ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

実録!うどん県・香川のうどんツアーに参加!讃岐うどんの名店行ってみた

実録!うどん県・香川のうどんツアーに参加!讃岐うどんの名店行ってみた

香川うどん店多すぎ…。実際どれがオススメなの?

「うどん県」こと香川県まで、うどんのためだけに出向いたことがある人は、全国で何人ほどいるだろうか?
行きたいとは思っているけど行けていない、
うどんは好きだがそこまでのモチベーションがない、
っていうかそもそも香川県ってどこ?
…うどんは好きでも、案外うどん県まで実際に出向いた人は少ないのではないだろうか?
そこで今回私は全国のうどん好き&怠け者のために、身を切って「香川うどん放浪旅」のレポをすることにしたのである。

実録!うどん県・香川のうどんツアーに参加!讃岐うどんの名店行ってみた

自分でうどんオタクなどとうたっていた私だったが、香川に着いて早速問題が発生。
香川にはうどん店が無数にあるため(2014年時点で630軒)私は一体どの店にいけばいいかわからなかったのである。
うどんオタクどころか、うどん素人じゃないか…
全国チェーンの○亀製麺(バレバレだな)で満足していた私は、所詮ただの素人だったのだ…
と気づいた私は、香川のバス会社「琴参バス」が運営している讃岐うどん味めぐりという日帰りツアーに参加した。
半日ツアーで2店舗回れて参加料は1000円。
下手にグーグル先生に電車やタクシーで色んな所に誘導されるより、便利で、安い。

実録!うどん県・香川のうどんツアーに参加!讃岐うどんの名店行ってみた
関連記事

辛いもの好き必見!野外イベント「ナマステ・インディア」でスパイスの海に溺れてきた

9/23(土)と24(日)に、代々木公園イベント広場で行われた「ナマステ・インディア」に行って来ました!

辛いもの好き必見!野外イベント「ナマステ・インディア」でスパイスの海に溺れてきた

今回参加したのは2日目の日曜日。天気にも恵まれ、グルメにぴったりな陽気です。
このナマステ・インディア、グルメや物販、旅行関係など様々なインドにまつわるブースが出店しています。
グルメのブースは22店が出店。
都内にいながら本場インドの味を楽しめる、辛いもの好きなら見逃せないイベントです。
大勢の方が訪れ、インドグルメを楽しんでいました!

辛いもの好き必見!野外イベント「ナマステ・インディア」でスパイスの海に溺れてきた

会場は代々木公園イベント広場。数々のイベントが開催されている場所です。
野外ステージではダンスをはじめ、様々なインドのパフォーマンスが行われていました。

会場は既に食欲をそそる刺激的なスパイスの香りで包まれています…
お腹のコンディションを万全に整えて、いざスタートです!

口当たり良し、後引く辛さよし!絶品のサグチキン

空きっ腹には炭水化物!
ということで1品目は、ガンジスさんのサグチキン(ほうれん草のチキンカレー)を食べました。
カレーはセットとなっていて、ナンかライスが選べます。

辛いもの好き必見!野外イベント「ナマステ・インディア」でスパイスの海に溺れてきた
辛いもの好き必見!野外イベント「ナマステ・インディア」でスパイスの海に溺れてきた

ナンはビッグサイズ!顔以上の大きさで、もちもちしています。
ほうれん草のカレーは口当たりが良く、後引く辛さが絶品です。
もちもちのナンと相性が良い!
チキンはゴロっとしていて、食べ応えがあります。
一食目にぴったり、ボリュームたっぷり大満足のカレーでした!

うどん好きなら要チェックの祭典「うどん天下一決定戦」に行ってみた!

都内にいながら全国のうどんを食べられるイベント、うどん天下一決定戦

8/26(土)と27(日)に代々木公園広場で開催された、「うどん天下一決定戦2017」に行って来ました!

うどん好きなら要チェックの祭典「うどん天下一決定戦」に行ってみた!

参加したのは初日の26日。
予報では天気が崩れそうでしたが、当日は打って変わって夏らしい晴れ模様に。
絶好のうどん日和でした。

うどん天下一決定戦2017は、日本全国から選りすぐりの15店が出店しています。 日本全国のうどんを都内にいながら楽しめる、うどん好きにはたまらないイベントです。

うどん好きなら要チェックの祭典「うどん天下一決定戦」に行ってみた!

会場は数々のグルメイベントが開催されている、代々木公園B地区イベント広場。
うどんを楽しむために、子供から大人まで多くの方で集まり、会場はとても賑わっていました。

この日はよさこいのイベントも開催されていて、ステージでは様々なチームが躍っていたので、お祭り気分も味わえました!

美味しいうどんを最高のコンディションでなるべくたくさん食べるべく、前日はお酒を控え、当日は朝食を控えめに。
万全な状態に整えて、イベントに参加してきました!

A5ランク極上の肉を使用!讃岐のおうどん 花は咲く「極上の肉うどん」

お腹が空いていたので、まずはがっつり食べたい!
そこで1品目は、讃岐のおうどん 花は咲くさんの極上の肉うどんをチョイスしました。

うどん好きなら要チェックの祭典「うどん天下一決定戦」に行ってみた!

とにかく肉が絶品!
A5ランクの極上の肉は食べ応えがあり、甘辛ダレとの鉄板の組み合わせが最高です。
うどんはコシがあり、喉ごし良し。
甘辛ダレの肉とコシのある麺は相性抜群で、どんどん箸が進みます。
つゆはすっきり、生姜やネギの薬味もたっぷりなので、さっぱりと食べられます。
肉の味が格別な、贅沢なうどんでした!

うどん好きなら要チェックの祭典「うどん天下一決定戦」に行ってみた!

