ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!おいしい料理・食材やそれにまつわる食文化の情報をお届けします。

【熱燗】と【おでん】の最強タッグ!東京おでんの歴史

17時過ぎるともう真っ暗で、

寒いし冬もそろそろか?

と思うほど、ちょっと寂しい気持ちになって来ました。

 

 

そんな時こそ、熱燗でクイっとハフハフとおでんを食べる季節に

なって来たんではないでしょうか!!

 

 

今回は高円寺で人気のおでん屋さん

空き家

 

こちらは、狭い路地を歩いていくとあり、

迷い込んだような不思議な路地。

古民家的なお店で、ガラス戸を開ける入れます。

とても雰囲気の良いお店で、カウンター席とテーブル席があります。

ちょっとタイムスリップした様なお店です。

 

今回はカウンター席で。

unnamed

 

 

店内は雰囲気がおしゃれな内装。

カウンターは目の前におでんがずらっと並んでいます

unnamed (1)

 

お酒も充実!!

 

 

奥では、グツグツと煮込まれているおでんが・・・!!!

 

unnamed (3)

 

メニューもなんだか、味のある文字ですね笑

 

unnamed (4)

 

おでんのメニューもなかなか可愛い!!

 

unnamed (2)

 

こちらのおでんは、東京おでん

1つ100円からという優しいお値段!!

 

unnamed (6)

 

1つ1つに味がとても染み込んでいて、

もう、熱燗が進む・・・・。

しかも、東京おでんというものを初めて食べたのですが、

よくある、コンビニのおでんよりも、

見た目が結構黒くて、とっても味が濃そうなんです。

でも、見た目がこんなに黒いのですが、

意外と味が優しい味で全体に染み込んでいます!

 

 

もうお酒が進んで進んで、、、

とっても居心地が良くて、長居してしまいました。

 

 

結構常連さんも多くて、早めに入らないと満席で入れない人気店でした!!

そんな、今回初めて食べた東京おでんですが

 

なんと歴史は江戸時代!!

元々は、味噌田楽が発祥だったそうで、

串に刺した豆腐に味噌を付けるのが流行り、

味噌田楽に、をつけて御田(おでん)となったそうです。

 

8f5540ed815835dd421623e291a4d140_s

 

当時も、熱燗と一緒に食べるのが主流だったそう。

今も昔もみんな考えることは一緒なんですね!笑

その後、醤油づくりが盛んになったことから、

味噌をつけて食べるものではなく、

醤油ベースで煮込んだ方が手間がかからない

おでんが流行ったとされます。

 

なので、東京おでんは、ちょっと醤油系の色のおでんになります。

おでんは東京から始まっていきその後関西にも広まったんですね!!

ですが、関西では薄味の醤油ではなく、出汁でさっぱりな為、

透き通ったタイプの、おでんになります。

 

9f173ee524cbe1b1e7aebd8d70b8ee8e_s

 

なので、コンビニなどにある透き通ったおでんは関西寄りなんでしょうね。

 

コンビニで食べるおでんも、もちろん美味しいのですが

やっぱり東京のおでん屋さんでおでんと熱燗を楽しむのも

とてもオススメですよ。

 

By sasan

ページトップ