ヤミー!-自己満足 食・文化メディア | ヤミー!(yummy!)は、おいしいが一気に読めちゃう飯テロWEBマガジン!

お菓子会社の陰謀?バレンタインの真相と歴史

雪がチラチラ降る日も出てきて寒さが本格的になってました(泣)

そんな中、寒さで疲れた体と心をほっと温かくするイベント、バレンタインが今年もやって来ます。

この時期になると頭の中でPerfumeの「チョコレイト・ディスコ」が流れるのは僕だけじゃないはずです。

「教室がダンスフロアに」 という歌詞がバレンタインのワクワク感と曲のキャラクターにハマってて好きです。

「チョコレイト・ディスコ」ですが発売されたのは2007年の2月14日、

もう12年前か…と思うと時の速さを痛感せずにはいられません。

001

そんなバレンタインデー、本来はキリスト教のお祭りだったものがお菓子会社の陰謀でチョコレートを渡す日になった、

本来はバレンティヌスという人がいてうんぬんかんぬん…とやや否定的に語られるのをよく耳にしますね。

(バレンタインデーが上手くいかなかった人ほどこの言葉を口にしているような…?)

本当にバレンタインデーはお菓子会社の陰謀によってつくられたイベントなのでしょうか?

 

かつて古代ローマでは士気が下がるからという理由で兵士の結婚が禁止されていました。

しかしキリスト教司祭のバレンティヌスは密かにそんな兵士たちを結婚させてあげていました。

それが皇帝にバレてバレンティヌスは2月14日に処刑をされました。

ノリが良くて話の分かる生徒の味方の熱血教師が校長教頭に逆らって左遷されるような図が

思い浮かぶのは私だけでしょうか?

002

 

その200年後、ローマ神話の女神を称えるお祭りが2月14日、ローマで行われていました。

未婚の女性の名前が書かれたくじを未婚の男性が引いてカップルを作り

お祭りの間は一緒に過ごす、という楽しそうな合コンイベントでしたが

風紀が乱れるし異教徒の祭典なのでローマ帝国はそれを禁止させたがりました。

そこで女神の祭りを若者の結婚のために死んだバレンティヌスを称える行事へと形を変えさせ

キリスト教的に落とし込んだのがバレンタイン祭の起源になっています。

003

さらに1936年、モロゾフ社が「あなたのバレンタインにチョコレートを贈りましょう」と広告を打ったのがバレンタインチョコレート文化の始まりだと言われています。

あくまで一広告だったのがバズって結果的に毎年チョコレートをあげるトレンドになったわけで

これがお菓子会社の陰謀と言われれば半分はそうなのかな?と思います

ちなみにホワイトデーは完全にお菓子会社の陰謀であるようで

ホワイトデーを流行らせるための四苦八苦の軌跡がホワイトデーの公式ホームページに掲載されています。

(公式ホームページ、あるんだ…という感じですね、笑)

 

歴史は色々な人の気持ちや思惑が重なって作られるのだな、としみじみ思います。

そしてそんな紆余曲折を経て今年もバレンタインがやって来ます。

この年になるともはや家族からしかチョコは貰うことが出来ませんがせっかくなら

一年に一度のこのイベントを僕も楽しみたいと思います。

 

関連記事

甘いモノが苦手!そんなあなたはバレンタインご飯!

こんにちは、とりです!

バレンタインと言えばチョコレート、チョコレートと言えば甘い…

というわけで、甘いものが得意でない方にはバレンタインって今ひとつ楽しくないイベントですよね。

(でも売っているのはチョコばかりだわ…)

001

今回はそんな甘党でない人でも楽しめるような可愛らしい

バレンタインご飯の写真をアップされている方をインスタグラムで見つけたので紹介させてください!

 

 

・ おはようございます⸝⸝⸝⸝◟̆◞̆♡ ・ 今日の#rumi_おにぎり #ハートおにぎり ・ ・ 塩にぎりに赤ウインナーをハート型にして詰めたおにぎりです。 ハート型ちくわの磯辺揚げとジャガイモの豆乳ポタージュも一緒に…! ・ スープの中の赤いハートは、ケチャップを水でちょっと薄めて作ってあります。 ・ ・ ここのところの気温差… 皆さん大丈夫ですか? うちの息子は、とうとう風邪をひいてしまいました。 熱はないみたいなので良いのですが、花粉症の方と重なり、かなり鼻が辛そう… 大切な時期なので、これ以上酷くならないように気をつけていきたいです。 皆さんも体調気をつけて過ごしてくださいね。 ・ では今日も良い一日を…🍀 ・ ・ #豊かな食卓 #こうのとりの恩返し #コメスタグラマー #おうちごはん #クッキングラム #デリスタグラマー #私のおいしい写真 #エルグルメ #朝時間 #発酵美 #おうちごはんlover #おにぎり #発酵美 #冬love食堂 #スープ #バレンタイン #バレンタインごはん #ママリクッキング #lin_stagrammer #japanesefood #foodpics #instafood #wp_deli_japan #igersjp #onthetable #soup #valentine #oisix #ハッピーベジーバレンタイン

