは敢え無く解散した。

さらに愛すべきドラマーのユンキがハイウェイを爆走中にトナカイを避けて事故で死んだ。

トゥロは亡き友人を想い涙し、自身の不甲斐なさを恨んだ。

ユンキのため、仲間のため、そして自身のため、トゥロはバンドを再結成し、

ノルウェーに乗り込む決意を固める。

残された3人は盗んだバンに墓地から掘り起こしたユンキの棺桶を乗せ

精神科病院からドラマーを誘拐したのちノルウェーへと逃亡。

フィンランド警察から追われ険しいフィヨルドを駆けながら夢のフェスを目指す。

だが国境では彼らの前にノルウェーの “デルタ部隊”が立ちはだかる。

進め!インペイルド・レクタム!目指せ巨大フェス!

フィンランドが誇るインペイルド・レクタム誕生の瞬間を、

メタル満載、盗難事件あり、バイキング船の堂々たる巡航あり

果てはフィンランドとノルウェーの武力紛争にロマンスもあり

まさに破天荒な鋼鉄のロードムービーが日本上陸!!

001

フィンランド映画史上初の巨額を投じて作られた、というこの映画

好き嫌い選ぶジャンルかもしれませんが僕は楽しみで仕方ありません。

 

ところでそんなフィンランド、どんな国なのでしょうか、

ムーミンの生まれた地、寒くて美人が多い…

そんなイメージはあるけど実際どんな国か想像つかない人も多いのではと思います。

フィンランドは意外にも日本から一番近いヨーロッパの国で首都ヘルシンキまで飛行機で約9時間

フランスやイタリアより早く到着します。

 

最大の特徴は国土の約10%が水域(湖と河)で占められていること。(日本は0.8%)

湖の数はどの国よりも多く、国内には約19万もの湖があると言われています。

 

一方で森の面積も国土の約2/3に及び(日本とほぼ同じ)、ヨーロッパ1の森林国です。

森と湖の国と呼ぶにふさわしい幻想的な大自然の宝庫、それがフィンランドです

002

 

冬はマイナス20度夏は30度と夏冬の寒暖差がはっきりしています

夏は白夜で夜になっても太陽が沈まないので真夜中にハイキングやカヌー、

釣りを楽しむ人も大勢いるのが特徴です。

そして冬は幻想的なオーロラが夜空を包むと言われています。

またサウナ発祥の地でもあり2人の1人の家には

サウナがある世界一のサウナ国としても知られています。

 

フィンランドの気になる食生活ですが

昔ながらの素朴な鍋料理やオーブン料理が広く食べられています。

主食はライ麦パンと近年ではパスタ、根菜類(主にカブ)、じゃがいもなどで、

酪農大国でもあることから、チーズ、生クリーム、バターを使った献立もポピュラーです。

 

またフィンランドと言えばシナモンロール、と言っていいほどシナモンロールが有名です。

日本のシナモンロールは砂糖衣でコーティングされ生地もふわっとしているイメージですが

フィンランドのシナモンロールは生地がサクサクしていてフロストシュガーと呼ばれる

ゴマ粒大の砂糖が撒かれているのが特徴です。

003

 

またフィンランドは屈指のザリガニ漁猟国としても知られているのですが

生態系のバランスのため、夏の2か月の間しかザリガニ漁は解禁されません。

なのでザリガニ漁が解禁されたタイミングで毎年、ザリガニパーティが行われます。

ザリガニ料理をひたすら食べる、という会ですが

このパーティの間はテーブルクロスや周りのものを全て赤くするというルールがあり

フィンランドの家庭では年に一度のパーティのために

赤いパーティグッズを一式揃えで持っている、と言われています。

004

『フィンランドでは3つのことしか出来ない。

1つ目はテレビを観ること、2つ目は自殺すること、3つ目はミュージシャンになることだ。

だから俺達はバンドを組んで、テレビに出て自殺することについて歌うことにしたのさ』

 

というのはフィンランド出身のデスメタルバンド“センテンスト”の言です。

そのせいか、フィンランドはデスメタル大国として有名です。

この映画が作られたのもそんな背景があると思います。

そんなわけでこちらの映画を非常に楽しみにしている僕ですが

“ボヘミアンラプソディ”へのファイナルアンサーというのだけは大嘘だと思うので

フレディ・マーキュリーに謝ったほうがいいと思います。

 

by tori

 

関連記事
閉じる
ページトップ