かき氷・魯肉飯・小籠包…注目の台湾グルメイベント「台湾フェスタ」に行ってみた!

かき氷・魯肉飯・小籠包…注目の台湾グルメイベント「台湾フェスタ」に行ってみた!

都内にいながら台湾グルメを味わえるイベント・台湾フェスタ

7/29(土)と30(日)に代々木公園広場で開催された、「台湾フェスタ2017」に行って来ました!
参加したのは初日の29日で、天気は曇りから晴れに。
夏本番の高い気温にもかかわらず、台湾グルメを味わうために大勢のお客さんが来場していました。

かき氷・魯肉飯・小籠包…注目の台湾グルメイベント「台湾フェスタ」に行ってみた!

台湾フェスタでは、がっつりご飯が食べられるフードブースが38店、スイーツブースが10店、ケータリングブースが6店と合計で54店の飲食ブースが出店。
さらにその他にも物販などのブースもあり、台湾の魅力を存分に楽しめるイベントとなっています。

会場は色々なグルメのイベントでお馴染みの代々木公園イベント広場。
様々なブースに加えて、メインステージでは数多くのイベントが開催され、盛り上がりをみせていました。

たくさん台湾グルメを味わうため朝食は控えめにし、お腹のコンディションを調整。
お腹を空かせてスタートです!

【シリーズ京都パン屋巡り行ってみた】京都で最もおいしい!?「たま木亭」

京都最強と言われるパン屋「たま木亭」

強豪ひしめく京都のパン屋の中で、ナンバーワンの呼び声高いお店が「たま木亭」です。

【シリーズ京都パン屋巡り行ってみた】京都で最もおいしい!?「たま木亭」

宇治市にあるこの「たま木亭」には、おいしいパンを求めて京都のみならず、府外からもお客さんが訪れるため、店の前にはいつも行列が出来ています。
そのずっと気になっていた「たま木亭」に、家族総出で行って参りました。

私たちが訪れた時にも、駐車場には他府県ナンバーの車がずらりと並んでいました。
幸運なことに、お店の前の駐車場が空いていたので停められましたが、たま木亭の駐車場は近隣に散らばって30台分もありますので、運が悪いとちょっと離れた所に止めることになります。
すべてはタイミングですね。
しかし、やはりお店の前には列が出来ていて、子連れにはなかなか厳しい状態でした。

たま木亭

photo by Richard Murdey

優柔不断一家にはハードルが高かった…

列は外にまで延びているわけですから、店内もずらりとお客さんが一列に並んでいます。
つまり、逆走がしにくい状況になっています。
「やっぱさっきのパンが欲しい」と思っても、なかなか戻りにくい。
もちろん、戻って取りに来るお客さんもいましたが少数でした。
ネットなどで予習をしてから、ある程度目星をつけていくことをおすすめします。

我が家は長女を筆頭に優柔不断なので、いつもパン屋に行くと店内を5周くらいはうろつきます。
しかし、今回はそんなに悩む暇がないので「気になったパンがあったら、それにしてしまう。1人2個まで。」という決まり事をつくり、挑みました。
たぶん、お店の滞在時間がこれまでで最短だったんじゃないかな…。

せっかくなので外で食べます

たま木亭の真正面には、「京都大学宇治キャンパス」があります。
おしゃれな建物と、広い芝生が素敵なキャンパスです。
たま木亭でパンを買った家族連れが何組か芝生の上でピクニックを楽しんでいました。
ものすごく惹かれたのですが、私たちはたま木亭から車で10分ほどの「府立宇治公園」に移動しました。

宇治公園は宇治川の真ん中にある公園で、平等院のすぐそばにあります。
賀茂川のように「とんび」に襲われることもなく、まだ桜も咲いていませんでしたので人も少なく、ゆったりとパンを味わう事が出来ました。

【シリーズ京都パン屋巡り行ってみた】京都で最もおいしい!?「たま木亭」

たま木亭で購入したのは、「パンシュー」「ブルーベリーの練乳仕立て」「クリームパン」「3種のガレット」「ベーコンハース」「洋風あんぱん」「じゃがジューシー」の7種類。
カレーパンを狙っていた夫ですが、カレーパンはちょうど売り切れていて買えませんでした…。

カレーパン協会で一位になった、たま木亭のカレーパン

たま木亭のパンでまず驚くことが、冷蔵されていた「ブルーベリーの練乳仕立て」以外、すべてまだ暖かかったことです!
こんなことは初めてでした。
たくさんお客さんが来るので、焼き立てパンが常に並んでいる状態なのでしょうね。
ハード系のパンが多いので、冷えると硬くなっているだろうなと思うのですが、どのパンもパリパリフワフワで食べやすかったです!

そして、パンの美味しさ!感動ものです。
「パンシュー」と「ベーコンハース」は大きなベーコンがゴロゴロ入っていて、そのベーコンのジューシーさといったら!
ベーコンの油を吸ったパンの美味しさといったら!思い出すだけでたまりません。

パンシュー たま木亭のスペシャリテ うますぎる!! #たま木亭 #パンシュー  仲田

たま木亭さん(@tamakitei)がシェアした投稿 –

そして定番の「クリームパン」。これまで食べたことのない食感と、程よく濃いクリームの味が絶妙のバランスでした。
「洋風あんぱん」も同様に、やはりパンとあんこのバランスが素晴らしかったです。

我が家で栄えあるベストワンに選ばれたのが「じゃがジューシー」!じゃがいもとバター醤油がパンに溶け込んで、なんとも至福な味わいでした。

正直言うと、並ぶのが苦手なのでパンを食べるまでは「もう来ないかな」と思っていました。
しかし、パンを食べると「帰りにも寄って帰ろうか?」と本気で考えるほどにハマってしまいました。
きっと、また車を走らせ、行列に並んで買いに行くことでしょう。それくらい、最高においしいパン屋さんでした。

Written by フジイ

このライターの他の記事は こちら から!