1,542 Likes, 53 Comments – るみ (@ru.ru_rumi) on Instagram: “・ おはようございます⸝⸝⸝⸝◟̆◞̆♡ ・ 今日の#rumi_おにぎり #ハートおにぎり ・ ・ 塩にぎりに赤ウインナーをハート型にして詰めたおにぎりです。…”

最初にご紹介させていただくのがるみさん(@ru.ru_mi)の作ったハートのおにぎり

あまりの可愛さに最初 「え?これお菓子だよね!?」 と目を疑いましたが

よく見るとなんとハートの形をしたおにぎりはなんとソーセージ、

クリームのようなスープのハートはケチャップを水で溶かしたものだとか…

繊細な彩りにただただ脱帽です。

 

 

Valentine party⸜❤︎⸝‍ スイーツよりコロッケに力を入れた笑 基本引きこもりだったから、楽しかった~ 話聞いてもらえてだいぶスッキリしたし! 一人でいると余計暗くなるから、みんな遊んで下さい😂 #バレンタインごはん#バレンタインメニュー#ハートコロッケ#和風カレー#海老春巻き#おにぎり#うどん#たこ焼き#キティちゃん#宝の麸#ワッフル#フルーチェ#カップケーキ#いちご#チョコレート#マシュマロ#ペプシ#春一番#ピンク#ダイソー#ホームパーティー#クッキングラム #valentine#homeparty#sweets

48 Likes, 6 Comments – み (@pochacha20) on Instagram: “Valentine party⸜❤︎⸝‍ スイーツよりコロッケに力を入れた笑 基本引きこもりだったから、楽しかった~ 話聞いてもらえてだいぶスッキリしたし!…”

続いてご紹介するのはみ さん(@pochacha20)さんの作ったピンクを基調にしたバレンタインご飯

たこやきやコロッケなど様々な料理がポップでキュートな彩りの中でデコレーションされていて

まるで宝石箱のよう!見ているだけでわくわく楽しい気分になる甘い物好きな人も

そうでない人も一緒に楽しめる素敵な食卓とご飯です。

テーブルクロスや食器、食事の配置など1つ1つに拘りが感じられて見ていてとても勉強になりますね。

 

 

・ ・ 💝🍫💝🍫💝🍫 ・ バレンタイン近し❣️ ・ お友達から💝いただいた バレンタインスイーツと ・ 生ハムとチーズの🍙💕 ハートおにぎり((( *´꒳`* )))💝 ・ リングケーキも焼いたもの。 バレンタインっぽい 休日ごはんに💝 ・ ・ 二枚目は、友達と行ったランチを記録用に🙇 すごく落ち着く素敵なお店でした♡ 久しぶりに会えたので喋りまくったね😂💕 ・ 薬膳料理のお店♡ また、行きたいなあ((( *´꒳`* ))) ・ 最近💝もらったものも 記録用にのせておきます✨ ・ ・ 三連休ですね((( *´꒳`* ))) お仕事の方もお休みの方も 楽しい週末をお過ごしくださいね❣️ ・ 久しぶりにコメントを開けますが お休み中なのでお気遣いなくです😊💕 ・ ・ #休日ごはん #お昼ごはん #ハートおにぎり #おにぎり #バレンタイン #バレンタインスイーツ #バレンタインごはん #クッキングラム #冬love食堂 #おうちカフェ #おうちcafe #キッチンからlove #ママリクッキング #サンキュインスタ部 #お料理好きな人と繋がりたい #おうちごはんlover #マカロニメイト #豊かな食卓 #コッタ #cotta #igersjp #valentine #wp_deli_japan #ありがとうの食卓 #サンキュインスタ部 @39_editors #スイーツ作ってみた #homemadesweets #pcc201902甘くとろける❤️バレンタインとひな祭りの愛されスイーツ #スイーツなひととき

892 Likes, 72 Comments – *LOVE* (@junk.food.baby) on Instagram: “・ ・ 💝🍫💝🍫💝🍫 ・ バレンタイン近し❣️ ・ お友達から💝いただいた バレンタインスイーツと ・ 生ハムとチーズの🍙💕 ハートおにぎり((( *´꒳`* )))💝 ・…”

最後にご紹介するのは*LOVE*さん(@junk.food.baby)の生ハムとチーズのハートおにぎりです。

こちらも一見ぱっと見ただけじゃお菓子と見間違えてしまいます。

よく見てみると、ああ、なるほど生ハムで包んで…そうなると、このホワイトチョコレートみたいなものは…

そうか、チーズか!チーズを使っているのか!と見ていて

思わずどこかの料理マンガのようなリアクションをとってしまいます、笑。

チーズを使った様々な模様が見ていて本当に綺麗だなぁとただただ見とれてしまいます。

センターのハムおにぎりの表情が大好きです、笑

イベントごとは好きなんだけど甘いものはちょっとなぁ…という方は是非参考にされてみてはいかがでしょうか?

