ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!おいしい料理・食材やそれにまつわる食文化の情報をお届けします。

【健康】スーパー健康食ザクロ【美容】

皆様、突然ですがザクロという

果物を食べたことはありますか?

画像2

 

そうです、あの見た目が独特で

最初はどこから食べたらいいのか戸惑うザクロです。

 

「俺、週3でザクロ食ってるぜー」  

という人はあまり見かけないことから

ちょっとマニアックな果物という気もします。

 

ちなみに漢字にすると柘榴、物々しいことこの上ありません。

かつては人間を食べる鬼だった

鬼子母神(雑司が谷で祀られてますね)が改心した際

人間の代わりにザクロを食べるようになったことから

「人間の味がする」と言われるようになったという

グロいエピソードも持ち合わせています。

 

ザクロと言えばあの独特の食感と

アセロラをさらに甘酸っぱくした味が印象的です。

「なんかカラダにいいもの食べてる」感が強いのも

ザクロの特徴だと思います。

 

実際にカラダに良いのかと言われればその通りで

多くのビタミン、葉酸、カリウム、亜鉛などを多く含んだ超健康食で

高血圧予防、シミやシワ、老化防止

ガンや生活習慣病や糖尿病予防

目の働きを良くする効果や整腸効果もあると言われています。

画像3

ザクロの収穫は夏の終わりから行われ秋に旬を迎えます。

今の時期は季節外れもいい所なのですが、

ギリシャ神話では、冬が終わり春がやって来るのは

ザクロが原因だと言われています。

画像4

春を司る女神デメデルの娘ペルセポネは

冥界の王ハデス(ディズニーのヘラクレスにも出ています)

に見初められ、冥府へ連れて行かれてしまいます。

 

デメデルはこれを聞きカンカンに怒り

「暗い地底に住んでる陰気臭い男に娘をやれるか!」

と冥府に乗り込むことに。

 

冥府に来てから何も食べてないペルセポネに

ハデスはザクロを勧めます

デメデルが連れ戻しにやって来るも間一髪

空腹に耐えかねてペルセポネは12粒あった

ザクロの実を4粒食べてしまいます。

 

ハデスはそれを見てペルセポネに

「ウチのシマのメシを食ったモンはウチの人間じゃあ

一生お前はここで暮らすんじゃー!!」と言い出します。

冥界の食べ物を食べた者は冥界に属さないといけない、

という決まりがあったためデメデルは地上へ帰れないことに。

 

その後の話し合いの結果、ザクロは3分の1しか食べてないので

1年の3分の1をペルセポネは冥府で過ごす条件で

なんとか地上に帰ることが出来たペルセポネですが

娘が冥府で旦那と一緒にいる時間が寂しくて仕方ない

春の女神デメデルは娘の不在期間、

思いっきり仕事をサボることに。

かくしてその時期は地上から豊潤が失われ

厳しい冬が訪れるようになった…と言われています。

現代社会の婿姑問題に通ずるものがありますね。

画像5

↑レンブラント画:ペルセポネの略奪

 

そんなわけで日差しが温かい日は

「ああ、今日はお母さん、娘が帰ってきて上機嫌なんだな」

なんて考えながら過ごすと

少しだけ季節の移り変わりが楽しめる…かも、しれません。

 

by tori

関連記事
閉じる
ページトップ