地方ラーメンの新興勢力!長崎「オールウェイズ」の○○○とんこつラーメン

地方ラーメンの新興勢力!長崎「オールウェイズ」の人気メニューはレモン載せ!

中華の街・長崎の新興勢力!行列のできるオールウェイズらーめんに密着

ヤミー!読者の皆様は、どんなラーメンが好きだろうか?私は断然とんこつラーメンが好きだ。
しおや醤油や味噌が好きだという方には、ぜひとんこつ派になっていただきたい。
…とんこつ?食べた後重いし、カロリー高いし、脂っこいし…今回はそんな方にとんこつ派になってもらうべく、わたしの行きつけであり、地方ラーメンの新興勢力である九州は長崎のラーメン屋を紹介したいと思う。
その名も「麺也・オールウェイズ」である。

地方ラーメンの新興勢力!長崎「オールウェイズ」の人気メニューはレモン載せ!

「麺也・オールウェイズ」は、週末になると行列ができる長崎の有名ラーメン店だ。
元は商店街の端に細々と開業したラーメン屋であったが、最近では長崎駅ビルアミュプラザに、3店舗目が開店されるほどの超人気ぶり。
長崎の人間からしてみると、商店街の端にあったあの小さな店がアミュプラザに店を出すなんて…トランプ氏が大統領になるよりもビッグニュースである。
「オールウェイズ」の店名の由来は、“いつまでも、ずっと長崎人が通うようなラーメン屋になりたい“という思いだそうだ。私も毎日とは言わないが、週末でも平日の夜でも浜町に来たら大抵ここに来るようになってしまった。いつまでも、通い続けたい「秘密」が、確かにここにはあるのだ。

地方ラーメンの新興勢力!長崎「オールウェイズ」の人気メニューはレモン載せ!

ラーメンうまし!サイドのぎょうざは絶対に頼むべき!

「オールウェイズ」のとんこつラーメンは、カロリーたっぷりのチャーシューラーメンだ。ボリューム大、おねだん850円
長崎には中華街があるため、ラーメンの味は家庭的で落ち着いた味の店が多い。特に、隣の隣の県、「博多」のラーメンに比べ、スープ・麺共に滑らかな口当たりが印象的で、スープはとんこつの旨さがしっかり詰まった奥深い味わいである。店それぞれではあるが、コクのわりに後口はさっぱりとしていて、麺は、博多ラーメンと比べるとやや太麺でストレートであることが多い。
一方で、オールウェイズのラーメンは博多風に寄せていくこともなく、かといって長崎の家庭的なラーメンを踏襲してもいない…まさに新興勢力のラーメンの味である。

地方ラーメンの新興勢力!長崎「オールウェイズ」の人気メニューはレモン載せ!

オールウェイズにきてラーメンを単品で食べるだけではもったいない。サイドメニューにあるぎょうざは絶対に食すべきである。
国産の黒豚を使用した甘味たっぷりコクウマぎょうざは、ラー油につければ口の中でとろけること間違いなし。密かにダイエット中の私にとって、圧倒的な天敵ではあるが、オールウェイズのラーメンとぎょうざだけは勘弁してもらいたい。ここのラーメンを食す楽しみは、何物にも代えがたいのだ。
みなさんもぜひ腹をすかしていくことをお勧めする。赤身と脂身のバランスが良いトロリとしたチャーシューを追加してもいいし、長崎のブランド卵を使ったよく味のしみた煮卵を追加してもいい。これだけの幸せを食べられるならば、一週間の食事をコッペパンと水だけにしてもいいぐらいだ。。

そして伝説へ…長崎人をやみつきにした攻めメニュー・レモントンコツらーめん

商店街の小さな店から駅前ビルに進出し、地元で伝説を打ち立てたオールウェイズだが、そのカリスマ性の秘訣はメニューにあった。

地方ラーメンの新興勢力!長崎「オールウェイズ」の人気メニューはレモン載せ!

こちらは、レモントンコツらーめん。えっ、ラーメンにレモン??と思う人も多いと思うが、見た目のインパクトもさながら、上質なトンコツスープだからこそ、レモン独特の爽やかさが予想外にマッチしているのだ。薄くスライスされているレモンが数枚。その上にたっぷりのネギとコショウがのる。ラーメンの風味を邪魔しないレモンの枚数も絶妙。グッとした旨味と甘味のあるトンコツスープにレモンの爽やかなすっぱさと淡い香りが重なって、よりさっぱり頂けるイレギュラーな一品。このラーメン屋に足を運ぶ事があったら間違いなく食べるべきだと思う。

なお、オールウェイズの営業時間は、11時から24時までの13時間ぶっ通しの営業。遅めのランチでも、飲み会の締めにも嬉しい店である。
24時って閉まるのが少し早くないか?と思う方もいるかもしれない。
だが、長崎の中華街近辺を24時以降歩いていると、中国人女性から『マッサージ、イカガデスカ!?』とカタコトの日本語でたびたび誘惑されてしまうのだ。
そんな酸っぱい想いをしてしまう前に、良い子の皆さんは、24時までに「レモントンコツらーめん」を食べてじゅうぶん酸っぱい想いをして、お利口さんのまま、寝床に帰っていただきたいものである。
もし遊び足りない方がいたら、オールウェイズのラーメンを食べて箔をつけ、再度行動を開始するとよい。長崎の夜は「麺也・オールウェイズ」が閉店しても、オールウェイズ明るいので、ご安心を。

Written by マッツん

このライターの他の記事はこちらから!

