時短レシピ、簡単レシピ、世界のご飯、食文化、子供の食育や離乳食、マンガ飯や映画飯、旅グルメ、美容情報、健康情報…etcそんなお役立ち情報がサクッと読めちゃうお役立ちメディアが「オイシイ情報いただきます ヤミー!」です!

【おせち】と沖縄の関係?!

2019年もあと、残りわずか!

 

あっという間に1年も終わりですね。

2020年はどんな年にしようかなどなど、

色々思う事はたくさんありますよね。

 

ですが、まずは来年2020年

お正月と言えばやっぱりおせち!!

 

 

8b39b7a0ebee08f82afb81f0ed852cf6_s

 

 

最近では、デパートなどで様々なおせちが

売っていたり、お取り寄せできたりと、

家庭で作らなくても、気軽に食べれる様になりましたよね。

 

でもそもそもおせちは、なぜお正月に食べるのか?

知っていますか??

 

それは、弥生時代まで遡るそうなのです!!!

 

 

33936012c3bfd193bf16a7139684b579_s

 

 

中国から稲作が伝わり、季節の暦も伝わった事で

季節の変わり目ごとに、農作を感謝し、

節供と言うお供え物をする風習が生まれたそう。

 

 

96d732da52738912afdf0400f8dee7da_s (1)

 

 

その、お供え物をした料理のことを、「御節料理」と呼ばれ

おせち料理の元となったとされています。

 

 

 

そして、おせちが重箱スタイルになったのは、時を経て

江戸時代!

節句のお祝いごとは、幕府の公式行事として定められました。

そして、新年を迎えるお正月が一番重要な日として、

豪華な料理を食べ、お祝いをする。と言う風習になっていったそうなのです。

 

 

ですが、あの、南国沖縄では・・・・・・

 

 

75fcf8ebbff946e8b88d88e625698482_s

 

 

琉球王国という別の国だったため、

 

24a013eacc6e42afefd6b0eed1748761_s

 

そもそも、おせち料理を食べる風習が無かったのです。

そして、沖縄では行事ごとにおせちの様な、こういった

 

御三味(うさんみ)

 

 

DSC_7594

 

 

と言う、お祝い料理の様なものがあり、見た目はおせちに似ているのですが

節句の祝いや、シーミーという、御墓参りをする時などに用意され、

これも正月に食べる風習はあったものの、年間で何度も食べるそう。

 

本島とは、中身が全く違いおせち料理の様に豪華なものではないし、

この、御三味は一回神様にお供えをしてから、家族で囲んで食べるそうですよ。

 

 

そして今ではなんと、、、、沖縄にもおせち料理が広まりつつあるなか、

オードブルをお正月には食べるそうです笑

 

オードブル笑

 

 

5a764c26158d8db7c553e153795e0f09_s

 

 

それもまた、日本でも文化の違いがあって面白いですね笑

 

 

 

来年は令和初のお正月、

おせちを食べたり、ゆっくりしたり、初詣したり、

良い新年を迎えたいですね。

 

by sasan

関連記事
ページトップ