 

 

【バレンタインに読みたい絵本】幸せを運ぶ、甘い甘いチョコレートのお話

【バレンタインに読みたい絵本】幸せを運ぶ、甘い甘いチョコレートのお話

さーて、今年はだれにあげる?

お年ごろのみなさんはソワソワする季節となりました。2月14日はバレンタインデー。好きな人や恋人・夫婦に限らず、義理チョコや友チョコ、自分チョコなど、さまざまな口実でおいしいチョコを食べちゃおうという日。
デパートや百貨店には特設会場もでき、試食ができるお店にはたくさんの人が群がっています。休憩所にはチョコレートメーカーのアイスクリームやドリンクコーナーがあることも。海外メーカーの商品も豊富で、可愛くてゴージャスなパッケージの箱や缶を見ると欲しくなって、つい手がのびてしまいます。

【バレンタインに読みたい絵本】幸せを運ぶ、甘い甘いチョコレートのお話

初めての手づくりチョコレート

初めて手づくりチョコレートを作ったのは、みなさん小学校高学年の頃でしょうか。初恋も同じくらいの時期で、お家の人に手伝ってもらったり、友だちと集まったりして、大騒ぎして作った記憶があるのでは?
チョコレートの固まりを削って、湯煎にかけて、アルミの型に入れて固めて……暖房の効いた部屋だと削っているそばからチョコレートが溶けはじめて、エプロンやふきんがベッタベタに……。微笑ましい思い出
近ごろは石臼のような道具でカカオ豆を挽くところから作る手づくりチョコレートもあるそうです。これで意中の人を落とせなかったら、チョコレートのやけ食いをしそうですね!

【バレンタインに読みたい絵本】幸せを運ぶ、甘い甘いチョコレートのお話

幸せな気持ちになるチョコレート

じつは筆者は甘いものがあまり得意ではありません。いい大人になってからは、バレンタインデーに贈るのも、チョコレートではなくお酒のことが多くなりました。
それでもこのシーズン、チョコレートの専門店をのぞいたり、さまざまな味や形のチョコレートを眺めるのは大好き。
ドライフルーツやナッツ、クリームやお酒が入っていたり。味だけでなく形や装飾もさまざまで、みんな可愛い。価格はピンキリではありますが、ほぼ一つ数百円、そしてたったひと粒で、幸せな気持ちでいっぱいになるお菓子ってすごいなあと思います。

【バレンタインに読みたい絵本】幸せを運ぶ、甘い甘いチョコレートのお話

絵本『チョコレート屋のねこ』(スー・ステイントン=文 アン・モーティマー=絵 中川千尋=訳 ほるぷ出版)は、そんなお話。

猫がしかけたチョコレートの魔法

小さな村の流行らないチョコレート屋さんに、気むずかしいおじいさんと猫が暮らしていました。ある日おじいさんが思いつきで作った、しっぽにピンクの砂糖をまぶしたねずみの形のチョコレートを猫がひとかじりしてみたら……ひげと前足が勝手に動くほどのおいしさ! ねこは村の人にも教えたいと、ある作戦を思いつきます。
ねこは最初に、ねずみのチョコレートをこっそり八百屋さんに置きに行きました。それを食べた八百屋さんはおいしさにびっくり。おじいさんのところに駆け込んで、自分の店のフルーツとのコラボチョコレートを提案します。
こんな調子で、ねこはいろんなお店にねずみのチョコレートをしのばせて、次々とおいしそうな新作コラボチョコレートが誕生するのです。チェリーボンボン、チョコレートケーキ、ホットチョコレート……アン・モーティマーの、猫の毛並みやチョコレートのつややかさまで描ききった絵から、ふわっと甘い香りが漂ってくるようです。

おじいさんの笑顔がもどってくる頃には、読者の心も幸せな気持ちで満たされていることでしょう。人の心まで動かしてしまうチョコレートの魔法。2月14日は、魔法の力をみんなが持つ日なのかもしれませんね。

【バレンタインに読みたい絵本】幸せを運ぶ、甘い甘いチョコレートのお話

Written by obaya

過去のランキングはこちらから!

ページトップ