【シリーズ京都パン屋巡り行ってみた】大正8年創業!西陣「大正製パン所」

【シリーズ京都パン屋巡り行ってみた】大正8年創業!西陣「大正製パン所」

「京都の食」、と言えば「おばんざい」や「お茶漬け」などを想像する方が多いかと思います。でも、実は京都がパン消費量日本一だってご存知でしたか?
京都市内をウロウロ歩けば、あちらこちらにパン屋さんがあります。このシリーズでは、そんなパンの都・京都市にあるパン屋を巡ってレポートしていきます。
初回のお店は、京都で一番古い小売りパン屋と言われている、大正製パン所さんです。

【シリーズ京都パン屋巡り行ってみた】大正8年創業!西陣「大正製パン所」

凄く入りやすい店構え。扉がバーンと開けっ放しでした。

街のレトロなパン屋さん「大正製パン所」

大正製パン所(敬称略)は、西陣で大正時代からパンを売っている老舗です。
店構えは、物凄く古めかしい!とかではなく、ほどよくレトロで懐かしい雰囲気。街並みに溶け込んでいるので「千本今出川交差点そば」というわかりやすい場所にあるはずなのに、うっかり通り過ぎてしまいそうでした。
奥にはイートインスペースがあって、私が来店した時はイートインスペースの机を使って、お店のおばちゃんがパンの袋詰めをしていました。

パンを選ぶ

【シリーズ京都パン屋巡り行ってみた】大正8年創業!西陣「大正製パン所」

お店に入ると、レジ前にカレーパンが並んでいました。
カレーパン(中辛)は人気NO.1だそうです。手描きのPOPのクオリティがなかなか高め。これは買わねば。

【シリーズ京都パン屋巡り行ってみた】大正8年創業!西陣「大正製パン所」

次に目に入った「京のメロンパン」…物凄く気になります。白あん入りとは…。
その隣の「サンライス」は、丸いメロンパンです。京都では丸いメロンパンを「サンライズ」とか「サンライス」といいます。「京のメロンパン」はアーモンド形だから“メロンパン”と呼びます。

悩んだ結果、メロンパン系にはいかず、その隣の人気NO.2の「クリームパン」を選びました。クリームパンの袋がいい感じだったので、パケ買いです。

【シリーズ京都パン屋巡り行ってみた】大正8年創業!西陣「大正製パン所」

きちんと袋詰めされたクリームパンは、何だかノスタルジックな雰囲気です。
他にもパンを何種類かと、子どものおやつ用にラスクを購入。パン屋さんに行くと、ついつい買っちゃうんですよね。ラスク。

帰宅後、実食。思わぬ伏兵。

さて、いよいよ実食です。左から、フランクロール・クリームパン・粒あんパン・カレーパン。

【シリーズ京都パン屋巡り行ってみた】大正8年創業!西陣「大正製パン所」

程よい甘さの粒あんパンと、あっさりめの自家製クリームが入ったクリームパンは、どちらもコーヒーとの相性が良かったです。ちなみに、京都はコーヒーの消費量も日本一だったりします。
人気NO.1のカレーパンを食べた夫の感想は「普通においしいよ。」とのこと。一見、「何も分からへんやん!」と思われそうな感想ですが、実はめったにカレーパンを褒めない夫。「普通においしい」ということは、かなり高めの評価だということなのです。
そして、このあんパン・クリームパン・カレーパンに共通している特徴が、かなりパンがしっかりとしているということ。決してパサつくとか固いとかいうわけではなく、しっかりしてるなぁという食感なのです。

【シリーズ京都パン屋巡り行ってみた】大正8年創業!西陣「大正製パン所」

次に食べたのが、今まで登場していなかったパン「フランクロール」。これが、凄く美味しかったのです!
シャキシャキのキャベツはカレー味。中のウィンナーの美味しさといったら!ひとくちひとくち、パキっていうんです。さらにジューシー! POPに「大山ハムのウィンナー」と書いてあったので、おいしいだろうなぁとは思っていましたが、ここまでパキパキのジューシーだとは。
そして、やはりフランクロールもしっかりしたパン。しっかりしていて歯切れがいいので、最後まで崩れることなく、ウィンナーと同じペースで食べることが出来ました。

おまけのつもりが…

最後に、ラスクです。
クリームパンと同じく、なんだかノスタルジックなラスク。アイシングをしているラスクは久々に見ました。

【シリーズ京都パン屋巡り行ってみた】大正8年創業!西陣「大正製パン所」

なんと家族一致で「今まで食べたことのあるラスクの中で、一番おいしい!」という評価。このラスクだけを買いに、大正製パン所に行ってもいいくらいおいしかったです。
ホロホロのアイシングとさっくさくのラスク。最強の組み合わせでした。ラスクを食べていて口の中を負傷したこともあるので、このサクサクには驚きました。

さすが老舗というべきか、今回購入したパンの中に一切ハズレがなかったです。さらにフランクロールやラスクという意外な逸品にも出会えました。大正製パン所、通い詰めて色々試したくなるお店でした。

Written by フジイ

このライターの他の記事はこちらから!

3大うどん以外にも沢山あった!全国のご当地うどん、どーんと大調査!

3大うどん以外にも沢山あった!全国のご当地うどん、ど-んと大調査!

全国各地の名物うどん 10連発!

