ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!おいしい料理・食材やそれにまつわる食文化の情報をお届けします。

台風とコロッケと私

この記事を書いている今、9月9日午前2時なのですが

ちょうど台風が来ていて窓の外が凄いことになっています。

ドカーン!バキーン!グシャーン!という感じの物音が響いていて

何がどうなったらこんな凄まじい音が出るんだ、とネコと一緒に怯えています。

 

しかも今回の台風は過去最高のものと言われていて(毎回言われてますが)

今回は停電の危惧まであると言われています。

ヤミー編集部の皆さま、この原稿が落ちたら停電のせいということでひとつお願いします。 

 

001

それはそうと台風の時はコロッケを食べる、という文化があるのを皆様ご存じでしょうか?

 

「台風に備えてコロッケを買ってきた」 というとある掲示板の書き込みから

一部では台風の時にコロッケを食べる風習が流行るようになったのですが、

最近は惣菜屋さんでも台風が近づくとのぼりを付けてコロッケを売り出したり

今調べたらwikipediaにも載っていたのでどうもこの「コロッケ台風」は市民権を得た文化のようです。

 

 

002

 

ところでこのコロッケという食べ物ですが、これもこれで出自がよくわからない食べ物です、

洋食であることは確かでしょうが、じゃあアメリカ、イギリス、フランス…どこの料理よ?と言われると

ぱっと答えることが出来ない人も多いのではないでしょうか?

 

コロッケはトンカツ、カレーライスと共に大正の三大洋食の1つとされていて

大正末期から昭和の初めにかけ日本人に広く普及した、と言われています。

 

そしてフランスのクロケット (croquette) という料理がコロッケの原型だと言われています。

クロケットはホワイトソースのアパレイユ(ミンチにした魚肉や鶏肉をソースを混ぜたもの)に

パン粉をつけて調理したもので、クリームコロッケとほぼ同じものだと言われています。

 

そしてジャガイモを使ったコロッケは最初まかない料理だったのが

次第にお客さんに食べられるようになって今に至ったとのことです。

003

 

それにしてもコロッケという料理、イモの皮を剥いて、つぶして、衣に包んで、揚げる…

食べるのは一瞬なのに作るのはずいぶんと手間のかかる料理です。

美味しいコロッケを食べたい…と思ったらいちいち作らないで買ってくるのもいいかもしれません。

 

特に肉屋さんのコロッケは揚げるために使用しているラードが新鮮なため、

通常のコロッケより美味しい、という説があります。

またお惣菜屋のコロッケは砂糖を加えることが多く、

通常のものより保水力が保たれ甘くしっとりと仕上っていると言われています。

ということで餅は餅屋、ではありませんが、

忙しいけど本当に美味しいコロッケを食べたい!という時はお店で買って食べる、というのが

意外と一番いいのかもしれませんね。

004

そんなコロッケですが従来のコロッケに加え

さつまいも、サトイモを使ったコロッケ、カレーコロッケ、クリームコロッケ

かぼちゃコロッケ、おからコロッケ、メンチコロッケ、ライスコロッケ…

肉じゃがコロッケ、春雨コロッケ、明太子コロッケ

そのバリエーションはいとまに尽きません

 

「コロッケってなんだろう…」 と思わず自問自答してしまいますが

その中にあった気仙沼ホルモンコロッケというコロッケがとても美味しそうだったので

いつか食べてみたいと思います、とりあえず台風が収まってからで。

by tori

ページトップ