ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!おいしい料理・食材やそれにまつわる食文化の情報をお届けします。

6月なのに毎日眠い!そんな眠気を解消する食べ物たち


春眠暁を覚えず、と言うのは春の陽気が気持ちよいので朝起きれないよー、
という意味の言葉ですが、僕はもう6月なのに一日中眠くて仕方がない日々が続いています。
どうしてこんなに眠いの?とキテレツ大百科のオープニングテーマが脳内をリフレインする今日この頃です。

001

あんまりにも眠気が収まらないので、睡眠に良い食べ物や栄養素を調べて見たら
色々なことがわかりましたのでお話しさせてください。

まず睡眠に大切な栄養素にグリシンが挙げられます。
グリシンは脳の体内時計に作用して、睡眠のリズムをうまく調整する働きがあり、
また睡眠時に体温を下げることで快適な睡眠を促す働きがあると言われています。

睡眠に問題がある人にグリシンをとってもらい、翌日、摂取者の状態を調べた実験では
いつもは頭がスッキリしない・疲れがとれない・熟眠感がない、という僕みたいな実験参加者が
朝はスッキリと起きることができ、日中の作業効率も良くなったという実験成果があげられています。
そんなグリシンはエビやホタテ、カニやイカなどの海産物に多く含まれています。

002

続いて睡眠に大切な栄養素はトリプトファン。
トリプトファンには睡眠に必要な栄養素のメラトニンとセロトニンを作る効果があります。
セロトニンは気分を落ち着かせる効果があり、
メラトニンは「睡眠ホルモン」 とも言われ、朝起きてから14時間~16時間後に脳内で増え
眠気を促すようになります。この時きちんと寝ることが出来れば快適な睡眠を得ることが出来ます。

トリプトファンは、牛乳や乳製品、豆・豆製品、肉類など多くの食材に含まれています。
特に、朝摂取することが出来れば日中は眠くならず夜はぐっすり眠れます。

003

最後に睡眠のために大切な栄養素はギャバ。
最近ギャバが多目に含まれてるというチョコレートも売られているので名前を聞いたことのある人も多いと思います。

自律神経障害による不安やイライラの緩和、アルツハイマーの予防・改善など
メンタルを落ち着かせる効果がたくさん期待できるギャバは
玄米や大麦などの雑穀、漬物、小魚、トマト、ココア、チョコレートなどに含まれています。

004

これらのものを積極的に食べれば眠気に振り回されずに済む、とのことなので
さっそく今日から食事に取り入れていきたいと思います。

本当はこれらの栄養を摂りつつも頼り切らず
朝食をきちんと摂る、寝る直前に食べない、夜更かししない、と
結局日頃の規則正しい生活が一番大事なのだろうな、思いますが
それはなかなか難しいので…泣。

 

by tori

関連記事
閉じる
ページトップ