どうも、以前、ヤミー!の「うどんのカタカナ系麺類化」という記事で、うどんの発祥の地が福岡だということを知り、衝撃を受けたエダマメです。
その記事を読んでからというものの、私の頭の中は、うどん、ウドン、UDON……。実を言うと、私はうどんよりそば派の人間。うどんが嫌いなのではなく、そばが大好き!そんな私がうどんで頭がいっぱいになることがあるなんて!!
うどんといえば、「うどん県」こと香川県のイメージでしたが、調べてみると、全国各地に名物うどんがあることが判明!一体どんな「うどん」があるのだろうか…徹底調査してみました!
それでは、そば好きな私が独断と偏見で選んだ、全国名物うどん10連発、どうぞ!

1.香川の讃岐うどん

3大うどん以外にも沢山あった!全国のご当地うどん、ど-んと大調査!

これを語らずして、うどんは語れない!日本国民なら誰しもが知る、うどんの中のうどん。ダシをかけて食べる「ぶっかけ」や生卵とアツアツの麺をかき混ぜて食べる「釜たま」など、食べ方は三者三様。麺の特徴的な弾力はすべての食べ方に共通しています。少量でも満足感を得られるのは、この弾力のおかげ!?ちなみに、讃岐うどんの由来は「讃岐では、日本で最高の小麦が獲れたから」「瀬戸内海に面していたため、製塩業が盛んだったから」など、様々な説があるそうです。もちろん三大うどんの筆頭です。

2. 秋田の稲庭うどん

3大うどん以外にも沢山あった!全国のご当地うどん、ど-んと大調査!

讃岐うどんに次いで三大うどんの一角を担うのが、全国でも知名度の高い稲庭うどん。最大の特徴は干しうどんであるということ。乾燥前に麺をつぶすので、平たい麺であるのが特徴です。また、生麺にはない独特の歯ごたえがこれまたいい!特徴的な歯ごたえと他にはない上品な味が組み合わさって、さらっと食べられる、魅力あふれるうどんです。

3.群馬の水沢うどん

3大うどん以外にも沢山あった!全国のご当地うどん、ど-んと大調査!

そしてこのうどんを忘れてはいけません。日本三大うどんの3番目がこのうどん。(3番目がどのうどんか、には諸説あるそうです笑)なんとその歴史は400年以上!?太めでコシが強いのが特徴で、お店によって付ける出汁もさまざまなので、自分好みの店を見つける楽しさもありますね!

4. 三重の伊勢うどん

3大うどん以外にも沢山あった!全国のご当地うどん、ど-んと大調査!

茹ですぎじゃない?と思わず、ツッコミを入れてしまいたくなるくらい、やわらかく太い麺にダシやたまり醤油などをかけて食べます。ダシが黒く、塩味が強そうな見た目ですが、食べてみると優しい味わいが口に広がります!伊勢うどんの由来は諸説ありますが、江戸時代以前から農民が食べていた地味噌を作る過程で、出来た濃厚な”たまり醤油”をつけて食べるうどんを、さらに食べやすく改良した、といわれています。この伊勢うどんが広まったのは、伊勢神宮の参詣客に提供するために開業したのが始まりだとされています。参詣客に、すぐに提供できるよう、常に茹で続けていたため、ゆで時間を気にしなくてよいコシのないうどんになったのだそうです。伊勢詣での際は、ぜひ伊勢市発祥の伊勢うどんを!

5. 富山の氷見(ひみ)うどん

富山旅行4日目 氷見うどん #富山 #氷見うどん

tomomidomさん(@tomomidom)が投稿した写真 –

織田信長が贈り物として重宝していた「輪島そうめん」の製法と、従来のうどんの製法を組み合わせて江戸時代に登場した、江戸版ハイブリッド麺がこの氷見うどん!稲庭うどんと同じ乾麺ですが、細麺なのにしっかりとしたコシがあります。油を一切使っていないので、かなりヘルシー!スタイルキープに日々精を出す女子にはありがたいうどんです。

6. 愛知のきしめん

3大うどん以外にも沢山あった!全国のご当地うどん、ど-んと大調査!

「え、きしめんってうどんだったの!?」ええ、私も同じことを思いました。きしめんって、「きしめん」というジャンルなのだと……。それはさておき、グルメな街として有名な愛知で、ご当地うどんとして大活躍なきしめん。その立派な麺は、平たく伸ばすため、ほかのうどんより長いんだとか!この太い立派な麺に、”たまり醤油”で味付けされた濃厚なダシがぴったり!名古屋では駅のホームに、「立ち食いきしめん屋」もあるほど大人気です。

7.埼玉の加須うどん

加須市と言えばうどん。 #加須のうどん #うどん

もう「ダさいたま」なんて言わせない!埼玉にもありました、おいしいご当地うどん!埼玉県加須市とその周辺地域で食べられてきた、郷土料理です。もともと、冠婚葬祭をはじめ、祭日にうどんを作る習慣があった加須市には、なんと40店舗ものうどん店があり、「加須手打ちうどん会」なるものまであるほど!特徴的な白く輝く麺は、手ごねと寝かせの両方の工程を行っているからだとか。この両方を行うことで、麺が水を吸いやすく、独特のつやが出るんだそうです。

8.栃木の耳うどん

🍜 #耳うどん #佐野 #栃木  #mimiudon #udon #ear #japanesefood #japanesenoodle #sano #tochigi #japan

その名のとおり、麺が耳の形をしたうどん。パッと見た感じは、具がなくなった水餃子に見えなくもないですが、栃木県では正月料理として食べられていたんだそう。この独特な麺を鬼の耳になぞらえて、お正月に耳うどんを食べると、「1年間悪いことが聞こえなくなる」「悪口が聞こえないので、ご近所付き合いが円満になる」「その年は無病息災で過ごせる」といった言い伝えがあります。シイタケとかつおで取ったダシに、麺がマッチして、これまたおいしい!

