ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!おいしい料理・食材やそれにまつわる食文化の情報をお届けします。

2020年2月22日【猫の日】

2月22日は、なんの日か知ってますか??

 

 

そう、

 

猫の日!!!にゃー!!!

 

 

7ccac6b6cac941c3bdb0ec18676f694d_m

 

 

可愛いですね、猫。 照

 

 

と、2月22日はにゃーにゃーにゃーと猫の日でした。

 

そしてなんと今年は2020年2月22日!!!

 

 

猫といえば、やっぱり日本独特の招き猫

 

 

5de752f1a19fdbe97a4b2218821f1577_s

 

 

東京には、招き猫の発症とされるお寺

豪徳寺 があります!

 

02cb568f2b96d05c5f5bf78c4f76328a_s (3)

 

こんな渋い構えのお寺に

 

265380d6a7661ac7f5f3069fa9a6935c_s

 

おおおおー!ねこ!ねこ!ねこ!!!

すごい猫の数ですね!

 

 

結構有名なのでやはり知ってる方は多いのではないのでしょうか。

外国人からも人気の場所となっていますね

 

 

この豪徳寺は、なぜ招き猫の発祥なのか??

意外と知らないのではないでしょうか!

 

 

約400年前の江戸初期、彦根藩主井伊直孝が鷹狩りの帰りに寺の近くを通りかかると

白猫が現れ、猫が手招きをして寺へ導いたそう

そのまま寺に入ると、すぐに雷雨となり井伊直孝はずぶ濡れにならずにすみました。

井伊直孝は、猫が招いてくれたおかげで雨に濡れずにすみ、縁起がいい!となったそうで

 

その後、寺を改築し、井伊家の菩提寺としました

井伊直孝の没後、院号の「久昌院殿豪徳天英居士」にちなんで、

豪徳寺と改め、招き猫伝承も広がっていったそうですよ

 

 

このお寺に納められている猫ちゃん達は、願いを込めて家に持ち帰り

願いが叶ったら返納した人たちが置いたもので、こんなにもたくさんの人達の

願いが叶ったということになりますね!すごい

 

 

ちなみに、井伊直孝はあのゆるキャラひこにゃんで有名な、

彦根城

の2代目城主で、

実はそのひこにゃんのあの猫が、豪徳寺の招き猫のエピソードからなのだそう!!

 

hiko

 

 

 

そして、2月22日 猫の日にちなんで、

全国の猫にまつわる食べ物を調べてみました!!!

まずはこちら!

 

 

 

monaka3

 

この豪徳寺の招き猫にちなんで作られた招き猫のもなか!

招福もなか

これはもう元祖の猫もなかなのではないでしょうか!

食べてみる価値ありですね!





次にこちら!

 

fukuneko

 

飛騨高山にある和菓子屋さんの

この猫のおまんじゅう!!

招福猫まんじゅう

か、可愛すぎますね!とてもユニークです笑

通販もやっているみたいなのでぜひ食べてみたいですね

猫の日に食べるにはもってこい!笑

 

 

最後に!!

 

monaka

 

太っちょな猫のもなか!

たらふくもなか

もうこれは、愛くるしくて、食べるのが勿体無い!!

ちゃんと招き猫風になってますね!

こちらは、東京錦糸町にあるそうで通販も可

 

 

と、様々な場所でこんなに可愛い猫のお菓子があるなんて知らなかったです

 

これからの2月22日の猫の日は、

猫巡りをしてもなんだか楽しそうですね。

 

 

by sasan

ページトップ