ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!おいしい料理・食材やそれにまつわる食文化の情報をお届けします。

え?あの食べ物が?ポーランド発祥の意外な食べ物

 

豪華客船が沈没して、多国籍の人々が、救命ボートに乗りました。

しかし定員オーバーで、男の人たちに降りてもらわないと沈んでしまいます。

 

そこで船長はアメリカ人に対し「飛び込めばヒーローになれる」と言いました

アメリカ人は、ガッツポーズをして海に飛び込みました

次にイギリス人に対して「あなたは紳士だ」と言いました

イギリス人は、うなずいて海に飛び込みました。

ドイツ人に対しては「飛び込まなくてはならない、それがルールだ」と言いました

ドイツ人は納得して海に飛び込みました。

イタリア人に対しては「あちらに綺麗な女の人がいますよ」と言いました

イタリア人は鼻の下を伸ばしながら飛び込みました。

日本人に対しては「ほかの男の人は、みんな飛び込みましたよ」と言いました。

日本人は、左右を見渡すと慌てて海に飛び込みました

001

 

これは世界各国の国民性をネタにしたエスニックジョークです。

この手のジョークは不謹慎だったりブラックユーモアの度が過ぎたりしますが

自分はその容赦ないドキツさが大好きだったりします。

 

 

ほかにも

幸せとはアメリカの給料を貰い、中国人のコックを雇い、イギリスの家に住み日本人の妻を持つこと。

反対に不幸とは中国の給料を貰い、イギリス人のコックを雇い日本の家に住み、アメリカ人の妻を持つこと。

 

なんていうエスニックジョークもあります。

アメリカはスケールが大きくて正義感が強い、

イギリスは紳士、イタリア人はナンパ、日本は周りを気にする…

など各国のキャラが共通認識としてあるから面白いわけですが、

そんな中で不遇なキャラ付けをされている国があります。ポーランドです。

 

ポーランドでは電球を変えるのに5人の人間が必要だ

1人がイスに乗っかり電球を持ち、4人がそのイスを回す

002

イギリス人のジャーナリストがインタビューをした。

「失礼ですが、食肉の不足について貴方のご意見をお聞かせ願えますか?」

 

イスラエル人「失礼って何ですか?」

アメリカ人 「不足って何ですか?」

中国人   「意見って何ですか?」

ポーランド人「食肉って何ですか?」

 

 

など基本的にこのテのジョークでポーランド人はバカとして扱われています。

実際のところポーランドはキューリー夫人コペルニクス、音楽ではショパンなど

各分野での偉人を大勢排出しているし、IQの高さもヨーロッパ第二位なので

ポーランド人=バカという風潮は完全に間違いなのですが、

どうしてポーランド人はバカ扱いされてしまうのでしょうか。

 

これはアメリカに来たポーランド人の訛りが酷くて

英語がヘタだったのは英語下手→バカという風に認識されてしまったのが原因のようです。

それを聞くといくらジョークとはいえ無邪気に笑えないな、と思ってしまいました。

 

そんなポーランド、実はアルコール度96%というぶっとんだお酒

スピリタス発祥の地だというのはご存じでしょうか?

003
高いアルコール度数は70回以上の蒸留で得られるもので

飲酒する際は火気厳禁、タバコの火でも引火する、という恐ろしいお酒です。

口の中に入れると喉に到達する前に蒸発するとか…。

スピリタスのおかげで回りが消毒されポーランドはペストの影響が少なかった、とも言われています。

 

そんなスピリタスですがそのまま飲むと当然キツいのでカクテルにするのが一般的です。

オレンジジュースとスピリタスを混ぜたカクテル、スクリュードライバーはとても有名です。

飲みやすくパンチのある味は女性ウケも良いのではないでしょうか。

 

また意外と知られていないポーランド出身の食べ物の一つにベーグルがあります

ベーグルはトルコとの戦争に勝利した際、それを記念して

馬のあぶみ(騎乗時に足をかける乗馬具)の形をしたパンを献上したのが起源と言われています。

 

クラクフという都市がベーグルの本場で、

ポーランドの首都ワルシャワから電車で2時間、バスで5時間の距離にも関わらず

連日、観光客で賑わっています。

40円前後と良心的な値段でとても美味しいベーグルが食べることが出来ます。

004

大勢の人が食べにくる本場の食べ物…

なかなかポーランドに行く機会などありませんが一度は食べてみたいです。

もし近くに行く機会のある方は是非、口にされてみてはいかがでしょうか?

by tori

関連記事
閉じる
ページトップ