9.群馬のひもかわうどん

ひもかわうどん (ふる川)

きもカワうどんではなく、「ひもかわ」うどん!その名のとおり、湯葉を彷彿とさせる、大きく薄い皮状の麺が特徴です。そのサイズに目を奪われますが、実はこの麺の太さはお店によって異なるそうです。つるんとした食感なので、冷たい出汁に付けて食べると◎

10.山梨の吉田うどん

道の駅「富士吉田」の吉田うどん

邦楽ロックが好きな人なら、誰しもが聞いたことがある吉田うどん。私も愛するフジファブリックのボーカルで、若くしてこの世を去った志村正彦の出身地・山梨県富士吉田市の名物うどんです!山梨といえば、「ほうとう」のイメージが多いと思いますが、この吉田うどんは正月などのハレの日に食べられてきました。麺が非常に硬く、コシが強いのが特徴。さらに、肉うどんの時は「牛肉」を入れるんだとか!

番外編① 京都 北野天満宮の1本うどん

読んで字のごとく、麺が1本しかないうどん!今は食べやすさなどを考慮して、1本を半分に切って提供しているのだとか。表面にツヤと、口触りをなめらかにするために、60分かけて茹で上げた麺は、やわらかいお餅のような食感。この麺のように「太く長い人生を送れるように」という意味が込められているのだそう。

番外編② 京都 祇園のネギうどん

ネギ好きにはたまらない1品。1杯のうどんに7~8本分の九条ネギが使われている、なんとも贅沢なうどんです。祇園の芸者さんや歌舞伎役者もハマるネギうどんは、京都旅行に欠かせない!?九条ネギの甘みとシャキッとした食感を存分に味わえます!

他にもまだまだ、ご当地うどんはありますが、あげきれないので泣く泣く割愛……。「うどん」だけで、こんなにも種類があることにびっくりしますよね!今回の調査で、改めて日本人のうどん愛を感じた、蕎麦派のわたしでした!

Written by エダマメ

このライターの他の記事はこちらから!

2017年夏アニメ化!明日の元気に変わる食事 手首から先だけの幽霊・るり子さんの絶品ごはん

2017年夏アニメ化!明日の元気に変わる食事 手首から先だけの幽霊・るり子さんの絶品ごはん

疎かな食事でダウンした時に出会った一冊

身内が入院した時だった。見舞いのため、毎日の病院通いが続くうちに家のことは疎かになり、気づけば私は一日二食の生活になっていた。二食といっても、インスタントの味噌汁に出来合いの総菜といった栄養バランスもへったくれもないもので、入院期間が長くなればなるほど、少しずつ私は消耗していった。 そしてしまいには一日一食になり、食事内容もより一層貧相なものになり、ある日私はとうとうダウン。見舞いする側がダウンしてどうするんだという話だが、何をするにも気力が湧かず、見舞いに行く以外は家で寝ている日々が続いた。

そんな時、気分転換にと友人が差し入れてくれたのが『妖怪アパートの幽雅な日常』だった。

摩訶不思議な妖怪アパート

『妖怪アパートの幽雅な日常』の主人公・稲葉夕士は、身寄りを失った高校生である。夕士は両親を亡くして伯父の家に住んでいたが、高校進学を機に寮での一人暮らしを始めるも、その寮がまさかの火事で全焼。苦労人中の苦労人である。 そんな夕士が、新しい住まいとして借りた格安のアパートが、寿荘

このアパート、住人は一癖も二癖もあるアクの強い面々ばかり。人間……っぽく見えるが、人間にしては胡散臭い人物もいる。それもそのはず、住んでいるのは、人間ばかりではない。妖怪も住んでいるのだ。
幽霊に妖怪、この世ならざる者たちがひしめく妖怪アパート……そんな常識の通じない場所で、夕士は時に泣き、時に笑いながら成長していく。

日本初の専門店も登場した高級食材・ツバメの巣 生産地を実際に見てきた!

タイでもおなじみ、高級食材・ツバメの巣

ツバメの巣、といえば日本でも中華街で看板をよく見かけますね。高級食材、という認識が一般的かと思いますが、同じように、タイの中華街でも見かけることができます。
ツバメの巣とは、アマツバメといわれる、繁殖期以外はほとんど空中で過ごす鳥が空中のチリなどを集めて唾液で固めて作った巣のこと。…相当な気合の入った食べ物ですね。

樂螢絲,燕窩

タイではキログラム当たり10万バーツ≒32万円程度で取引されるツバメの巣。そもそもなぜ高級なのか?中国の文化の影響で、美容食品として重宝され希少価値が高いといわれているためです。かの楊貴妃も愛用したとか…

タイでツバメの巣が乗っているデザートを見つけたのですが、100バーツ≒320円とお高い。タイの相場からいえば普通のデザートの2倍くらいの値段で、確かに高級です。フルーツなどと付け合わせて氷をまぜたり、もしくは温かいまま頂いたりします。

ツバメの巣って実際どんな味なの?

肝心の食感は…ゼラチン質の粒粒、といった感じでほのかな香りがする以外特に特徴がありません。嫌味な言い方をすればシロップを飲んでいるといった感じが強いです。「縁起」に価値を置く中国文化らしいといえばそうですが、健康食品と同じく長い期間使わなければその効果は実感できないのかもしれません。

食後、陳列棚をのぞいてみると、日本円にして7万円、16万円、32万円、などなどびっくりするような値段のツバメの巣たち。古代中国ではふかひれ、アワビと並んで三大高級食材としての位置づけなのだそう。しかしわたしに言わせてみればふかひれもアワビも、珍味といわれるものはそういうものなのかもしれませんがほのかな香りがするだけであまりインパクトのあるものではありません。しいて言えば食感が楽しい。このツバメの巣もそんな感じでした(苦笑)。

舌が肥えてないからか、本物なのかどうかもわかりません。キログラム当たり30万円以上もするものが茶碗一杯300円で食べられるものなのか?店の前ではそれらしきものを並べて調理しているので、きっと本物なんでしょうが…。巣自体が発酵したり、岸壁から出る鉄分などで酸化して赤く色づいたものが珍しく、より高く取引されるそうですが、実はそういったものは人体には有害な成分が入っているそうです。美容と健康、どちらを優先すべきか…少し冷静になるべきですね。

ツバメの巣は、こんなところで生産されていた!

