ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!おいしい料理・食材やそれにまつわる食文化の情報をお届けします。

コーヒー、紅茶論争に終止符が打たれる!? 2つを混ぜた鴛鴦茶って知ってる?

コナン

 

 

1https://unsplash.com/photos/zTKKigkR_kU

 

 

あなたはコーヒー派ですか?紅茶派ですか?

 

コーヒーと紅茶、どちらが好きかって結構意見が分かれますよね!

 

コーヒーも紅茶も色んな種類や飲み方があって、それぞれに違った魅力があるので、どちらかひとつを選ぶことは難しいですよね。

それぞれ違った魅力をもつ2つの飲み物ですが、この2つを混ぜ合わせた飲み方があるということをご存じですか?

今回はコーヒーと紅茶、相反する2つの飲み物を混ぜて作る鴛鴦茶をご紹介します!

 

 

 

鴛鴦茶とは?

 

鴛鴦茶(えんおうちゃ、広東語 ユンヨンチャー)は、香港で一般的な飲み物で、紅茶コーヒーを混ぜ合わせたもの。広東語では「鴛鴦」(ユンヨン)と略すことが多い。日本語ではコーヒー紅茶と呼ばれる場合もある。多くは、砂糖無糖練乳をたっぷり加えて飲むため、「鴛鴦奶茶」(えんおうだいちゃ、広東語 ユンヨンナーイチャー)とも呼ばれる。

―引用【wikipedia】

 

鴛鴦とは文字通りオシドリを意味しており、おしどり夫婦のように、コーヒーと紅茶が仲良く合わさっているということを表しているそうです。

 

「え。混ぜて大丈夫?」と不安になる組み合わせですが、香港では広く愛されている飲み物らしいですよ。

 

 

 

鴛鴦茶の作り方

 

鴛鴦茶の作り方は基本的に3種類あります。

 

1.液体混合法

コーヒーと紅茶を別々に淹れて、混ぜる方法で一番簡単な方法です。

 

2.原液混合法

コーヒーの粉と紅茶の茶葉を混ぜて抽出する方法です。

 

3.二段法

先に紅茶を抽出し、その紅茶でコーヒーをドリップする方法です。

 

コーヒー3に対して紅茶は7が基本とされていますが、コーヒーと紅茶の割合は決まっていないので、自分の好みに調節することが出来るのが魅力のひとつとも言われています。

 

 

鴛鴦茶を実際に作って飲んでみた

 

コーヒーと紅茶を混ぜて本当に美味しいのかイマイチ信じがたかったので、実際に作って飲んでみました。

今回わたしは、一番簡単な液体混合法で試しました。

また、レシピを調べていると練乳を使用しているレシピが多かったので、練乳も用意しました。

2

(自作画像)

 

紅茶のティーパック

インスタントコーヒー

練乳   大さじ3

 

①グラスに練乳を入れておきます。

②紅茶とコーヒーをそれぞれ淹れます。

③練乳を入れたグラスに紅茶7、コーヒー3の割合で注ぎます。

④よく混ぜます。(アイスの場合は氷を入れます。)

3

(自作画像)

 

紅茶の割合が多いせいもありますが、味はミルクティーに近い感じです。

もっとすごい味を想像していたので、安心しました。。。

でも、コーヒーが入ることによって苦みが少し感じられます。

わたしは普段、コーヒーも紅茶も甘くして飲むことがないので、練乳を入れると甘ったるくなってしまうのではないかと心配でしたが、思ったより甘すぎない感じでした。

甘いのが苦手な人は、練乳の量を調節したり、牛乳を入れたりしても良いかもしれません。

 

個人的にはミルクティーより好きな味なので、今後ミルクティーを飲みたいときは、コーヒーを少し足して鴛鴦茶を入れてみようかなと思いました。

 

コーヒーや紅茶に飽きてしまった人、どちらかを選べない人はぜひ挑戦してみてくださいね!

 

タグキーワード 【コーヒー 紅茶】

 

▽参考

 

 

 

ライター【maimekko】

 

ページトップ