そんなツバメの巣ですが、生産の現場を偶然見ることができました。タイ南部チュムポーン県にダイビングに行った時のこと。地図の赤で囲んたエリアの岸から2時間ほど沖に出たところです。

ツバメの巣 地図

写真のように船で沖合のダイビングスポットまで出ていくと、断崖の孤島がありました。

ツバメの巣 船
ツバメの巣

小屋が立っているのが見えるでしょうか。ツバメの巣の生産に携わる人の居住施設です。ツバメの巣を作るアマツバメ、こんな険しいところで生活するんですね。

ツバメの巣

もっと近づきたかったのですが、この島はタイの王室の所有になっているとのことで、一般市民の立ち入りは厳重に取り締まられているそうです。つまり王室献上用のツバメの巣の生産地、というわけです。

果たしてこのツバメの巣、王室ではどのように楽しまれているのでしょうか。一般市民には知る由もありません。300円のデザートと同じように食べるのではないでしょうが、気になりますね。

日本初・ツバメの巣料理専門店が登場

最近大阪に、日本初のツバメの巣料理専門店ができたとのこと!ツバメの巣が日本人好みのお洒落なお料理になっています!

一度食べてみたいな~という方、ぜひ行ってみては?
nest is
http://nestis.jp/
〒562-0013
大阪府箕面市坊島1-2-3
TEL:072-737-9107

Written by 元ジェット

このライターの他の記事はこちらから!

NY・ロウアーイーストサイドにオープンした、噂のお洒落映画館に行ってみた!

ダウンタウンアートシーンの発信源に出来たクリエイター向けのニューシアター

ニューヨークではL.E.Sの愛称で知られるロウアーイーストサイドにどうにもお洒落な映画館ができたというので探索してきました!

LESといえば、80~90年代のニューヨークのDowntown Art Sceneの発信源。革ジャンを羽織って、破れたデニムから膝小僧を出した若いアーティストたちが、路上でタバコを咥えてたむろす光景がよく見られた当時。音楽シーンにおいては、パンク・ロックやNo waveの代表的なミュージシャンたちの拠点エリア。今では伝説として語られているバンドたち(Ramones, Television, Talking HeadsやDNA)がたまっていたCBGBやMUDD CLUBなどのライブハウスがある、いわば『元祖パンクロック下町』?(突然ダサくなっちゃうなぁ〜。)そんなアウトローなLESも今では、パーティー好きなメインストリームファッション系の若者たちに占領され、カルチャー度がめっきり希薄化している印象。

metrograph_01

実は、新しいインディー系シアターがマンハッタンにできるのはなんと、10年ぶりらしい!しかも今話題の20年代のニューヨークの映画館を連想させる、レストラン付きの「映画好きはもちろん、映像クリエイターたちのための映画館」だとか…そんなアートハウスをわざわざLESにオープンしたというので、一体どんなところなのか、体験しに行ってきました!

外装はひっそり…内装は?サービスは?

今年3月にオープンしたMetrographが位置するのは、バーやクラブが騒々しく立ち並ぶLESと移民系市場で知られるチャイナタウンの境目。魚市場や墓地に囲まれた食材倉庫を改築したというだけあって「お洒落ゾーン」からは少し距離があり、看板もなく、ひっそりと開館している。

metrograph_02

でも、シアターに一歩入ると印象はガラリと変わる。さすが創始者Alexander Olchがメンズブランドを手掛けているだけあって隅から隅まで「こだわり」が感じられる内装が広がる。
まず、ネクタイとベストにしっかりと身を包んだ清潔感あふれるフレンドリーなスタッフたちが両手をひろげ、「WELCOME!」と迎えてくれる。無愛想なチケット売り場のお兄ちゃんしか知らない私は、タジタジ。さらに、嬉しいのはアメリカではまだ珍しい「指定座席」があるので、その場でipadを使って好きな座席をゲットできる。

metrograph_03

「チケット売り場」よりも「コンシェルジュ」という言葉の方が似合う

おすすめは時間に余裕を持ってチケットを買うこと。館内には小さなバーと赤いベルベットのソファーが印象的なラウンジエリアがあるので、早めに来て映画を見る前に1杯飲むのもいいかも。夜は、オールバックのイケメンバーテンダーがカクテルを振る舞ってくれるらしい。鑑賞後に飲みながら映画の感想を語り合うのもおすすめ!

metrograph_04

映画館の必須アイテム・ポップコーンやスナックをチェック

metrograph_05

そして、アメリカ人にとって映画館で欠かせないのは何よりもポップコーン!見てください、美しくブランディング&ライトアップされたポップなコーンたち!このディスプレイはお洒落だけど効率悪いデショと突っ込みたくなるのを我慢して吟味&ガン見。この日用意されていた味の種類は:海塩とオリーブオイル、トゥーメリック、カイエンペッパー。なんと一時期は「ボニート味」もあったらしい。え!?ボニートって、か、カツオですか!?

metrograph_06

光輝くようズラリとまさに「キュレーション」されたキャンディーとポップコーンは、オーナーのこだわり。ん!?よく見るとなんと日本の「グミ100」や「ポッキー」まであります。2年ほど前から、抹茶キットカットの大ブレークにより、日本のお菓子がニューヨークでは超人気。今では、ブルックリンなら普通のスーパーでもポッキーを見つけることも簡単になってきました。

ところで肝心の映画プログラムは?

こだわってるのは、もちろんお菓子やインテリアだけじゃなく、本業の映画のセレクションも。どーせ、アートハウス特有の「pretentious/気どった」セレクションなんでしょ?と思いがちですが、ハリウッドのいわゆるブロックバスター映画から知る人ぞ知るインディー系ドキュメンタリーまで幅広い作品が選びぬかれて上映されてるんです。一見、「え?なんで今この作品?」って思ってしまう上映作品のラインアップは毎月、フォーカスする映画監督とテーマにそったプログラムが理由。(なるほどね!だから「少林サッカー」(チャウ監督特集)と「グレムリン」(テーマ:これPG指定じゃないでしょ特集)と「サタデーナイトフィーバー」(テーマ:映画とダンス特集)がいっぺんに上映されてるわけね!)

metrograph_07

プログラムのクオリティーも高いんです。

でも、奥さん、高いんじゃないの!?というそこのあなた。DEMOそうでもないんです!今、マンハッタン全体では映画館のチケットが値上がりしていて、大体どこも大人は1枚$14~$15。一方のMetrographは1枚$15と、他と比べて得に高いわけではありません。

Mertographならではのこだわり施設たち

この階の隅には、まるで書斎のようなこじんまりと小さな本屋コーナーが。もちろん取り扱っている書籍は映画好きにはたまらない映画や監督に関するものばかり。世界の映画マニアが支持するフランスの映画雑誌Cahier du Cinema の貴重なバックナンバーや、トリュフォー監督の伝記など、シネマファンの心をしっかり掴む本が取り揃えてある。

metrograph_08
metrograph_09

反対側にある扉の後ろにはなんとprojector room(映写室)の中をガラス越しに見ることができる秘密の廊下があり、どうやって映画が投影されているのか見れちゃいます!デジタル化が進む中、フィルムで見せるこだわりを持つMetrographならではの提案。

肝心な上映室には35mmフィルムが投影されるスクリーンルームが2つ。映画フリークに人気なのは、もちろんバルコニーからの鑑賞。座席もオーナーのこだわりでブルックリンの「ドミノ砂糖工場」の木の柱を木材に使用して作ったもの。(正直、すわり心地はびみょ~)

この日、私達が見たのはポーランド人の監督アンジェイ・ズラウィキーによる「コスモス」。イザベル・アジャニー出演の「ポゼッション」でカンヌ映画賞も受賞した監督!きっとこの作品もおもしろいはず!と期待大だったはずが…私の力不足なのか、最初から最後までちんぷんかんぷんで笑っちゃうほどついていけず、初めての映画館で途中退場というオチ。笑 (勧めてるんだか、勧めてないんだか。)

映画の後にはリッチヴィンテージなレストランでディナーを

metrograph_10

なんとも不完全燃焼な映画鑑賞のあとは、テンション挽回も兼ねて2階のレストラン「Commissary」(「食堂」)へ。ハリウッドの黄金時代の撮影所の食堂をイメージしたお店の雰囲気は、筆者なりの一言でいうと「お得意さんのヘミングウェイが隅でバーボン飲んでそう」。20年代を意識したリッチなヴィンテージインテリアと若者が好きそうなカジュアルさのバランス(ウェイトレスの制服はかわいい藍色のロングブラウス×ショーツ×スニーカー)が最近のお洒落ブームど真ん中を狙ってきてます。噂によるとプライベートのダイニングルームもあるそう。

metrograph_11

まずは、さっそくお酒を頼んじゃいますよね。さっすがここも抜け目なし。カクテルメニューを見ると、ドリンク名前は全部映画にちなんいます。私がオーダーしたのは、シャンパンとオレンジ・ビターでつくられた「ローマの休日」。相方はバーボンとシェリー、アブセンスとレモンジュースでできた「Sun Also Rises 日はまた昇る」。(各$12)

metrograph_12

この日のアペタイザーは、「冷えたビーツのスープ」を頼みたかったのですが、あいにくの品切れで「生ヒラメのオリーブオイル和え」($14)と「ロメインハーツ」に変更。メインには玉ねぎとアメリカンチーズにスペシャルソースがかかった「Metrograph Burger」($25)と「鱒のバター焼き」($23)。後で気づいたのは、「ロメインハーツ」って名前かわいいけど、ただのロメインレタスの芯じゃん!笑 これに$7かぁ。。。

metrograph_13
metrograph_14

肝心のお味は?うーん・・・おいしいというより、おしい?全ての料理に塩がかなり効いていて、素材の美味しさよりも「濃い味付け」が気になってしまう感じ。バーガーについてきたフライは、なんとマックのフライに激似。笑 (いや、個人的には大好きですけど。)お店の雰囲気はとってもよくて、カクテルもおいしいし、サービスも最高なので食事のレベルアップに期待大。
現在はディナーしかやっていませんが、今後はブランチもやるみたい。

metrograph_15

この頃は、Netflixなどネットストリームにより自宅で映画を鑑賞する若者がほとんど。お金を払って映画を見るということに抵抗がある世代たちにとって「映画館で映画を見る楽しみ」=「家では得られない特別な時間」を提供することが、今後の映画館の成功の秘密なのかもしれない。まだまだオープンして間もないMetrograph。これからもますます他の映画館とは一味違う『こだわり』を見せてくれそうで、着々とファン急上昇中で要注目です!

Written by naossica

ページトップ